たまには日記も書きます


ホーム Profile 美ヶ原通信 Soccer イラストと絵本 Cats 旅行記 Town&Shop 日記 Link 足跡 1st BBS 2nd BBS :


2012年12月31日(月) 歳夜


発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月   5月   6月
発電量   169   178  223  266  313  258 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539  403  433 kwh
売電量    54    80  120  152  188  137 kwh
買電量 1,033   913  727  425  278  312 kwh
自給率    14    17   26   49   77   59 %

        7月   8月    9月  10月  11月  12月
発電量   291   308  219  199  156  147 kwh
消費量   612   690  518  440  481  669 kwh
売電量    94    88   73  107   80   61 kwh
買電量   415   470  372  348  405  583 kwh
自給率    47    44   42   45   32   21 %


年間発電状況
     2012年  2011年
発電量 2,732  2,741 kwh
消費量 7,780  7,725 kwh
売電量 1,239  1,224 kwh
買電量 6,287  6,208 kwh
自給率    35     35 %

2012年12月30日(日) 年末恒例大誕生日祝い呑み会

年末の29日に(大体ね)誕生日を
祝ってもらっている。
一緒にフットサルをやってもう10年を
超えたAッキーの誕生日が12/29で
2回りと1日違いだと知り、時節柄
X'masと正月の狭間で誕生日祝いなんて
やってもらったことがないと話していた
ことが発端で、それならとなった所で
G藤さんチの次男が31日だというので
年末の29、30、31が揃った。
それなら一緒にお祝いをやろうという
ことになったのだ。
それからもう5年位だろうか、毎年
T原さんチを会場として大勢が集まって
くれていたのだ。
しかし今年は様子が違った。
T原さんチの坊ちゃんが大学受験の
直前なのでそんなバカ騒ぎをやっちゃあ
受験勉強に悪影響だからやっちゃダメ
とG藤さんチの国立大1年になった
長男が言ったのだ。
イイ大人の僕達は”成程、流石”と
それに従うことにして、今年はウチでの
開催となったのである。
前日の29日に野菜を仕入れておいた。
当日30日は朝7時開店の「角上魚類」に
7時半に行って魚介類などを仕入れた。
下に挙げた、前以ってある程度考えた
メニュを作るための材料だ。
「角上魚類」から帰ってちらし寿司で
腹拵えをしたら先ず掃除。
11時過ぎになってしまったけど、料理
を開始する。
ポテサラとバイ貝煮を作り、大根を刻み
始めたところで、案内の13時辺りに到着
する組から連絡が入り始める。
T原さんが生ビールサーバーの入った
バッグを引っ張りながら登場。
続いてI村、Aッキーと来た辺りから
五一ワインの新酒から始めましょうか。
「カクヤス」に配達を手配してくれて
いた生ビールの樽が届いた。
Y野夫婦、F塚親戚ペア、N原GKペア、
G藤家男3人衆、Kジ、Y下K太郎、韓国
から昨日帰国したK保夫婦、試合終わり
のRナ、Mス田実家餅屋からのし餅を
運んできてくれた142&MGM。
総勢21人。よくこの家に入ったなぁ。
作った料理は下に挙げたが、皆んなの
お土産が沢山あって、想定した料理の
三分の一ほどしか作らなかったけど
それはいいのだ。
大騒ぎのバカ呑みは毎度のことだけど
今日は仲々強烈でしたね。
終始大笑いっ放しである。
ホールケーキも2つ有り、Aッキーと
僕とTケシでケーキ入刀をした頃には
かなりのイイ時間になっていたので
コーヒーを飲んだら、終電時間を気に
しながらそろそろ引き上げる組も出始め
たが、それでも尚もダラダラと呑みまして、
最終的には7人が泊まりました。
もちろんゴロ寝です。
翌30日、ゆっくり朝ご飯を食べて生ビール
サーバーを引っ張ってT原が帰り、最後に
タマにスリスリされて満足したG藤K太郎
と何故か大荷物の142&MGMが揃って
帰っていきました。
いやぁ、良く呑んだ。
日本酒、ワイン取り混ぜて一升瓶が5本と
四合瓶が6本。スパークリングワイン2本、
紹興酒1本が空いてます。生ビールの7g樽が
2つ空になって缶ビールは何缶空いたのかな。
途中まで手の付いた一升瓶が2本。
超楽しかったです。
15歳〜55歳までバラエティに富んだメンツ
が良く集まってくれたものです。
ありがとうございました。
皆さん、ご苦労様でした。
来年も宜しく、そして良いお年を。

事前に想定した料理するもの
・かきのもと(は終わっただろうなぁ)
  →山形のもってのほかが売ってたので出来た
・カニ缶と赤根草のサラダ(生姜、レモン)
・ポテサラ(玉ねぎ、ハム、パセリ、ピーマン)
  →今日はタコを入れて作ったよ
・絹厚揚げの鳥肉餡詰め
・椎茸の鳥肉餡詰め
・麻婆系
・エビとかのチリ系
・鳥もも肉のトマトバジル煮込み
  →翌朝、バジル風味のソテーにしたよ
・煮魚、焼き魚
  →カワハギを12枚ほど煮ました
   それとバイ貝も大量に
・煮イカ
・海藻サラダ
・ひじき か アラメ の煮物(打ち豆入りで)
・サラダそば
  →もりそば
・トン汁
  →茄子ときぬさやの味噌汁
・野菜とニンニク味噌
・炊き込みご飯(鳥肉、鮭、牡蠣…)
・煮物
・隠元、スナップえんどう豆(レモン、塩、オリーブ)
・大根と真鱈の子煮
  →真鱈の子が無かったので介宗鱈の子、所謂タラコ(生)で
・キンピラ(ゴボウ、人参、蓮根、きぬさや)
・納豆のアブラゲ詰め焼き
・近所の豆腐屋のアブラゲ
・セビーチェ
・ホウレン草の卵とじ
・あさりの酒蒸し
・荒巻鮭のアラで作る昆布巻き
・のっぺ と 雑煮は無理だろうな
・菜の花辛子和え
  →やりました
・竹輪と茄子炒め、大根卸乗せ

刺し盛り(〆鯖、スズキ、ホッキ貝、
トリ貝、タコ、マグロ)、もりそば、
ひき肉と茄子のカレーを作りまして。
お持たせで、ポテサラ、焼豚、うなぎの
肝焼きとカシラ焼き、焼豚がもう1つ、
くじら刺し、スナック・乾き物、
白子のかまぼこ、ジンギスカン、
大粒焼売、あーあと何だっけ?
兎に角沢山。
翌朝のご飯は、茄子と絹さやの味噌汁、
鳥モモ肉のソテー・バジル風味、納豆、
辛子明太子、いくらの醤油漬け、焼き蛤、
わさび漬けなどで。

懲りてなければ、またお出で下さいませ。

2012年12月26日(水) 何だかとっても楽しい

昨日は、なでしこPresentsの復興支援チャリティ
そして今日‐終了間際ではあるがまだやってる‐
は、プロ選手会Presentsのチャリティマッチ。
ねぇ、涙出ちゃうよ。素晴らしいねぇ。
もちろん、サッカーが大好きだからだけど、
贔屓の引き倒しにはならないつもりだけど、
それでもやっぱりスゴイじゃん。
サッカーの試合をやるだけだよ。
それでもこんなに楽しい。
こんなに人が集まってくれるんだもん。
TVで観ているだけなのに楽しい、温かくなる、
こみ上げてくる何かを感じる。
あ、ゴンゴール!そして内田の笛で終了。
寿人も言ってたけど、サッカーファミリーは
素晴らしい。
そしてそれは楽しいのが一番だね。

次は自分の出来ることを考えようか。

25日   7,787歩
24日    822歩
23日    428歩
22日   7,920歩
21日   2,315歩
20日   4,321歩
19日   6,318歩
18日   5,434歩
17日     0歩
16日   6,215歩+試合3本
15日   2,007歩
14日  16,809歩
13日  12,802歩+サル
12日   5,196歩

2012年12月23日(日) やっぱり”表現”するということ

姪っ子の結婚式
昨日、22日は寒い日、結構強い雨降りの中
姪っ子の結婚式だった。
式は日枝神社、山を降りてラ・ロシェルで
披露宴という由緒正しい、そしてちょっぴり
豪華なひと時だった。
が、僕は叔父だっつうのにフル・ビデオ撮影班
だし、Tラは一眼レフ写真班を自ら?名乗り出て
若干慌しい役回りだった。
厳かな神前式は小さく背の揃った巫女さんの
舞がメッチャ可愛かった。
新郎はアニメーターなのだが、日本式の漫画の
アニメーションではなく、そうさなぁ、古い映画の
−古いって言っても1960〜70年代あたりが
中心かな−タイトルバックに時々見るソウル・バス
のようなアニメーションである。
キャラクタってか絵の感じはヨーロピアンと
いうよりアメリカンな感じかな。
流石、ロス(だったと思う)で勉強や仕事を
していただけのことはあるのだ。
ウエルカムボードのデザイン&イラストや
席次表&メニュなど随所にその片鱗と2人の
細やかな心遣いが感じ取れるのだ。
2人の紹介ビデオ自体も仲々良かったが
そのあとに続いて流された新郎製作の男女の
愛情・相性を表現したアニメーションが
素晴らしかった。才能を感じます。
この時は照明を落とされた中、皆んなが
スクリーンを見詰めているので同じように
スクリーンに映る映像を見ていたが、それ以外
のところでは殆ど会場狭しとアチコチに飛んで
ビデオを回していた。
有名なミュージシャンのアルバムジャケットや
PVなども手掛けたことがあるという紹介も
あったようにドイツのアコーディオンの原形
の奏者やピアニストなどの演奏もあったりして
バラエティに富んだ、趣向を凝らした披露宴
であったが、中でも、終盤に差し掛かる頃、
高砂の後ろは大きなガラスの向こうが外に
なっているのだが、そこに何時の間にか大勢の
ギャラリーがこちらを見ていて手まで振って
いるなぁと思ったら、会場には制服を着た
3才児という幼稚園生が2、30人も入ってきた。
ガラスの外のギャラリーと思った人々はその
幼稚園児の親達だったのであり、その幼稚園児
たちは幼稚園の先生である新婦、姪っ子の
受け持っているクラスの子供達だったのだ。
来賓の中には同じ幼稚園の先生仲間の女の子
も何人か居るので、サポートを受けながら
先生のピアノの伴奏で”トトロ”の歌を合唱
していったのが可愛らしくって、最高の演出
だったね。
美味しい食事は何とかほぼ全て食べれたものの
ワインなどは落ち着いて飲むことは出来なかった
けど、バッテリ残量を気にしながらも
参列者全員の個別コメントを丁度撮り終えた頃に
お開きへと進んでいくことになったので良かったのだ。
多くは書かないが姪っ子は小さい頃に苦労を
した。それでも真っ直ぐに育ってくれた。
親ならずとも感無量である。
2人共どうか御仕合せに。新郎、頼むよ。
一時は激しく降っていた雨も何時の間にか
上がり、Xmasイルミネーションの輝く中
帰途に就き、途中で買って帰ったお寿司を
つまんでTラと祝杯を挙げました。

姪っ子の結婚式 姪っ子の結婚式 姪っ子の結婚式 姪っ子の結婚式

翌、日曜は朝有り合わせでパンに挟む具を
作って朝食とした後、昼前にホテルから
帰る途中の新郎新婦にビデオを渡しに行った。
ハーフの新郎は、知らなければ、ぶっきら棒、
取っ付き難いヤツと思われてしまうところ
だろうが、実は思いっ切りシャイなヤツという
だけなのだ。
その夜、久し振りに「情熱大陸」を観た。
お笑い芸人の”鉄拳”が取り上げられたのだ。
マイナーではあるが嫌いじゃない、むしろ
好きな芸であったが、今はその芸ではなく
パラパラ漫画家として注目されている。
どれも唸ってしまうが代表作になった
「振り子」などは感動ものだからね。
その画力、構成力、着想、根気などどれも
驚くことばかりであるが、改めて思うのは
やはり”量”をこなすことの大切さという
点と思った次第であります。
いやこれは才能という部分とは全く違う
ところになるかもしれないけど、才能が
あってアイディアがあってもそれを表現
する技術が無いとダメだもんね。
技術自体も才能ではあるんだけど、でも
それを磨くのは日々の積み重ねが重要、
”量”をこなすことが重要なんだと思う。
その上で彼の言う”作りだすこと”は
製作過程を見ているとミケランジェロ、
運慶・快慶なんかに通じるものがあるね。
いや、素晴らしい。
今日の「情熱大陸」は観て良かった。
いや、見逃さなくて良かった。
でも、あの定食屋は解ったぞ。ってことは
結構近所に住んでいるのかもしんないね。

新郎と鉄拳、負けてらんないな、こりゃ。

2012年12月19日(水) 僕達はココに居るよ

今日は中学の同窓会、というには規模が
小さ過ぎる。同期呑み会である。
思えば3年程前に同期の女子がSNSで僕を
見付けてくれたのがキッカケといえば
キッカケである。
今晩は軽子坂「ゆうゆう」離れ2F。
9人という小鎮まりとした会だったが
大笑いの楽しい呑み会となった。
刺身の宴会コース+飲み放題で料金も
食べ物も決まっているので、先ず酒の持込み、
酒は持込みのを呑んでれば店の酒は減らない
のだから持込みも許してもらえる道理
である。
次につまみ、これもコースなので出る
料理が決まってるわけだから多少の
持込みは大丈夫だろうということで
実は既に何回かやっている。
事前に持ってきていいよ、と案内して
いたので今日は酒3本、つまみが10品超位。
中学と言っても小学校からのも居るので
かなり知ってる筈なんだけど、それでも
ほぼ初めまして、だったり、えーっそうなの
だったりで旧知の安心感の中にも新鮮さ
もあってかなり面白いのだ。
23時過ぎになって”帰らなきゃ”という
女子の言葉を潮に散会となりました。
次回はどうやら伊豆で1泊するみたいよ。
もう少し増えていってくれるといいんだけどな。

家に帰り着くと、あるクラブのチーム
メイトからのお知らせと、それに反応
した他のメンバからのメールが沢山着て
いた。
そのお知らせは”もうサッカーは出来ない
と思います”という位の軽くない怪我の
入院・手術を済ませ、今はリハビリ中と
いう衝撃的な事後報告のものだった。
僕も癌の時には、あれも出来なくなる、
それも出来なくなる、と散々に言われた
けど、今はこうして何とかグラウンドに
立っている。
もちろんそれぞれの状況は違うので、
軽々しく言ってはイケナイことは承知
しているが、先ずはリハビリを頑張って
くれ、そしてグラウンドに帰ってきてくれ。
その前に酒場に帰ってきてよ。
僕達はズーッと待っているよ。
チームメイト、仲間なんだから。

2012年12月18日(火) お題目じゃ困るけど…

日本橋三越前YUITO
こんなツリーが飾ってあるビルの中でコースの昼食。

ANTIPASTOは”温かいカリフラワーのスープ”にして
PRIMO、パスタ or ピッツァということなので
”マルゲリータ”を選び
SECONDOのメインディッシュには
”漁港直送 鮮魚料理 その魚に合わせたスタイルで”
としてみましたよ
DOLCE BUFFETはデザートブッフェとなっており
フルーツのゼリー寄せみたいのとティラミスか何か
をちょっと頂き、エスプレッソで〆

白身魚のグリルと野菜が何層かになってて
ソースが散りばめられてる、みたいなね。
だからフレッシュなトマトとチーズが美味い
決して小さくは無いピザを食べた後に、要は
焼き魚やね。
同行の方々も銘々に選んでたのでパスタの
後に肉料理てな具合の方も居ましたよ。
携帯メディアプレイヤーに入っている志の輔の
落語の枕を思い出した。
志の輔がイタリア旅行に行った時のレストラン
の中のことを枕のネタとして語っているのだ。
”…スパゲティの後に肉ですかぁ?
 肉の後にスパゲティでしょうぉ!”
いや、いいんですけどね。

いずれにしても
美味しゅうございました。ご馳走様でした。
最近の食事 最近の食事
こちらは月曜の朝と夜のつまみの一つ。

…ホントにやられても困る、ってのも
中には有るよ。実態はそれに近くても
やっぱり”軍”は良くないのでは。
しかも憲法を変えてまではね。

2012年12月16日(日) 選びたいのは山々なのに

朝一番で都知事選&衆院選の投票に行って
きました。前回の時は投票所にも人が沢山
来ていて、何か熱気のようなものを感じた
ことを憶えていますが、今日の投票所は
それほど人は居ませんでした。
しらけ感があったとしてもショーガナイか
この政局を見せられたらね。
帰ってから野菜餡かけうどんの朝食を食べ
たら出掛けましょう。
最近の食事 夢の島競技場
今年、もしかしたら最後のサッカーは
スタジアムと言っていい競技場での
サッカー。快晴で暖かいイイ日和でした。
向こうにはスカイツリーも結構大きく
見えてるんですがね。
巴戦は、大学の先輩SS木さんの居るチーム
とは 2 - 0 とHYシSルの居るチームとは
1 - 1 だったので、内容はまぁまぁだったん
だけど、最後の1本で腰を痛めてしまった。
ちょっと重いかも、クソッ!

コリンチャンズ 1 - 0 チェルシー
今回のトヨタカップ(ってもう言わないけど)
はアル・アハリの試合が面白かった。
3決も一歩及ばなかった。確かに世界のトップ
レベルには半歩及んでいないかもしれないが
観ていて楽しいし、プレー振りが誠実だね。

選挙の結果は、あーあ、こんなんか。
大丈夫なのか、ニッポン!?

昔、ソクラテスが現役の時に来た
コリンチャンスが、試合の前日だという
のに銀座のペルーレストランで深夜まで
一緒に呑んだくれて大騒ぎをしていた
雪の日が懐かしい。
レストランの日本人客の女の子達を
連れ出し、交番でパトカーでホテルまで
送ってくれと交渉してやがった。

2012年12月15日(土) 気が付けば人形町

荒巻き鮭が着たよ
新潟から村上産の荒巻き鮭が届きました。
今年はこれの骨、鰭、アラで昆布巻き
でも作ろうかな。
餡かけ焼きそば 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 年末恒例コスプレフットサル タマ
年末恒例のコスプレ・フットサル。
参加人数が少ないのでどうなることかと
思ったけど、今年もまたちゃんと?出来ました。
佐々舟のワンタン&そぼろご飯 佐々舟
人形町「佐々舟」のワンタンとそぼろご飯
内緒だけどこの後に「魚とら」で黒ムツ煮定食も
更に夜また人形町に舞い戻ったんだけど
”そりゃまた別な話”
銀杏稲荷・銀杏八幡
銀杏稲荷・銀杏八幡だって
人形町から日本橋へ歩いてる途中で遭遇。
栄和楼の半炒飯 栄和楼のラーメン 栄和楼の餃子 栄和楼
気になっていた「栄和楼」のラーメン&半炒飯
Tラは餃子&半炒飯。小さな店かと思いきや
意外と店内は広く、そして閑古鳥が鳴いている
のかと勝手に思っていたけど、お客さんは
いっぱいで後から後からやって着ました。
餃子がパリパリのジューシーで美味かった。
大きいんだけど、大きいというより細長かった。
ラーメンも炒飯も、美味かったっす。

最近の食事

で、13日は上にも書きましたけど、年末恒例の
コスプレ・フットサルだったんです。
Mス田さんは来てくれましたが、参加者が少なそう
で心配していましたが、それなりに来てくれて
それなりにコスプレもしてくれたので、今年も
楽しく出来ました。
そしてT原さんはやっぱり流石でした。
その後はいつもように「鳳蘭」へ行って、サルは
やらずに呑みにだけ来たというTクちゃん、B当
も交えての10人呑みとなりました。
計らずもその2人と僕とT原さんと、北海道に
住んだことのある(僕以外なら”出身”という
ところだろうけど)4人が同じテーブルに付き
北海道話に花が咲いてしまいました。
そして気が付けば、他のメンバが座ってる隣りは
テーブルを2つくっ付けている状態で、謂わば
こっちが北海道、あっちは内地(本州)な状態と
なってました。
そろそろな時間となった所で”浜町に着いた”と
トヨタカップ準決勝を横浜に観に行っていたBから
連絡が入り、人形町への途上で落ち合いMス田、
T原、B当、B、僕というメンツで「岩手屋」
へも潜り込むことが出来ました。
おでん、タコブツ、〆さば、笹ガレイ…美味いねぇ。
終盤、何故か明日も呑む話になり・・・

翌14日(金)は、昨日浜町体育館に行く途中で
偶然見付けたカレンダの臨時売り場に行く。
長引く不況の影響か元々少なくなってはいたが
今の会社になってからはめっきりカレンダなどを
もらう機会が少なくなっていたので、当てにして
いたらカレンダ無しなんてことになり兼ねない
ので買うことにしようと思っていたのだが、
丁度安く売っている臨時カレンダー売り場を発見
したという訳だ。
ウチ用、会社用、社員用、卓上用など結構沢山
買い求めたが安かったのだ。
11時過ぎ、「魚とら」開店にはまだ間が有るようで
暖簾は出ていなかったが、そこらを散歩していれば
程無く暖簾が上がるだろうと思い、人形町方面を
散策、昼間に歩くと色々な発見があるし、
ランチの美味そうな店も多いことに気付く。
と「佐々舟」の前に出てしまった。メニュを見る。
久々に食っとくか。一番のお客になりました。
”ワンタンとそぼろ丼”
うん、美味い美味い。ここは美味いラーメン屋なの
だが居酒屋のように呑みに使っても美味い店なのだ。
そしてまた散策、アレコレ思いながら歩いて
いる内に”やっぱキンちゃんの顔見とくか”と
言い訳のように呟きながら足が向いてしまった。
昼時を迎えた「魚とら」は混んでいたが、入って
きた僕を見付けるなり毎度のように憎まれ口を
叩くキンちゃんとフォローする女将さんに迎え
られる。”黒ムツ煮定食”をいってしまいました。
煮魚はあとカレイがあって隣にきたのを見ましたが
僕の黒ムツもカレイも巨大でした。
そして当然、美味い。
腹ごなしにグルグル歩き回って日本橋に出る。
地下鉄で会社に戻って、買ってきたカレンダの
発送などしてコーヒーで一服していると、BとT原
から相次いで”今日はどうするの?”とのメール。
お腹いっぱいでまだその気にならないんだけど
まぁノリですからね。
そしたらT原は”今からもう行ける”という。
何をーッ!まだ16時じゃねぇかッ!
結局、一人で始めてしまっていたT原に17時半
人形町「八重洲」で合流。
18時まではエビス生とトリハイが99円なのだそうだ。
18時半、どれもう開店しただろうと「岩手屋」に
行くも、既にいっぱい。”一回りしてくるよ”と
言い捨てて周辺を物色。気になっていたので
覗いてみた「川治」は予約でいっぱいだったけど
スゴク良さそう、今度絶対に来てみよう。
「鳳蘭」近くでやはり気になっていた「はま仙」。
こんな路地の目立たない所なのに2階は予約の宴会
が入っていた。感じがいいし仲々いいね。
今日は新しいとこを開拓しようとまた人形町方面へ。
「佐々舟」、「ふうれん」を通り過ぎ「だるま」へ。
ここにBが合流。他にも合流するヤツが居るって?
ふぅーん。
しかし、この辺で長くやっている店は然もない
店と思われても、どこもちゃんとしてていいね、
美味いよ、感じいいよ。
”合流するヤツ”は会議中とかで仲々やって
来ない。じゃあ、そろそろ戻りますか。
”二回りしてきたよ”と「岩手屋」に舞い戻る。
赤根草のお浸しの大皿をお通し代わりに頂き
熱燗の二合徳利を重ねるも、やはり”合流するヤツ”
は仲々現れない。
僕とT原の酒量が上がるばかりである。
だってココでもう4軒目なんだからね。
ガラリ、と戸が開いて見慣れない風貌の男が
やや腰を屈めるようにして入ってきた。コレか。
今日はどうやらココからが本題のようだった。
まぁ、先ずは乾杯。仕事だったというので
何も食べてないんでしょ、ほうれん草食いなさい
おでん食いなさい、タコブツもやってやってよ。
ポツポツと話し始めたそのやっとやってきたヤツは
ふーん、成程な、ってな感じで、何て言ったら
いいんだろう!?そうさなぁ、アレか、納得か。
一応”納得”しました。
T原が連日の終電間際で帰った後もダラダラと
話してしまい、家に帰り着いたのは2時位だった
だろうか。ヤレヤレ。何にしても御仕合せに。

帰りに1人、人形町駅近くのラーメン屋で口直し
したことは内緒にしておこう。シーッ!
なぁ、T原、もう一回年内に呑もうか。

(こんなダラダラ書いてると終盤のメインの方が
書けて無いことがよくあります。今回もそうみたい。
言葉足らずな部分はアッチのブログも参照して下さい)

2012年12月13日(木) 三題話ってのはあるけど三題話さない話って

ここは”3NO”なわけなんだけど
つまりノークライム、ノンポリ、ノーエロ
ってことなんですけど(成る可くね)
たまには言いたい時もあるよなぁ。

東京都知事選に解散総選挙が重なって
ただでさえ慌しく落ち着いて考えられ
ないのに、加えて急激な組み替え、乱立で
わけ解らない状態、に持ってきて更に
主張していることの内容が解りにくい。
いや、解るっちゃあ解るんだけど、
例えば原発のことね、10年後とか30年後
とか、即時とか維持とか、お題目は
いいんだけど具体的な方法論とか
廃炉にするったって時間と金と労力と
多分場所とかも掛かるし、じゃあその
代替エネルギーはどうするのかとかの
ちゃんとした見通しとかさ、もっと
しっかり中味のある話をしてくんないと
解らないよね。
その上で比較したいのに結局、お題目と
中傷と名前の連呼だもんな。

地デジ、インターネットなど双方向の
環境が整っているのに、こういう情報は
いつもメディアからのお仕着せなのだ。
いやメディアもいいことを言う局や
コメンテーターや評論家は居るんだけど
言ってお仕舞いな感じがする。
例えば、全政党、全候補者に個別に
質問を投げられるサイトを立ち上げた
として、質問は膨大な量と範囲と質に
なるだろうから運営者側が集約して
重要な同じ主旨の質問を全ての相手に
向けて表示する。相手というのは
政党や候補者だけどさ、その相手から
回答が得られればそれも表示する。
来なければ空欄のままで、一覧で比較が
出来る様にするとかさ。
そして国民の声が沢山集れば集るほど
無視出来なくなれば、スタンダードと
なって”反応の無い政党や候補者はダメだ”
という風になれば面白いんじゃないか。

今朝、TVで沖縄の基地問題の中の
日米地位協定のことを取り上げていた
評論家の方が居た。
僕は未知・無知だったので新鮮且つ驚き
をもって見ていた。
こういう問題は誰かが取り上げて具体的
に教えてくれないと仲々認知されない話
だと思う。内容は書かないが重大な事だ。
これにしたって、基地をどうするかという
根本の大きなテーマも大切だけど、それは
現与党が当初唱えていたようなお題目に
なってしまう可能性がある。
それよりは先ず、はっきりとした問題
について各政党、各候補者がどう考える
のか、どう対処するつもりなのかを
先に挙げたような回答一覧で見渡せる
ようなものがあった方がいいのでは
ないかと思うのだ。

投票に行かなければ政治に参加したことに
ならない。それはそうだろう。
でも、その前に、その前段階から参加出来る
仕組みがあってもいいんじゃないか。
外国などはネット投票なども試みられて
いると聞くが、投票とかだけじゃなくて
もっと国民の声が直に届き、またそれに
直に対応してもらえるような本当の双方向
を考えてみてほしいと思う。

じゃないとホントに誰に投票していいのか
解らないよ。それこそ選挙離れ、政治離れ
になってしまうんじゃないだろうか。

クライムにもエロにも言いたいことは
結構あるんだけどなぁ。

2012年12月12日(水) 好き放題させてもらっちゃいました

やりましたよ。
”の”と”ら”の合同忘年会。
酔っ払い同士がノリで急遽決めた割りには
ちゃんと実現出来ました。
飯豊山に一緒に登ったSuperfly(似)も来て
くれたし、大盛り上がりでよかったです。
用意したホールケーキは、今日が誕生日
だというHラちゃんの為のものだったん
だけど、その場で聞いてみたら2/11なんだ
そうだ。
Yイちゃんのガセネタで空回りしちまった
じゃんかッ!
でも実は翌日12日がウチの結婚記念日なので
恐縮ではございましたが、お祝いの方向を
変えさせてもらっちゃいました。
忘年会@稲毛屋
忘年会@稲毛屋 忘年会@稲毛屋 忘年会@稲毛屋 忘年会@稲毛屋
うなぎの貴重な串などつまみもタンと
いきましたし、うな重も白焼きも堪能。
お酒の持ち込みやケーキの持ち込みまで
快く受け入れて頂いて感謝なのだ。
美味しくって、旨くって、和んで
大成功でした。
(しかも持ち込みのケーキ代も入れて
 @5,500円と格安だったしね)
忘年会@稲毛屋 忘年会@稲毛屋

