淡々としていなくもない日常。>日記・雑記目次 >2005年12月の日記

◆2005年12月の日記◆

051205 駆け抜けてみよう。

卒業試験はあと実技試験を残すのみとなり、国試まではあと80日を切りました。

わたしには共通の病気を持つ友人がいます。その人もわたしと同じように、勉強が思うように進まない悩みを抱えています。

その友人と電話で話し、国試までは『がんばってみる』ことを互いに約束しました。『がんばる』ことはこの病気には禁忌とされているのですけれど、期間限定でがんばってみることにしたのです。

国試さえ終わったら、1ヶ月くらいなら寝たきりでもいいのですから。それでも卒業式には出られますし、就職には間に合いますから。駆け抜けてみようと思います。全力で。

手始めに、今日手をつけた模試を解き終えて、復習します。できないところの多さに青くなってしまいましたけれど、わからなかった箇所は復習すればいいだけなのです。

きっと間に合うはずです。がんばります。

041209 卒業試験終わりました。

9月から始まった卒業試験が、昨日終わりました。長かったです。最初のころどんな試験を受けていたか、思い出せないくらいに。目の前の試験に精一杯の日々がずっと続いていました。ときどき打ち上げと称して飲んだりしました。今思えばいい想い出です。

結果を発表する科もあれば発表しないと公言している科もあり、宙ぶらりんな現状です。まあ、今のところはひっかかっていないので、きっと卒業できるのでしょう。

あとは国家試験を残すのみです。あと72日。今日から3日間は、学校で予備校のビデオ講座です。空き時間には前の模擬試験の復習をして。やることは山積みです。


淡々としていなくもない日常。>日記・雑記目次 >2005年12月の日記