表紙のキノコ

キヒダタケ
Phylloporus bellus (Massee) Corner
イグチ科 キヒダタケ属
撮影 大舘 くみ
 (2010.7)

解説
子実体:カヤタケ型で小型。   
傘:幼時丸山形から開いて平ら
  となる。色は黄褐色、暗褐色。
  表面はビロード状。肉は淡黄色
  で軟質。
子実層托:ヒダは幅広く疎で、柄
  に長く垂生し、色は鮮黄色からオ
  リーブ褐色になる。。

柄:中心生、上下同径または下
  方細まり中実。色・表面は傘と同
  様または淡色。肉はやや硬い。
味・におい:無味。無臭。       
胞子:長紡錘形、中型で、表面は平滑。胞子紋はオリーブ褐色。
発生:夏から秋に、マツや、雑木林、シイ・カシ林の地上に発生する。外生
  菌根菌。
食毒等:消化器系の中毒を起こす。
子実層托がヒダで、イグチ科では特異な存在であるが、胞子の形状など
  からイグチ科のキノコであることがわかる。


表紙のキノコ一覧へ

OPへ




胞子の形状はイグチ属やアワタケ属に類似している