Special Thanks
「稲毛屋」さん、大和川酒造・工場長

また、登山など色々なイベントが立ち上った
ようです。今後とも宜しくなのだ。
なったまなぃ

2012年12月11日(火) ホールケーキを買う

最近、会社の近所の裏路地に在った
小さな洋菓子屋さんが閉店した。
僕はケーキなどは滅多に食べないが
そこのは本当に美味しそうで丁寧に
作られている感じがしていたし、
お店の方も感じが良かったので
お客さんなどへ訪問する時の手土産
などに使っていた。
こういうお店が無くなってしまうのは
寂しいね。
豆腐屋、に限らないけど手造りの店
ってのは今の代が辞めてしまったら
2度と復活しないだろう店って多いよね。
町の定食屋さん然り、乾物屋さん然り。
かと言って何が出来るわけでもない。
精々買い物に行くことしか出来ないが
成る可くスーパーじゃなくてこういう
店を利用するように心掛けたい。
で、ケーキが必要なのだが、
ハテ何処に在るだろうと考えたら、
ああ、使ったことは無いが大通りの
ビルに小さなケーキ屋が有ったと
気が付いた。
その店のベテランのおねぇさん達も
優しかった。
ショウケースのケーキ達も美味そう
だし、丁寧に対応してくれた。
裏路地の洋菓子屋も知っていたが
閉店のことは知らなかった。
昨日の月曜がポイント2倍の日だった。
ラッキー、これからはここにしよう。
そして今日、ここのケーキを使うわけ
ですが、さてどうなりますやら。

2012年12月10日(月) 足跡を残すってどういうことなんだろう

金曜の晩、T郎氏のライヴにお誘いを
頂いていた。
7、80人のお客さんの8割方は会社の
社員だという。成程見渡したら僕でも
知っている顔が何人か居たね。
前半担当バンドは若くて活きのいい
ノリノリバンドだ。
MCも含め仲々どうして堂に入ったものだ。
休憩を挟んでT郎氏の居るバンド。
こちらは中年が軸に居るものの
若いベースの女の子が居たりと
バラエティに富んだメンバ構成である。
前半に数曲、T郎氏のトランペットを
挟んで後半に数曲、その流れで最後の
アンコールでは2つのバンドが合体
しての大盛り上がりだった。
良かったよ。楽しめました。
身内が多いですけど、と言ってたけど
それはそれで素晴らしいことだね。
表現する、ということをまた考える
キッカケの一つになるでしょう。

T郎氏のライブ T郎氏のライブ T郎氏のライブ
T郎氏のライブ T郎氏のライブ

セットリストが届いたのでコピペ
させて頂きます。

【コンバース】
1.CHE R RY(YUI)
2.与える男(奥田民生)
3.Something Wild(THE BAND HAS NO NAME)
4.don't look back in anger(Oasis)
5.銀河鉄道999(ゴダイゴ)
6.雨上がりの夜空に(RCサクセション)
7.ジョニー・B・グッド(チャック・ベリー)

【和田バンド】
1.ジャンピンジャックフラッシュ(ローリングストーンズ)
2.心の愛(スティービー・ワンダー)
3.パレード(シュガーベイブ)
4.いちご白書をもう一度(バンバン)
5.ホワイトクリスマス
6.君は友達(映画トイストーリー)
7.サボテンの花(チューリップ)
8.勝手にしやがれ(沢田研二)
9.サタデーナイト(ベイシティローラーズ)

【アンコール】
1.勝手にシンドバッド(サザンオールスターズ)
2.ヘイジュード(ビートルズ)


土曜は弊社の社員が提案してきた
”休日だけどテーマを決めて会社の
ことを話し合おう”的な集まりが
あった。
現状報告から将来の予測、これから
為すべきこと、希望、やりたいこと
反省すべきこと等、様々にぶっちゃけ話
をした有意義な午後を過ごした後は
皆んなで不忍通りをバスでグルッと
周り、団子坂のタコ屋へ行く。
予約した17時の数分前に着くとご主人が
暖簾を掛けたり、今日のお勧めの札を
貼ったりしていたが”どうぞどうぞ”と
招じ入れてくれた。
忘年会@三忠 忘年会@三忠 忘年会@三忠
イワシの丸干しと聖護院かぶら浅漬けと
黒バイ貝のお通し、皆んなはビール党
なのでハートランドの生だのスーパー
ドライだのをいっているが僕は乾坤一
から始めましょう。
刺身は、たこの踊り刺し、水たこ、
真たこ、白ミル貝、たこウニ和え、
カワハギ肝醤油をいきまして。
名物のタコの明石焼き。所謂、明石焼き
ではないけどびっくりのヴィジュアルです。
たこの吸盤のバター焼きエスカルゴ風、
レンコン爆弾、ナガスくじら刺し、
白ミル貝、生牡蠣、カレイの空揚げ
牛スジ煮込み、たこわさび和え。
たこしゃぶ、もいきまして〆は稲庭うどん
酒は飛露喜のうすにごりを頂いてました。
いや、どれもすごく美味かった。
迷うところだが今日の一番は、白ミル貝かな。
2軒目以降は若いモンに任せて今日は
お暇しときましょう。
またバスでグルリと帰ってきました。
ウチの社員も仲々ですよ。

中村勘三郎さんと森光子さんが亡くなった。
このニュースが連日続いているね。
芸能人などの有名人の惜しむ声は当然
故人への賛辞・美辞麗句が並ぶわけだが…
いや、そんな方向の話をしたいんじゃない。
色々な人が故人のことを語る、それを聞く
しかもその様子が映像に残っている。
これって素晴らしいことだよね。
一昨年一昨々年に相次いで亡くなった
両親のことを思い起す。
自分達子供が両親のことをどれだけ知って
いるのだろう?両親の若い頃や家の外での
顔や仕事の上でのことなど、知らないこと
の方が多い。当り前といえば当り前である。
しかも多くの場合、葬儀に集まってくれた
方々もある程度の年齢だろうし、その後
もう一度参集して頂けるような場は、通常
そうは設定出来ないよね。
だから、お通夜の後のお清めの時などは
故人のことを偲んで頂く、ことも大変重要
で有り難いことだが、本当はこちらが
知らない顔の話を聞かせて頂くことが重要
得難い機会なんだと思う。
だが実際は、こちら側も葬儀までの時間を
慌しく過ごしていてお清めの時間などは
ホッと息が抜けるところもあったりするし
葬儀など時間と段取りに追われること
ばかりでそういうところまで気が回らない
ことも多いし、第一時間が短い。
だからそんな時間を持てるということは
難しいように思う。
不祝儀事なので、例えば結婚式のように
賑々しくビデオを回してインタビュする
なんてことは似つかわしくないだろうから
実際にやってしまったら眉を顰められる
かもしれないが、本当は故人のことを話して
もらえる友人知人の映像を残しておくべき
なのだと思う。
一般人ならなおのことで、人々の記憶から
消えてしまったら、もう本当に存在しなく
なってしまうのだから。
そんなことを思いながら中村勘三郎が森光子
を背負っている芝居の映像を眺めていた。

日曜は気温が低い予報で実際低かった
みたいだけど日中は陽がよく当って
暖かかった。そんな中、附属高校同士の
OB戦があった。場所は相手校で最近
グラウンドが人工芝になったという
ことでこけら落としの名目だったようだ。
どちらかというとかつては相手が名門で
こちらは雑草。今はどうなのか知らない
けどね。
数年前にやった時はこちらが圧勝した
ので相手は相当に憤ってたという情報で
今回は相手にとっては謂わばホームに
敵を迎えてのリベンジマッチというところ
だろう。
実はもう1チーム招待されていて巴戦だった。
結果はもう1チームには2−0で勝利、
対兄弟校は1−1だった。本来はここで
終了だったのだが、兄弟校側の意向で
決着を付けるとばかりに延長戦が行われた。
ここでこちらがあっさりと2得点を挙げた。
夕方が近くなってきて、寒く薄暗くなって
きたので流石に逆転は諦めたようだ。
通算3−1の勝利となった。
今回も勝ってやりました。
4本出て1本休憩、2本主審をやりました。
まぁ、何にしてもいいグラウンドで楽しく
サッカーが出来たことが一番ですけどね。

でも、高校のサッカー部(OB)らしく
(何度も言うけど参加してるけど僕は
サッカー部じゃない)”負けたら坊主”
なんて言いながらやってたけど、無事
坊主は回避できたんで良かったですね。
でも向こうはまた相当悔しがってんだろうなぁ。

9日   5,502歩+試合4本、主審2本
8日   6,147歩
7日  14,511歩
6日   7,897歩
5日   3,490歩
4日   6,280歩
3日   6,049歩
2日   9,713歩
12/1日 5,903歩
30日  12,057歩
29日  8,646歩
28日  6,847歩
27日  9,025歩+フットサル
26日  8,920歩

天皇杯では福島ユナイテッドに0-1で
皇后杯ではアカデミー福島に1-2で
どちらもアルビレックス新潟が敗れた。
そういう言葉があるかどうか知らないが
磐越ダービーと言っていい戦いに男女
とも負けるって!
まぁ福島も応援してる所だからいいっちゃ
いいんだけどさ。でもなぁ。

2012年12月6日(木) 炭水化物ダイエット脆くも敗れる

今晩はT区の体協年末懇親会だった。
U野SY軒の宴会場に250人〜300人も
集まっての宴会である。
前半は挨拶と各種表彰、後半が宴会で
景品抽選会が目玉かな。
円卓は大体が各団体毎に纏まっている。
ウチの円卓の9人から4人も抽選に当選
したので、かなりの高確率だったが、
僕は残念ながら当りませんでした。
で、今日の料理なんだけど、炭水化物
だらけでした。
サンドウィッチ、スパゲティ、海苔巻き、
ハヤシライス、肉野菜の入ったパイ、
ロールケーキ。
いや美味かったけどね。
特にハヤシライスはここの名物だという
ことでホントに美味かった。
他の料理は、あれは焼豚だろうな、
それとポテサラ、豆類の何だろサラダ、
海鮮サラダ、鳥唐揚とフライドポテト、
ウィンナソーセージとズッキーニ炒め、
スモークサーモン、アイスクリーム、
フルーツ、コーヒーだったかな。
もう、お腹いっぱいになり過ぎて二次会は
パスしてしまいました。
なので時間が早かったから、初めて乗る
路線などバスを乗り継いでノンビリ
帰ってきました。
スパゲティにハヤシソースを掛けたら
これがまた美味かったんだな。
く、苦しい。

2012年12月5日(水) 旧知上京す

今日は午後に奈良から旧知が上京してくる。
仕事でジョイントするかもしれません。
日帰りの筈ですが午後ちょっとビールでも
飲みましょうか。

午後一で紹介した仕事の面接に行った旧知が
その後にやって来た。
面接の内容などを聞く、面接相手からも連絡
が入る、どうやら上手いこといきそうである。
夕方、所用を済ませてから奈良に帰るといって
旧知は引き上げていった。
15年振りくらいだろうか。相変らずであった。
年明けから仕事でジョイントすることになる。
頑張ってもらいたい、宜しくなのだ。
最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事
「稲毛屋」豚汁定食+生卵、とろろそば、とろろをたっぷりと
大根の味噌汁と目玉焼き、「稲毛屋」親子丼定食、
麻婆風小茄子の中華炒め、それの丼と大根の味噌汁、
「大盛軒」のラーメン、安納芋を使ったクリームシチュウ

2012年12月3日(月) 繋ぐ って

土曜は、夏に飯豊山を登ったときにご一緒した
喜多方・大和川酒造での別の酒造りグループ
−そのグループは山登りの会でもある−の方
から、その会がもう30年もやっているという
作品展にお誘いを頂いていた。
山で一緒だった方も数名いらっしゃるという
ことだったし、作品展というので色気を出して
”作品、出してもいいですか?”と言ってみた
ところ快く承諾して頂いたので調子に乗って
数点を風呂敷に包んで小雨降る中、西池袋に
出掛けて行った。
朝から晩まで取ってあるという会場に13時頃
到着したが誘って頂いたS藤さんがPCを操作
しながらポツンと座っていただけだった。
壁やテーブルには何人かの方の作品飾られて
いたし、中央のテーブルにはつまみなどが
準備されつつあるようだったが、始めるまで
にはまだまだ時間が掛かるようにみえた。
挨拶をして早速壁に掛けさせて頂いていると
買い出しに出ていた組やら今到着しましたの
組やらが集まり出し、壁もテーブルも賑やか
になってきた。
そうこうする内に仕切り役のような方に
促されて先にビールを開けることになった。
その後は人数がドンドン増えていき、大和川
酒造から1ケースの酒が届き、すっかり宴会
となっていった。
作品を観たり話をしたりもするが、作品は
肴で大体は宴会なのだということだったが
毎年1回の開催で31回目を迎えるというのは
素晴らしいことだね。
すっかり馴染んでしまい、その内にウチラ
主導で合同忘年会を提案して日にちも店も
決めてしまい大盛り上がりになる始末だった。
二次会も楽しそうだったが、翌日が早いので
一次会である作品展の終了とともにお暇する
ことにした。
1ケース12本届いた日本酒は手付かずのは1本
残っているだけだった。良く呑みました。
すっかり夜になってしまった中、皆さんと別れ
を告げて、ホンのチョット口直しねと何故か
中華屋。ねぇ、これやっぱ行き過ぎじゃない!?
のぼらん会作品展後の中華 のぼらん会作品展後の中華 のぼらん会作品展後の中華

その翌日である日曜は、グッと冷え込んだ中
上野不忍池で行われるT区のジュニア駅伝の
ボランティアに出掛けた。
7時40分に着いてしまい、朝マックで時間を調整、
8時半、集合地点に向う。
Forza系からはN井さん、T原夫婦、142、
Y野夫婦が参加してくれた。優秀なのだ。
9時45分スタートの第1レースから5レース、
小学生〜中学生の男女が各カテゴリに分れて
走るのだ。カワイイねぇ。
公園の中、貸し切るわけでもないので、一応
コーンで仕切ってるとは言え一般のお客さんが
沢山通るのでそれなりに気を使う。
子供達に拍手を送りながらも通行人に気を配る。
途中、「万世」のカツサンドの昼食を摂りながら
最終の中学生のレースで締め括った。
16時頃まで行われて、その後後片付けをして終了。
冷え切った身体を上野広小路の韓国料理の
唐辛子で強烈に温める。
美味かったけどちょっとやり過ぎかな。
お調子乗り組は中華屋にも流れて”寒い・疲れた・
呑んだ・辛い・お腹いっぱい・楽しかった”
一日がやっと終わりました。
ジュニア駅伝ボランティア ジュニア駅伝ボランティア

31年も続けてきた作品展と少年少女達のタスキ。
図らずも”繋ぐ”という裏テーマを見た思いが
しました。僕の思いはどこに繋がるんだろう。
にしても、いやぁ、よく遊んだ?週末でした。

発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月   5月   6月
発電量   169   178  223  266  313  258 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539  403  433 kwh
売電量    54    80  120  152  188  137 kwh
買電量 1,033   913  727  425  278  312 kwh
自給率    14    17   26   49   77   59 %

        7月   8月    9月  10月  11月
発電量   291   308  219  199  156 kwh
消費量   612   690  518  440  481 kwh
売電量    94    88   73  107   80 kwh
買電量   415   470  372  348  405 kwh
自給率    47    44   42   45   32 %

2012年11月29日(木) 青天の霹靂

今晩は
「ゆうゆう」→”El Camino”→「きん助」

まぁ、断片的にではあるけど
手掛かりは散りばめられてたので
ははーん、てなもんだったけど
それにしてもなぁ。

最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事 最近の食事
小茄子の麻婆丼と白菜のスープ、煮物と天狗舞・純米大吟醸
カブとラディッシュと小さなキュウリの塩漬け・葉っぱもね
煮物と白菜・大根・春菊のおじや、「ふじや食堂」かきフライ定食
けんちんうどん、「大盛軒」カレーラーメン・半ライス・冷や奴
手羽元のカレー、小茄子とししとうなどのカレーライス
「喜晴」シュウマイ定食

2012年11月28日(水) ささくれ

なんだかなぁ。

3人寄れば社会が形成される。
近ければ近いほど摩擦は起きる。
彼我の違いを知る。
他人の心を慮る。
声に出して話をしよう。

こんなときは
陽だまりのネコ
陽だまりのネコを見よう

2012年11月25日(日) 修行中

23日はT区とS区の友好親善試合が
各年代・男女で一日中行われる予定
だったが、朝に降りだした雨で早々に
中止が決まった。
降り始めたら終日強く降るという予報
が事前に頭に入っていたからの決定
であるが、実際には大した降りでも
なかったね。残念。

じゃ散歩に出掛けようかと適当に
進んでいたら、新座市役所の前に
”オープンカフェ”ってな幟が寒空
の中はためいていた。
11月の連休 11月の連休 11月の連休 11月の連休
広場にJAの地場産直物や食べ物・飲み物
を売るテントが並んでいて、その前に
テーブルと椅子が並べられているのだ。
先ずは温っかい甘酒。
地酒を数種試飲、地元の巨峰で造ったと
いうワインと地元の酒蔵の原酒を買ってみた。
それからと…ラーメン350円とカレー300円。
お土産に野菜とパン。パンはクルミサンドと
ハンバーグパン、フルーツサンドである。
小雨もパラつき寒かったが徐々に人も
集ってきたね。盛況になることをお祈りします。

24日はウチで呑み会。
ワシタカの渡りを観に行った帰りに寄った
林農園で”今年の新酒は11月中旬から”と
聞いていたので、先日電話をして送って
もらう手筈を整えていた。
その五一ワインの一升瓶が一昨日届いた。
喜多方・山田錦稲刈りの時に話をしていた
ので、MリとHラに”どう?”と誘ってみた
ところ連休にも関わらず”酔い酔い”との
快諾?を得たのだった。
11月の連休 11月の連休 11月の連休 11月の連休
なんちゃって大掃除をして、何とか人を
呼んでもいい状態にして、当日朝、角上魚類
などに買い物に行って準備を始める。
13時にMリが14時にHラが到着してあとは
途中、震度4の地震に一瞬驚きながらも
23時まで延々と呑み会となりました。
11月の連休
つまみは野菜と魚介類で作るには作ったけど、
出来もバランスも今一だったかなぁと反省。
次はもうちょっと上手く出来るように
勉強しますので、懲りてなければまた
お出掛け下さい。

25日はまたしても散歩だね。
あちこち適当にウロウロした後、昼過ぎに
行き着いたところは「フジランチ」。
11月の連休 11月の連休
後で”空きましたからどうぞ”と女将さんに
促されてテーブル席に移るのだが、それまで
カウンタからご主人と女将さんの様子を
見ていた。
元々テキパキと動く2人だが、段取りと
チームワークが素晴らしい。
続々と出来上がってくる料理も皆んな
美味そうだし見事な手際だね。
僕もああいう手仕事を見習いたいものだ。
今日はカツカレーとハンバーグを頂きました。
ご馳走さまでした。
11月の連休

25日  3,812歩
24日  3,303歩
23日  3,114歩
22日 10,413歩+フットサル
21日  4,875歩
20日  5,316歩
19日  5,764歩
18日 13,102歩
17日  7,083歩
16日  4,314歩
15日 12,471歩+フットサル

2012年11月23日(金) 早くも忘年会か

昨日はForza江戸川橋だったのですが
仕事で外出していたT原さんが、会社に
戻るには中途半端な時間だからという
ことで、夕方 弊社に来訪されました。
じゃ、今日のサル後の呑み会の店を
チェックしにいく?と余計な提案。
地蔵通り商店街を案内して、先ず「椎名」
を教え、その向こうの「串坊主」を外から
覗いてみる。今晩は「串坊主」にしてみる。
じゃ今は「椎名」にしときますか。
黒ラベル大瓶、ハイサワー、玉ねぎサワー、
立山、あわびウニ和え、タン塩焼き、銀杏。
偵察終了。2,700円。ね、悪くないでしょう。
その後、サル。今日は13人参加。
11人でギュウギュウになりながら「串坊主」。
店内はかなりの盛況でした。
一つだけ唐辛子の当たりの入ったタコ焼き、
内緒で唐辛子を入れてもらったバニラアイス。
韓国風の鍋もやって忘年会ってな雰囲気。
〆ラーメン投入もスグになくなったので
〆雑炊もいってしまいました。
「串坊主」仲々でしたが、名前の謂われは
特にないそうです。強いていえば地蔵通り
だから坊主、だって。
ま、こっちも坊主が居たから選んだんだけどさ。

2012年11月22日(木) ここんとこ、こんな感じ

最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など 最近の料理など
「五方斉」カレーラーメン、「稲毛屋」秋刀魚煮定食
「大盛軒」カレーライス、「リンガーハット」W餃子ランチ
オクラ入りヤキソバ、「稲毛屋」メンコロ定食、ポトフ、
大きめ野菜のカレーライス、「大盛軒」味噌ラーメン
「稲毛屋」トン汁定食、月見そば、駅弁4種
厚岸氏家かきめしと桜島とりめし、焼き鮭と大根の味噌汁
麻婆豆腐、じゃがいも炒め、ナツ、ニケ、
「稲毛屋」鳥唐揚げ定食、ほうれん草の玉子とじ丼
信州新町のジンギスカン、キノコたっぷり炒め中華風、
五一ワインのナイヤガラ・スパークリングワイン
海鮮ヤキソバ、煮物、茄子のカレー、セレッソ・ユニ
カレーヤキソバ、「稲毛屋」アジフライ定食、かけそば
「稲毛屋」カキフライ定食、むかご御飯、かきのもと、
修善寺のエボダイの干物、そのエボダイを焼きました
枝豆とむかごのカレー、枝豆とむかごのカレーライス
エボダイとカマスの干物、「稲毛屋」チキンカツ定食
かきのもと(生)、かきのもと(完成)
かきのもとと「おはら豆腐店」の厚揚げと大和川酒
「みたか食堂」ラーメン&半カレーライス
きんぴらと春菊のお浸しと大和川純米吟醸秋あがり
葉たまねぎ・ベビーブロッコリー・キクイモ・
チヂミほうれん草・黄色トマト等のサラダ
椎茸の肉餡詰め・葉玉ねぎとベビーブロッコリー添え・
2005年バローロと共に、ヒラタケ等の和風パスタ
キクイモ・京まつりピー太郎・小茄子・パプリカ
それらでカレー、アジの干物と大根の味噌汁
「稲毛屋」わかさぎフライ定食、京まつりピー太郎・
小茄子・パプリカなど炒め中華風

2012年11月19日(月) 惜しくもメダルは逃した

土曜は雨降りの中、入谷の宴会場へ。
T区サッカー連盟の大懇親会だったのだ。
T原さんが”お供します”と数日前に
名乗り出てくれたので2人で出掛ける。
金曜に磐越西線でO山田さんに会った話
を関係者やその会社の人にするとやっぱり
大層驚かれたね。
O山田さんと同じ会社の人は、僕が降りた
磐越西線の駅名と同じ名前の人で、ご本人
は九州出身で東北には縁も所縁も無いの
だが比較的珍しい名前で、東北に同じ駅名
があると知り、暫く前にわざわざ訪ねた
ことがあるのだそうだ。
それもまた不思議な縁、という程じゃない
かもしれないけど何か繋がったようにも
感じるのだ。
懇親会は盛況の内に中〆となり、僕とT原
さんは上野方面で口直しをするかと裏通り
を歩きながら店を物色。
路地の角に立つ”ホルモン”と黄色地に
黒々と書かれた看板が目に止り、そこに
してみる。
若干微妙な雰囲気ではあるが何だか良さ
そうに思える。
”お飲み物は?”と声を掛けてきたご主人
と2、3言葉を交わしたら何となく解った。
このご主人の人柄が良さそうなのだ。
つまみもボリウムあって、しかも安い。
ので、レバのお通しやミノ刺し、エーイッ
ホルモンも焼いちゃいましょう。
酒が進んでしまいました。

新ユニ
明けて日曜はすっかり雨の上がった中
T区リーグの決勝トーナメント第1戦。
T区リーグはやや変則で、土曜が都合が
いいチームが集った”土曜リーグ”と
日曜が都合がいい”日曜リーグ”という
2リーグ制であり、双方の上位チームが
決勝トーナメントを戦うのである。
晴れ渡っているが風が猛烈に強く寒い。
ウチは日曜リーグ4位で、相手は土曜リーグ
1位のチームである。
前半は6:4でウチ、後半は5:5の感じで
双方とも決め手を欠く感じの0-0でPK戦。
相手も2人外したが、ウチは3人も外す
というお粗末さである。
これじゃあ負けてもしゃーないな。
スパッと切り替えて呑み行きましょう。
往きに初めてと思われる歩いた路地で
町の中華屋を見付けておいたので
そこに誘導してみる。
テーブルが5つの店で3テーブルを占め
更に荷物置き場に1テーブル使って
しまうので可愛らしいおばちゃんに
すみません、お客さん来たら何とか
します、とかって言ってると
”いいのいいの、貸し切りにしちゃおうか”
とかって言ってくださる。
ああ、何だかイイ感じ。
瓶ビールはキリンとアサヒだけどいい?
全然構いません。
餃子6人前からはじまり、ハムカツならぬ
”ハムフライ”など下町の中華屋メニュ
を堪能ですね。
Kジなんざ、おばちゃんに交渉して焼酎
の持ち込みを許してもらい近所の酒屋
から焼酎とお茶とロックアイスを買って
くる始末。
まぁ、こっちもラーメンもチャーハンも
餃子とのセットがあってお得なことに
気付き、後付でセットを許してもらったり
とお行儀の悪いこと。
でも美味かったね。
今シーズン最後に見付けたので、
また来年4月以降ってことになりますが
また宜しくお願いします。「美富士」

家の近所で、仕事に行っていたTラも
もうすぐ帰ってくることが解ったので
椎茸の肉餡詰めでも作ってやりましょう。

にしても、今年は1つ勝ちゃあメダルが
貰えたのに、惜しいことをした。
日曜リーグから生き残ったのが1チーム
というのも”何だかなぁ”の気分だし、
折角、新ユニを仕入れたというのになぁ。

2012年11月16日(金) 怪我の功名、か

郡山行き
昨晩の8人のサル後のカレー屋呑み、
6人で結構呑んで食ったよね。
疲れとワインの所為か・・・
早朝、目醒めようか目醒めまいか
考えながらまどろんでいたが
エイヤッと起きた。
6時半に最寄駅から電車に乗り東京駅着。
駅弁を買うか買いまいか考えたが
これからの展開を思い描き、止めておく
ことにした。
7時35分”やまびこ125号”で北へ向かう。
良く晴れている。意外にも富士山の白い
姿が大きく見える。進んでいくと宇都宮
から那須方面にも美しい山と雄大な景色
が広がっていることに改めて気付く。
郡山行き
郡山行き 郡山行き 郡山行き
8時58分、郡山駅到着。
ネットに足跡を残したら行動開始。
駅弁は回避したが、”駅そば”は確認
せにゃならんな、やっぱり。
駅そばで朝食、と言い訳しながら肉そば
を啜る。麺もつゆもネギも肉も盛りが
多い気がするな。美味い!
行き先の担当者の方からは郡山駅から
タクシーでと案内されていた。
本当の最寄駅は磐越西線に乗り換えて
1つ隣駅なのだが、1時間に1本位しか
列車が無く次の列車も40分も待つので、
ローカル線に乗ろうか乗りまいか
暫し思案したが、いや折角だから
僅か1駅だけど磐越西線で行きましょう。
郡山行き 郡山行き 郡山行き
9時45分発の列車に乗って発車を待って
いると、歩いてきたサラリーマンが
席の横に立ち止まった。何かなと思って
顔を上げようと思った瞬間
”M田さんじゃないですか”
エッと思い顔を上げると、エーッ!?
T区サッカー連盟の理事だったO山田さん
が立っていた。
頭がこんがらがりながら一緒に座って
久し振りの挨拶から話し出す。
東京勤務だった彼が兵庫の明石に転勤
していったのが丁度1年前。
会津坂下に工場があり、たまたま出張が
あったのだそうだ。しかも本当はこの
列車の1本後に乗る予定だったのだが、
工場の人との待ち合わせ場所である
会津若松駅に少し早目に行き、ご飯でも
食べようと思ったのだそうだ。
こんな超々偶然の再会もあるんだなぁ。
動き出した車内で並んで写真を撮ったり
していたら、もう僕の降りる駅に到着
してしまった。そりゃそうだよね1駅だもん。
更なる再会を約束して別れる。
喜久田駅は無人駅で閑散としていた。
ここからもタクシーじゃないといけない
のだが、タクシーなんて着そうもないな。
電話ボックスがあったので中を覗くと
案の定タクシー会社のシールが何枚か
貼ってあった。
3軒に掛けてみたがどこも10分から15分
掛かるという。頼もうか頼みまいか。
何となく”それじゃあまた今度”と止めて
みて道路に出てみたら丁度タクシーが
やってきた。
誰かの為の迎車でもないようだ。
手を挙げて停めて乗り込んだ。ラッキー!
5分ほど走ったら広い道路沿いに在る
自動車販売会社のサービスセンターに
到着した。
実は先週末に喜多方の酒蔵の敷地に
着いた途端動かなくなった車の修理が
終わったと連絡が昨日あった。
取りに行こうか搬送してもらおうか
若干迷ったが、やっぱり自分でと思い、
早速取りに来たというわけなのだ。
車は呆気なく受け渡された。
では、朝出発前にチェックしておいた
食堂に行きますか。
郡山駅そばの渋ーい食堂が時々チェック
している主に郡山のラーメン屋の記事
が多いブログによく載るのだ。
気になっていたんだなー。
開店前のようで暖簾が出ていない。
引き戸を開けて”まだですよね?”と
聞くとご夫婦でお茶を飲んでいたのだが
”いいですよ”と暖簾を上げてくれた。
中華食堂である。メニュも豊富だが
腹は決まっていた。
”ラーメンと半カレーお願いします”
郡山行き 郡山行き 郡山行き
外見も渋いが、中も渋い!
そして出てきたのが美味い!
カレーが特に美味い。甘味があるのに
スパイシーでちゃんと辛いのだ。
そして量がスゴイ、お腹いっぱいだね。
いいねぇ。こういう食堂が大好き♪
郡山行き
郡山行き
高速は郡山ICから乗らずに須賀川IC
からにしようと思ったので国道4号線を
南下する。天気がよくて道も空いてて
気持ちがいいのだ。
須賀川ICそばにJAのデッカイ直売所が
あったのでまたしても野菜大量購入。
あとはひたすら走って14時45分帰って
参りました。
先週の東京→会津若松→喜多方が334km、
喜多方→郡山の牽引が76km、そして
今日の郡山→東京が243kmなので653kmの
Bクラスの旅だったのだな。
故障のお蔭で、思い掛けずの郡山行き、
「みたか食堂」にも行けて、まぁ、楽し
かったのでヨシとしよう。

