淡々としていなくもない日常。>日記・雑記目次 >2005年10月の日記

◆2005年10月の日記◆

051003 進路。

卒業を控え、将来は何科に進みたいの、と聞かれることが多いです。今の医学生は卒業して2年間は臨床研修と称して各科を回り、そのあとに初めて専門を決めます。ですから急ぐ必要はみじんもないのですが、やはり何科に進むかは重大問題です。

◆◇◆◇◆

今はターミナルケアに興味があります。

一年生のころ、近くの病院に頼み込んで、看護婦さんの格好で看護実習をさせていただきました。死後の処置をお手伝いさせていただき、末期癌の患者さんとお話しさせていただきました。その印象がとても強かったからでしょうか。 治らないかもしれないけど楽にしてあげるよ、できることがないからって見捨てたりしないでいつでも顔を見に来るからね、そんなことが言える医師になりたいです。

わたしが考えているのはむしろ看護に近いことなのかもしれません。看護婦になればよかったのに、と言われたこともあります。でもわたしは、医師になろうとしています。医師がそういう視点を持つことにも、何か意味があるのではないかと思うのです。

◆◇◆◇◆

ぼんやりと、遍路に行ったときのことを思いだしています。遍路は、解剖実習が終わり、解剖させていただいた方の供養にというのが、いちばんの目的でした。遍路の経験も、どこかでターミナルケアにつながるのではないか、うまく言えないけどそう感じています。

051004 卒業試験−3。

卒業試験も中盤にさしかかりました。明後日は前半のヤマ、二内科です。呼吸器・腎臓・循環・内分泌とカバーする範囲が広く、過去問は門外不出で存在せず、しかも今年は教授が「卒試は難しくする」と患者さんの前で言い切ったそうで6年生は皆震え上がっています。

過去問がないので仕方なく国家試験の問題集で勉強しているのですが、これが量が多い!マイナーと呼ばれる眼科や耳鼻科、麻酔科などとは比べものになりません。問題を解いてみて解けたら○、解けなかったら/をつけておいて2週目に斜線の部分だけ解き直しているのですが、どれだけ頭に残っていることやら。斜線に斜線が重なって*マークを越えてくると自分が嫌になってきます。

今のところ、呼吸器、腎臓は終わりました。内分泌は始めたばかりです。あと2日。これを越えれば模試も国試も少しは解けるようになるだろうと信じて頑張ろうと思います。

051007 卒業試験−4。

今日は第二内科の卒業試験でした。第二内科は循環器と腎臓と代謝内分泌と呼吸器をカバーする範囲の広い科です。

試験前に、教授が過去問からは出さないと言った、という情報が回ってきました。その情報を信じたわたしは、過去問に手をつけずに、国家試験対策用の問題集で勉強していました。

ところが蓋を開けてみると、腎臓と代謝内分泌については、過去問と全く同じ問題が出ていたのです。過去問をやっていないと解けない専門的な内容でした。教授のお達しが通じていなかったものと思われます。

周りの人たちは過去問を解いていたから楽勝だったと言っていました。医学部では、みんなと足並みをそろえることが重要なのですね。一人だけ違うことをやっていては報われないと、思い知りました。

それでも、悔しくて悔しくて、家に帰ってから缶チューハイ計1.2リットルをやけ酒として飲んでしまいました。実は、実家で飲むのは初めてだったりします。夕飯前につまみなしで一気飲みしたので、かなり酔っぱらいました。

まあ、3日で、かなり広い範囲の国試対策が一通り終わりましたから、それはそれで、よしとしましょうか。

051012 打ち上げ飲み会。

昨日は友人たちと飲み会でした。試験が半分終わって一段落したので、第一期打ち上げという名目で、いつも一緒に勉強している自習室メンバーで飲んだのです。自習室メンバーはポリクリメンバーに若干人数が加わっています。7時開始のはずなのにわたしを含む3人はフライングで5時から飲んでいたのでした。ほんとうにいい仲間に恵まれていると感謝しています。

実は体調不良をおして参加したのですが、ひさしぶりにとても楽しい酒でした。発泡酒で初めて日本酒に移り、最後はウオッカをダイエットコーラで割って飲んでいました。卒業アルバムのための写真もたくさん撮影しました。いい笑顔で撮れたと思います。

ただ、飲み過ぎました。飲み会の最後の方はほとんど眠っていましたし、帰り道の自転車でこけて手足に擦り傷を負いましたし、帰ってからも一晩中吐いて眠れませんでした。そして、携帯を会場に忘れてきました。携帯は無事、今日の午後戻ってきたのですが。

それにつけても二日酔いがしんどいです・・・今日の朝御飯は当然抜き、昼ごはんはうどん一杯、夕食もお茶漬け一杯食べるのが精一杯でした。晩に友達と話していたら電解質異常で足が震えてきてあわててアクエリアスを飲んだのでした。吐きすぎて荒れたのども痛いです。

