エノキタケ
Flammulina veltipes (Curt.:Fr.) Sing.
キシメジ科 エノキタケ属
撮影 大舘 くみ
 (2008.12)

解説
子実体:モリノカレバタケ型で小型。
傘:幼時丸山形から開いてたいらとなり、短い
 条線がある。色は黄褐色または暗褐色で、表
 面は湿っているとき著しい粘液におおわれる。
 肉は白く柔軟。
子実層托:ヒダは幅広く、やや疎で、柄に上生
 する。色は白い。

柄:中心生で、下方にややふとまり、中空。色
 は黒褐色で、表面は微毛でおおわれビロード状
 肉は柔軟な軟骨質。
味・におい:無味。独特の芳香がある。
胞子:紡錘形、やや小型で、表面は平滑。胞
  子紋は白。
発生:晩秋から初春に、朽ちた広葉樹の切り
  株、枯れ木の根際などに束生する。腐生菌。

食毒等:野生のエノキタケは、市販の栽培品
  とは姿が異なり、味も数段優れている。

☆冬のキノコといわれ、雪や雨の降った翌日に
  近くの公園などへ出かけ、朽ちた切り株など
  を探すと、見事 なひと株に出会えることがで
  きる。


表紙のキノコ一覧へ

OPへ




表紙のキノコ
庭にあった姫林檎の切り株から発生
胞子6~8×3.5~5μm



スダジイの切り株に発生