※後日談
件の郡山の主にラーメン屋のブログ主様
のところへ”行って参りました”と報告
したところ、”「みたか食堂」の女将さん
から関東圏のナンバーの車でお越しの方
がラーメン&半カレーを注文なさって
写真撮影して行かれました、と聞き、誰だろう
なぁと思っておりました”と返信がありました。
郡山のラーメン屋には既に情報網が張られ
ていて逐一情報が伝わるのかッと思ったら、
ブログ主様もその日偶然「みたか食堂」に
行かれて、ラーメン&半カレーを注文したのだ
そうです。

2012年11月15日(木) 各種モヤモヤ

何と言いましょうか。
勝って良かったね。嬉しいです。
でも日本の出来は良くなかった。
相手も良くはなかったけど、それに
救われた感じじゃないだろうか。
にしても清武、岡崎のゴールは嬉しい。

オマーン 1 - 2 日本

別の話しだけど、仲々渋いナァ。
ストレス溜まるナァ。
今日はサルでストレス解消したいん
だが、エントリ人数少ないナァ。
ちゃんと出来るんだろうか。

明日、郡山行っちゃおうかナァ。

14日  8,363歩
13日  4,273歩
12日  6,203歩
11日  8,498歩
10日  8,970歩
9日 11,867歩
8日 10,042歩+フットサル
7日 12,074歩
6日 10,452歩
5日  4,414歩
4日  3,841歩
3日  1,258歩
2日 12,342歩
1日  8,358歩

2012年11月13日(火) 喜多方もやっぱり”きんつば”はアレだね

一昨日に続き昨晩も喜多方で買ってきた
食材をメインにちょろっと作る。
かきのもと(もってのほか)は飯豊蔵
でも作って、好評だったウチの定番の
砂糖醤油で。
茹で落花生と塩茹でのむかご。
むかごご飯の残りを片付けて、更に
むかごと枝豆(さかな豆)と水茄子と
小さくて固いピーマンを丸ごと使い、
甘南蛮も入れて作ったカレー。
そのままが美味いアブラゲはわさび醤油で。
ユッキーと柴ちゃんから送ってもらった
あじ、カマス、えぼ鯛の干物の内、
えぼ鯛を焼きました。
これに大和川酒造の純米吟醸を。

そいえば、今日、同級生が入院した。
病気ではないので、って怪我だからいい
ってことはないのだが、病気よりは
随分気が楽だ。
仕事バリバリの敏腕女社長様である。
暫くの間ご静養下さい。お大事に。

先週からの大きな懸念事項に一定の
決着をみた。一安心ではあるがそれは
それで別な問題も生む。
年末、年度末に向って気を引き締めて
いきましょう。

で、”きんつば”のことなんだけど
新潟ではきんつばを良く食べた。
その後東京に出てきて気が付いたら
きんつばって名前のものが全く違う
ものを指していることが解った。
ホラ、あの四角い、立方体に近いヤツ。
あれは苦手だった。というかアレッて
そんなに食べる機会無いよね。
だからもしかしたら食わず嫌いだった
のかもしれないが、兎に角苦手だった。
今回、喜多方にお茶請けとして浅草の
有名菓子店のものというきんつばを
持ってきてくれた方が居た。
それを食べたら超美味い。
ホントびっくりする位美味かったな。
きんつばへの一方的な悪いイメージ
が吹き飛んでしまいました。
で、新潟できんつばって言うと
東京で言うところの今川焼きに当る
のであるが他所では聞いたり、見たり
したことが無かったのだが、一昨年位
に大内宿で”きんつば”と看板が出て
今川焼き状のものが売られているのを
見ていた。
そして今回、喜多方の農業まつりの
露店でも”きんつば”看板の今川焼き
状のものを見たのである。
ってことは会津と新潟が同じ呼称を
使っているのだろうと思った。
何しろ福島県の浜通り、中通りと
会津は全く違う。文化も気候も福島
というよりも新潟と同じだからだ。
成る程なぁ、こういう微妙なところも
もしかしたら会津が好きになった
理由でもあるのかもしれないな。

2012年11月12日(月) 週末フラッシュ

朝7:55→大山→高松→蓮田→白河→
→座頭ころばし展望台→「喬屋」→
→湯野上温泉→芦ノ牧温泉→会津若松→
→鶴ヶ城(若松城)→「木こりの里」→
→「でんでんむし」→ラーメン屋
朝7:00→会津若松駅前→
→柳津・虚空蔵尊・円蔵寺→
→喜多方・新宮熊野神社「長床」→
→飯豊蔵→故障車発生→「幸福亭」→
→車搬送→「さくら亭」→山田錦稲刈り→
→委託醸造打合せ→「蔵の湯」→
→「田舎家」→「YAMA」→「君想蔵」
朝7:00→「坂内」→飯豊蔵→出麹→
→農業まつり→JA→豆腐屋おはら→
→会津坂下→東領家→大山→新江古田16:15
山田錦稲刈り

2012年11月7日(水) ♪いつーか恋する君のためにー♪

今更の話しだよ。
NHKの番組と番組のわずかな隙間に
「花は咲く」が流れることがあるよね。
地デジTVの番組表を表示しても出て
こないくらい小さく短いものだ。
だから何回も見てはいるけど、ここで
見よう・見れると予め知っていて見れる
ものではない。
先日フルバージョンの放送に当たり、
またじっくり見てみた。
やっぱり、いいのだ。
いいのだ、なんていう簡単な表現では
思いが追い付かないんだけど、だから
と言って言葉を尽くせば語れるかと
いうとそういうものでもないな。
やはり手元に置いておきたいと思い
昨日、ネットでCD+DVDを注文した。
同日に届きました。早い!
DVDには3つ入っている。
フルバージョンとアイドルの娘のヤツ
と、メイキングだ。
言っとくけど、泣くよ。

この週末には福島に行ってくる。
その日曜が震災発生から1年8ヶ月目
となる。まだまだ復興には時間が
掛かるのだ。
著作権料や売上の一部は義援金に
なるそうだ。こんな支援も出来るね。

2012年11月6日(火) 雨かよぉ

10月の雨と11月の雨は違うね。
寒さに向かう冷たい雨ってのは滅入るな。
たまには猫と一緒に丸くなってたいね。

捨てる神ありゃ、拾う神
三段階位ガクッときたけど
二段階持ち直しました♪
イィヤッホーッ!

発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月   5月   6月
発電量   169   178  223  266  313  258 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539  403  433 kwh
売電量    54    80  120  152  188  137 kwh
買電量 1,033   913  727  425  278  312 kwh
自給率    14    17   26   49   77   59 %

        7月   8月   9月  10月
発電量   291  308  219  199 kwh
消費量   612  690  518  440 kwh
売電量    94   88   73  107 kwh
買電量   415  470  372  348 kwh
自給率    47   44   42   45 %

2012年10月31日(水) 忙しそうにみえる

今日で10月が終わるってことは
山の家に水道の栓を締めに行き
山田錦の稲刈りをして
サッカーのリーグ戦の締め括りをやり
協会系の懇親会を幾つかこなし
行ければ静岡にサッカーに行き
隣りの区との友好行事の親善試合をし
駅伝のボランティアをして
仮装フットサルもやりーの
姪っ子の結婚式にも出ーの
合間にフットサルやらサッカーやら
呑み会やら忘年会をやったら
もう年末ってことじゃんか

お、仕事、入ってないね


そんな今晩は久々のForza茗荷谷
下に書いたように腰痛なのでやらない
つもりで出掛ける。
体育館では既にゲームが始まっていた。
余って見ている人は居ないので、最低限
の10人は居るんだな。と、ホッとして
も一度良く見ると9人しか居なかった。
ありゃあ、そんじゃ、やらないわけには
いかないね。
着替えてGKで参加。途中フィールドも
やったけど、やっぱ万全ではないな。

終了後はいつもの「仙鶴楼」に5人。
美味いし、甕出し紹興酒が進むんだけど
少人数なのと呑むのが3人しか居ず
も一つ盛り上がりに欠けたので
エーイッ、カレーも食っちゃうかッ。
「PANAS」でバターチキン、サグマトン、
ニンニクナン、チーズナン、チリの白
をいってしまいました。
美味かったけど、ちとやり過ぎか。

2012年10月30日(火) 人は足腰でも生きている

実は、って程のことではないのだが、
実はここ1ヶ月、腰痛が非道い。
時たま腰にくることがあるのだが
2年に1遍くらい強く長く痛むことが
ある。今がそれに当るようだ。
もうそろそろ直りそうな気配なのだが
まだちょっと痛むのだ。
なので身体を動かす系の予定を反故
にしたりして迷惑を掛けてしまう
ことがあるのだが、そういうわけ
なので平にご容赦願いたい。
特にサッカーの試合に行けないのが
申し訳ない。スミマセン。

先日、新潟でお見舞いに伺った叔父さん
の手術は腰痛に対するものだった。
昨日、無事手術を終えたと連絡があった。
僕も1度くらい病院に行ってみようか。
まだ医者に掛かったことはないのだ。

2012年10月28日(日) 人は徳で生きているのだなぁ

昨日は、たまには週末にのんびりとした
フットサルでもやってみんべぇ、と思い
取っていた体育館でのサル。
15人やそこらスグに集まんだろと高を
括ってたら予想外の不人気振り。
不徳の致すところとでも言いましょうか。
なんとか集まった12人で2時間やること
が出来た。
その後の韓国料理屋でも”誰のお蔭?
ア・タ・シのお蔭でしょ!”と自ら言って
おりましたが今日はRナのお蔭です。
よく見るメンツの他は、湘南の奥から
久しぶりに婦夫?でやってきたE口、
地元のサッカークラブから急遽2人、
この手配全てRナだからね。
しかも、地元サッカークラブの内の1人は
その場で連絡して来てくれたんだからね。
そりゃ勢い付いて小鼻が開いても
然もありなんってとこでしょう。
今日のRナは威勢がいいのだ。
では得意の韓国料理も注文はお任せ
致しますので宜しく。
青唐の効いたチャンジャが美味かった
のだ。
人数は少なかったがたまにはのんびり
フットサルもいいのである。
アディプー

翌日曜は昨晩のチャミスルの所為では
なく、心に迷いがあったからだろうか
目覚めるのがちょっと遅めだったので
会津の山都・相川で毎週末に開かれて
いた百姓市が今年の最終回となるので
開催される収穫祭には行かないことに
した。
いや行きたい気持ちは山々なんだが…
言い訳は止めにしておこう。
焼きたてのバゲットを買ってきて朝食
としたあとはダラダラと過ごして
しまったなぁ。
雨空で何となく気分も冴えないので
気分転換に何か作ろう。
今日の晩御飯 今日の晩御飯
で、出来たのがコレ。
絹厚揚げに鶏肉餡を詰めて煮て、煮汁を
片栗粉でとろみを付けました。
とっても美味しい♪満足!
わさび菜のサラダと帆立のバター醤油
焼きも添えて、大吟醸”彗”で一杯
飲ったらイイ気分になっちゃった。
簡単だね→自分

− メモ −

絹厚揚げを半分に切って、断面の豆腐
部分に切り込みを入れ、鳥肉餡を詰める。
鶏肉、長ネギ、生姜、片栗粉ってところ
を練って餡とすればいいんだろうけど、
今日は生姜が無かったので、150gの鳥の
むね挽肉、長ネギ1本の半分を微塵切り、
塩胡椒、ニンニクで餡を作りました。
これを2丁4つの絹厚揚げに詰めて、
醤油、みりん、酒の煮汁で煮込みます。
今日はついでに大根と、残り半分の
長ネギも一緒に煮ました。
煮えたところで、厚揚げを取り出して
あとの煮汁を片栗粉でとろみを付けて
掛けます。
ボリウムがありながらヘルシー。食感もイイ!

2012年10月27日(土) 土産カツサンド4人前出たよ

大阪からNキさんが来た。
もちろん仕事なのだが、仕事自体は午後の
ほんのちょいとで終るのだそうだ。
呑み会の候補に飯田橋、神楽坂、恵比寿と
挙がったが、久し振りのK藤さんを連れ出す
には日暮里あたりが良かろうと17時開店の
店に昨日電話をして、16時から入れてもら
えるようにしておいたのだ。
”17時から営業します”の札が出ている
「稲毛屋」の前に在る道灌山下バス停から
よみせ通りを歩き、谷中銀座を抜けて、
夕焼けだんだんの下まで出たらセブン御用達の
「蟻や」である。16時丁度到着。
日暮里駅待ち合わせ組も程無くやってくる。
K藤、Nキ、F木、F島。
今日は焼酎だね。お湯割りでいきましょう。
枝豆、小松菜のお浸し辛子味、へしこ、
揚げ物・・・
来れないような話だったKクがやってきた。
サッカー話、昔話、ドイツに行こう話など。
名古屋に帰るF島が去ったと思ったら
T屋が入れ替わりにやってくる。
へしこ、揚げ物、カツサンド。
もう、相当いい感じになったK藤さんが
カツサンドを90歳のお母さんへのお土産
に持ちながら帰っていった。
おんや、今度の入れ違いはF長だ。
揚げ物、ポテサラ、へしこ。
最後にTラもやってきた。
揚げ物、マカロニサラダ、漬物。

いや、よく呑んだし、よく食った。
軽くていくらでも食べられてしまう揚げ物
メンチカツ、カキフライ、アジフライ、
カツサンドは言うに及ばず、小松菜の
お浸し辛子味も捨て難いが、今日の一番
は”へしこ”かな、いや、小柱と長ネギの
掻き揚げ かなー。
久し振りのC大阪Nキさん。
次は箱根駅伝でお会いしましょう。

連日の大酒だったが2日とも不思議と
翌朝は寝覚め良く、全く酒も残っていない。
気分のいい酒はそうしたもんか。

2012年10月25日(木) 人を呼ばずにはいられない

16時半頃、T原から受信
”今から馬場で打合わせ、ただそれだけ”
何や、それ!?
結局、数回の遣り取りで呑み行くことに。
17時半過ぎ、打合わせ終了のメールが入り、
神楽坂「醸蔵」で落ち合うことにする。
ヤツが一足早く到着し、ツンデレに
”2時間で”と言われたらしい。
カウンタに2人並ぶ。
早く切り上げて帰るから、と言うと
”そんなこと言わずにゆっくり呑んでって”
だと。2時間つったじゃんかッ。まぁ、いいのだ。
乾杯の後、それぞれ召集メールを投げて
みる。網に引っ掛かったのは142とB。
それと東銀座でお客さんと呑み会だった筈
のTラが店の前でお客さんにドタキャン
喰ったとかで、こっちに向ってくることに
なった。
暫くしてTラとBがやってきました。
今日は近くのホテルで有名蔵元が沢山
集る会があり、その流れで蔵元の方々が
この後20人も来るというのでてんやわんや
になっていた。
刺身3点盛り、南蛮の味噌漬け、ピーマンの
丸焼き、鮭の酒びたし、行者ニンニク、
カツヲの腹皮焼き、椎茸焼き、ナス味噌炒め
鯖のパストラミ(って一体何だ?)などで
地酒を、一体何杯呑んだんだろう。
いや、良く呑みました。
142は仕事が終わらず「醸蔵」には
間に合わなかったが、2軒目の「きん助」
で腰を落ち着けることが出来た。
キンメダイの刺身、蛤の酒蒸し、麻婆豆腐、
スパーシーポテト、ニンニクチャーハン、
アサリとブロッコリー炒め、椎茸入り
メンチカツ、など。
2軒で食い物も美味かったが、いやぁ、
良く呑みました。日本酒ばっかだからね。
はじめはT原といつものように
”ちょっとだけだよ”で始まったのになぁ。

2012年10月23日(火) いえ、特に何も

ナツたまニケ ナツたまニケ ナツたまニケ ナツたまニケ

2012年10月21日(日) ”柿の素”ってご存知?

詳細は別途掲載するんですが、所用で
この土日、新潟に行って参りました。
公式行事の内の寿司屋でタップリ呑み食い
した後、地元OLに先導されてオシャレ系
居酒屋。続いてはマニアックなとこに
行こうとタクって”鳥や”へ。
再びタクシーで戻りラーメン屋で〆。
この間にも気になる居酒屋を3軒覗くも
この日は何だか盛況で満杯で入れません
でした。
次回のターゲットとしておきましょう。
お土産に、新米、柿、梨、枝豆、お菓子、
茄子の漬物2種、キュウリの辛子漬、
切干し大根と数の子の醤油漬け、忘れて
はイケナイ”のっぺ”など、たんと頂いて
参りました。
そうそう半世紀も前の競馬場の売店兼
軽食堂で使っていた渋い丼ももらってきた。
日曜の叔母ちゃんチの然も無い朝食が
また美味いんだなぁ。
やらずぼったくり、食い逃げ状態でした。
皆様ご苦労様でした&ありがとうございました。
”柿の素”のこと? ”そりゃまた別な話”
法要の旅

2012年10月18日(木) おでん がいい季節になりました

昨晩は雨の中、人形町へ。
今週末のT区リーグは田舎で母の一周忌が
あるための欠席なので、予備のユニフォーム
などを誰かに預けなければいけないのだ。
まぁ、適任というか都合のいいのはT原さん
ってことになるので、以前から10月に入ったら
おでんが始まるので、サル帰りじゃなく早い
時間に「岩手屋」に行こうと話もしていたので
連絡してみた所、17日は丁度人形町で呑み会
があるので受け取れますよ、ということだった。
ならば、と出掛けたのである。
19時から呑み会だというので18時半に店で
待ち合わせ。無事ユニは渡せました。
30分だけ一緒に呑もうってことなのだが
実はヤツは翌日が人間ドックとかで控えてる
っぽいのだが、何せまだ18時半だからね。
お通しのザーサイで瓶ビールをやっつけた所に
もう1人の参加者Aッキーがやってきた。
こっちはこっちで職場の配置転換で随分遠い
所に配属になったものの、無理矢理東京での
作業場も確保したらしく−若いおねーちゃんが
大企業の中で自分の居場所をブンドルんだから
大したモンである−”今日は東京なので行けます”
と参加になったのだ。
瓶ビールを追加して、Aッキーには出来上がった
ばかりのネジネジのマカロニサラダをお通しで
と我儘を言って、乾杯。
ママは店を開けてから全てのメニュを仕込むん
だね。今はまだおでん鍋も空っぽで、玉子なんか
も生卵を茹でるところから始めてるしさ。
ぬる燗でイカゲソのネギ炒めを突きます。
人間ドックのヤツはこれからよりにもよって
天ぷら屋で呑み会だとブツブツ言いながら
去っていきました。
向うの席で”鳥山椒”の声が挙がったので
”ついでにこっちも”と。
エビのタルタルソース、刺身は〆鯖、マグロブツ、
タコブツ、カンパチをちょっとずつ盛りで。
目刺し、メンマ、生姜の甘酢漬けはサービスだね。
もちろん、おでんもいきまして念願の早い時間
からの「岩手屋」おでん呑みが出来ました。
お会計は、こんな人数なのに今までの「岩手屋」
で最高額?かな。
ママ曰く”お酒沢山お飲みになったなったから”
だそうです。そりゃそうだよね、今まではサル後
の「鳳蘭」後にしか来たことがないんだから、
早くても22時半からってとこだからそんなに
呑み食いも出来よう筈もないのでね。
まっ、それでも大したことはないんだけどね。
ご馳走様でした。たまにはこんな呑みもいいのだ。

2012年10月17日(水) 勢いで

昨晩は 日本 0 - 4 ブラジル を観戦

もちろん注文を付ける所は多々あるけど
でも日本は悪くない出来だった。
少なくとも2006年にドルトムントで観た
同カードとは比べるべくも無い位良かった
と思う。
しかし、南米チームというのは、って
感じだよね。
いくらレベルが違い過ぎると笑われても
僕にはリアリティがあるのだが、自分達が
南米人のチームと対戦した時と同んじ印象
なんだな。
個々の上手さはもちろんあるにはあるん
だけど、それよりは”ココ”という所で
瞬時に複数の人数がトップギアに入る感覚。
共通意識、共通認識、ディシプリンだとか
何だとか、そういう言葉よりも
”攻撃は遊び”みたいな根源的な心で
繋がっているような感じなんだな。
日本はまだまだ頭で理解したものを行動に
移す、みたいなね。
いずれにしてもブラジルはブラジルだった。
20121017の朝ご飯 20121017の朝ご飯 20121017の朝ご飯
その数時間後、欧州のW杯予選の生中継が
あった。
スペイン 1 - 1 フランス
終了間際というより、残り0秒と言っていい。
フランスが同点に追い付いた。
痺れる試合を観たそのままの勢いで栗を剥き
今年初の栗ご飯を炊いちまったい。
お供には、豚なし汁。
気合で栗を剥き過ぎて、沢山入れ過ぎた。
口がモサモサしちゃったよ。

2012年10月15日(月) 秋の味覚丼?

20121015の朝ご飯 20121015の朝ご飯
長野から大量の野菜やら果物やらを買って帰ってきた
今日の朝ご飯は秋の味覚丼、っていうほどじゃないか
まぁ、いいや
”もってのほか”(もってのほか とか もって菊と
言うのは主に山形で、新潟では”かきのもと”と言う
んだけどね)が長野に売っていたので買ってきた
ウチの定番、砂糖醤油で和えてこれをメインに
下から時計周りに、もってのほか(薄紫の菊)、
昆布生姜の佃煮、赤からし菜の洋風お浸し、
青唐入り紫蘇の実漬け を丼にしました


20121015の夜ご飯 20121015の夜ご飯
こっちは晩ご飯のおかず
昨晩、長野で買ってきたジンギスカンをやる時に
椎茸と軽井沢ピーマンも焼こうかと思ったんだけど
見ていたら挽肉を詰めて焼きたくなってきたので
今晩に回したということっす
合挽き肉、玉ねぎ、椎茸の軸 を詰めて焼きました
もう一つはエビのミンチ・バージョン
こっちには玉子と片栗粉も入れて
味付けは敢えて何もせず、酢醤油、柚子胡椒醤油、
ケチャップ、タルタルソース、ウスターソースを
用意してみました
美味い!! ←手前味噌

残ったタネを混ぜて作ったハンバーグ状のヤツもグー!

2012年10月8日(月) もうちょっとバラエティあんだけどな

20121002のご飯など 20121002のご飯など
20121003のご飯など 20121003のご飯など
20121003のご飯など 20121003のご飯など 20121003のご飯など 20121004のご飯など 20121004のご飯など 20121007のご飯など 20121007のご飯など 20121007のご飯など 20121007のご飯など 20121007のご飯など 20121008合羽橋道具屋街祭り
20121008合羽橋道具屋街祭り 20121008合羽橋道具屋街祭り
20121008合羽橋道具屋街祭り
20121008合羽橋道具屋街祭り 20121008合羽橋道具屋街祭り
20121009のご飯
ナツたまニケ
「大盛軒」の味噌ラーメン
海鮮野菜炒め
「稲毛屋」のチキンカツ定食
目玉焼きとブロッコリの朝食
「ヨッチ」のカレー、玉子入り
野菜たっぷり焼きそば
エノキペースト入りキノコとカボチャのカレー
白くまラーメン(塩)
↑のカレーライス
合羽橋道具屋街祭り
「菜苑」のラーメンと純レバ丼
「SEKINEベーカリー」のパンは撮り損ねた
アサリ入り純豆腐チゲ雑炊
・・・食べてる種類さ。煮魚とか煮物とかさ。

2012年10月4日(木) ”キスを沢山して”、”素敵だな”

先日、知人がネットに Kenny G の”Besame mucho”
のリンクに”いいね!”をした。
(ってこういう表現で合ってるかしらん)
良かった。聞き惚れるね。
でも僕は Besame mucho と言えば、どうしても
”Let it be”の中でポールが即興的に歌うアレが
好きだ。
Besame mucho に初めて出会ったのだが、強烈な
印象が今も消えていない。
Besame mucho はスペイン語の歌だがメキシコの子
が作った歌だ。メキシコと言えば Cielito Lindo も
有名な歌で、スペイン語の歌で辛うじて歌えるのは
その2曲だけである。(ペルーの1曲もいけるかも)
Cielito Lindo はメキシコ人の心に深く宿った歌である。
2006年にドイツのニュルンベルクの食堂で一緒に
なったメキシコ人一族に♪アーイ アーイ アイアイ♪
と歌い掛けたら大受けしたものである。
例えば、見ず知らずの日本人達が海外のバーか何かで
即興で歌を披露することになったとしたら何を歌うのか。
”さくらさくら”か、”ふるさと”、”上を向いて歩こう”か?
日本人、老若男女が、心で繋がる歌というものを持って
いるのだろうか。

♪ i Ay ! i ay ! i ay ! i ay !, i canta y no llores !
Porque cantando se alegran,
cielito lindo, los corazones. ♪

映画 Let it be も久し振りに観たくなった。

2012年10月2日(火) 秋刀魚苦いかしょっぱいか

今日はAッキーから誘ってもらった
FC.Fクダの練習に参加させてもらった。
人工芝に改装になった小石川Gである。
Forza系で7人参加。
簡単な練習を4つほどやった後はゲーム。
フルコートに丁度の人数で無事出来て
良かったのだ。10分位のを4本。
今夜は涼しかったし、知らない若い奴
とやるのも楽しかった。
サンキュ、Aッキー&Fクダさん。
その後は丁度座敷が空いたところという
「きん助」に7人。
K野、HR木、KM田、Kジ、Y下、+B
秋刀魚塩焼きを2尾。のオーダのつもりが
秋刀魚刺し×2になってしまったので、
改めて塩焼きも追加。
ということで秋らしく秋刀魚デー。
スーパーで1尾98円で売ってるようなんじゃ
なくて、背中の盛り上がった立派な形で
脂も乗っていて美味い。
今年は豊漁らしくスーパーの98円のも結構
立派なのであるが、そういうことよりも
お店で焼く方が断然上手く焼けてるしね。
しかし、塩焼きの食べ方に色々個性がある
なんて知らなかったよ。
白魚とモズクのお通し、イカゲソワサ、
〆鯖、カキフライ、アジフライ、、ポテサラ、
タコのカリカリガーリック、麻婆豆腐などを
生ビール、焼酎、酒は大山、立山、新政などで。
一旦〆て解散した後、有志?で更に呑み
最後はへぎそばで〆ました。
こんなに呑み食いしたら、そんくらいは
いくって。

 2日  8,691歩+サッカー
9/1日  7,733歩
30日  2,344歩
29日  16,658歩
28日  12,633歩
27日  6,050歩

2012年10月1日(月)A キーマと野菜食べ過ぎた

スパイスヘブン
病院に行ったついでにカレーバイキングに
寄ってしまったよ。
白いご飯、ピラフ、焼き立てナン。
ダール豆カレー、サグチキンカレー、
野菜カレー、キーマカレー。
玉ねぎの付け合せ(アチャール)、チャツネ、
チリソース、サラダはポテサラ、野菜、海藻、
デザートはフルーツ寒天かな。
ウーロン茶とラッシーもある。
仲々じゃないだろうか。
10月1日の夕食
夜は昨日使うのを忘れてしまった焼き豆腐を
使わなあかん、ということで丸ごと茄子と
鳥むね肉をメインにした煮物。
鳥肉はそぎ切りにして塩麹をまぶして片栗粉
を付けてツルッとした食感にしました。
仲々ええんちゃう。

ワシタカ、その後
昨年が、11/15までで15,738羽飛んだ。
今年は10/1までで14,546羽なので全体としては
ほぼ同数位になるんだろう。
ピークで言えば昨年は9/24に5,136羽であるが
今年は僕達の行った9/22の3,868羽だ。
9/26に3,385羽、その前後の日も1,000羽超ずつ
飛んでいるので今年は分散した格好である。
昨年のピークの日と比べると1,268羽も少ない
のであるが、それでも一番多く飛んだ日に
行けてラッキーだったということである。
気が早いが来年もまた行っちゃうんだろうなぁ。

2012年10月1日(月) 家が揺れましたね

台風の夜 台風の夜
台風の夜 台風の夜 台風の夜
台風が接近している夜は、全てに塩麹を
使ったこんな夕食で。(昨夜ね)
ナツはマイペースで寝てまして、
ニケは不安な面持ちで落ち着かず、
パトロールはまん丸目のタマに任せて、
こちらは鉄瓶でお湯を沸かして
お茶でも呑みましょう。

スゴイ風でしたが思った程でもなく
足早やに過ぎ去ったようですね。
台風一過。朝は雲一つ無い快晴です。

発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月   5月   6月
発電量   169   178  223  266  313  258 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539  403  433 kwh
売電量    54    80  120  152  188  137 kwh
買電量 1,033   913  727  425  278  312 kwh
自給率    14    17   26   49   77   59 %

        7月   8月   9月 
発電量   291  308  219 kwh
消費量   612  690  518 kwh
売電量    94   88   73 kwh
買電量   415  470  372 kwh
自給率    47   44   42 %

2012年9月30日(日) これから来るんですよね?

