ウラベニホテイシメジ
Entoloma sarcopum Nagas. & Hongo
大舘一夫 撮影 (1990.10)

解説
子実体:キシメジ型で、中型~大型。
傘:幼時円錐形から開いて中高平らとなる。
 色は灰褐色で、表面には絹糸光沢繊維紋と、
 指で押したような窪みがある。肉は白で、硬く
 しまる。
子実層托:ヒダは幅広く、やや疎で、柄に湾
 生する。色は白から薄橙色
(右上)となり、縁
 が鋸歯状になる。
柄:中心生で下方に太くなり、中実。色は白
 く、表面には縦条線がある。肉は傘と同色。
味・におい:旨みと苦みがある。小麦粉臭が
 ある。
胞子:多角形で中型(右下)。胞子紋は薄橙
 色。
発生:秋にコナラ、クヌギ、マツなどの雑木林
 の地上に発生する。外生菌根菌。
食毒等:湯がいて酢の物などで独特の苦み
 を味わう。
☆埼玉県では「いっぽん」と呼ばれて珍重され
 る。


表紙のキノコ一覧

TOPへ
表紙のキノコ