淡々としていなくもない日常>>遍路日記目次>>3月5日

03月05日

03月05日 大安食堂→民宿とくます(高知県室戸市)34km


雨の国道55号線

今日は朝から小雨が降っていた。昼頃から本降りとなる。 今回は、リュックごとかぶることのできるポンチョタイプの雨具を準備してきた。着脱が簡単で、しかも身体にまとわりつかず、蒸れることもない、すぐれものである。

しかし、雨具が優れていても、歩き遍路にとっては、やはり雨はしんどい。まず、道端に、気軽に腰を下ろすことができない。すなわち、思うように休憩がとれない。地図も出せない。出せないこともないけど出したくない。右手に金剛杖を持っているために、右の袖口から雨が入ってくる。メガネは曇る。靴に水が入る。小趾に巻いたバンドエイドがずれて気持ち悪い。

雨とは関係ないけど右足は相変わらず上がらない。民家がない。店もない。歩行者もいない。左手は海、右手は山。まっすぐ延びる国道55号線を、車が高速で通りすぎるのみである。

後から考えてみても、この日がいちばんしんどかった。


前の日へ次の日へ

淡々としていなくもない日常>>遍路日記目次>>3月5日