淡々としていなくもない日常>>遍路日記目次>>03月29日

03月29日

民宿岡田→66雲辺寺→67大興寺→68神恵院→69観音寺→70本山寺→ほ志川旅館(香川県三豊郡高瀬町)36km


雲辺寺は山の上

今日の予報は午後から雨。雲辺寺は山の上。「登坂3時間」と、地図にはある。八十八ヶ所中、もっとも高いところにある寺である。

早く出発したほうがいいだろうということで、岡田のおじさんは、特例として6時前に朝食を出してくれた。呼ばれてすぐに出て行ったのはわたしだけだった。5時に起きて写経をしていたのである。例のペン習字だ。

7時に宿を出て山登り。結局、山にいる間は雨は降らなかった。約2時間で着いた。山の上と言うことで荘厳な寺を期待していたのだけれど、正直なところたいしたことなかった。納経所でさんざん待たされてしかも係の人の態度があまりよくなかったから、そう思うだけなんだろうか。

風情はともかく上り下りが平坦なのはありがたい。怖い思いをすることなく、山を降りた。

大興寺から神恵院・観音寺へ

大興寺は感じのいいお寺だった。着いたときには少し風が強く、その風に乗って桜の花びらがたくさん舞っていた。桜吹雪だ。山門を入り、階段を上りながら上を見上げると、空を木の枝が覆っていた。大宝寺ほどうっそうとした感じはしないものの、整った感じでたいへん好ましく思った。

大興寺でW氏に再会した。これでは、ほとんど一緒に歩いているも同然だ。5時前に椿堂を出たと言う。彼は山道が得意なのできっととても速かったのだろう。

いったん別れて神恵院・観音寺に向かう。この二つの寺は敷地を共有しており隣同士なのでいっぺんに参拝できるのだ。8.7キロと表記されていたけれどきっとウソだと思う。5回人に道を尋ね、自分がどこにいるのかわからなくなりながら、どうにかこうにかたどり着いた。ここでもう一度W氏と合流、宿に向かった。


前の日へ次の日へ

淡々としていなくもない日常>>遍路日記目次>>03月29日