今朝のご飯
台風17号がさ。
現在ピーカンな感じですけどねぇ。
そんな朝のご飯です。

15時、まだ空は明るいです。
今しがた、嬉しい電話がありました。
店をたたんだ後2005年5月に東京から千葉に
移り住んでしまった焼き鳥屋「司」の親父さん
から6年振り位に電話があった。
前に電話があった時の会話の最後に
”こっちから連絡するからよ”と電話番号
も教えてくれなかったのでそれっきりに
なっていたのだ。

来月末に引越しをするとかで、身の回りを
整理していたら思い出すものが出て来た
らしく、電話をくれる気になったらしい。
今年で77歳になる親父さんの電話の声は
張りのある声でしっかりと話をし、昔と
変わらぬ話し振りだった。
色っぽくさえあるそのいい声音は健在でした。
懐かしい話や近況の話を沢山しました。
”今度は千葉に会いに行くよ”
”おう、来いよ、待ってるよ”
時空を一気に飛び越えた嬉しい一時だった。
会いに行く日を楽しみにしよう。

2008年2月に偶然、このHPを見付けて頂いて
コメントしてくれたKUBOさん、またこの日記
に気付いてくれるでしょうか。
連絡付きましたよ。今度は番号も解りますよ。

2012年9月28日(金) 期末なんです

平日では今日で9月も終わりですナァ。
ウチの会社は9末決算なので実質的に
今日までで期が替わります。
今期は色々あったなぁ。
採用に苦労したねぇ(まだ続いてるけど)
業績は・・・ま、今期はこんなもんかな。
10/1〜新しい期が始まると共に、仕事も
新規案件がスタートしたり、体制変更
をしたりで気忙しい気の抜けない日が
続きそうですが頑張っていきましょう。
先ずは、皆んな、お疲れ様でした。
そして来期も宜しく。本当にね。

というわけで一人「きん助」呑み。
モヤシと小松菜の肉味噌和え、立山、
セリ胡麻和え、鳳凰美田(純米吟醸)、
秋刀魚塩焼き、ゲソワタホイル焼き、
鳳凰美田(秋おろし)。
ホイルにご飯投入。
イカゲソもさることながら、ホイルご飯は
言うに及ばず、肉味噌が美味く箸が置けない。
秋刀魚も美味い。セリはいつもの田セリが
良かったかな。いずれにしても酒が進むぜ。
秋の夜長、美味し。

2012年9月27日(木) 目黒には行きませんでしたけどね

昨晩のサンマ塩焼きスダチ・大根卸し添え
は撮り忘れました。
今年のサンマは良さそうなのでドンドン
食べていきましょう。

26日  6,050歩
25日  7,322歩
24日  4,805歩
23日    0歩
22日  8,906歩
21日  5,098歩
20日  9,247歩
19日  18,631歩+サル
18日  15,295歩
17日  4,445歩
16日  11,576歩
15日  7,545歩+サル
14日  5,584歩
13日  7,850歩

2012年9月25日(火) 今日の晩ご飯

今日の晩ご飯
甘塩タラ、鮭のフレッシュチーズわさび和え、
芋がら煮物、しらすおろし、くるみおろし、
と広島の酒

2012年9月23日(日) 知らない野菜って多いね

スノーウィと韓国かぼちゃのトマトカレー、キタアカリ添え、ガンモの煮物、焼き椎茸 ダンボール箱のタマ スノーウィと韓国かぼちゃのトマトカレー
今日の雨は良く降りましたね。
塩尻で買ってきたスノーウィという白茄子と
マッチャンという韓国かぼちゃをメインに
縦長のトマトを沢山入れて野菜カレーを
作り、ご飯ではなくキタアカリの蒸かした
のを添えてみました。
辛味は”辛こしょう(青)2本。効くー!
ガンモと椎茸の煮物と焼き椎茸もね。
あと写ってないけど坊っちゃんカボチャもだ。
五一のワインでもいきますか。

段ボール箱に収まるタマ

上のカレーをご飯で。

2012年9月22日(土) どんなことに、って、あぁた

スゴイことになりました。
22(土)はY野選手の結婚披露パーティが
丁度、今シーズンの営業最終日となる
「森のビアガーデン」で行われたのですが
前々から狙っていた日だったのでパス
させて頂きました。失礼、おめでとうさん。
21(金)23:40に家を出発して、白樺峠に
4:37に着き、夜明けを待って尾根に登ります。
朝は霧・ガスが濃く、やっと晴れても
今日は飛びが悪い感じで”読み”が外れた
かと思いましたが、昼から”タカ柱”が
出現するなどして、帰ってからHPを見て
みたら今のところ断トツの今シーズン最多
の3,868羽が飛んだということでした。
いやぁ、素晴らしかった。
この模様は別葉で書こうと思います。
そして事前に話していたように「鳳蘭」の
マスタとも現場で会いました。
いつもお店で見る姿とは全く別人です。
完全にプロフェショールでした。
鳥や蝶や草木など色々教えて下さい
ました。ありがとうございました。
興奮冷めやらぬまま、後ろ髪を引かれつつ
白樺峠を後にして、清水牧場に寄って
久し振りに清水さんご夫婦とゆっくり
お話しが出来ました。
チーズとヨーグルトを買いました。
塩尻に出て、閉店間際の五一の売店で
ワインを買い、道の駅でブドウや野菜を
買い、駅前の「フォンターナ・デル・ヴィーノ」
をチェックして、駅の建物の中にある
蕎麦屋で蕎麦を食って帰ってきました。
いやぁ、楽しかった。
そして”今日”だろうという読みが当って
嬉しかった。
初めてあんな大量のワシタカを観たし、
枝に停まる巨大なクマタカの姿も観れたし
言うことない旅でした。
買ってきた枝豆豆腐と金時草のお浸しと
坊っちゃんカボチャ、冷蔵庫の明太子、
キムチでお疲れさんの一杯といきましょう。

2012年9月21日(金) 週末・・・さぁて、今年はどんなことに

トン汁定食玉子付き@稲毛屋
トン汁定食+玉子(550円)@稲毛屋

2012年9月20日(木) 危うくライスも頼む所だった

ここんとこ天気がめまぐるしく
変わりますね。今日は暑い。
カレーラーメン@大盛軒 カレーラーメン@大盛軒
坂を登りながら、中華丼、ミソラーメン、
ワンタンメン とメニュを唱えながら
店を目指した。
扉を開けるなり口を吐いて出たのは
”カレーラーメンッ”でした。熱っつい!

2012年9月19日(水) 北欧の香り届く

焼きそばの写真を撮ると何故か
その向こうにナツが居ることが多い。
別に焼きそばくれッてわけじゃ
ないのにね。
今日のヤキソバとナツ フィンランド土産 今日のチキンカツ定食@稲毛屋
今夏、Sばちゃん&Tゥオモの
住んでいるフィンランドに旅行
したYッキーが2人から託された
お土産を頂きました。
「かもめ食堂」でおばちゃんが
飲んでたKOSKENKORVA(コスケンコルヴァ)
はじめ3種のウォッカとグラス、
ムーミンのタオル、”ゲイシャ”チョコ
が入ってました。
サンキュ、Sばちゃん&トゥオモ

ランチは「稲毛屋」のチキンカツ定食

そして午後は外出、お客さんの所を訪問。
日本橋→京橋→銀座→築地→勝どき
ココでアンティーク家具屋に遭遇したので
覗いてみた。
広い店舗、というより倉庫のようなフロアに
所狭しと様々な家具や小物が置いてある。
旅の途中 旅の途中 旅の途中
面白い。アンティークって言っても高級な
骨董というよりは庶民の生活に実際に供した
ものを取り揃えてます、って感じなのだ。
お店の人も丁寧で優しいしね。
スツールと小振りな机が欲しくなったよ。
→築地→銀座
人々が携帯やカメラを向けているので
何かと思ったら虹が掛かってました。
釣られてついシャッターを押しました。
旅の途中
→京橋→日本橋→水天宮→浜町
Forza浜町
「鳳蘭」がいっぱいで「唐苑」へ。
誰かが言ってた”虹、そんなに見たことない”
本当かよ。
奥のほうでは先の連休で月山に登ったBと
雲取山に登ったAッキーが登山旅行談義を
している。
僕も飯豊山の興奮冷めやらぬ内に何処か
登りたくなってきたよ。
続いては「岩手屋」。カウンタを右へ左へ
大移動して頂き、何とか4人入れて頂けました。
今日は、サヨリとタコが美味い。
ママも虹は何年も見てないだって。
平野にキレイにアーチを作る虹、結構見る
けどなぁ。
お通しのカツヲとタイの炊いたんや
マカロニサラダも美味かった。
生ししゃもも美味かった。
黒板にも美味そうな料理が書いてあった。
10月から”おでん”が始まるそうだ。
10月になったらサル後のちょろっと呑み
じゃなくおでんと魚やその他の美味そうな
つまみで呑み会をやろう。
賛同者は手を挙げておいて下さい。

良く歩きました。18,000超歩+サル

2012年9月17日(月・敬老の日) 羽は伸ばし損ねました

今日のカレー 今日のカレー 今日のヤキソバ
(ナスとズッキーニととうびきのカレー、
翌日は茹で玉子をトッピング、
ヤキソバの具は大量のモヤシのみ)

Tラが例によって女友達等と広島に旅行に
行ってしまった三連休の初日は、正統派系
Seven Lucksのフットサルが蒲田であった。
明日も早くから試合だからちょっとだけだよ
とはT原さん共々お約束のフレーズではあるが
やはりいき過ぎましたな。
三連休 三連休 三連休 三連休 三連休 三連休
2日目のT区リーグは人数集めに四苦八苦
したけど、関係各方面の協力のお蔭で
仲々のメンツが揃いました。
GK・N原の復帰も嬉しく、G藤、Kジ、142
の得点で 3 - 0 の快勝。
でもバーとポストに5回も助けられたん
だけどさ。ま、それも実力の内ってことで。
餃子と麻婆豆腐で祝杯だい!
三連休 三連休 三連休
3日目は朝、明太子、胡麻昆布、白菜の漬物、
紫蘇の実の醤油漬け、エゴマのキムチ、
生玉子で炊き立てご飯をガッツリ食いまして
遅い午後は、秋刀魚と鯵のフライとキャベツの
千切りに溶き辛子とソースをたっぷり掛けて
ビールを飲んで過ごしましょう。

2012年9月11日(火) かなり本戦を引き寄せたんじゃないか

先日「稲毛屋」で塩焼き、「きん助」で刺身、
「みを木」棒寿司を食べた。
いや今年の秋刀魚の話である。
今日はスーパーで口ばしの黄色い、背中の
盛り上がった、良さそうなサンマが売られて
いたので肉野菜炒めから急遽サンマにする。
当然、大根も買う。
炭火、ってわけにはいかないが、焼きながら
”君が代”を唄う。焼き加減も、まぁいいだろう。
これと納豆に叩いた明日葉を混ぜたものを
アブラゲに詰めて焼いたもの、白菜の漬物、
茹でソーセージ、カレー煎餅、大吟醸3種。
観戦準備に隙は無い。
2014ブラジルW杯アジア最終予選なのだ。
イラクは早さも巧さも激しさもあるが、
どうもチームが上手くいってない感じがする。
勿論イラクにとってのチャンスもあるが
日本にとって絶望的なピンチという程ではない。
とは言っても日本も本当の決定的チャンスは
仲々作れなかったけどね。
でも前半の得点は素晴らしかった。
駒野のスローインが岡崎が相手の裏に抜ける
動きに合わせたもの、更にバウンドする
ボールにアウトサイドで合わせた速いセンタリング。
それに飛び込む前田のピンポイントのヘディング。
素晴らしいの一言でしたね。
これも練習通りというのならどんなに緻密で
素晴らしい練習と習得能力なんだと思う。
その後のチャンスをモノに出来なかったのは
残念だけど最高の結果でした。
B組では最大のライバルと目されていた豪州は
アウェーとはいえヨルダンに負けているしね。
残る試合はアウェー3試合、ホーム1試合か。
来年6月のホーム、対豪州戦はスタジアムで
観戦したいものだ。関係各方面は宜しくなのだ。

11日  5,672歩
10日  6,144歩
9日   6,913歩+サッカー4本
8日   5,832歩
7日   11,269歩
6日   8,298歩+サル
5日   5,956歩
4日   10,381歩
3日    8,180歩
2日    3,235歩+飯豊山復路(同行者の万歩計は1万5千歩)
9/1日   590歩+飯豊山往路(同行者の万歩計は3万歩)
31日  10,292歩
30日  11,506歩
29日  11,821歩

2012年9月10日(月) ハッカって薄荷って書くんだね

今朝、歯磨きしてて思い出した。
先日、喜多方へ田んぼの草取りに行った時
温泉施設の花壇そばにミントが沢山あった
ので葉っぱを摘んできて、その晩の料理に
使った。
翌日、蕎麦畑に連れてってもらった時も
そこら辺に沢山ミントが生えていた。
ミントは繁殖力が強いらしく、そしてその
独特の香りで他の雑草や害虫なども寄せ
付けなくなる効果もあるという話だった。
そういえばその翌週の飯豊山登山の時に
”こんな山奥に鰻屋があるのか?”と誰もが
突っ込みたくなるほど山椒の香りを発して
いた虫除けシールを貼った子も居たが、
自称”山猿”の70代の超健脚女性の虫除けは
ミントの香りを放つもので”これ付けてると
前後2、3人は虫が寄ってこないよ”と言って
いたな。
人間には爽快味、冷涼感として受け入れられる
メントール、実際”山猿”の後に付いて歩いて
いるとスーッとした空気で息が上がる登りも
少しは気分が和らぐのだったが、草や虫には
嫌悪を抱かせる香りなんだろうなぁ。
その登山行に参加した女性陣に独身者が
多かったのだが、それは虫除け効果の
ミントとは無関係だろうな。

2012年9月9日(日) 祝!U20女子W杯・3位

勝鬨橋

一昨日は「菊六落語」Vol.16@パレットクラブ

柳家 さん坊   鶴
古今亭 菊六   紙入れ
  仲  入  り
古今亭 菊六   薮入り

終演後は「みを木」にて秋刀魚の棒寿司などで
一杯いきました。

昨日はU20女子W杯の3決と決勝だった。
いくらU20だろうが、女子だろうがW杯の
準々決勝、準決勝、3決、決勝の6試合観る
ってのは仲々スゴイよね。
これまでのバックスタンドもいい席だったが
今回は別ルートからメインスタンドのいい席
のチケを頂いたので、またぞろT原さんと行く
ことにしたのだが、残りの2枚が意外にも仲々
捌けず、当日になってT原さんが”試しに”
Bに打診してみたところ、これも意外にも
”行く”ということだった。
待てよ、となればこっちも意外にも
誘ってなかったMス田さんはどうなの
だろうとホントに直前にメールして
みると”夕方まで新宿に居るからその
後なら行ける”という。ピッタリだね。
今回、僕は何の用意も出来なかったが
T原さんとBとが酒、つまみをタップリ
用意してくれて居酒屋”メインスタンド”
は無事開店出来ました。

3決:日本 2 - 0 ナイジェリア
決勝:アメリカ 1 - 0 ドイツ

日本は素晴らしい出来でした。
ドイツが圧倒的に有利と予想していたが
アメリカのゲームの入り方、そしてそれを
持続させる気力が素晴らしく、意外にも
アメリカの優勝となりました。
アメリカ、ドイツ、日本。W杯や五輪など
トップ3に日本が名を連ねているって
スゴイねぇ。

今日はTV中継のジョン・カビラとピース
もすぐ近くで見れたし、3決が終わって
決勝を観戦にきた両チームも他の国の
選手も近くに居たしそういう意味でも
いい席だった。
乃木坂46のパフォーマンスの時には
アメリカの控えの選手達が見よう見真似で
一緒に踊っていたのが微笑ましかった。
その後のライブパフォーマンスが見事
だったし、佐々木監督以下、なでしこの
主要な選手も挨拶に出てきたし、オマケ
が沢山あって得したような気分だった。
実は決勝から来たMス田さんともども
ハーフタイム過ぎに席を立ってしまって
ここんとこ毎回来てるのでスッカリ馴染み
のようになってしまった蕎麦居酒屋
「みろく庵」に移動したのだけどね。
蕎麦焼酎の蕎麦湯割りでバカ話呑み会は
続いたのでした。

翌日曜は9時半キックオフに始まり
昼過ぎまで半日サッカーをやるのだ。
日蔭の風は涼しくて気持ちがいいものの
ピッチはやっぱり暑っつい。
0 - 3 、 0 - 0 、 0 - 2 、 2 - 3
4戦0勝1分3敗。散々だったが、まぁ
お疲れさんってことで”レイの店”で
打上げときましょう。
ビールとチャミスル。チャプチェ、
ブゴクスープ、サムゲタンが美味い。
調子に乗ってきたので肉も焼いちゃい
ましょう。
疲れ切ってビールも仲々入っていかない
って言ってたのは誰だ!

2012年9月7日(金) 他に書くことねーのか

一昨日、ここに書き始めて、下らな過ぎて
途中で止めたのがあった。
もう一度トライしよう。
良く行く定食屋である。
ここに来るお客さんに顔見知りの人は居ないが
何人かは見掛けるお客さんも居る。
若い2人組のサラリーマンもその内の1組だ。
一昨日は12時45分頃行ったので店内はもう
混んではいなかった。
その2人組サラリーマンは結構大きな声で
延々と会話するのである。もうとっくに
食べ終わっている状態で、途中食器を下げられ
お茶のお代わりもしてもらって、喋り続ける
のである。
話題は良く解らない。声は大きいのにね。
今日は12時10分頃、定食屋に行った。
流石に時間が早いので混んでいる。
今日のメニュはカキフライ、肉豆腐、豚汁、
カレーの4種類である。
豚汁定食と告げてカウンタに座った。
そのカウンタの隅からあの2人組サラリーマン
の声が聞こえてきた。
あー、また会ったか。やっぱり話し声が
デカイな。話題はと…どうやらツイッターや
facebookなどの所謂SNSについてのようだ。
実名がどうのとか、顔写真がどうのとか、
個人情報がどうのとか言っている。
手元を見ると殆ど食べ終わっているようで
箸ではなく麦茶のコップを持っている。
時々麦茶を注ぎ合いながら尚も話をしている。
僕は食べ終わってしまった。
彼等は一向に立ち上がる気配が無い。
僕は500円を支払い店を後にした。
街の定食屋で掻き入れ時の昼休みの時間帯、
こんなお客が居たら回転が悪くて売上にも
影響するよね。
昔、駿河台下にあったとんかつ屋の親父
ならば”ウチは長っ尻のお客はお断りだッ”
と一喝されていることだろう。
あういう神経は僕には解らない。
大体、しゃべってる声がデカイんだよッ!

ね、クダラナイでしょう。


ああ、いけない、日本 1 - 0 UAE戦のことも
触れなきゃ。
えーっと、Forza浜町の後の中華屋にはTVは
無いので観てません。
内容はお寒い感じみたいですね。
でも”マイキー”が点取ったからヨシッ!

2012年9月5日(水) 間隙を縫って

山から帰って来たら色々対応しなきゃ
いけないことが沢山あって気忙しいのぉ。
そんな中でも「きん助」でヒカリもの三兄弟、
フライ三兄弟などいって、花山椒の効いた
麻婆豆腐なんか喰らい、翌日はまたしても
16時から国立競技場でT原さんと落ち合い
今日はKジ、Y下、Rナ、Aッキーとその
パトロンなども加わりU20女子W杯・準決勝
の2試合を観戦する。

アメリカ 2 - 0 ナイジェリア
日本 0 - 3 ドイツ

ドイツは圧倒的に強かった。
色んな意味で優れていましたね。
3決で頑張れッ、ヤングなでしこ。
観戦場所は前回と全く同じ。そしたら
ビールの売り子の女の子も同じなら
周囲の観戦客も随分同じメンツが居たよ。
皆んなスキだねぇ。
その後は前回に”来週来るよ”と言っておいた
のが、ばっちりインプットされていて予約
してもしていなくても席は確保してあるよ位
な勢いの蕎麦居酒屋へ。
最後のカレーそばはやり過ぎたなぁ。

2012年9月2日(日) 来年も行く?

30日は新しい仕事の話をして、
B区の施設予約をして、
エエーッ、何をーッなメールを
受け取ってから、早くも行動開始な
T原さんを追い掛けるように
国立競技場へ急ぐ、U20女子W杯
準々決勝の2試合を観るのだ。
メキシコ 0 - 1 ナイジェリア
日本 3 - 1 韓国
居酒屋「バックスタンド19」は
いい感じになり過ぎてF山さんが
ヘロヘロになりました。
蕎麦居酒屋に移行したんだけど
F山さんは強制送還としましたが
大丈夫だったかな。
ま、そんな木曜の後は、金曜から
2週連続で北会津行きである。
今回は工場長プレゼンツの飯豊山
登山ツアーである。
詳しくはアッチに書くが大体は
↓のような感じです。
♂7名、♀12名の総勢19名、山小屋
泊りの登山なのだが、かなりの
ベテランの方が、飯豊山を登ったら
東北の山は何処でも登れる、
東北で一番難しい山だ、と解説して
くれたようにナマラエライ登山
でした。
31(金)16時半に飯豊蔵に到着すると
工場長とS藤さんとMK子さんが
共同装備の点検と振り分けをしていた
ので作業を手伝い、その後集ってきた
人達と「蔵の湯」へ、ひとっ風呂浴びに
行き、夕方から公式行事の始まりである。
先ずは、18時”天気祭り”と称する
前夜祭に始まり、21:50はバスで
23:17は列車で喜多方に着く組を
歓迎して、蔵の3階廊下で軽く2次会。
そして蔵にて就寝。
4時起床、各自の準備と共同装備を
均等に分散収納する。それでも工場長や
ベテランの人はより多くの荷物を背負って
くれてるのだ。
5時出発。途中で朝・昼、翌日の昼、
行動食などを3軒並んでいるコンビニに
分散して仕入れる。
道がチェーンと鍵で封鎖されている
関係者以外は入れない山道を進み
舗装路が終わってダートを少し
行ったところに車を停める。
6時20分、そこから少し上の標高800m
の登山口から登り始める。
小白布新道→最初の水場→本来の
登山道との分岐→地蔵の水場
→剣ヶ峰(鎖場)→三国岳・三国小屋
→七森→種蒔山→切合小屋(13時着
ここで本山アタック隊は空身になる)
→草履塚→北峰→姥の前→御秘所
→御前坂→本山小屋・飯豊山神社
→15時半飯豊山本山山頂2,105m→
17時20分切合小屋まで戻る・夕食・
宴会・泊る。
夜明け前後から起き出す→朝食後7時に
出発→行きと同じルートを降りる→
13時過ぎ全員下山→13時20分「いいで湯」
→15時20分飯豊蔵で解散。
ほぼオンタイムということだ。
いやぁ、スゴイ山だった。
山、何個越えたの?何処まで行くの?
って感じでしたけど、足を動かして
さえいれば行けるもんだねぇ。
地蔵の水場のメッチャ冷たい水、
本山アタックから切合小屋まで
帰って来た時に手前に出迎えて
くれてたMK子さんからもらった
一口の大吟醸、夕食・宴会の時の
雪渓の雪でキンキンに冷したビール、
外に移動してからの熱燗。
どれも死ぬ程美味かった!
景色も天気もメシも1人1品持参の
ツマミも最高。
いや、ホントに大変だったけど
楽しかった。
蔵で解散後、時間のある人達は
打上げに行きましたが、僕は間髪
入れず15時半帰途に就き、全く
眠くならなかったのでノンストップ
で走り、19時5分前に帰り着きました。
速攻ビールを空けました。
皆さん、お疲れ様でした。
こんな登山は工場長にして杜氏であり
山岳ガイドでもあるアナタが居なけりゃ
絶対に実現しない計画ですね。
ありがとうございました。
来年も行くかって?
うーん、今現在 12%
飯豊山本山山頂

発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月   5月   6月
発電量   169   178  223  266  313  258 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539  403  433 kwh
売電量    54    80  120  152  188  137 kwh
買電量 1,033   913  727  425  278  312 kwh
自給率    14    17   26   49   77   59 %

        7月   8月
発電量   291  308 kwh
消費量   612  690 kwh
売電量    94   88 kwh
買電量   415  470 kwh
自給率    47   44 %

2012年8月29日(水) 酒肴は何にしようかなぁ

40gのザック、レインウエア、フリース、
寝袋、マット、ヘッドランプ、帽子、
サングラス、グローブ、ナイフ、食器類、
カメラ、予備電池、ゴミ袋、着替え、靴、
1gの水筒、タオル

ここまでは大体確認して揃った。
この間、会津若松のホームセンターで買った
498円の優れものLEDランタンはどうすっかな。

調理・炊事器具、ガスバーナ、ガスボンベ、
ロールペーパー、非常用のツェルト、酒類、
共通食料 は基地にあるものを手分けして
運ぶということだ。

あと揃えるのは、朝・昼の食料と行動食、
1人1品持参の酒肴 くらいかな。

計画書に依れば、明晩早目に着いたメンバで
「天気祭り」をやるとのことであるが、天気
自体は良さそうとのことである。
もちろん前夜祭の大義名分に過ぎないのだが。

お、熊避けの鈴・ベルは要らないのか?

29日  11,821歩
28日  10,327歩+サル
27日   3,903歩
26日   4,197歩
25日   8,874歩
24日   5,312歩
23日   8,342歩
22日  10,419歩+サル
21日   6,529歩
20日   7,539歩
19日  15,465歩
18日     0歩(計測なし)
17日   5,480歩
16日   4,099歩

2012年8月27日(月) あと幾つ挑戦出来るのだろう

香川がマンU開幕第2戦で初ゴール、U20女子
がW杯決勝Tに進出を決めた。
そんなサッカー界の嬉しいニュースがあったが
僕にもサッカーに関係する(ちょっと違うか)
嬉しいニュースがあった。
toto BIG、そうサッカーくじに当選したのだ。
今シーズンに入ってからも既に4回ほど当たって
いるので、そんなに特筆すべきことではない
のだが、今回はBIG、BIG1000、miniBIGの3種類
全てに当たりがあったのである。
こんなん初めて。嬉しいのだ。
ま、当然大きな当たりではないんだけどね。
それでも嬉しいのである。

週末は会津方面に田んぼ仕事に行ってきた。
田んぼ仕事ったってお遊び程度のことで
メインは呑みってことにはなるがね。
今回は、素晴らしい風景とナイスなBBQと
こんなとこで寝ちゃうぜ、の旅だった。
その話は現在”工事中”なのでもちょっと
お待ち頂くのである。
今日は、ある通信会社の法人営業の人が
やってきた。アポ無しだが既に知っている人だ。
その人は若くて可愛い女の子なのだが
先々週ちょっとしたお願い事があって
連絡を取っていたのだが、その子は先週が
夏休みだったので同僚に引き継ぎはした
ものの、やっぱり代役ではきめ細かさに欠けた
部分もあり、別な手配をすることにしたのだ。
そういうことへのお詫びのために来たのだ
と思うが、話は別な方向に向うことになった。
その子は北海道出身の子で、いつもなら
帰省するのだが、今年はあるセミナに自費で
参加したというのだ。
そのセミナの内容が良くて、色々な気付き
があって、自分を見詰め直した結果、
看護士になることに決めたというのだ。
会社へは退職の意思を伝え、来年3月には
退職して大学に通えるように活動を開始
したということだった。
医療の道に進むのは以前からおぼろげに
抱いていた夢だったというのである。
真面目にイイ子にして、仕事でも部活でも
何事にも常に平均以上の成果・評価を得て
きたが、リスクを取って大きな挑戦すると
いうことは避けてきたような気がするというのだ。
今のままでも、今の仕事や生活にも何の不満も
無いが、このままではいけないのではないか
と思い、そして決めたというのである。
及ばずながら2つほど、送る言葉を掛けたら
受けたセミナの説明をしてくれるために
開けたノートにメモしていた。
参考になるかどうかは知らないが、決めた
道ならどうか是非頑張ってもらいたいものだ。
差し上げた冷たい水のペットボトルを
持ちながら弾ける笑顔を残して夏の日差し
の中に出て行きました。
来春から4年の学生生活に戻る勇気にエール
を送ることにしよう。ガンバレ!
負けてらんないな。こんな小娘に。

2012年8月22日(水) ネット社会の恩恵か

昨晩、あるSNSで10数年振りに”会った”
仕事上での知り合いの人と、数回メッセージ
の遣り取りをしたら”明日会いましょう”
ということになった。
午後、その人が会社にやってきた。
アッと言う間に仕事が1つ決まった。
こんな偶然がたまには生まれるのだなぁ。

夏野菜のトマトソース煮込み 鳥挽肉と夏野菜のカレー
お初の”あぎ茸”とズッキーニがメインのトマトスープ
それをベースに鳥挽肉などを加えてカレーに
甘塩タラとエビと夏野菜の蒸し煮 イカとホタテと夏野菜のカレー
甘塩タラとエビと夏野菜とキノコ類の蒸し煮
イカゲソ、エンペラとホタテと夏野菜のカレー
「大盛軒」の大盛り味噌ラーメン 自家製・そばめし
「大盛軒」の大盛り味噌ラーメン
半端のやきそばと残りご飯で”そばめし”

今晩はForza浜町。
夏場はビールなんかを良く飲むし
休みもあったりで身体が鈍ってる。
動きが悪く、いつもより疲れ方も非道い。
とは言え、冷ビを入れなくては・・・
いつもの「鳳蘭」は珍しく(失礼)隙間無く
いっぱいで入れない。
公園入口から見て正反対方向に見付けた
中華屋「唐苑」にしてみる。
味付けが全体に濃いが、新しい店というのが
新鮮な気分である。仲々いいのだ。
U20女子W杯 日本 2 - 2 ニュージーランド
を観戦もしながら、何だか随分と呑み食い
したのだ。
誰だ!?最後にフカヒレ焼きそばと
フカヒレラーメンなんか頼んだヤツはッ!?
美味いじゃないか!
G藤、Aッキーという珍しいところを伴って
T原と「岩手屋」へ。
ちょいワル親父もいいけど、やっぱ「岩手屋」
は落ち着くなぁ。
お初のG藤が”ママさん美人だなぁ”って
盛んに言ってますけど、その通りなんよね。
いやぁ、良く呑みました。

もう一つ。
ネットで再会していた旧友から電話があった。
こちらも新たな仕事の打診だよ。

2012年8月21日(火) 後半戦も忙しい みたい

・喜多方の酒蔵の田んぼに草取り&BBQにいく
・同じようなメンツで酒蔵から飯豊山に登る
・U20女子W杯観戦
・小さなサッカー大会
・小さなフットサル大会
・山の秋と松茸を愛でに行こう
・泊りでサッカー大会
・ワシタカの観察も行きたいし
・塩竈・桂島の牡蠣の手伝いにも行きたい
・お袋の一周忌もやらねば
・山へ水道の栓を締めにも行かねば
・酒造りのこと
・味噌造りのこと
・行けるか?韓国旅行
・年末の呑み会はどうする
あっ、仕事も懸念材料が幾つかあるんだった
積み残した実家のケアもしなくては
何やかやとやることは多そうだな
ゆっくり絵を描く暇もなさそう、そんな時は
どこかでのんびりと温泉に浸かって蕎麦酒を…
お、それも予定に入れなきゃ!

