東日本大震災市民活動調査
これまで書いたものなど
プロフィール
大学で社会学を教えています。
取り組んでいるテーマは、市民社会論、福祉社会学、権力論など。
ここは忘備録と成果報告用のページです。
仁平典宏の仮小屋

最終更新日:2017年7月2日

最近の更新
  • 【論文】“Living environment, health status, and perceived lack of social support among people living in temporary housing in Rikuzentakata City, Iwate, Japan, after the Great East Japan Earthquake and tsunami",「市民社会制度改革と新自由主義の共振とねじれ」の情報追加
  • 「東日本大震災5年後における支援活動の蓄積と現状に関する調査」基礎データ報告書」をアップしました
  • 【最近本に書いたもの】「政治変容―新自由主義と市民社会」(『市民社会論―理論と実証の最前線』所収)の情報追加
  • 【学会・学術会議・シンポジウム報告】“Measuring CSR and the Consequences of Civil Society Development”(The French Network for Asian Studies International Conference)、「若者の政治参加と社会運動」(シノドス国際社会動向研究所シンポジウム01)、「NPO法人の政治性をめぐるパラドックスと東日本大震災支援」(日本NPO学会)の情報追加

Twitter account: @nihenori