表紙のキノコ

ヒダは次第に褐色を帯びてくる

ハイイロシメジの胞子

ハイイロシメジ
Clitocybe nebularis (Batsch:Fr.) Kummer

キシメジ科 カヤタケ属
撮影 大舘 一夫
 (2008.11)

解説
子実体:キシメジ型で中型。      
傘:幼時丸山形から開いて漏斗形とな
  るが、縁は永く内巻き。色は淡灰黄色
  または淡灰色で、表面は灰褐色の細
  かい鱗片でおおわれ粉状。肉は白く緻
  密。
子実層托:ヒダは幅狭く、極めて密で、
  柄に垂生する。色は類白色で、次第に
  淡褐色を帯びる。
柄:中心生で、基部が球根状に膨ら
  み、中実。色は白く、表面には縦の条
  線がある。肉は傘と同様。
味・におい:無味。薬品臭がある。
胞子:楕円形、小型で、表面は平滑。
  胞子紋は白。

発生:秋、特に晩秋に、各種樹下や笹
  藪など、落ち葉が積もった地に発生す
  る。腐生菌。

食毒等:食用にされるが、時に消化器
  系の中毒や、アルコールとともに食すと
  悪酔いをすることがある。


表紙のキノコ一覧へ

OPへ