2012年8月19日(日) 多けりゃ多いで悩みもあるけど

土曜は・・・
ギックリ腰は軽かったので大分いい
のだが、まだ今週末のサッカーは
止めておこう。
昼前に突然の激しい雨、夕立レベル
ではない感じですね。日本の気候は
変わってしまったんだろうなぁ。
甘塩タラとエビとキノコ類の蒸し煮
でも作ってワインと共にノンビリ
過ごすのだ。
日曜はそういうわけにもいかない。
朝7時過ぎに家を出たら早く着き過ぎ
てしまい、北千住のマックで珈琲
タイムを取ることになったがもう暑い。
今日はT区リーグ第3戦である。
今日は集り良く19人、熱烈応援団も3人
居るし、ありがたいのである。
でもそれぞれに出場時間が充分に取って
やれないのが若干申し訳ないし、それに
選手だってある程度の時間が無いと個人
としても充分力を発揮出来ないし、周り
との連携にもある程度の時間は掛かる
ので、本当は程々の人数が日程全体に
上手く散らばる感じがいいのだが、
もちろんサンデーキッカーズには贅沢
な悩みなのは間違い無いのである。
前後半通じて押しているのだが、
決定機に外してばかり、逆に前半
何でもなさそうな相手の攻撃に一瞬
スローモーションでも見ているかの
ように緩慢な動きになりコロコロっと
入れられてしまった。
最後までこれをひっくり返すことが
出来ずに 0 - 1 で敗戦。
T区リーグで河川敷 T区リーグで河川敷
仕方ねぇなぁ。
橋の下の日影に移動して”土手呑み”
に移行しますか。
何たってHR木なんざ、朝一のコンビニ
からビールロング缶18本も買ってる
んだからね。
加えて、いつもように土手下の酒屋で
ビール、焼酎、ロックアイスなどを
斜向いの焼き鳥屋で焼鳥やレバカツ、
レンコン肉団子を買出ししてきて
タップリと反省会である。
15時過ぎ、土手呑みを打上げ、酒屋さん
にこれもいつもように瓶缶に加えて
串やら紙ごみ、ペットボトルまでも
引き取ってもらうのである。
蕎麦屋に移動。
ほろ酔いセットだの、カレーそばだの
カツ煮、アサリの柳川だのをいきます。
本当にサッカーは口実だな。
暑いながらも河原を吹き抜ける風は
どことなく秋の気配も感じさせる
爽やかさがありました。ホントか!?

2012年8月17日(金) 民間外交頑張るのだ

今日のお昼は久々に、近所の韓国料理屋
No.1になった「仁寺洞」とした。
頼むことの多い”純豆腐チゲ”にする。
おやッ、今日のはいつもより美味いよ。
入っているものの違いはぁ・・・干し椎茸が
随分入ってるね。それとぉ・・・竹輪だ。
竹輪が入っていた憶えはないように思うが
このいい食感はなんだろう?
竹輪の穴に何かが詰められているようだ。
何が詰められているんだろう?
何とも言えず美味いな。
ん、ゴボウだ。ゴボウでしょ、コレ。
グラグラ煮えて半熟になった玉子もあるし、
大きいアサリも美味いし、今日のおかずの
ししとうのキムチ、ペチュキムチ、玉子焼き、
もやしのナムルもまだ充分あるしなぁ。
炭水化物、控えねばなんだけどお代わり
しちゃうか。
チョギヨーッ、ご飯ネ、ジュセヨ。
今日の純豆腐チゲは何だか美味いのだ。

2012年8月16日(木) 山はどことなく秋の気配も・・・

カレスパ
カレースパゲティを食べて山に出発。
混んでそうだけど日帰りなのだ。
向こうの縞蛇のようなんは、やっぱりナツ。
猫科の動物の尻尾はホントにヘビの擬態
だっていうからね。
山の展覧会
山の展覧会(撤収だけど)

山奥では静かに秋が進行を開始して
いるような気配がありました。

田舎の海も入るのは8/15まで。
お盆を過ぎるとキッチリ、波が高くなり
クラゲが出てくるんだよなぁ。

2012年8月13日(月) お盆だねぇ、風鈴が何処かで鳴ってます

お盆休み中ですね。
街が静かです。
いつもの中華屋もお休みだったので
別の中華屋でマーボーラーメンを
頂きました。マーボーの1/4は
半ライスの上に移動してますが・・・
「五芳斎」のマーボーラーメン
暑い日は熱いものを食べることが
多い僕ですが、後からやってきた
甚平のお父さん、つまみも頼まず
熱燗を頼み、クイクイ飲ってます。
やるなぁ。

今年の2月13日の記述に九州新幹線
全線開通記念CMのDVDのことを書いた
ので、ここでは丁度半年後ということ
になるのだが、”SLふくしま復興号”
が先なのか”沿線スマイルプロジェクト”
が先なのか解らないが、イヤ、一体と
なったイベントであると思うけどさ、
「JR東日本 沿線スマイルプロジェクト
(福島)本編」
という映像を見付けた。
C6120が郡山駅〜福島駅まで走り、その
沿線に人々が出てきて、その列車に
搭載されているカメラに向って思い思い
のメッセージを表現するというものだ。
九州新幹線〜が下敷きになっていることは
間違いないだろうけど、発するメッセージ
は当然ながら異なる。
素直にストレートに感動しました。
宜しければご覧になって下さい。
但し、ハンカチ必携ですよ。

月末には2週連続でまた福島に行くのだ。

2012年8月12日(日) さよならロンドンの日々

海藻サラダそば
(海藻サラダそば)

ロンドン五輪最終日
この最後にきて金メダル2つ。
素晴らしい。
メダル総数38個で最多獲得大会に。
あまり注目されていなかった種目や
チーム・団体でのメダルも多く
今までの日本のイメージとは違う面
も出た大会になり、競技や強化方法に
考え方が変わるかもしれない大会に
なりましたね。
でも兎に角、楽しかったです。
感動・感激しました。
選手および関係者の方々お疲れサマー。

2012年8月11日(土) シェフは出張もするよ

昨晩は今夏弊社に入社した新人の
歓迎会でした。
田町の愛媛のものが中心という
居酒屋にて。
魚介系が仲々美味しかった。
今は研修中だけど是非頑張って
ウチの戦力となってください。

U23男子サッカー3位決定戦は
もう振り返りたくもない、感じだ。
完全に気力負け、力負けである。
日本 0 - 2 韓国
しかし、いい経験になったことだろう。
これを糧にして次のステージで
頑張ってもらいたいものだ。

眠い目を擦りながら朝8時半に車で
家を出て、日野市役所駐車場に9:45着。
今日はPAFフェスに参加するのだ。
PAFはスグ近所の女子大のサッカー
クラブのOGが中心となって作った
もう創部30年というクラブである。
フェスとはPAFが年に一回、部員や
関係者への恩返しに行っているという
イベントである。
実はこのオリンピックの男女サッカー
の快進撃の中、中継を観ながら
つぶやいていたら、そのクラブの
創設者と言っていいTモからお誘いを
受けたのである。
でも”部外者感いっぱいだから”と
尻込みしていると”全然だよ。だって
PAFのロゴ作ってくれた人じゃん。
皆んなにも紹介したいよ”と言って
くれたので、厚かましくも出掛ける
ことにしたのである。
30年も前に頼まれてロゴを作ったのだが
今も使用しているというのである。
それに午後に予定のあったサッカーは
別な先約があって行けないので丁度いい
のである。芝生のグラウンドが気持ちいい。
全員で準備運動を(ブラジル体操なんて
随分久し振りだったよ)した後、
参加者を3つのチームに分けてリーグ形式の
ゲームをやるのだ。
2回りやったところで僕はお暇させてもらう。
この後、持ち寄りの料理で昼食、ビンゴや
スイカ割りなどのイベントの後、再び
ゲームをやるという楽しい企画なのだが
残念ながら、僕はタイムアップである。
でもTモをはじめ旧知の友人とも顔を合わす
ことが出来たし、若くて上手い女の子達
ともサッカー出来たし、楽しい会だったのだ。
サンキュ、PAF。

11時半に上がり、混んでる下道で帰る。
途中裏道に抜けたりしながらも予定時間
オーバの13:15に帰り着く。
スグさまシャワーを浴び、重たい鍋を1つと
青唐辛子などを持ってタクシーに乗る。
13:50 Mリ家到着、本日のお客様3人は
既に揃っておいででした。
今日はこれから出張料理人となるのだ。
実はMリ家が熊本産のいいイ草で畳を
新調したというので、それを愛でに
いこうという話になり、”じゃあ料理は
シェフに任せた”というおだて話に乗って
いたのである。
ってったって仲間内の呑み会のつまみ
を作るってだけだけどね。
今日は肉類は無しで、魚介類と野菜だけ
にしてみた。

予定より30分遅刻したので既にハート
ランドを飲んでいたお客様に早速つまみ
を作る。
先ずは、茹でオクラの紫蘇の葉ソースと
インゲン豆のレモンオリーブオイル和え
でいきましょう。
続いて、銀ダラの西京漬けを焼く。
どう美味いでしょ。美味いよねー。
銀ダラの西京、最強 なんちて。
実は魚介類の殆どは前日に角上魚類で
仕入れておいたものだ。
続いてはセビーチェを作るために、この
近所で有名な魚屋で買ってきてもらって
いた刺身を広げる。セビーチェ用にアジ
を買っておいてとお願いし、ついでに
何か刺身を買ったらと言っておいたのだ。
イワシ、コハダ、カンパチがありました。
それに炙りタコを追加してやりましょう。
ここの刺身は美味いし、角上魚類の炙りタコ
も塩とレモンで食ったら美味い美味い。
酒は天明に換わります。
アジと炙りタコとエビ、玉ねぎとコーン、
トマトとパプリカ、青唐と塩コショウ、
ライムとレモンを絞り掛けたら冷蔵庫
にて2、3時間寝かせます。
では次は煮魚である。ショーガを効かせて
ウマヅラハギとトコブシを煮る。
ジャガイモ、茹で玉子、玉ねぎ、パプリカ、
パセリ、ラッキョウ、茹でエビなどで
ポテサラを作ったら呑みにしばし合流。
呑み場を主戦場の新しい畳の部屋に
移しましょう。うん、いい香りです。
最近こういうイ草の香りを嗅いでなかった
かもしれないなぁ。
野恩に換わった酒を頂きます。
ハギは身離れが良くていいし、トコブシも
いい食感で美味いねー。
ポテサラは手前味噌だけど、ハムやベーコンの
代わりに入れたエビの食感が仲々いいでしょう。
刺身は美味いが量が結構あるので食い付き
が悪くなってきたね。じゃあ、これどうよ。
先日近所の韓国食材屋で買ったエゴマの
キムチを出して、カンパチを巻いて辛い
のが苦手なHラちゃんに奨めてみると
美味いという。皆んなも恐る恐る試して
みるけど同様に美味いということである。
ね、そう思ったんだ。
Hラちゃんが神田明神下で買ってきたと
いうパン類が美味い。
残ったエビを茹でて紫蘇の葉とパセリのソース
で和える。
アジとエビと炙りタコのセビーチェも
いい頃合いだろう。上手く出来たね。
立派な帆立貝を焼く。ポン酢とパセリが
丁度よかったようだね。身が分厚い。

本当はあと3点ほど作る予定だったんだけど
お腹も時間もいい加減になってきた。
アクシデントがあり遠回りしてやっと届いた
だだちゃ豆とパン達をお土産に、残った
食材を山分けにしたらお暇しましょう。
ポテサラは今日も好評のようで、残りを
分けて持ち帰って頂きました。
ド素人のいい加減料理ですが、宜しければ
またご用命下さい。どこでも出張致します。
しかしMリ家はいい呑み場なのである。

2012年8月9日(木) ツンデレには弱い

カレースパゲティ 今朝のナツ
昨晩は会社のメンバ2人と”魚が食べたい”と
いう希望の中、超久々の「醸蔵」へ。
”アラッ、お久し振りッ。丁度良かった・・・”
といつものツンデレ具合も冴えてます。
キュウリと茗荷の漬物と湯葉刺しのお通しで
早速お酒頂きましょう。新政の”青蛙”だって。
行者ニンニク、馬肉ユッケ、刺身5点盛り。
刺し盛りはサービスで6点盛りになって出て
きました。ウニ、青柳、中トロ、イナダ、タコ、
ボタンエビ。どれも美味いッ!
酒はツンデレに次はこれ次はコレという具合に
呑まされますが、今日は会津の酒が多かったな。
鴨とネギ焼き(他の夏野菜も豊富な炒めみたい)
カツヲの腹皮焼き、十全茄子の浅漬け、栃尾揚げ。
酒も進みましたが今日は何だか話が盛り上がり
ました。
前半:仕事絡みの話、中盤:遊びの話、
後半:再び仕事系の話。
でも、どれもバカ話だけどね。
この中で近々本当に実現したいこと2つ。
行動・実践でいきましょう。
帰り際、さっき呑んだ会津の酒の内の1つの
酒蔵の人が来てるから紹介したい、とツンデレが
言うんだけど、あのさ、僕さただの素人、
業界にも全く関係ないしさ、別に大和川さんの
何かを担当してるわけでもないしさ何も背負って
ないんだよ。いいの?
紹介して頂きました。恐縮です。
今度喜多方行く途中に遊びに寄ります。
宜しくお願い致します。
タマ
帰ってTVを点けると女子レスリングの2人が
決勝に進んでいた。金メダル2個!
Forza !! NiPPON !!


そして今日はForza江戸川橋だった。
最近のForzaは”何だかナァ”のことが
多いのが気懸かりである。
ま、へぎそばでも食べて軽くいきましょう。
ということで4人でへぎそば屋で呑み
帰ってからスグ寝る。
3時過ぎに起きて、なでしこ決勝応援。
日本 1 - 2 アメリカ
負けてしまったが立派な銀メダルである。
帰国後のなでしこ体制は変わっていくこと
になる。
現なでしこ、ご苦労様でした。
そしてまた新しいなでしこで是非金メダル
を取って下さい。
先ずはお疲れさん、おめでとう。

9日   8,900歩+サル
8日   8,517歩
7日   5,749歩
6日     0歩(計測なし)
5日   1,138歩
4日   9,611歩
3日   9,876歩
2日  10,522歩+サル
8/1日  8,207歩
31日  10,449歩
30日   4,791歩
29日   2,549歩
28日   6,200歩
27日   8,264歩
26日  11,933歩
25日  13,879歩+サル

2012年8月8日(水) まだまだ勝負はこれからだぞ!

準決勝の夜に作ったカレー
コロッケでビールを飲んで寝て
23時に起きて、先ずコーヒーを飲み
夏野菜のカレーを作り、つまみを作って
からTVの前に座った男子サッカー準決勝。
結果は 日本 1 - 3 メキシコ
惜しくも決勝進出ならず。
過ぎたこと、結果論を言っても−過ぎて
なくてもTVの前から言っても無駄なんだ
けどさ−杉本投入はアリだと思う。
宇佐美でチャレンジしてもいい、斎藤が
好きならそれもいい。だけど清武を下げ
てはいけないのではないか。
宇佐美は局面を打開出来る力は持っている
かも知れないが、ピッチ全体を見渡して
ゲーム全体を、とまで言わなくとも少なく
とも自分のチームをコントロールする力が
今は有るとは思い難い。
日本のゲームを作っていた清武だけは
下げるべきではなかったと思うがどうだろうか。
後半は途中から防戦一方となったからかも
知れないがミスが目立った。
その象徴的なプレーがたまたま扇原に出た
ということである。苦しい時にこそ正確に
プレー出来る自力を付けなくては更なる
上には行けないというイイ教訓だろう。
いつまでも残念がっていてはいけない。
3決の相手が決まった。日韓対決である。
気力負けだけは絶対にしてはならない。
気持ちを切り替えて銅メダルを目指して
ほしいものだ。
準決勝の夜に作ったカレーを朝食べました
卓球女子団体も良く頑張ったね。涙が出たよ。
まさか、と思った女子バレーも素晴らしい。

で、夜中に作ったカレーを朝食として
食べた。花ちゃんのトマト、ピーマン、
茄子、大根、パセリなどを常連野菜の
他に入れてみた。仲々だね。
(皿の向うに見えるのはまだ寝ているナツ)
しかし、なでしこの決勝ってば10(金)の
朝8時だっていうじゃん。どうしよう!?
ウチの社員に、観戦後の出社OKとお触れ
を出そうかな。勿論自分の為だけどさ。

間違ってたね。なでしこ決勝、U23の3決
とも3:45蹴だった。失礼。

2012年8月6日(月) メダル総数じゃ、現在4位!まだいくぜ、日本!

長野県は伊那の花ちゃんから
送られてきたトウモロコシとトマト。
トウモロコシは生産者である花ちゃん
の指示通り、甘味が飛ばない内に
即、全て茹でました。甘くて美味い!
とうもろこしは即全部茹でました 花ちゃんから届いたとうもろこしとトマト
そのトマトを使って鳥もも肉の
夏野菜トマト煮込みを作りながらも
お酒は控え目にして深夜に備える。

やったねー。
なでしこ、決勝進出!
やっぱり上に行けば行くほど
ハラハラドキドキ感は増すねぇ。
大儀見、阪口、ナイスゴール!
ディフェンスも良くやった!
素晴らしい!!

日本 2 - 1 フランス

アメリカ 4 - 3 カナダ も
凄い試合だった。延長終了寸前の
アメリカのモーガン。
やっぱり来たかアメリカ、撃破したるッ!

2012年8月5日(日) 惜別の中華食堂、こんにちは中華市場

昨日は久し振りに吉祥寺に買い物に
行った。懐かしい筈の街は今日は
少しよそよそしい街に感じた。
少年の時代から知ってりゃ、そりゃ
街だって大違いなことは改めていう
までも無いのだが、今日はまた違って
見えたのだ。
というのも馴染みの店がまた消えて
いたからである。
先日の中学同期呑みの時に”おやっ!?”
と思ったのだが我等が中華食堂
「吉野家」が無くなっていた。
この前見た時は閉まっているという
状態だったのだが、今日見たら
改築に近い改装をしていた。
中で壁塗り作業をしている人に
聞いてみたら「吉野家」は止め
ちゃって眼鏡屋になるのだという。
非常に残念である。
カツ煮ライスがまた食べたかった。
オムライスもタンメンも食べたかった。
おじさん、おばさんに挨拶だけでも
したかった。ご苦労様でした。
それと最近まで在ることを確認して
いた”麺屋”が無くなっていた。
生麺だけを売るという地味で渋い店
だったが、昔はそんな店がアチコチ
にあった。よく中華麺と寿がきや
の中華スープを買ったものだ。
これで注意して存在確認をしなければ
いけないのは赤飯屋とお茶屋、
それとおでん種屋くらいになって
しまっただろうか。
行列の羊羹屋と肉屋、デートの待ち合わせ
に使った洞窟喫茶店、昔ながらの安売り屋、
八丈島の島寿しが美味い居酒屋、焼鳥屋、
秘密のおでん屋は大丈夫だろうからね。
夕立のような急な豪雨の中、その内の
おでん種屋で10種20個ほどのおでん種
を買って帰りましょう。
帰る途中、前々から気になっていた、
家のまぁ近所といっていいか、
韓国食材屋にも寄ってみた。
好青年のおにーちゃんの口車に乗った
わけではないが、えごまのキムチ、
ネギのキムチ、タコのチャンジャ、
サムゲタン(小)を購入。
続けて同じく気になっていたインド
カレー屋「カリカ」にも寄ってみました。
中途半端な時間でお客が誰も居ない
からだろう店内はムッとするような
暑さの中、こちらも好青年が1人
厨房に居た。
水とおしぼりを持ってきてくれた後に
エアコンを入れてくれた。
ポークカレー(辛口)、サグチキン
カレー(中辛)、サモサ、プレーンナン、
サフランライス、玉ねぎの辛い漬物、
キングフィッシャービールとノンアル
で頂きました。美味しかったです。
2階では18人位までの宴会が出来る
スペースもあるということだった。
今夜はキムチと真夏のおでんである。

近所の中華食材を作っている工場の
”工場市場”がまたあった。
1ヶ月前にも行ったところだ。
今日は開場と同時に入るべく9時45分
に家を出た。
もうその路地を曲がったらスグと
いうところで4、5台の自転車が
僕達を追い抜いていき路地に曲がって
いった。人気なんだな。
売り場となっている狭いスペースは
人で溢れていた。

餃子3袋、水餃子、特選肉焼売2袋、
粗挽き肉焼売、小籠包、エビチリ、
グリーンフィットチーネ、
パスタソース3種、中華麺(細麺)4玉、
中華スープ2種、メンマ、焼きそば4玉、
とオマケのうどん2玉

をゲットして帰ったら早速餃子と
特選肉焼売とエビチリで中華祭りだ。
ビールが進み、オマケのうどんで作った
汁無しカレーうどんも美味い。
中華市場の餃子と焼売

中華市場はこれから月1回のペースで
開催する予定だという。贔屓にします。
しかし、レジ、ってレジは無く、会計係の
女性が電卓を持って会計をするのだが
若干やり難そうである。
商品にバーコードを貼って、それをスマホ
で読み取るか、あるいはタブレットに
商品一覧を出してそれをタッチしていって
合計を取るか、何か簡単なシステムを
作ってあげちゃおうかな。

2012年8月4日(土) スゲーんだからッ

駐車場のコケちゃん
ちょっとちょっと、どこ行くの?
人の話、聞きなさいって!
日本、超頑張ってるんだよ
永井、麻也、大津 3 - 0 だよ
全ての点の起点が清武なんだよ
セレッソ3人衆、大活躍だよ
大儀見、大野 2 - 0 だもん
男女ともベスト4なんだよ
次からはウェンブレイだからね
競泳メドレーリレー男女ともメダル!
バドミントンも良く頑張ったよ
スゴかったんだってば
行っちゃうのかい、コケちゃんってば。

2012年8月3日(金) カツ!!中

「大盛軒」のカツカレーラーメン

午前の打合わせがイイ方向に行った
のでってわけでもないのだが
メニュにないカツカレーラーメンを
お願いしました。
ありがとう→お客様(ホラ、あの人達ね)
ありがとう→「大盛軒」さん

2012年8月2日(木) 冷や汗、展示中

こんなんやってます
昔の名前で出ています♪

2012夏その1

但し、遠い山の上でね

2012年8月1日(水) 汗ダラダラ中

「大盛軒」のラーメン

2012年7月31日(火) 熱烈応援中

頑張っている。いい線いっている。
でも、もう一つメダルが伸びない。
自分に負けないでもう一段上に行って
ほしいオリンピックの日本である。

発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月   5月   6月
発電量   169   178  223  266  313  258 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539  403  433 kwh
売電量    54    80  120  152  188  137 kwh
買電量 1,033   913  727  425  278  312 kwh
自給率    14    17   26   49   77   59 %

        7月
発電量   291 kwh
消費量   612 kwh
売電量    94 kwh
買電量   415 kwh
自給率    47 %

2012年7月30日(月) 老舗は流石だねぇ

ロンドン五輪の開会式のあった
土曜の早朝、最終行進のイギリスを
観てから家を出発した。
土曜にTラ、Mリ、Hラが下町立ち飲み
ツアーを計画していて、勢い僕も含められ
ていたのだが、当日は隅田川の花火大会
なので、そんな人ごみが予想される辺りに
わざわざ行きたくない、代わりに山で避暑は
どうかと提案してみたらあっさりと
乗ってきたので、急遽長野に行くことに
したのである。
最近スーパーで良さそうな鮎を見ていた
ので、前の晩数時間掛けて鮎のコンフィを
作り、そいつを持ってGO!、今回は思い
掛けず、鮎三昧なのだが、その話はあっちで。
2012夏その1
(画像はこの表示方法にしようっと)

五輪は残念、悔しい結果のもあり
脚光を浴びてなかったけど着実に
成果を出していた種目もあり
やはり楽しいのだ。
サッカーも男女とも緒戦に続き
いい結果を出せているしね。
最近の五輪やW杯の開会式の何ての
ショウには辟易していたのだけど
今回のは楽しかった。素晴らしかった。
イギリスの歴史を田園風景から産業革命
至るあたりは壮大なミュージカルだし
続く現代的な表現の中にはショウビジネス
のエンタメインメントが上手く盛り込まれ
観る者を飽きさせない構成・演出だった。
中でもジェームズ・ボンドが女王陛下
を宮殿の執務室まで本当に迎えに
行って、ヘリコプターでロンドンの
街を紹介しながらリアルタイムと
リンクするようにボンドと女王が
ヘリからスタジアムに飛び降り
ユニオンジャックのパラで舞い降り
スタジアムではそれにタイミングを
合わせて女王が登場するあたりは
見事でした。
日本じゃ絶対に実現しないだろう
企画でしたね。
それと実際に在る子供のための病院
が舞台になった演出。
イギリス発祥の童話や物語に登場
する子供の敵が沢山現れて、それら
から助けるのが空から無数に舞い
降りてくるメリー・ポピンズだって
いうのがいい。ハリーポッターだって
いいだろうところを敢えてそうしない
ところがいいね。
それとベルリンフィルの指揮者の人が
ロンドンなんちゃらオーケストラと
「炎のランナー」を演奏するやつ。
”やつ”なんて言い方は失礼なんだけど
その演奏、オーケストラの中にローワン・
アトキンソン、そうMr.ビーンが出て
くる。これもビーンの笑いそのものと
「炎の…」と演奏が上手くリンクして
いて実に楽しい演出だったね。
それにしてもイギリスは世界に名の
知れた名作を沢山持っているねぇ。
長野に向う車の中で、日本なら誰が
何が、その役を出来るのだろうと
話したがアニメのキャラ以外に居る
のだろうかと心配になったよ。

まぁ、いずれにしても日本選手団には
思う存分働いてもらいたい。
誰のためでなく自分のためにだけで
いいので、是非頑張ってもらいたい。

あ、ポールも良かったよ。

2012年7月26日(木) 夏の風物詩

大津のゴールで素晴らしい勝利を
スペインから挙げたけど、永井と
清武が決めてりゃ 3 - 0 は固かった
試合だったな、な 日本 1 - 0 スペイン
のあった今日、それから遡ること
5時間位前、国立競技場の中の会議室
で打合わせがあった。
そこに辿り着く前は”ほおずき市”で
ごった返す神楽坂を、浴衣を着たキレイな
おねーちゃん達をチェックしながらも
抜けるのに手間取った。
これが夏の風物詩、ではない。
千駄ヶ谷の打合わせの方は滞りなく済んで
地下鉄で帰途に就いた。
僕の乗った駅の次の駅でカワイイ女の子が
乗ってきた。一瞬で目が釘付けになった。
ショートカット、金の透かし模様の入った
ハート型のイヤリング、目元涼やかで、
スラッとして清潔感溢れるファッションと容姿、
だからではない。
厚手のビニール袋に入れられたおニュー
のスキー板を持って乗ってきたからだ。
板も金具もフィッシャーとは渋い。
ビニール袋には”レーシングスキーの
専門店”と肩書きのある、あの”KANDHAR”
のロゴが見える。
駿河台下から運んできたのだろうか。
板の特徴を良く見るとまさにレーシング
のようである。しかも今年のモデルっぽい。
(今年のカタログ見てみた、メーカ希望では
10万円を軽く越えるみたいですよ)
更に次の駅で乗降客に動きがあると
大事そうに板を抱えながら僕の目の前に
移動してきた。
一見華奢そうに見える身体は芯が通って
いそうな感じだし、こりゃホンチャンだね。
耳にイヤホンを入れ、絶えずスマホいじり
ながら熱心に画面を送っていた。
もしそうでもなきゃ絶対に声を掛けた
だろうな。”いい板ですね”ってね。
僕の降りる駅に到着してしまった。
彼女はそのままスキーとともに遠ざかって
いってしまいました。
今はスキーよりもスノボ、というよりは
ウィンタースポーツにあまり出掛けなく
なっているという。寂しいかぎりであるが
昔は夏になるとスキーの板を抱えたのが
大勢、駿河台や御茶ノ水に溢れていたものだ。
夏に今シーズンの新モデルが出るし、だから
旧モデルは安くなるし、季節外れと思える夏
がスキーの買い時だったのだ。
バイト代を貯めて、早く”ちょっとだけ”いい
板や金具やブーツを買いたいなぁと貧乏学生は
羨ましく思っていたそんな夏の日々だった。
これはこれで夏の風物詩と言えるものだったろう。
にしても可愛いかったなぁ。

2012年7月25日(水) やっぱり人とは出会わなきゃ

蒸し暑い!
日本橋方面でちょっと打合わせ。
一旦、会社に戻り、今来た道を
なぞるように夕方、浜町に行く。
今日は人数が少なくて8人。
呑み会付きの仕事系会合が目黒で
あったのにも関わらず着てくれた
T原さんが到着しても9人。
その割りにはガッツリやってしまい
なまらエライ。
こんなに疲れた時は、お酒が仲々
入っていかないんだよなぁ、と
思うところだが、今日は暑い所為か
ビールが乾き切った畑の土が
夕立の雨水を吸い込むように
ドンドン入っていきました。
”今日、はまちょう”と小声で
囁いておいたものの
”2、3人ならいいけど、中華の気分
じゃないし、今日は帰る”
と連絡を寄越してきたBに
”5人。じゃ、またねー”
と突き放してみる。
”やっぱり行きますー”
ホラネ。
結局やってきたBに
”6人じゃないですかッ”
と勘定違いを突っ込まれたけど
まぁ、いいじゃん。
暫く前に換えた白ワインもドンドン
空になっていってるようだし
人数の割りには炭水化物が多い
ようで、呑んだし食ったしで
今日はもういいかな、と思ったが
ダラダラ3人組はやっぱり
”ちょっとだけだよ”と異口同音
に並べ立てながら、美人女将と
強面親父、どっちにする?
なんて言いながら小さな交差点に
佇む。
Bの”親父ッ”の一声でアノ店へ。
今日は何だか面白い展開になった。
どこからどうなったのか全く謎
だけど・・・
今日は”隠元イタリア風”って
のが気になるって話からT原さんチ
の家庭菜園の隠元の話にはなったね。
Bの刈り上げた話からICONIQとか
T原さんチのTイチに刈り上げさせ
るか、なんて話にも。更に坊主頭の
話にもなったんだっけ。
Bの頼んだコーヒーハイから
柿島屋の馬肉料理とコーヒーハイ。
柿島から柿の種か?
なんで”なにわ”ってキーワードが
出てきたんだろう?
浪花屋の柿の種の缶からS&Bの赤い
カレー粉の缶の蓋話。
混浴話からか?いきなり玉川温泉が
出てきて、その後は玉川温泉と
効能(癌、アトピーなどなど)
それと寿司屋とキリタンポ屋と
ホルモン屋。そしてそれらに通う
ことが出来る山小屋のこと。
山ビルのことも出たね。
兎に角、玉川温泉には行こうって
ことに話は落ち着いたんだったね。
そして初めて知った店の名前
「坪根」でした。

そして帰宅して観たナデシコ。
日本 2 - 1 カナダ

前半はカナダが相当頑張ってたけど
あれを90分続けるのは難しい。
日本も良かったけど、両サイドの
切れ込む、えぐる動きが無かった
のが今一かな。
次戦は重要な試合なのでまた頑張って
ほしい。
そして明日はいよいよ男子の
対スペイン戦。こっちも頑張れッ!

