表紙のキノコ

ルリハツ Lactarius subindigo Verbeken & E.Horak
ベニタケ科 チチタケ属
撮影 大舘 くみ
 (2011.10)

解説
子実体:カヤタケ型で中型。   
傘:幼時半球形から開いて漏
  斗形となるが縁は永く内巻き。
  色は美しい藍色で、濃淡によ
  る環紋がある。表面は湿って
  いるときやや粘性がある。肉
  は白く硬いが青変性がある。
  傷つけると藍色液が滲出し緑
  変する
子実層托:ヒダはやや密で、
  柄に垂生する。色は藍色から
  黄緑色となる。

柄:中心生、下方に細まり中
  空。色は傘と同様で、表面に
  はクレーターがある。
味・におい:無味。無臭。
胞子:楕円形、やや小型で、
  表面脈状隆起と突起がある。
  胞子紋は白。
発生:夏から秋に、シラカシや
  マテバシイの樹下に発生する
  。外生菌根菌。
食毒等:ベニタケ科のきのこ
  としては美味といえる。

南方系のキノコで、最近都内の公園でよく見かけるようになった。

表紙のキノコ一覧へ

OPへ