表紙のキノコ

ホオズキタケ
Entonaema splendens (Berk. et Curt..) Lloyd
クロサイワイタケ科 ホオズキタケ属
大舘 一夫 撮影
 (2008.7)

解説
子実体(子座):マメザヤ型で小型ときに中 
  型。類球形。色は淡黄褐色から橙褐色にな
  るが、触れたり傷つけると赤変する。表面
  はほぼ平滑だが、やがて小粒点ができ、こ
  の粒点から噴き出す黒い粉(胞子)で全体
  が覆われる 。外被層は弾力のある革質か
  ら脆くなり、髄層は液状からゼリー状にな
  り、やがて乾いて外被層の内 面に貼りつき、
内容物は液状からゼリー状になる
  内部は空洞となる。
子のう殻:外被層内にほとんど埋っているが、やがて表面に細粒として現れ、その内
  面に子実層がある。
味・におい:髄層の内容物には弱い酸味と漢方薬臭がある。
胞子:楕円形、中型で、表面は平滑。胞子紋は黒。
発生:夏から秋に、倒木や朽木上に単生する。

表紙のキノコ一覧へ

OPへ