2012年7月24日(火) にごり酒のお燗に出会う

昔の会社の同僚、ってか後輩から
呑みましょうと誘われたのは先週
のことだった。
”今日どうですか”というのだが
その日は先約があり、断ったのだが
今週の月曜にまた連絡があり
”明日どうですか”という。
エラク熱心だね。
で、指定されたお店に行ってきた。
今ではすっかり有名になった餃子「天龍」
を過ぎ、確か今月末で閉店してしまう
満席の「ニューキャッスル」辺りを
曲がってすぐ、昔の会社は銀座界隈に
あったので、ここまでならすぐなのだ。
”佳肴”と肩書きがある居酒屋だった。
落ち着いた雰囲気は流石銀座だろうか。
後輩はまだ来ていなくて、どういう
風になっているのか解らなかった。
店の人に2人と告げると”ご予約ですか”
と聞かれるが”どうでしょう”と曖昧
に応えると女将さんに確認してから
テーブルの席はどうでしょう、と
案内されたが”カウンタはダメですか”
と聞くと、再び女将さんに確認した
結果、OKというのでカウンタに
座らせてもらった。
おしぼりが出たところでドアの開く
気配がしたのでそっと振り向くと
後輩が入ってきて、さっきの店の人
と何事か話をしているようだった。
カウンタに回ってきて女将さんと
挨拶を交わし、どこでもどうぞと
言われている。常連のようだ。
”いえ、ここと一緒です”と僕を
示しながら隣に腰掛ける。
女将さんは”あっ、そうなん・・・”
一瞬驚いたような表情をしたがスグに
相好を崩し改めて挨拶をくれた。
後輩もカウンタを予約していたらしく
丁度良かったのである。
先ず、グラスビール。
お通しは魚系のぬたと枝豆。
酒の種類は結構豊富なようだ。
福島では喜多方の”蔵太鼓”があった
が他には”大七”があるというので
大七の常温にしてみた。
後輩が野菜のテリーヌが美味しかった
というのだが今日は無く、代わりに
すき焼き風テリーヌではどうかという
のでそれ、お造りを適当に頼む。
後輩はそれらに合う酒をと女将さんに
お願いしている。燗でだって。
後輩はお酒を呑むのは好きだが、
量はそれ程呑めないし、お酒なかでも
燗酒は苦手だったのである。
聞けばここで美味しいお酒を知って
以来、1人で来るようになったのだ
そうである。
自分より若くてカワイイと女将さんを
紹介して頂きまして、福島の酒の話を
すると大和川のキーワードに妙な
引っ掛かり方をされました。
大和川を贔屓にしている方が来られ
ます、というのでS原さんですか?
と聞くとS原さんも来られますが
S田さんです、ということである。
女将さんは神田の老舗居酒屋に永く
勤めていたということだし、そういう
繋がりも納得出来るのである。
成る程なぁ。
お酒は5種類頂きましたが、珍味
(ホタルイカの沖漬け、ホヤの塩辛、
山芋とコノワタ)、わかさぎの南蛮漬け
とともに頂いた何処かのにごり酒を
燗を付けてというのが美味かった。
にごり酒の燗ってのは初めて呑んだ
が仲々いいものだね。
話のついでに僕の絵も押し売りの様に
見せたりして楽しく過ごさせて頂き
ました。
後輩のお蔭もあるのかもしれませんが
お勘定も良心的で、お酒も料理も
美味いし、女将さんも感じいいし、
こりゃ、いいお店を紹介して頂いたのだ。
後輩が熱心に誘ってくれたのは
いいお店なので早く紹介したかった
からだということである。サンキュ!
後輩はマイクロファイナンスで支援
しているのだそうだ。
色々と面白いからチェックしてみて
ということである。今度じっくり
見てみることにしましょう。

24日  11,220歩
23日   7,452歩
22日     0歩(計測なし)
21日   8,910歩
20日   6,550歩
19日   8,522歩
18日  13,856歩
17日   5,826歩
16日   3,341歩
15日  10,840歩+サル
14日   2,696歩
13日   9,490歩
12日     0歩+サル(計測なし)
11日   9,801歩

2012年7月23日(月)A 夏の日ノスタルジック

夏の食べ物の思い出は、あとはねぇ、
ばあちゃんが漬けていた真っ赤な梅干。
(書いてるだけで唾が出てきた)
”おぉくの部屋”(奥の部屋ということ
なんだけど、何故か発音は”おぉくのへや”
という感じであった)の窓の手すりの
日影にざるに空けた梅干を干すのである。
今のように減塩なんてことはないので
その内に白く透き通った四角い塩の結晶
が浮かんでくるのだった。
暫く前に、花火を観に行った夏の長岡の
真っ昼間の街角で、軒下に同じようにざるに
空けられ干されている梅干を見た。ウチと同じく
紫蘇の葉で真っ赤に漬かっていた。懐かし
かったし、何だか嬉しくなってしまったのだ。
あとは何だろ、白玉かな。
白玉は寒い時も”あずき湯”(田舎汁粉
のようなものなんだけど、もっとサラサラ
している)に入れたりして食べるが、
夏は冷たくした白玉をシロップに浸けて
食べるのが美味かった。
シロップっていっても多分ただの砂糖水
だったように思うけどね。
駄菓子屋の”ももたろう”。桃の形を
した型にカキ氷を詰めて赤いシロップが
掛けられ割り箸が挿してある氷菓である。
海までは歩いて10分弱、浜茶屋で、という
よりは家の近所まで帰ってきて「東京軒」の
ラーメン。ナルト、メンマ、ほうれんそう
という変哲も無いラーメンだが、海から
上った身体にあれが丁度良かったんだろう。
それと梨。田舎の梨は二十世紀に限る。
夏休みの終わりに田舎から列車で帰って
くる時は、恐らくいつも”さきいか”と
サクランボの大袋を持って列車に乗った
筈である。
当時は上野まで4時間半位か、その間中
飽きずにその2つを食べるのである。
勿論、三色団子や笹団子、だるま弁当
なども食べるし、眠ってしまってもいた
だろうから”食べ続ける”筈はないのだが
印象としては、食べ続けていた、となる。
裕福ではなかったし質素だったけど、
ある意味豊かな時代だったんだろうなぁ。

2012年7月23日(月) 牛乳の蓋を開けるにもテクニックがあった

どうやら夏休みに入ったようですね。
ウチの会社の近所の商店に子供の姿
がある。売り子としてね。
肉屋の店先と中華屋の店頭でお弁当
を売っている小学生の女の子を見た。
”からあげべんとう、いかがですかー”
”いらっしゃいませー、おべんといかがですかー”
ウチは商店ではなかったが(いや本当は
昔は何かの店をやっていて、玄関脇に”店”
の名残のフロアがあり、実際そこを皆んなが
”店”と呼んでいたけどね)ばあちゃんの
代から競馬場に売店をやっていた。
売店といってもただ競馬新聞や赤鉛筆
を売るだけでなく、すぐ裏に軽食も出す
食堂のようなものもやっていた。
夏休みになり早々に田舎のばあちゃんチ
に行く僕や従姉弟などの子供達の役割は
売店の真ん中に台の上に立って、
赤鉛筆や牛乳、ガムなんかを売ること
だった。
商売の場所柄、お客さん達は急いでいる
ことが多い。釣銭を渡すのにモタモタして
いたら怒られるなんてこともある。
逆に、これも場所柄か、手伝いを褒められ
チップをもらってしまうなんてこともある。
大人達は食堂で作業することが多かった
ように思う。
それでも忙しくない時は、氷屋さんの氷を
頑丈な鋳物の掻き氷機にセットして
ハンドルを回し、カンナくずのような
キレイな氷を、縁の方にいくに従って
白くなるグラデーションの付いた
ガラスの器に盛って、注文に応じて
レモンだのいちごだのメロンだのの
シロップを掛けてテーブルまで運んだり
したものだ。
食堂で売る軽食の仕込みでも役割は
あった。トウキビの皮を剥く、枝豆を
枝から外す、などだったろうか。
商売物なので大量にある。遅かったり
いい加減な作業だったりすると身内から
叱られることもあったと思う。
子供にとって大人達の作業の手伝い
をすることはどんなにワクワクする
ことだったか。大人と同じように
扱われることがどんなに誇らしいこと
だったことか。
そういう楽しみを今の子供達はどれ位
知っているのだろうか。
500円の鳥唐揚げ弁当を売っていた小学生
の姿に、遠い目で夏の競馬場を思い出した。

2012年7月22日(日) 聖地巡礼の旅

山の家が在る別荘地では毎年様々な
催しが行われているが、夏休み期間中
はやはり一番多い。
その催しの中に”作品展”というのがある。
オーナや村の人の文芸作品を展示すると
いうのものである。
僕は一度も参加したことがないし、
展示自体一度位しか見たことは無い
んじゃないだろうか。
それが今年は思い立って数点出して
みることにした。
7/29に展示の設営作業があり、その日
から8/16までなのだが、カレンダーと
相談すると、どうやらこの週末に作品
を搬入するのが良さそうと思い、急に寒く
なった雨模様の21(土)朝、家を出発した。
作品を出すに当たり、額装などをした
のだが、その上がりが20(金)で出来
立てホヤホヤなのだった。尤も中の
作品自体は今回は大昔のヤツにした
のだけどね。
7時過ぎに出発して10時20分に到着。
上田近辺は薄曇りでした。下界も寒い
けど山の上はヒンヤリしてました。
クラブハウスに作品6点を預けて、家の
様子を確認したらお昼を食べに山を
降りましょう。
迷いに迷ったが今日の目標は小諸の
「そば七」としてみた。
混んでいる国道を避けて裏道を適当に
進むと12時ちょい前に着くことが出来た。
小諸の街は何だか人気が無くて閑散と
していたが「そば七」の前にだけ
若者が数人並んでいた。
ヘェー、人気あるんだなァ。
実は「そば七」は初めてである。
その近所の「丁子庵」には来たことが
あって、その時向うに見える「そば七」
も気になっていたのである。
並んでいたと思ったが案内された店内
はガラガラだった。
運転の関係ないTラは何だか呑む気
満々で、揚げそばをポリポリつまみ
ながら”あさまおろし”という生酒、
蕎麦味噌焼き、玉子焼き を頼んでいる。
どれも美味い。お酒と共にお通しと
して出てきたワサビ漬けも美味い。
女将さんもご主人も若い人も感じが
いいね。
後ろのテーブルに座っている7、8人
ほどの若者男子がキャッキャッと言い
ながら店に備え付けられているノート
に旅や蕎麦の感想でも書き込んでいる
いるらしい気配がする。
大学のサークルの合宿か何かなのかな。
十食限定という石臼手挽き蕎麦は仲々
美味かった。
蕎麦湯を飲んでいると若者達が帰って
いったので、後ろのテーブルに置いた
ままになっているノートに手を伸ばし
片付けを始めている女将さんに
”見てもいいですか?”と声を掛け乍ら
手に取ってみた。
ノートとペン。それとイラストの画集
のようなものが一緒に置いてあった。
そのタイトル「あの夏で待ってる」に
興味をそそられてそっちから見てみる。
ん、アニメの背景画の画集のようだね。
しかも何となくこの辺っぽいぞ。
ノートの表紙を見て大体解った。
どうやらこの辺が舞台のアニメがあり
その背景に登場する地を”聖地”として
聖地巡礼をするファンのためのノート
らしいのだ。
ノートを開けてみる。
成る程、アニメ好きっぽい書き込みで
溢れているね。
片付けを続けている女将さんがこの
様子を見て解説してくれた内容は
まさにその通りだった。そしてココ
「そば七」もちょっとだけ使われて
いるのだそうだ。
そうか、あの若者男子達はオタク、
いやアニメファンだったのかぁ。
「そば七」の在る通りは古い街道の
風情があり、仲々いい雰囲気であるが
色々な楽しみ方があるのである。
聖地巡礼とは無縁だが、どれ、僕も
イラスト入りで一筆書き込むことと
しましょう。
さ、「おぎのや」にでも寄って帰ろうか。
7/21の長野の写真
あっ、信州新町のジンギスカン買って
くるの忘れたッ!!

2012年7月19日(木) ♪夏がくーれば…”もういい!?

先日、夏といえば、の食べ物のことを
書いた。主に野菜だったと思う。
海のもので夏に真っ先に思い浮かぶのは
何たって”飛魚”である。
この前の三連休の週末、B&NN&B当
が北アルプス方面の山に登り、ついでに
安曇野サイクリングもしてくるので
帰ってきたら呑みましょう、と話があった。
正に丁度、飛魚を食べたいと思っていた所
だったので、ならばと「味」を指定した。
そしたら”入れないとイヤだから予約する”
という。珍し。
”だったら飛魚も仕入れておいて、と
 言っておいて”とリクエストしておいた。
そして今日、19時半集合となっていた。
曙橋でバスを降り、裏路地の坂を登り
エリマキラーメンを左手に見ながら通りを
渡り、路地に入る。
「あおちゃん」を覗くと丁度あおちゃんが
客席から厨房へ戻る途中に扉に向って
歩いてくるところだったので手を振った。
あおちゃんはいつもの元気な笑顔で
扉を開けながら”ひさしぶりー”と。
”もしかしたら後で来るかもよ”
”絶対来てね、待ってるから”
再び手を振ってあおちゃんに別れを告げ
尚も路地を進む。「春」のところで
カーブしてその先を左折、もっと小さな
路地を進み、小さな山谷を越えたら
通りに出る。
暫く進み「忍」前の待ち行列を見たら
また路地に入る。その先に「味」の灯り
が見えるのだ。
”あら、久し振り。一人?”
”いや、この席”
と当てずっぽうに3つのテーブルの内の
1つを指差す。
1つは既にお客さんが居て、残る2つには
箸などがセットされているので予約で
埋まっているのだろう。
キョトンとした女将に”ああ、Bと一緒”
というと合点がいったように入口そばの
テーブルを案内してくれた。
”じゃあ、飛魚ですね”と話が早い。
もう一つのテーブルの予約客もすぐに
やってきた。
お通し、赤星、茄子揉み、で飲りはじめる。
冷たいビールが美味い。お通しは会席料理の
八寸みたいに上品なものだったが、枝豆が
味が濃くて美味かった。
中瓶が1/3になったあたりでB&N&NN
の3人がやってきた。
赤星を新規注文。では乾杯もそこそこに
早速、飛魚をいきましょう。
刺身で飛魚、真ツブ、白えび。
穴子のたたき もいこう。
早いものもということで、きぬかつぎ、
おから もいっておこうか。
あと”銀盤”ね。
おからもきぬかつぎも美味い。
何だか華やかに見える盛り付けの刺身が
やってきた。美味そう!
辛子がお奨めの食べ方という飛魚は身が
モチモチでウマイッ!
このモチモチ感が堪らないのだ。
辛子でとは、初体験だったが合うんだねぇ。
コリコリのツブはワサビで。美味いねぇ。
でも”すみませーん、白えび忘れてるよ”
慌ててやってきた白えびがトロッと甘い。
全員が冷たい銀盤に換えて夏のご馳走を
楽しみます。
穴子も身が厚くゴリッとするような歯応え
がいいし、ヨーロッパの料理かと思うような
ような盛り付けに反して、冷し中華のタレの
ような味で楽しい一皿でした。
”穴子が活きてないとタタキに出来ない”
と女将さんが言っていた。
お通しときぬかつぎの添え物で出てきた
枝豆がいいしねぇ。
水菜のお浸しもいっときますか。
フライも食べたいとNが言うので、イワシ
はすぐに決まったがもうちょっと何か欲しい。
”フライって他に何か出来ます?”
ご主人が”飛魚もいいですよ”
おお、そうですか、是非それいきましょう。
フライはサクサクでフワッとしてて、
イワシと飛魚では身の感じが全く違って
それぞれがまた美味い。
塩とポン酢とソースが出てくるのも泣かせる
じゃありませんか。
結構お腹いっぱいの22時半にお開きと
しましたが、ホントはひらめ、黒ムツの刺身、
シジミの酒蒸し、小あわび、タコブツ、ホヤ、
イカの塩辛なんかもいきたかったけどね。
やっぱり「味」の魚は旨いのだった。
”魚の食べ方を知らない人が多いので
 仕入れても仲々出ないのよ”とは見送りに
出てきた女将さんの、飛魚というオーダに
対しての話である。
更に”また「味」で集合してね”だってさ。
今度は”サヨリ”もいいね。

2012年7月18日(水) まだ試行錯誤

昨日も書いたように新人2名が無事
入社の運びとなりました。
小さな小さな会社ですが、これで
人員的には150%増です。
諸々頑張らねばいけませんが、
先ずは教育と営業かな。
こういうのって会社用のブログか
facebookでも建てた方がいいかしらん。
facebookって言えば写真はそっちに
UPすることにしようかなぁ。
三連休の写真・・・どうだろ?

6/23はYAHOO!のマイボックスから表示
してみたけど今一と思ったが、facebook
からの表示も今一歩かなぁ。


暑っつい中、打合わせに出た。
駅に着く手前で「きん助」マスタの若妻N子
から電話があった。珍し。
日本橋で渋い打合わせの後、その後の予定
にはまだ時間があると思い、N子の電話の
案内に乗ることにした。

7/9(月)〜21(土) 11:00〜19:00(最終日17:00)
ガレリア・グラフィカbis
中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル
「中田真央展〜melancholic〜」

が行われているので時間があったら行って
あげて下さい、というのが電話の内容だったのだ。
中田さんは以前「きん助」に行った時に
たまたまN子が客として居て”これから
カワイイ女の子と呑むんだけど良かったら
一緒に呑みませんか”と誘われるままに
ご一緒したというのが縁なのだが、OLの
傍ら芸術家でもあり、新感覚?の版画を
制作しているのだ。
モチーフは女の子とキノコとタコ、かな。
この個展でもやっぱりそんな雰囲気の作品
が並んでいた。
もし宜しければ行ってみて頂きたいのだ。

その後、池袋へ行く。
「大和川酒蔵店 鑑評会金賞受賞を祝う
 郷酒(さとざけ)を楽しむ会」に出る為だ。
150人程が着席で会席料理を頂きながら
金賞受賞酒の大吟醸や活性にごりやその他
色々な大和川の酒を楽しむのである。
料理も酒も美味かったのだ。
他の酒造りのグループも加わり、工場長の
参加を得て二次会にも行って、つい呑み過ぎ
たのである。
福島・会津は頑張っています。

下着に包まれた女の子のお尻の版画
7万円也。買っちゃう?

2012年7月17日(火) 特に何も無い三連休

今日明日で新人さんが来るんだよ。
ウチ(の会社)にね。
今夏、出来れば2名採用しようかと
思っていたが、最近は結構売り手
市場なのでウチの規模では難しい
かなと思ったが、意外と上手くいき
2名採用出来たのだ。
しかもオーバーフローしそうと思い
1名は泣く泣く断ってしまったし…
まぁ、いずれにしても頑張らねば。

久し振りに「飛車角」でこんなに
厚くなくていいんだよハムカツは、
な突っ込みをいれつつ呑んだ翌日の
土曜は”額装”なるものにチャレンジ。
チャレンジってったって自分でやる
のではなく、専門店に頼むのだ。
知り合いに有名な額縁屋?画材屋?
さんが居るのだが”今度安く額装して”
と言っても随分先輩のその人は
”おまえが絵描くの?”と仲々本気
にしてくれないので、そことは違う
有名な額縁屋?画材屋?さんに
行ってみたのだ。
自分の絵を見せながらアレコレと
相談をしていくのだが、何だか
こっ恥ずかしいのである。
20日には出来るそうだ。

土曜はT区サッカー連盟フットサル部
の初めての企画でミニ大会に出た。
大会っていってもいつもの通りいい加減
なレギュレーションであるがね。
ウチは50代3人、40代1人、30代の女子
2人、11才の少年1人という構成である。
一応シニアと銘打った大会なのだが
他のチームは結構若いのが入っている。
まぁ、これもいつも通りだけどさ。
結果は 3 - 0 、 2 - 1 、 1 - 1 、 0 - 2
の2勝1敗1分。
あー、やっぱ若くて活きのいいのが居る
ところには苦戦したなぁ、残念。
と思ったら2勝してるのはウチだけだと
いうことで優勝してしまいました。
スーパードライ1c/s、24缶を優勝賞品
として頂きました。
兎に角暑いし、シャワーなどが無いので
これを持って先ず銭湯に行きましょう。
16時過ぎでまだお客さんが少なかった
からなのか、痩せ我慢の江戸下町だから
なのか、大久保湯はメッチャ熱かった。
カラスの行水の男共は待合室で時間を
持て余したこともあり、優勝賞品の
冷えてないビールをお決まりの牛乳など
とともに冷蔵庫で冷されている同じく
スーパードライと交換してもらって風呂上り
の至福の一杯ならぬ一缶としました。
そこから入谷駅近くの「三富」に移動。
馬肉や夏野菜などで結構な祝勝会と
なりました。

海の日の月曜は当てもなく車を走らせる
ものの都内が混んでいるので、のんびり
口を開けていた外環道に入ってみた。
あまり行くことがない常磐道に折れて
尚も当てなく走り、大洗方面にでも
行こうかと思ったが、そのJCTを左折
すれば笠間だね。行ったことがないので
ひとつ笠間稲荷神社にでも行ってみようと
友部SAで休んでから友部JCTを左折して
友部ICで降りる。
笠間稲荷の門前町に着く手前で、店構え
はチープな感じがしたが何故か惹かれる
気がして一度は通り過ぎたのにUターン
して入った蕎麦屋が仲々いい。
Tラは精進そば、僕はカツ煮セット。
カツ煮、ご飯、ざるそば、キュウリの漬物、
冷奴、サラダ。美味いし量が多い。
精進そばも個性的。ゴマダレが美味かった。
笠間稲荷自体は思っていたより狭い気が
したが、仲見世もあるし感じはいい。
それに仲々いい門前町だし風情があるね。
但し、今日は関東一円、いや全国的らしい
けどクソ暑い。各地の予報は33〜37℃とか
言ってるしね。
見事な藤棚を見て、造り酒屋を覗き、
稲荷寿司屋でオーダが入ってから作る
くるみ稲荷寿しを買って、JAの直売所
で野菜をたんまり買ったら、陶器はこの次
ということにして引き上げましょう。

11才の少年はKM田君の甥っこであるが
オーストリアとのハーフでウィーン在住で
夏休みで日本に来ているのだそうである。
グリュースゴット!
イッヒ・シュプレッヒェン・ドイチ・ビッテビッテ
エントシュルディグング
ヴォ・イスト・ディー・ヴェーツェー?
ミネラール・ヴァッサー・オーネ・コーレンゾイレ・ビッテ
ハーベン・ズィー・シュパーゲル?
アウフビーダーゼーェン
金髪碧眼、仲々カワイイのである。
”またスグに会いましょう”とメッセージ
があった。

2012年7月13日(金) 町のお馴染みさん

ロト6、久し振りに末等1,000円が当った。
宝くじ売り場に換金にいくと2,000円が
返ってきた。
”エッ、2,000円?”
”ええ、2口当りですから”
”1,000円だけだと思ってた”
”よく見落とされる方いらっしゃいます
 から、窓口に是非お持ちください”
ハイッ、そうしますッ(敬礼)
な、会社への帰り道、よくここら辺を
散歩している犬と出会った。
その黒豆柴は結構お年なんだと思う。
いつも僕と同い年位の男性に連れられ
ている。
彼(黒豆柴ね、多分♂)は両後ろ足が
全く利かない。
下半身−胴体の後ろの方をハーネスの
ような帯で吊り上げられるように支え
られて、前足だけで散歩しているのだ。
初めて見た時は”可哀想に”と思った。
でも今は違う、出会うと嬉しくなる。
前足を懸命に動かして前に歩いて行く。
飼い主さんも前足だけの漕ぐスピードに
合わせるようにゆっくりと歩いてくれる。
馴染みの散歩犬に出会えばお互い鼻を
擦り付けるように挨拶している。
大事にされてるんだなぁ、一所懸命に
生きてるんだなぁ、と思うと自然と笑みが
こぼれそうになる。頑張れ、黒豆柴!
元気に暮らしてほしい。鬼平も頑張れ。

2012年7月11日(水) リアル「かもめ食堂」

かなり久し振りのForza茗荷谷だった。
なので当然「仙鶴楼」に行くわけです。
しかも今日は、なでしことU23五輪代表の
壮行試合があってTV中継もあったのだから。
でも先日の続きで”口”がインドカレーを
欲してたんですね。
「仙鶴楼」にある程度人数が揃ったのを
見て、生ビールを一杯グイッと飲んで千円札
を置いて、1人「PANAS」に移動しました。
何故かTミーとAッキーもそういう気持ち
だったらしく中華には寄らずに始めから
インドに行ってたしね。
今日注文したもの。
マトンカレー、サグパニール(ほうれんそう
とカッテージチーズのカレー)、ごまナン、
ガーリックナン、チキンティッカ(タンドリー
チキンのようなもの)、お通しの胡椒の
効いたせんべい、生ビール、マンゴーラッシー。
これらを粗方片付けたところで中華組が
やってきた。予想より多いよ。
では追加注文。バターチキン(カレー)、
カシュー&ピーナッツナン、飲み物。
中華で何したの、それとも不甲斐ない
U23五輪代表がそうさせたのか、結構
酔っ払ってるね。
F山さんの”割引券持ってるけど出さなく
てもいいでしょッ、10%オフねッ”と
訳の解らない申告もありぃので勘定は
10%オフの8,322円でした。安い!

