ニオウシメジMacrocybe spectabilis (Peerally & Sutra) Pegler & Lodge
キシメジ科 ニオウシメジ属撮影 大舘 一夫
 (2012.2)

解説
子実体:キシメジ型で大型。   
傘:幼時半球形から開いて平らと
  なる。色は淡灰白色。表面は平
  滑でやや白粉状。肉は白く軟質。
子実層托:ヒダはやや密で、柄
  に離生し、色は帯灰白色。

柄:中心生、下方にやや太くなり
  中実。色は白く、表面には条線
  が顕著。肉は白く軟質。
味・におい:無味。弱い小麦粉臭
胞子:広楕円形、やや小型で、
  表面は平滑。胞子紋は白。

発生:夏から秋に、腐植に富ん
  だ地上に発生する。腐生菌。
食毒等:肉がやわらかく大味で
  はあるが美味。ただ、青酸を含
  むという報告もあるので、生食や
  過食には注意を要す。

近年首都圏での本種の発生が
  話題になることが多い。ニオウシ
  メジは南方系のキノコで、温暖化
  の影響も考えられる。



 なお、今回掲載した画像は、埼玉きのこ研究会会長の福島隆一氏が培養したきのこのものです。福島氏提供のきのこ発生初期の画像2点を以下に掲載します。



表紙のキノコ一覧へ

OPへ




表紙のキノコ