サケツバタケ
Stropharia rugosoannulata Farlow in Murrill
モエギタケ科 モエギタケ属
撮影 大舘 くみ(2011.5)


解説
子実体:キシメジ型で中型〜大型。
傘:幼時半球形から開いて平らとなり、
  縁がヒダより外に出る。色は赤褐色〜
  紫褐色で、表面は湿っているとき粘性が
  ある。肉は
白く硬い
子実層托:ヒダは幅広くやや密で、柄に
  上生する。色は白から紫褐色になる。
柄:中心生、上下同径で、中実。中位に
  星型に裂ける白い膜状のツバをつける。
  色は白〜淡黄色で、表面には縦の条線
  がある。

味・におい:無味、無臭。
胞子:楕円形、大型で表面は平滑。胞子
  紋は紫褐色。

発生:梅雨時〜秋に、腐食の多い草地
  に発生。腐生菌。

食毒等:美味な食菌で、多様な料理に利
  用が可能。







表紙のキノコ一覧へ

OPへ










シスチジアは縁側とも頂部に突起

胞子紋は紫褐色

胞子は楕円形大型で表面平滑

表紙のキノコ

撮影 大舘 一夫(2005.4)