話は前後するが・・・
今朝、昔の同僚Yッキーが友人にして
フィンランド在住のSばちゃんとTオモ
カップルの家に旅立ち、深夜に到着したと
メールが入っていた。
Sばちゃんもフィンランド人であるTオモ
もYッキーも15年も前だろうか、長野の家に
遊びに来たことがあるのだ。
思い起せば日本が初めてW杯に出場した
1998年のフランス大会に、Mリーニョと観に
行ったのだが、当時はチケット問題が勃発して
いたが僕達はそれは全く問題ではなかったが、
パリ以外の街の宿の手配に苦戦した。
所謂、旧市街のような地区を狙ったのだが
仲々予約することが出来ずにいた。
そこへ当時の同僚であるYッキーが友達の彼氏
がフランス語が出来るから直接交渉してもらっ
た方がいいんじゃない、という提案をくれたのだ。
渡りに船、とは正にこのことである。
そしてTオモに交渉してもらったらいとも簡単
に、トゥールーズとボルドーのホテルの予約が
取れたのだった。
そんな経緯で知り合ったTオモは紅顔の美青年
といった感じだった。
一緒に共同浴場である温泉に入ったのだが
人前で裸になるのをひどく恥ずかしがって
躊躇っていた。
真っ裸になって大勢でお風呂に入るって
のは、日本人にしてみれば何てことは
ない−いや待てよ、若いのは苦手って
いうヤツが居そうだな−のだが、世界的
には珍しいことなんだろう。
その彼が居たからというのが大きな理由
なのだが、山の家で蕎麦を打ったのは
あれが初めてでその後はまだやったこと
がない。
その後彼が国に帰ってしまったと聞いた。
それが契機かは解らないが二人は別れた
と聞いていた。
そしたら昨年facebookの”友達じゃあり
ませんか”というお節介に挙げられてきた
Sばちゃんの写真は、Tオモと一緒に写った
ものだった。
おや?とYッキーに聞いてみると、撚りが
戻り、そればかりか現在はフィンランドで
一緒に暮らしているという。
欧州は所謂結婚という形をとらない
カップルが多いと聞くが、二人もまさに
それで、事実婚状態なのだという。
ほほう。
で、今夏フィンランドの彼等の家に遊びに
行くというので、お土産を協賛してやる、と
いうことで10日も前に渡していたのだ。
1つは築地市場で買った大分産の”どんこ”、
もう一つは新橋「玉木屋」の佃煮。
春の青く葡萄の房のように生った山椒の実を
使った”葡萄シリーズ”。葡萄あさり、
葡萄しじみ、葡萄帆立、葡萄昆布、である。
Yッキーはスーツケースの半分をお土産に
使いながら、20kg制限をギリギリの19kg
に収めて今朝早く旅立っていった。
現時時間15:15にヘルシンキに到着するそうだ。
Yッキーは海苔だのお米だのと日本の食材
を用意したということだった。
そして到着報告とお土産に対するお礼の
メールが入ったというわけだ。
曰く”こちらでは手に入らない貴重なもの
ばかり・・・(中略)Tオモと一緒に大事に
大事に頂きます”
喜んで頂けたようでこちらも嬉しいのだ。
Yッキーのお土産の米を炊いて、佃煮などを
具に海苔を巻いてお握りを作り、海が目の前
ということなのでそれらを持って、リアル
「かもめ食堂」でもして楽しんで頂けたら
幸いなのである。

2012年7月10日(火) 1つだけ、はないなぁ

決定しました。
いや、数日前の続きってことですが
近所に3軒ある韓国料理屋の内の
残りの1軒に行ってきたのです。
12:45頃、扉を開けると思ったよりも
広い店内は満員の盛況振りでした。
会社から超近いので一旦引き上げます。
普段ならその日は止めて別な店に
行ってしまうところですが、今日は
3軒目確認のモチベーションがあり
ますのでね。
13時過ぎに再び扉を開けるもまだ
結構なお客さんが居る。
こりゃ期待が持てますね。
奥へどうぞと親父さんに案内され
メニュを渡されそうになるが、
比較のため純豆腐鍋定食と決めて
いるので、すかさず”スンドゥブ”
と告げます。
麦茶と冷たいおしぼりがいいですね。
隣りの3人連れの30位の男達の高校
時代前後の主に部活での武勇伝を
聞かされながら暫く待つと、親父さん
が片手にグラグラと煮立つ石鍋と
もう片手に丼に近いご飯茶碗を
持ってきました。
テーブルに置きながら”キムチ食べる?”
と言っています。
一瞬意味が解らずキョトンとして
いると繰り返すので”ハイ”と返事
をすると”白菜と大根のどっちか”
と言うのです。
何ーッ!
食べる、と言わないとキムチも出さず
しかも1種類しか提供してくれないと
いうことか。
”大根”と言うと確かにカクテキを
持ってきてくれましたが、それだけ。
この店は外に貼り出してあるメニュ
からすると1軒目の良く行く方と比べ
50円〜100円ほど高い。
なのにそれだけかぁ。期待外れである。
味はいいんだよ。美味しいよ。
1軒目は野菜と豆腐以外ではアサリが
入っていて、2軒目は入っていない。
この3軒目は食感と外見からするとハツ
じゃないかと思うが肉が入っている。
コクもあるし、いい味である。
が、チゲとご飯とカクテキだけ。
ちょっと寂しい。
残念ながら最下位だな。愛想もないしな。
依って、ウチ(会社)の近所の韓国料理屋
選手権は「仁寺洞」を1位としました。
どうでもいいか。

しかし、韓国に行ってタクシー運転手食堂
のおかず沢山の400円定食が食べたくなったよ。

2012年7月9日(月) 葡萄アサリ北欧へ行く

ポトフは朝なんとか片付けました。
夜は特選肉焼売、美味いッ!
〆に1玉だけやった釜玉うどん、
これがまた美味い。
オマケにもらった麺が美味いんだろうなぁ。
合間の葡萄アサリのまた美味いこと。
このアサリもうすぐ旅立ちます。
Vonvoyage!

2012年7月8日(日) ポトフ宙に浮く

兎角この世は面倒くさい
ここらがそろそろ潮時か
いや、踏ん張りどころと
心得よ

ウチから歩いて20分から25分位の
所に製麺工場が2つある。
その内の1つが工場セールである。
急に晴天になった中行ってみる。
路地の住宅街に小さな”工場”があった。
中華麺や中華食材を作って卸している
会社らしい。
水餃子、ニラ饅頭、小籠包、肉マン、
焼売が4種類位、中華麺が3種類、
中華スープ各種、フカヒレ丼、
パスタソース、生フィットチーネ、
海鮮辣油、焼き豚、メンマ、その他
中華惣菜が狭いスペースだがいっぱい
に広げられていた。
餃子はアッと言う間に売れたとか
で3袋しか残ってなかった。
”初めての試みで予想外にお客さんが
 並んでたりして、詰めと脇が甘かった”
というここの社長さん夫婦ででも
あるのだろうか、数種類あった餃子
が殆ど無くなっているのを恐縮
がっていた。
そう言われると餃子買いたくなる
じゃんね。
焼売も目当てではあるのだが、最近
生中華麺でラーメンを作るのが好き
なので、中華麺も目当てだったのだ。
餃子、焼売、海老ニラ饅頭、小籠包
中華麺は細と中の2種、中華スープ、
ええい、ついでだ!
パスタソースに生フィットチーネ、
海鮮辣油、鳥肉のXO醤炒め、
フカヒレ丼、を買ってしまいました。
オマケ、と何故かうどんの玉も3玉
もらっちゃった。
本当はブラブラ散歩のついでに
覗こうという感じだったのだが、
冷凍モノもあるので予定変更、
ここで引き返すことにした。
そうなればスグ味見したいところ
だよね。
餃子を焼いて、焼売を蒸かして
鳥肉のXO醤炒めを温め、キムチ
を出して、先日近所のワイン酒屋
で買ったスパークリングとビール
を空けてしまいました。
粗方食べたところで中華麺も試して
みたいので中太麺を茹で、もやしの
餡かけラーメンにしてみました。
どれも仲々美味かったが、やはり
生中華麺が美味いように思うね。
ド素人だがそれなりにちゃんと美味く
なるのは麺がいいからではないかな。
社長さん?はこれからもやっていき
たいと仰っていたので次回もまた
行ってみたい楽しい工場セールでした。
帰り際、事務所の方に取りにいって
西新宿大ガード近くに出していると
いうラーメン1杯350円のアンテナショップ
の1食タダ券も頂いたしね。
しかしお蔭で今朝早くデッカイキャベツ
で作ったポトフが売れなくなっちゃった
じゃないか。

2012年7月7日(土) 七夕に川を渡って

七夕なわけだけど昨晩から夜半に
掛けて激しい雨が降っていた。
明け方に雨音は静かになったが
それでも雨は止んではいない。
今日のサッカーは中止だろうなと
思っていると”やるよ”のメール。
今日はいつものT区じゃないT区
のシニアサッカーの助っ人に
呼ばれていた。ここには古くからの
知人が居るのだが、Forza系で最近
転勤先から帰ってきたO原が偶然
この知人のクラブに入りサッカー
の後、酒を呑んでいたら僕が共通
の知人だと解ったらしく、それが
キッカケで今回助っ人要請を
請けたのである。
小雨になったり強く降ったりを
繰り返す中、目的の大宮方面の
河川敷に着いた。
バスを降りて歩き始めたY野を
見付けて拾い、それを見ていた
I川が後から付いてきて一緒に
橋から脇道に入ってグラウンドに
到着。
今回はあとS原の4人で助っ人
である。
味方も相手チームも仲々現れな
かったので確認の電話を入れると
広大な敷地の中の別なグラウンド
であると解って移動したが、そこ
でもやはり双方とも仲々現れず
随分待った。
やっと来た味方は当然シニアクラス。
ウチ等のS原がちょっと若い位だが
更に遅く来た相手は明らかに若い。
なんだとぉ!
そりゃシニアクラスじゃなくて
レギュラークラスじゃんか。
4本やって、どうだろ 3 - 9 位
だろうか。
降ったり止んだり、時々強くも
降る中フルタイム出てしまったので
疲れたけど、点差はついたけど
点差ほどゲームにならなかったという
ことはないんじゃないだろうか。
全体として、年の差も考慮すれば
まぁまぁの内容なんじゃないかな。
手前味噌ですがForza系は結構
奮闘したんじゃないだろうか。
どうです、K林さん、O原さん?
久し振りに川を渡ってやってきた
天然芝のグラウンド。懐かしい気分。
また呼んで下さい。エーッと、織姫さん?
彦星さん?どっちでもいいや。
お疲れ様でした。

2012年7月6日(金) ターキッシュナイト

会社の近くに韓国料理屋が3軒在る。
でも、1軒にばかり行っていて他の2軒には
行ったことがなかった。
今日は新しい店探検とばかりに1軒に
行ってみた。昼ね。
小さな店でいっぱいだったが”2階どうぞ”
と言われ、隅を見ると成る程階段がある。
2階にも席はあった。
ランチのメニュは行ったことのある店と
ほぼ同じだが、100円〜150円位安い。
純豆腐チゲをお願いする。
その料金の差なのか、全体的に小振りだね。
グラグラに煮えている、その石鍋が小さい。
ご飯もちょっと小さい。おかずは3品
(オイキムチ、チャンジャ、茄子のキムチ)
なので、これも比べると少ないということ
になる。
でも味はいい。美味しかった。
行ったことのある店は若干大味、コクが
ないように思うことがあったが、この店は
全体的に味が濃いし、コクがあるように
思う。味に関してはここの方が好みかも
しれないが、あっちの方は鍋の底に
殻付きのアサリが入っているなどちょっと
してところに拘りを感じる。
それにあっちはご飯、おかずがお代わり
出来るしなぁ。あと食後にコピも付いて
るんだった。甲乙付け難いところである。
女将さんの愛想・感じはどちらも良く、
ここでも”マシイッソソヨ”というと
”ナントカカントカ、カムサハムニダ”と
返してくれたのであった。
3軒全てがソウルの有名な通りの名前に
なっているのだが、残る1軒を試して
みないことには何とも言えないのだ。
などと考えを巡らしながら歩いていたら
何時の間にかラーメン450円な中華そば屋
の暖簾を潜っていた。
あー、しまった。でも潜ってしまったので
カウンタに座っとくか。座ったんだから
ラーメン450円を頼んどくか。
シンプルなラーメンを啜りながら尚も考え
を巡らすのであった。何のこっちゃ!

さて昨晩はRナの誕生祝い呑み会だった。
本人から”7/5にやって!”と言われて
いたのだが放置していた。
そしたらF山&Tミー・コンビが動いて
結局5人で池袋ということになった。
5人は余りに寂しかろうと思い、当日の
午後だけどY野に連絡してみると
今日は時間あるということで2人で参戦
してくれることになった。
19時メトロポリタン・ホテル近くの
海鮮マルシェ風炙りバルみたいな店に
集合した。
広々とした店内の一番奥の悪くない
雰囲気の席に陣取って、海鮮ものを
頼む。のだが、何かが今一なんだよなぁ。
店員さんの可愛いおねーちゃん達は
愛想はいいんだけどフットワークが
今一。料理は美味しいんだけど値段の
割りにはボリウム感がない。
それにそれほど混んでないのに料理の
出も遅いんだよなぁ。
ワインは”この他にも沢山揃ってます”
というのでワインリストを貰ってみたが
然程でもないしなぁ。
何となくテーブルの上が寂しいんだよなぁ。
一番は”わぁ!”って歓声が挙がるような
料理の華やかさやボリウム感が無いって
ことなんだろうなぁ。
ということで粗方片付いたところで
勘定をして出てしまいました。
その後は当て無く繁華街を探し歩き
ましたが、茗荷谷のインド料理の話が
出ていたので頭がカレーになっていた
ので路地の小さなインド料理屋の階段
を登ってみたがカウンタしか空いてない
と言われたのでパス。
池袋って意外と小さいなぁ。
F山さんがドイツ料理屋はどうかって
言ったんだけど、その斜向かいの
トルコ料理屋の方が面白そうだったので
エキゾチックな音楽が鳴り響く、タイル
で装飾された狭い階段を降りてみた。
店で唯一の日本人という女性スタッフ
が女性二人連れのお客さんに移動して
もらって広々としたテーブルを空けて
くれた。
パテ類の盛り合せ、5、6種類あるケバブ
を全て味わえるからとケバブも盛り合せ、
魚も食べようとメカジキのクリーム煮、
マントゥというクリームとヨーグルトの
ソースのような水餃子、熱々のパン、
ヨーグルトとチーズの間のようなもの、
野菜のカレーが辛くて美味かったので、
エビのカレーとご飯も追加。
アニスの効いた45度もある強い酒を
ボトルで。この酒、原料はブドウで
しかも蒸留酒じゃなくて醸造酒だと
流暢な日本語でトルコの好青年が説明
してくれたのだが本当だろうか。
これをグラスに注ぎ、氷を2、3欠片、
水を静かに注ぐと白濁するのだ。
口当たりが甘いので危ない酒だね。
まるでアブサンのようです。
料理はどれも美味かった。
ボリウムもあって満足です。
パテ類は日本のお惣菜のような感じだし
ヨーグルトチーズは何にでも合うし、
ケバブは色々な肉が色々な味付けで
柔らかくて美味い。
メカジキのクリーム煮がまた美味かった。
マントゥも肉餃子そのものなのにクリーム
とヨーグルトのソースが合う合う。
エビカレーは野菜カレーほど辛くはないが
それでも後からピリッときて美味いしね。
料理はかなり満足でした。
先の好青年(多分店長かも)に始めに
”この子の誕生祝いなんだ”と言った
のだが、終盤になって突然店内が暗く
なりキレイな照明の輝く中、陽気な
♪ハッピー・バースデイ・ツウ・ユウ♪
が流れ、ローソクを灯したデザート
が運ばれてきた。
更に”何色が好きか”Rナに訊ね
”ピンク”との答えをもらった彼は
キレイなピンクの腕輪をプレゼントと
して手首に嵌めてくれてました。
いいね!
〆にトルコの伸びるアイスをミルクと
ミルクとチョコのミックス、その他
2種のデザート(1つは月餅みたいで
1つは全くイモ羊羹の味だった)を
頂いて終了となりました。
帰り際、好青年が早い時間ならベリー
ダンスもやってるからまた来てください
と言う。この店ならまた来たいね。
更に誕生祝いに大きめのケーキを
探したんだけど今日は無かったので
あれくらいになっちゃった、と言ってた
けど、そのケーキの代わりのデザートも
おかゆの寒天寄せ、みたいな感じもする
とても美味しいものだった。
感謝しつつお店を後にしました。
Rナよ、人数は多くはなかったけど
仲々いい誕生祝いだったんじゃない!?
メニュにはトルコの紹介文が色々と
書かれていたようです。エルトゥールル号
のことも載っていました。
やっぱり好きだぞ、トルコ。
いつか行ってみたい国の一つです。

2012年7月5日(木) ♪なすがくーればおもいだすー♪

先日「椎名」の親父さんがサービスで
くれた茄子とナントカ炒めを示しながら
”どうやって透明にするか知ってる?”
と言ってきた。
皿に盛り付けられたナスの切り口が
いい具合に透明、ってわけじゃないけど
半透明に見える位にいい色になっている。
解らない・知らないというと若干得意気に
煮るでも炒めるでも鍋にいれたら
扇ぐんだよ、と教えてくれた。
へぇ、そんなんで違いが出るんだ!?
一同驚いた情報であった。
茄子は大好物である。
茄子の味噌汁、小茄子(十全茄子)の
浅漬け、茄子カレー、麻婆茄子、
水茄子や絹皮茄子などはそのままでも
いいというのが驚きだよね。
でも、やっぱ焼き茄子かな。
網で茄子の皮が真っ黒になる位焼いて
熱い内に火傷になりそうになりながら
皮を剥くとエメラルドグリーンのよう
になった茄子の内部が姿を現わす。
これに卸し生姜、鰹節を乗せて食うのだ。
夏、浴衣やステテコ姿になって団扇を
扇ぎながら瓶ビールと焼き茄子で一杯
飲る親父の姿は忘れられない光景である。
小学生の時、その姿を版画にしたことが
ある。確か何かの賞を頂いたように思う。
懐かしい夏と茄子の思い出である。
昨晩、Forza浜町の後に行った「鳳蘭」
ではいつものラインナップながら
美味かったが、中でも五目うま煮の
ピーマンと茄子が美味かったような
気がする。
その後に行ったちょっとお久の「岩手屋」
では元気で楽しいおばちゃんが館山に
帰っていった後やってきた中華屋の
女将さんがピーマンの丸焼きを頼んで
いるし、夏野菜が美味いんだなぁ。
悪乗り3人衆はちょい悪親父の店にも
流れてしまいました。いきすぎです。
今晩あたりは茄子カレーといくか。

2012年7月4日(水) ほろにが・・・辛い思い出

一週間も前に作った青唐味噌をやっと
食べ終わった。
青唐辛子を3本、紫蘇の葉を7、8枚
これを微塵切りにして味噌と和えるだけ。
砂糖をちょっと入れてみたけど辛さの
引き立て役といったところだ。
ご飯に乗せ、お茶漬けにし、スパゲティ
の隠し味に、笹かまぼこに付けたり、
久し振りに作ったお握りにも入れたりして
散々使ったが、その辛さ故仲々減らな
かったのだ。
青唐といえば随分前、初めて転職した
会社に社内恋愛中の2人が居て、山中湖
への旅行に何故か誘われた。
その2人と女性の方の友人と僕。
だから形的には2対2って構図である。
部屋は男同士、女同士で分かれた。
夕食後お決まりの部屋呑み。
そろそろ寝ようかという段になって
社内恋愛組が同じ部屋で寝るからと
言い出して結局そうなった。
こっちは初対面の女性と2人取り残さ
れた格好である。
気まずい思いをしながら眠りに就いた。
翌日は湖畔でバーベキューということ
になっていた。
若干憤りを感じていたのでスーパーで
買出しした時にこっそり買った青唐辛子を
”ししとう”と偽ってそいつ等に食わせた。
悲鳴を挙げて飛び上がっていたっけ。
同じように食わせてしまった同室になった
女性には悪いことをしたがザマミロだった
のだ。その後2人は結婚したのでそれも
ほろ苦い、超辛口の祝福と思って頂きたい。
そんな思い出のある青唐でした。

2012年7月3日(火) みつぼ ≦ 椎名 かな

昨晩は久し振りに「みつぼ」で
肉祭りで、酒も結構呑んだのに
今朝は3時20分にパチッと起きて
しまいました。
”EURO時差ボケ”ですね。
仕方無いので暫くナツ君と遊び
ました。ナツはアメリカンだけど。

2012年7月2日(月) ♪なつがくーればおもいだすー♪

いやぁ、観たね。決勝。
鮮やかではありましたが、
スペインの輝きにも若干の翳りを
感じます。課題は世代交代だろな。
イタリアの怪我人は残念だった。

スペイン 4 - 0 イタリア

土曜はレバンテには行きました。
けど、店の階段を昇ったら
”丁度今ラストオーダをお取りして
 いるところですけど宜しいですか”
ってなことだったので、そりゃやはり
宜しくないわけで、手伝ってもらった
女子二人の希望を入れて”東北応援中”
な居酒屋に行きましたよ。
明けて土曜は雨が心配だったので
カッパなども用意しながら朝8時過ぎ
に車を走らせ、JAくまがや江南出荷場
なるところに行く。
僕は車の中は殆ど文化放送を聞いている
ことが多いのだが、暫く前の日曜の番組
”グッチ祐三の日曜うまいぞぉ!”の中で
トウモロコシ狩り体験ツアー招待の募集
をしていたので、ダメ元で応募してみたら
定員20名という枠に当選したのである。
というわけで当日の今日、現地集合の
熊谷に向かっているのだ。
30分も早く着いてしまったが、JAや
文化放送の方達は既に準備万端であった。
栞、団扇、粗品、軍手などをもらい
広い集荷場の一角に並べられた椅子に
腰を掛けていると次々に参加者が到着
してきた。
でも次々と言っても定員は20名なので
数は高が知れているのだ。
予定に少し遅れて開会式が始まる。
JA関係と文化放送さんの挨拶と
スタッフの紹介の後、現場である
トウモロコシ畑−専門家は畑とは
言わずに圃場(ほじょう)というらしい。
だから案内にはトウモロコシ圃場と
なっている−にバスで移動する。
広大な畑の一角に、アレッ、あそこが
そうなの?背の低いトウモロコシ畑が
(トウモロコシ圃場が)広がっている。
もぎ取り方や見分け方などを教わり、
お手本でもいだトウモロコシを生で
食べたら、そりゃあ甘くて瑞々しくて
美味しかった。トウモロコシと言ったら
背の高い林のような畑をイメージして
いたのに腰からちょっと高い位しか
なくて、若干拍子抜けしていたのだが
この美味しさで俄かにテンションが
上ってきたのである。
参加単位毎に畝を割り当てられて早速
トウモロコシ狩りの開始である。
茎を片手で持って、反対の手で捻る
ように外側に倒すと簡単に取れる。
基本1本に1つのトウモロコシが成って
いるようにしてあるので、畝はドンドン
進むし、袋もドンドンいっぱいになる
のである。
写真を撮りながら、主催者側のカメラ
にも収まったり、文化放送のマイクに
向ってインタビュにも応えたりしても
30分ほどで大方終りだろうか。
生産者さんにヤングコーンはもうない
のですか?と訪ねるとやはり時期は
逸してるらしいが、それでも探して
くれたし、探し方も教えてくれた。
少ないながらもヤングコーンもゲット
出来てしまったのである。
30本ほども取っただろうか。それに
プラス、ヤングコーンである。
空模様も何とかもったし、楽しかった
のである。
畑からバスでJAの直売センターと
隣接する食事処に移動して昼食会。
メインは地場の中力粉で打ったうどん。
それに地場の大豆で作った豆腐、
いなり寿し、ポテサラ、野菜の天ぷら、
もぎ立ての茹でトウモロコシ。
デザートはこの辺が栽培では早かった
らしいブルーベリーである。
美味いし、量もタップリ。美味しかった
のである。
その後は直売センターで銘々買い物など
をしたら12時45分頃、再びバスで出荷場
に戻りながら車中にて閉会の辞。
出荷場では解散の前に更にお土産が用意
されていた。
Tラが来年のヤングコーンの予約を
したりして、最後に挨拶をしたら終了
である。小雨が降りだしたものの何とか
もった方でしょう。そのお蔭で気温も
上らなかったので同行されていた看護婦
さんも出番がなく結構でした。
トウモロコシ約30本、ヤングコーン約10本。
キャベツ2個、ブルーベリー、米3kg。
おまんじゅう。それに食事付き。
僕の田舎では、夏の時期は毎日テーブルの
上に茹でて塩の掛けられたトウモロコシが
−田舎ではトウキビって言ってたけどね−
あった。
枝豆もスイカも小茄子の漬物もトマトも
キュウリもウリも毎日のように食べた。
僕にとっては夏に欠かせない風景といって
もいい。
今日のトウモロコシも早速、茹でて食べたし
今朝は焼き飯しの具にもした。
暫くは食べ続けることにしよう。
今夜はスープなどでもいいかもしれない。
昔の夏休みのようなのである。
直場所では、やまくらげ、山椒の実、
真竹のたけのこ、等を買いました。
いやぁ、有意義な体験招待ツアーでした。


発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月   5月   6月
発電量   169   178  223  266  313  258 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539  403  433 kwh
売電量    54    80  120  152  188  137 kwh
買電量 1,033   913  727  425  278  312 kwh
自給率    14    17   26   49   77   59 %

2012年6月30日(土) 今日は”レバンテ”にいきたい

土曜の早朝である。
昨日の金曜と今日、都心のホールで
行われている転職フェアにブースを
出展中である。
平日ということもあり弊社の社員は
仕事で手伝いに来ることが出来ない
のだが、今夏採用してまだ入社日を
迎えていない謂わば”準”社員の男性
が手伝いを申し出てくれたので2人で
やっている。
この男性が頑張って声掛けをして
来場者を呼び込んでくれたので、平日
にも関わらず結構多くの人と話を
することが出来た。
結構有望ないい人とも話が出来たし
予想以上の成果と言ってもいいかも
しれない。
更に嬉しいことがあった。
今回の主催会社ではない別の転職支援
会社の営業さんで以前付き合いが
あった女性が訪ねてきてくれた。
その女性は当時新入社員だったが
相当頑張っていて実によくやって
くれたのだ。
その後、別な業界の担当になって
しまったので付き合いは無くなって
しまったが、仕事の一環ではあろうが
出展企業から弊社の名前を見付けて
僕が居るだろうと当りを付けて
来てみてくれたのだ。
急に声を掛けられて一瞬解らなかった
が懐かしい顔だった。
しかし、元々、長身スレンダーな美形
なのだが、更に随分と痩せてしまった
ように思えたので聞いてみると、体重は
変わってないんですよ、カサカサで
潤いがないからかなぁ、なんて言って
いたが確かにやつれたようにも見えた。
入社から5年も経ったというのだ。
そんなに前のことだったかと驚いたが
今は責任ある立場にもなって、その分
激務らしい。沢山食べて健康に留意して
ほしいものだ。
4年前に一緒に呑んだことがあるが
”今度は私から誘います”と言って
名刺交換をした。
楽しみに待つこととしよう。
何しろ、長身スレンダーな美形だからね。
さて、今日も7時間、立って呼び込み
をするか面談で声を枯らすかだが
今日は女性の応援も来てくれる筈
なので頑張っていきましょう。

2012年6月28日(木) ちょっと間違ってたけど

確か週始めに”今週レバ刺しを急いで
食べる会とかないんですか〜?”とか
ってメールが着ていた。
今週は何かと予定があり”難しいかも”と
返信・・・したっけ?まぁいいや。
今日も予定アリの筈だったのだが急遽
それが流れたので”今日なら”と改めて
メールする。行こうということになって
ウチの会社の近所を候補に挙げてみる。
”レバ刺し食べれんでしょうね”と
念押しのメールが入る。
アッタリメェだい!
18時半に会社を上るので19時に着く、
というけど、まぁ19時15分か半だろうな。
いっぱいで入れないとこんな所まで来て
リカバーが利かないのもイヤなので
予約なんて凡そ似つかわしくなのだけど
電話してみた。
そしたら以外にもアッサリ予約OKだって。
では19時に4人、奥の席をお願いします。
18時50分、店に到着し、ハイボールと
あわびウニ和えをもらってチビチビ飲って
いると3人がやってきた。大体予想通りだ。
早速、サッポロ黒ラベル大瓶。
先ずはレバ塩焼き、タン塩焼き、レバ刺し。
どうです、美味いでしょう。
B&N&NNも美味いと言っているので
満足の味なのだろう。
でもね、先に謝っとくけど、うっかりして
たよ。ココはギュウじゃなくブタでした。
大変失礼しました。
皆んなの意図は当然のことながら7/1を
以って法律上食べられなくなる牛のレバ
刺しを食したかったわけである。
ま、美味しいので許して頂きたいのだ。
イワシのタタキ、ポテサラ、岩海苔、
僕は立山に変えたりしながら食べ進め
お父さんから茄子のナントカ炒めだの
なんだのをサービスで頂いたりして
もうお腹いっぱいってくらい「椎名」を
堪能しました。
ここは22時でバチンバチンとスイッチを
切る位きっぱりと閉店するので、その
ちょい前にお勘定をして店を後にする。
さ、次も決まってるからね。
”エー、もう入らない”というNに
”じゃ、並んでる惣菜を見るだけ見なよ”
とイタリアのワインと惣菜の店(と勝手に
呼んでいるだけだが)に案内する。
小さなビルの奥に惣菜を並べているような
不思議な雰囲気の店なのだが、美味いし
安いし、マニアックっぽいので好きなのだ。
お腹いっぱいのNも早くも食いついている。
惣菜3点とNのデザート、ワインなどを
もらって軽く〆といたのである。
どうですか、いいでしょう、ココも。
次はピッツアを食べましょう。”IL FELICE”
4人で2軒、呑み食いして1万3千円だよ。
しかも美味くてお腹いっぱい。どうよ。
ギュウじゃあなかったけど、路地にある
こんな店もいいもんでしょ。

2012年6月27日(水) 店をやるならガツンを覚えなきゃ

週末に仕事上のちょっとしたイベントが
ある。大した準備も要らないのだが
それでも何やかやとバタバタしている。
ちょっと遅めになったが昨日宣言した
通り煮魚で一杯といこう。
暖簾を潜りカウンタに座る。
経木に書かれたお品書きは美味そうな魚
のメニュが並んでいる。
大好きな飛魚があったが”唐揚げ”と
なっている。
”飛魚は唐揚げですか?”
とカウンタ内に問い掛けると”そうです”
の応えである。
唐揚げでは食べたことないが試して
みるとしよう。煮魚は黒ムツで。
”多少お時間が掛かりますけど”
とのことなのでオクラ辛子明太子和え
で繋いでおこう。
酒は一の蔵を冷やで頂く。
お通しの青豆豆腐が美味い。
そこへTラがやってきた。
オクラと辛子明太子、合うねぇ。
お初の飛魚唐揚げ、仲々いいねぇ。
旬の飛魚は刺身でモチモチとした身を
味わいたいと思ったが、これも美味い。
そして黒ムツ煮、身がホックリして
美味いのだ。酔鯨に変える。
最後は新じゃがベーコン炒め。
新じゃがもベーコンも絹さやも美味い。
これでサクッと引き上げる。大人だねぇ。
しかし、こういう店の味付けって仲々
出来ないものだな。家でも思い切って
甘辛く魚を煮付けるようにするけど
まだまだ足りないね。
もっとガツンといかないと店の味には
ならないようだ。

さて、すっかり朝になっても勝負の
つかなかったスペイン−ポルトガルは
PKの末スペインの勝利となったが
ポルトガルの守備は素晴らしかった。
その分試合の内容は今一と言えなくも
ないがこれはこれで見所のある好ゲーム
だった。しかし、シュートが枠に
いかなかったのが残念ではある。

2012年6月26日(火) 日本橋・神田界隈

ウチの最重要なお客さんを接待する。
と言ってもただの呑み会だけどね。
だって、ホラ、7人のメンツが全員
Forzaなわけだからね。
「キリンシティ」でビールを相当いって、
スパークリングと赤ワイン。
〆はタンカレーをロックで。
もうちょっといこうかということで
「ザン」。ここでもワイン。
イタリア−イングランド戦を録画して
今晩帰宅後に観るのを楽しみにして
いる店長をいじりながら立ち飲みです。
連日、美味しかったし、楽しかったし、
よく呑みましたが、2日間日本酒を
呑まない呑み会なんてかつてあった
だろうか。
明晩あたりは煮魚で日本酒といきたい
ものだ。誰かいく?

