東日本大震災市民活動調査
これまで書いたものなど
プロフィール
大学で社会学を教えています。
取り組んでいるテーマは、市民社会論、福祉/教育社会学、権力論など。
ここは忘備録と成果報告用のページです。
仁平典宏の仮小屋

最終更新日:2018年10月9日

最近の更新
  • 【受賞】分担執筆した『市民社会論―理論と実証の最前線』が、第16回日本NPO学会林雄二郎賞を受賞しました。
  • 【論文】「〈教育〉の論理・〈無為〉の論理――生政治の変容の中で」(『教育学研究ジャーナル』22号)、「サードセクター組織の法人格の差異・商業化・専門化が雇用に与える影響:2014年度サードセクター調査に基づく基礎的分析」(RIETI Discussion Paper Series))
  • 【一般誌】「東京五輪ボランティアをやっぱり「やりがい搾取」と言いたくなるワケ――過去の「動員」を思い出す…」『現代ビジネス』
  • 【学会・学術会議・シンポジウム報告・講演】"The Amount and Quality of Employment in Japan’s Third-Sector Organizations"(Japan-Korea CSR Workshop), 「市民社会制度改革とサードセクター組織の雇用的側面――「転換」「商業化」「専門化」の効果に注目して」(第19回日本社会学会大会)、「新しい教育テクノロジーと「社会」の出会い方について」(日本教育学会第77 回大会)、「「NPO」不信の構造――政治の「蒸発」を回避するために」(日本NPO学会第20回年次大会)

Twitter account: @nihenori