表紙のキノコ

ヒダには分岐や連絡がある。

ベニウスタケ
Cantharerellus cinnabarius Schw
アンズタケ科 アンズタケ属
撮影 大舘一夫
 (2010.8)

解説
子実体:ハラタケ類型で小型。
傘:幼時丸山形から開いて中央
  がくぼむ皿形、さらに漏斗形にな
  る。縁は永く内巻きで波打つ。色
  は橙黄色から緋色。表面は平滑
  。肉は白く柔軟。
       
子実層托:シワは浅く、分岐や連
  絡があり、やや疎で、柄に長く垂
  生する。色は傘より淡色。
:中心生で、下方に細まり、中
  実、上部中空。色と表面、肉は
  傘と同様。

味・におい:辛みがある。柑橘類
  の香りがある。。        

胞子:楕円形、中型で、表面は平
  滑。胞子紋は白。

発生:夏から秋に、コナラなどの
  広葉樹の樹下に群生する。外生
  菌根菌。
食毒等:辛みは加熱により甘み
  に変わり、天ぷらやフリッターで
  味わう。

表紙のキノコ一覧へ

OPへ

胞子は楕円形で平滑