でもこうやって飲み会で盛り上がるのは、三十路直前の女性としてはふさわしくないのかもしれませんが、青春の一こまとしてとても貴重なものに思えています。いい思い出になるんだろうな、と。

051019 卒業写真。

卒業アルバム用の写真を撮りました。ポリクリ斑ごとに、A4の半分のスペースが与えられるので、そのスペースを写真で埋め尽くすのです。

うちの斑はクリエにカメラが搭載されている機種をいつも持ち歩いているメンバーがいて、ポリクリ途中の写真にも事欠きません。わたしが手術室で居眠りしている写真に「早く終わらないかなあ・・・」とキャプションがついていたりします。耳鼻科実習の怪しげな眼鏡(フレンツェル眼鏡という立派な診察器具です)をかけている写真や、脳波測定で頭に電極がつけられている写真など、そのときしか撮れない写真が多くて懐かしいです。

改めて撮った写真は、恒例の集合写真のほかに、洋書で勉強しているふりの写真、「Noko教授の総回診」(白い巨塔のパクリです。別の斑に協力してもらって人数を増やして撮りました)とか飲み会の写真とか、です。

いい斑だったのだなあ、と改めて思います。写真が豊富すぎて編集がたいへんそうですが、卒業アルバムのできあがりが楽しみです。

041024 ファンデーション。

卒業試験は続いています。今日は第二外科の試験でした。 お昼ごはんを買おうと入ったスーパー内のパン屋で、目当てのパンがまだ焼けていなかったので、焼けるのを待つ間、同じフロアの化粧品売り場をのぞいてみました。化粧品売り場をのぞくのもひさしぶりです。最後にあてもなく見て回ったのは1年以上前かもしれません。レギュラーな化粧品の補充しかしてきていませんでしたから。

ふと手に取った新商品のリキッドファンデーションを、顔に塗ってみました。実はこのところ気分がすぐれず、口紅だけつけたほぼすっぴんの状態で学校に通っていたのです。ファンデーションを塗ったら、こころもち色つやがよくなった気がしました。マスカラも塗ってみました。明らかにきれいになりました。

「Nokoさんはせっかく女なんだから、化粧してきれいになれる権利があってそれは男にはできないことなんだから、めいいっぱいその権利を活用しなきゃ」そんな男友達の言葉を思い出しました。

3日後には試験が一段落します。化粧品売り場でメイクしてもらって、ファンデーションの一つも買ってきましょうか。せっかく女に生まれてきたのですから。

041025 お別れ会。

今日、5年間我が家のメインマシンとして活躍してくれたIBM Aptivaが、家電リサイクル法に則って引き取られていきました。 リサイクルに出す前に、ハードディスクの内容をすべて削除しました。悪意と技術を持ってすればデータは復元可能かもしれませんが、とりあえず素人レベルでは二度と起動しないマシンとなりました。

◆◇◆◇◆

このページもはじめた当初は、家族共用のAptivaから更新していたのです。Internet Explorerのトップページは、いつもわたしのサイトでした。昼寝用ソファの隣にあるのでキーボードの騒音に苦情が来たことも一度や二度ではありません。

それから年月は過ぎ、わたしのメインマシンは個人使用のthinkpadになりました。そして先月、両親も新しいデスクトップパソコンをEpsonで買いました。Internet Explorerのトップページは、株ドットコムです。パソコンで扱うデータが増え、AptivaのWindows 98では対応しきれなくなってきました。父も仕事に使うノートパソコンを買いました。

◆◇◆◇◆

よくがんばってくれたね、家族それぞれが、玄関先に梱包されて置いてあるAptivaに声をかけました。段ボールの上からなでてやりました。肩があったらぽんと叩いてやりたい気分でした。祖母宅に行って戻ってくると、Aptivaはもう引き取られたあとでした。

041027 就職決まりました。

今日は医学科の就職試験の一斉発表でした。わたしは、第一希望の病院に、無事就職が決まりました。

今日は脳外科の試験だったのですが就職試験の結果が気になって気になって緊張して緊張して試験どころではありませんでした。口頭試問では上の空でした。とても学生思いの素晴らしい先生なのに。先生ごめんなさい。ここで謝っても仕方ないのですが。

就職が決まった病院は、欧米の医師教育システムに倣い、優秀な一般医をを育てることを標榜しています。わたしの能力(英語・思考力)が生かせる職場のようですし、ここでじゅうぶんに身体的な面のケア方法を身につけて、精神科あるいはターミナルケアの業界に入っていく基礎を身につけようと考えています。

卒試・国試が受からないとせっかく決まった就職先もチャラなのでますますがんばらないといけません。といっても悲愴感はなく、明るい感じです。今日は友人と二人で、祝杯と称して、日も高いうちから缶チューハイ4本つまみなしでストレートで空けました。明るい酔っぱらいです。


淡々としていなくもない日常。>日記・雑記目次 >2005年10月の日記