2012年6月25日(月) 断片を埋めるように

いやぁ、延長、PKもフルで観ちゃうと
流石に眠い。しかし、あのピルロのPK。
あんなん良く蹴れるなぁ。

今日は同窓呑み会シリーズだった。
”同窓会やってほしい〜”という女子の
リクエストがあったので計画してみたん
だけど、ちょっと急過ぎて皆んなの都合が
合わず仕切り直しとした。
でも、折角だから、ということと「いせや」の
公園口店が6月末で改装のため閉店になる
からその前に、というのを口実に少人数でも
呑みに行こうかと誘い直したのだ。
女子3人、男子2人。だったが前日にドタキャン
が入り2対2となった。
ちょっと早目に吉祥寺に到着したので辺りを
散策した後、井の頭公園への路地を進む。
アーッ、公園口店、定休日だったぁ!
これは確認不足だった。本店はやってるのにぃ。
そのまま公園の池に掛かる橋のたもとに
居ると程無く全員が揃った。
すまんすまん。
今も実家に住み、勤務先が吉祥寺という
M藤に別な店を案内してもらうことにした
のだが、結局30m程しか歩かず公園の
入口にある手羽先唐揚げの店にしてみた。
落ち着いた、仲々いい店で、奥まった席で
丁度良かったのである。
中学の同窓呑み会なのである。
ウチの中学には主に3つの小学校から
集っている。3:5:2位の割合だろうか。
今日のメンツは”3”から3人(僕とM藤、N尻)
”5”から1人(Y羽)である。
中学なんてもう彼此40年も前のことであるが
まるで昨日のことのように−ウソ、そんなに
良くは憶えてないのだが、それぞれが明確に
記憶していることやそれぞれしか知らない事
などが、真っ白の台の上にジグソーパズルの
ピースを置いていくように埋められていく−
放課後の夕方の教室かはたまた修学旅行の夜
ででもあるかのように話が繰り出される。
実に様々な話が出たが、当然恋バナにも
なるわけで、知られざる真実とか暴露話とか
刺激的な話も出たのである。
少人数ではあったが逆にじっくり話せて
良かったのである。
皆んな、お疲れさん、サンキュなのだった。
では次回は”白地図”を持って集りましょう。
今度はしっかり準備するからさ。

25日  13,361歩
24日  2,162歩
23日  10,963歩
22日  5,962歩
21日  12,233歩+サル
20日  16,955歩
19日  4,288歩
18日  4,379歩

2012年6月23日(土) 次回はラーメン350円の店を

ギリシャも健闘したね。

ビール大瓶500円、ヒジキ煮250円、
マカロニサラダ250円、鯖味噌350円。
呑みは軽くにして食事に移る。
カツカレー650円、親子丼600円。
〆て2,600円。安いでしょ。

ところが違うんだなぁ。
実は合計で1,980円也。
メッチャ安くない!?
しかも美味くて量もたっぷり。
カツカレーもごはんもルウもカツも
ボリウムあるのに、それにキャベツ
とマカロニが添えられてて、更に
お代わり可の味噌汁も付いてるしね。
今日のカツカレー (YAHOO!のマイボックスで)
値段を憶えているのはヒジキ煮100円
親子丼410円、くらいなもんだけど
あとは推して知るべし。安いのだ。

本当はココと斜向かいの洋食屋と
どっちにしようかと迷ってたんだけど
こっちにして大満足である。
その後、腹ごなしに周辺を散策して
いると、何!?ラーメン350円の店が
2軒、450円の店が2軒。
定食屋も惣菜屋も安くて種類が多い。
良さ気な蕎麦屋が斜向かい同士に。
美味そうな鰻屋もあるし、おお会津を
標榜してる居酒屋もあるね。
またお腹に余裕を作って来よう!
東長崎の街でした。

2012年6月21日(木) 東京湾にフクロウが居るんだって

水天宮駅から歩くと3、4分のところに
いつも安い海苔を売っている店がある。
いつも気になっていたが入ったことも
商品を詳しく見ることもなかった。
表の段ボール箱に入っている各種
キズ海苔が一袋100円。
他にも210円のや230円のや沢山の種類
の安い海苔を売っている。
人懐こそうなおばちゃんが”買ってって”と
言ってるけど、今度まとめ買いしに来よう。
中華屋に顔を出した後、体育館へ。
今日は随分早く着いたんだが、既に
もう2人も来ていた。
グッと凝縮して身体を動かした後は
先の中華屋へ。
餃子、ニラレバ、カニタマ、茄子辛味噌、
五目うま煮、ゴマだれ冷やし中華、
肉天、マーボー豆腐、タンメン。
マスタの写真と文章が載ってる新刊本を
見せて頂いた。ホントにすごい人なんだね。
帰り際には今年の白樺峠に行く日程を
教えて下さり”向こうで会えるといいね”
とソフトな約束をする。
もう一軒寄っときますか。
4人で強面親父の店へ。
櫻正宗、赤城山、鮪の酒盗、山葵の葉
の醤油漬け、セロリの佃煮。
お酒をお代わりして”そまざけ”も一杯。
家の近所のコンビニで缶チューハイを
買ってしまったら、もう準々決勝第1戦
を観ることは不可能だな。
眠っている間にC.ロナが頑張ったよう
ですね。後で観ようっと。
「フクロウ」というタイトルの本だったな。
冬にベーリング海を渡って東京湾に来る
んだそうだ。森のある山じゃなくても
大型猛禽類が見れるんだね。成る程。

2012年6月21日(木) 総電源喪失!

ちょっと不謹慎ですか?そうでもないよね。
立ち寄りで所用を済ませてから出社。
PCのスイッチを押して、電気のスイッチを
入れる。上着を脱いで郵便物をチェック
したらそろそろPCが立ち上がった頃・・・
アレレ、立ち上がってない?
もう一度スイッチを押してみる。
電源ランプが点灯しないぞ。
あ、電話も複合機も電気が来ていない。
サーバーもルーターもLEDが点滅してない。
天井の蛍光灯やトイレの電気などは
点いてるのにコンセント系が全てダメ
なようである。
ブレーカーは全て”入”になってるし・・・
不動産屋に電話すると飛んできたが
やっぱりダメである。
電気屋さんに連絡を取ってもらったが
昨日の台風の影響でてんてこ舞いらしく
明朝にしか来れないということだ。
電話もコピー、プリンタもPCも使えない。
これではココに居てもどうにもならん。
幸いタブレットを持ってたんで
メールなどはいけるからドトールで
でもコーヒー飲みながらまったりする
ことにしますか。

呑み友のYッキーの友人がフィンランド
に住んでいる。パートナーのTオモと
随分前に山の家に来たことがある。
Yッキーが近々フィンランドに行くと
いうのでお土産に協賛することにした。
チョイスは大分産のどんこ、新橋玉木屋
の葡萄シリーズ(葡萄昆布、葡萄帆立、
葡萄あさり、葡萄しじみ)である。
これを渡すためにYッキーと会って呑む。
高円寺「さぬきや」
自家製燻製の盛り合せ、野菜スティック、
旬の鮮魚盛り合せ、インゲンの白和え、
アブラゲみぞれ和え。
酒は仲々の品揃えで、6合か7合いったね
若いご主人も大親父と大女将も感じ良く
またすぐにでも行きたい店でした。
その後Yッキーが行ってみたい店がある
というので路地を探したが、生憎の休業。
隣りのワインバーが良さそうだったので
入ってみた。
ほぼイタリアワインのみということですが
仲々いいね。ワインも料理も雰囲気も。
スパークリング、白、白、じゃがいもの
アンチョビなんとか、塩トマト、それに
サービスで食べ放題というフォカッチャ。
いいお店でした。イケメン店長?「鷹啄」

2012年6月19日(火) 思いがけずワイルド

HP維持のためのスペースを新たに確保。
1GBかなぁ、と思ってポチッとしたら
思いがけず50GBも確保出来てしまったぜぇ。
ワイルドだろぉ

これで大丈夫なのか!?

段々EUROの試合に追い付かなくなって
きたけど、C組も面白かったしD組も
厳しい最終戦になるから面白そう。
やっぱギリギリでWOWOW観れるように
して正解だったな。
142&MGMはポーランドで
スペインvsクロアチアを観たそうだ。
4年前も一緒にスペインもクロアチアも
観戦したが、今回はモドリッチが凄かった
という現地速報をくれました。いいなぁ。
そしてクロアチア応援団は相変わらず
ワイルドだったということです。
目に浮かぶワ!

2012年6月18日(月) 今年はサッカー観戦だね(TVで)

金曜はウチのメンバと有意義な(多分)
話し合い。ってか呑んだだけだけど。
土曜は雨でしたね。
夕方からT区の連盟会議で浅草へ。
会議後に当然流れて、ついでに雨で
翌日のリーグ戦も流れてしまいました。
日曜は思い立って「フジランチ」へ。
カツカレーを頼みながら
”大盛りは止めといた方がいいですよね?”
”そうですねー、普通でも大盛りですから”
大人しく引き下がりましょう。
今回のEUROはグループリーグ最終
第3戦も見逃がせない状況の組ばかりだね。
結局、オランダは勝ち点0、ポルトガルは
ようやくC.ロナが2得点で上っていった。
なでしこU-20も見たし、Jもだし、
そして今日はなでこのフル代表戦もだしね。

17日  3,651歩
16日  544歩
15日  8,133歩
14日  9,389歩+サル
13日  5,775歩
12日    0歩
11日  2,960歩
10日  2,444歩

2012年6月14日(木) MじゃないよGの時代でしょ

デンマーク 2 - 3 ポルトガル
ドイツ 2 - 1 オランダ

2連荘の観戦は流石に辛かった。
が、2戦目の前半終了時点でオランダが
2点ビハインド。何てことだ。
すっかり目が醒めてしまった。
このままではスナイデルもロッベンも
何も残せずEUROから消え去って
しまう。死のB組とはいえ、最初に
脱落してしまうのがオランダなんて
余りにも寂し過ぎる。
しかも黄金世代といわれた攻撃陣が
未だ無得点で、その爆発力を見せない
ままなんて信じられない思いである。
とはいえオランダは常にそうした期待
を裏切ってきたのではあるが。
後半やっと反撃の狼煙をあげた、かと
思ったが試合巧者というのはやっぱり
存在するのだ。ドイツの前に敗れた。
2敗 得点1 失点3
惨憺たる結果で次のステージに進むには
相当の運が必要だが、まだ望みがない
わけではない、頑張ってほしい。

さて、13日もココを更新しようと
テキストを僅かに加筆してUPしようと
したら、このHPを開設している
プロバイダのHP用のディスク容量が
MAXに達してしまったらしく、更新が
出来なくなってしまった。
今までに数回増量をしてきたのだが
MAX容量は50MBであり、そのMAXに
達してしまったのだ。
以前はUPする画像は10KB以下にしようとか
相当に制限していたが、近年はカメラの
性能が良くなるし、ブログなんかでも
容量を気にしなくてもいい感じになって
いたので、MAXが近いことなど忘れていた。
さてどうしたもんか。暫くはHPの更新は
出来ないのでfacebookでブツブツ言い
ながら善後策を練ろうと思ったのだが
プロバイダに電話してみたところ、容量は
やっぱり50MBがMAXには変わりないが
逃げ道がありそうだったので、考えを
巡らして取敢えず応急手当はした。
ちょっと手間は掛かるが、これで数年先
までなら大丈夫だろう。と思う。
しかし今時50MBまでって少ないよなぁ。
もっと年を取ってボケてきた時に、嗚呼
昔はこんなことがあった、してたんだなぁ
と昔話が出来るように書いてるんだから
プロバイダさんにはもうちょっと頑張って
容量を上げてもらいたいのである。
せめてGBの単位にして欲しい。宜しくね。

夜はForza浜町だった。
いやぁ、疲れた。
少ない人数でビッチリやったからね。
疲れすぎた時はその後のビールが仲々
入っていかない・・・と思ったら今日の
黒ラベルは妙に美味くて−F山さんも
今日のビールは美味い、と言ってたし−
”家族ゲーム”のように並んだT原と
ともにビールがいきなり進みました。
餃子、春雨、北京ラーメンのアタマ、
上海やきそば、カニタマ、海老天、
茄子辛味噌炒め、サービスサラダ
ワイン、国盛、少人数ながら良く
飲み食いしたねぇ。
今日はお腹も膨れたし帰る雰囲気だね。
じゃあ、また週末!

2012年6月12日(火) 栗原デー

むう、何とも言えない結果だ。
流石、豪州。前の2試合とは全く違う
迫力があるね。
審判ねぇ。確かに不可解な判定は敵味方
多々あった。でも、まぁそれはそれだ。
チャンスもピンチあったし結果はそれ
なりだろう。最悪ではない。
いい部分も多かったが、もっと早い段階で
シュートを打てる場面があったことと
今日は長谷部の出来が良くなかった。
その点がちょっと残念だったか。
しかし豪州も迫力という点では以前よりも
物足りなかったんじゃないか。
第一、数的不利になったとはいえ、後半
などは殆どゴール前に引いていて全くの
カウンタ狙いだもんな。まるでアウェーの
戦い方だね、あれでは。
それにケーヒルに爆発力がなかった。
世代交代が若干上手くいってないような
印象だった。
ケーヒルを使い続けてくれたことが
日本には却ってよかったんだろうと思う。
何にしても今日は栗原デーだったね。
力が入って疲れたが、W杯予選はこれ位
の緊張感がなくちゃな。

オーストラリア 1 - 1 日本

さ、野菜をたっぷり入れたカレースープを
やっと落ち着いて食べられます。

ルーニーとランパードが居ないとはいえ
あれではなぁ、心配だぞイングランド。
あ、シェフチェンコ、2発逆転かよ。

そういや、レイ・ブラッドベリが亡くなった
というニュースがあった。
それ程良くは知らないが聞けば”おお、そうか”
というものもあるのだ。
中でも『華氏451』不気味さを鮮明に憶えて
いる。これもフランソワ・トリュフォーの監督
作品だったのだ。
スピルバーグはブラッドベリの小説を原作とした
1953年のSF映画「イット・ケイム・フロム・
アウター・スペース」に影響を受けて
「未知との遭遇」を作ったのだそうだ。
これに出演しているトリュフォー。これは偶然
ではないんだね。
この2本また観たくなった。是非観よう。合掌

2012年6月11日(月) 22人寄っても

月曜の朝の4時15分である。
昨日は晴天だったが土曜の雨が祟り
試合は日曜早朝に中止になった。
朝からコーヒーを飲みながら
EUROのビデオを観る。

オランダ 0 - 1 デンマーク
ドイツ 1 - 0 ポルトガル

ドイツvsポルトガルは生でも観たのだが
いやぁ、B組!どちらもスゴイ試合だね。
グループリーグ緒戦でこの組み合わせと
クオリティはEUROならではですね。

午後は買い物に出掛けた。
埼玉のちょっと奥の方まで行き、豚肉、
ハム、モツ、ハツなどの肉類。
野菜もたんまり仕入れてきた。卵もね。
で、帰ってから早々に料理をする。
先ずは行者にんにくの芽の醤油漬け。
行者にんにくの芽って初めて見たよ。
新潟は津南から来ているのだそうだ。
次は定番、ワラビとショウガとニンジン
の醤油漬け。
そしてモツ煮。モツとハツを一度
湯掻いて、ごぼう、大根、コンニャク、
ショウガ、長ネギ、カブの葉を醤油味
で煮込んでみた。
サイボクハムで仕入れて サイボクハムで仕入れて サイボクハムで仕入れて サイボクハムで仕入れて サイボクハムで仕入れて サイボクハムで仕入れて サイボクハムで仕入れて
カブ本体は、生に味噌とピクルス風に。
アスパラは肉巻きとしてみました。
大根の葉は油炒めにしておこう。
お客さんのおばちゃんとすっかり談義に
花が咲いてしまったコシアブラはどうしよう。
明日の朝食に、まぜ御飯かパスタにでも
しようか。
初めて見る品種のじゃがいもと紫玉ねぎと
パセリとピーマンとたかはしタマゴで
ポテサラも作らなきゃな。
まぁ兎に角、大和川酒造の弥右衛門
”夢の香”純米吟醸を飲ろう。
そして、いい頃合いで一度寝ちゃう。
で、夜中、イタリアvsスペインなわけよ。
いやこれもスゴイ試合だ。
スペインのパス+個人技は今回もスゴイが
イタリアが素晴らしい。
新生イタリアって感じで面白い試合でした。
しかし、スペインのパス+個人技は惚れ惚れ
するねぇ。ファンタスティコ!

イタリア 1 - 1 スペイン

それでこの時間ってわけですが、藍も美香も
桃子もいいんだけど、ポーラ・クリーマー。
いいねぇ!惚れちゃうね。
やっぱ女の子のがイイってことか。

2012年6月9日(土) EURO2012開幕

梅雨に入りましたねー。
しゃあないですねー。
2014ブラジルW杯アジア最終予選
第2戦 日本 6 - 0 ヨルダン
良かったですねー。
オマーンよりは迫力はあったけど
2戦とも相手の縦への迫力が無かった
ですね。オマーンはフランス人監督が
もしかしたら意識的にパスサッカーへの
転換を図ってるからかもしれませんが
いずれにしても日本には好都合でした。
このまま一気に豪州も叩いてしまいましょう。
その後、EURO2012が開幕した。
ポーランド 1 - 1 ギリシャ
強烈なインパクトの開幕戦となりました。
全く冴えなかったギリシャがビハインド
の中退場者を出したかと思えば
1人少なくなった方に良くある速攻での
得点で同点。こうなると押せ押せで
解らなくなってきた中、今度はポーランド
GKのファウルで一発退場&PK献上。
これでギリシャ逆転かと思ったらPK失敗。
大味とも言えるんだけど仲々な展開でした。
いきなり面白いじゃん。
寝不足月間の始まりですね。

9日  0歩
8日  0歩
7日  3,351歩
6日  4,000歩
5日  5,283歩

2012年6月5日(火) 青い葡萄ならナイヤガラかと思ったよ

昨日は仕事の営業?で築地に行った。
昔、結構業界では有名だった現場で
知り合ったSE仲間がその後も長く
付き合いがあり、仕事上の付き合いも
出来たりするようになっていた。
その派生で更に知り合った女性が
暫く前に転職したのだが、先週その会社
のSEと会い、話をしたら若いながらも
仲々見所がありそうだったので今後も
宜しくと付き合いが出来そうになった
ので、挨拶にその会社を訪問したのだ。
社長、専務と話をさせて頂いたが
仲々好感触だったかな。
その帰り道、昼時なのでいつもなら
築地場外辺りで昼飯しでも食うところだが、
今日は何となく反対方向の新橋、銀座、
有楽町へと炎天下と言ってもいい中歩いた
のだが、途中で”葡萄あさり”という不思議
な感じのする文字が目を過ぎった。
慣性の法則で2、3歩通り過ぎたが
戻って確認してみた。
そしたら老舗っぽい佃煮屋の旬の
商品の貼り紙だったのだ。
中に入ってみると年配の方に挨拶され
若い方が冷たいお茶をくれた。
”あの、葡萄あさりってどれですか”
ショーケースに盛られているのは
一般的な佃煮ばかりだったので聞いてみた。
”こちらです”と年配の方に案内される。
”青い山椒の実が葡萄の房のように
 なるので、それを使ったものを葡萄と
 呼んでいます”
ああ、そういうことか。
葡萄あさりを試食させてもらいながら
そこを見ると葡萄昆布、葡萄しじみ
などのシリーズがあった。
先日、草津温泉に山菜などを買いに
行ったときも街道脇に”山椒あります”
の提げ札を見掛けて買いたかったが
山椒の実の漬物や佃煮が大好きなのだ。
その葡萄の房のようになる姿も当然
知っているのだ。
ウチにはその前に赤城山方面に行った
時に買ってきた山椒の実の漬物がまだ
結構あるのである。
炊きたてご飯で食べると、もう他に
いらないって感じ。美味いのである。
買い過ぎないように葡萄昆布と
葡萄しじみを買い求めました。
紫蘇の実漬けも好きなんだよなぁ。

2012年6月4日(月) GASはガス、PAINは痛い

いやはや、5/31(木)はForza江戸川橋だった
んです。初めてやるトコだし、初めて来るのが
居る、しかも僕繋がりのが、なので張り切って
というわけじゃないんだけど、準備万端そろそろ
行こうかとしていた頃、俄かに腹痛が起き始め
たわけですが、これがドンドン痛くなってきて
このまま増大するようなら耐えられなくなって
しまうと思ったので、ネットで近所の病院を
探して行ってみた。
幸い待合室には薬の営業さんが居るだけで
診察中の患者さんが終われば診てもらえる順番
だと解ったものの、その間も凄く痛い。
やっと呼ばれて入った診察室でお医者さんの
言うとおりに診察の姿勢をとっていたりしたら
アラ不思議、痛みが急速に治まっていくでは
ないか。
レントゲン撮るよ、というので撮った写真を
見せてもらいながら説明を聞いたところ
GAS PAINだということだった。
若干、訝しがった表情だったのか、お医者さんは
”ちゃんとした病名なんだよ、これは痛いんだ”
ということだった。
GAS PAIN、直訳でいいらしい、「ガス痛」ね。
腸内にガスが溜まって、便秘だったり腸の動き
が悪かったりで、形も大きさも位置関係も”門”
の字のように見える腸のカドの辺りに溜まり続けて
排出されないと痛みを伴うようになってくるのだ
そうだ。
注意・留意点は聞いたが特に治療はしなくて
いいらしい。ホッとして会社に帰ったらまた
痛み出した。痛みは病院に行く前よりも激しくなり
床に段ボールを敷いて横になって唸ってしまったよ。
診察を受けてホッとはしたがこりゃ今日はダメだな、
止めといた方がいいと思うので暫くして痛みが
収まったら帰ろう。
スマンが皆んな、あとはヨロシク。

という木曜を過ごした後の週末のことなどは、
また別の所でUPするとして、と。

昨晩の2014ブラジルW杯最終予選第1戦は…
オマーンの出来は悪過ぎですが、それはそれと
しておきましょう。
まぁ良かったですね。ホッとしました。

4日 10,394歩
3日  2,584歩
2日  5,688歩
6/1日 11,177歩
31日 12,813歩+サル(なし)
30日 11,294歩
29日  5,318歩


発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月   5月 
発電量   169   178  223  266  313 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539  403 kwh
売電量    54    80  120  152  188 kwh
買電量 1,033   913  727  425  278 kwh
自給率    14    17   26   49   77 %

2012年5月30日(水) ピーンチ

ラーメン大盛り500円 なんだろう?この花
こんなんUPしてる場合とちゃうで!

facebookでYイちゃんが教えてくれました。
”黒法師”っていうんですね、スゴイ名前だ。
まだ”大変”中。

2012年5月28日(月) 上州〜信州

土曜はドラゴンボートだったんだね。
でも僕は不参加としました。
土曜に4審を頼まれたからというのを
言い訳にしてたんだけど、カレンダーを
見直したら日曜の間違いでした。
でも、ま、いいや。
ヤングコーンでも仕入れたいと思い
北軽井沢・浅間高原の方にでも行って
みようと思う。
暑い位の快晴、車の量は少ない。
何処で降りようか迷ったが、裏側からの
アプローチにしてみようと渋川伊香保IC
で降りてみることにした。
バイパスから昔ながらの街道に逸れると
渋い蕎麦屋がポツポツと現れる。
エイヤッとハンドルを切り「あづま家」
にしてみよう。
”増田屋”、”満留家”、”藪”など
よくある蕎麦屋の屋号ってあるけど
”東家・あずまや”ってのも結構あるが
ここは”あづま”なので由来は吾妻の
方なのだろうね。
上州「あづま家」 上州「あづま家」 上州「あづま家」
上州はうどんも美味い。ここも蕎麦も
うどんも手打ちとなっているので
おねーさんにどちらがお奨めですかと
訊ねてみた。
”どっちもお奨めですが、蕎麦はすぐ上の
 畑で自家栽培してるんですよ”
それじゃあ蕎麦に決まりですね。
もり大、Tラはもりをゴマダレにして
もらっている。もりが500円ですよ。安い。
不揃いのちょっと平打ちな感じが仲々
良いではないか。
薬味はネギ、山葵、何かの粉、木の芽
(山椒の葉)が添えられている。
瓢箪の七味が…あれ?ベージュか淡い
オレンジ色の粉が出てきた。
山椒かな胡椒かなと一瞬戸惑っていると
”唐辛子も自家製なんです。
 そんな色ですけど辛いですよ”
と声が掛かった。
ほう、そりゃいいね。成る程、辛い。
甘味のある蕎麦つゆにピリッといい
アクセントだね。するってぇと薬味の
小皿の粉もこの唐辛子なのかなと舐めて
みたが、こちらはゴマを擂ったものだった。
飛び抜けて美味い、って感じではない
かもしれないが好感の持てる蕎麦でした。
国道に折れて西進。
産直市場を覗くがヤングコーンは無い。
まぁ、確かにほんのちょっとだけ早いか。
嬬恋方面ではなく草津温泉方面に進む。
Tラが草津温泉は行ったことがない
と言ったからである。
山道を登り、観光地らしく店がポツポツと
見え始める。蕎麦屋も結構あるね。
街中に入り、湯畑から5分ほどの駐車場に
停める。
もう既に硫黄の匂いが発ちこめている。
風情のある旅館の路地を抜けると
有名な湯畑である。
観光客で賑わっています。
Tラ、はしゃいでるね。テンションが上った
らしい。足湯に浸かりながら温泉饅頭を
頬張っている。結構結構。
上州・草津温泉 上州・草津温泉 上州・草津温泉 上州・草津温泉 上州・草津温泉 上州・草津温泉 上州・草津温泉 上州・草津温泉
上州・草津温泉 上州・草津温泉 上州・草津温泉 上州・草津温泉
僕も随分来ていない、今度はあの風情の
ある旅館にでも泊りに来たいものだ。
湯畑をグルリと周り、狭い狭いトンネルを
潜り抜けて山道を下る。
往きに通り過ぎてきた道の駅の先の
産直市場に寄る。
コシアブラ、人参、しょうが、キュウリ、
ワラビ、キャベツのキムチ、ホウレンソウ、
大量の舞茸などを買いましょう。
更に先の気になった蕎麦屋もちょっと
覗いときましょうか。オヤマボクチを
練り込んだ蕎麦と出ていたからね。
味噌おでんとTラは手打ちのもり、
僕は試みに豚丼といきましょう。
蕎麦も豚丼も仲々に美味い。でも味噌
おでんが美味いね!コンニャクが美味い。
流石、群馬ですね。「水車小屋」
上州「水車小屋」 上州「水車小屋」 上州「水車小屋」 上州「水車小屋」
ヤングコーンは全く見付けられなかったが
今日はこんなところにしといてやろう。
嬬恋方面に折れて北軽井沢に出て、
中軽井沢まで降りてきたら車と喧騒が
広がっていた。
収穫は少なかったが、まぁいい。
軽井沢ICから上信越道に乗って帰り
ました。帰りの高速も渋滞は無かった。
GW後の緊縮財政がまだ続いているのだろうか。
キャベツのキムチが美味いので、キュウリと
丁度届いた大和川の酒で一杯いきますか。
上州・コシアブラ
(コシアブラと坊ちゃんカボチャ)

明けて日曜は、コシアブラ・タケノコご飯と
舞茸とタケノコと豆腐の味噌汁を食べて
S区リーグのためニ子玉へ行く。
今日も快晴である。
試合は全体としては冴えず 0 - 3 の敗戦。
今、中国に帰っていて袁ちゃんが居ない
のが寂しいが「炭太郎」に寄って反省会
はしていきますか、やっぱり。
サッポロの生ビール、ハイボール、赤星
ラガー、豪快。反省し過ぎてしまいました。

トゥーロン大会、日本 2 - 3 エジプト
グループリーグ敗退。しかも終わってみれば
グループ最下位じゃんか。
なんだかビシッとしないんだよな。
パスなんかだってオーソドックスではあるが
エジプトの方が強くてグラウンダーのボールが
足元やスペースにビシビシ入るし、トラップも
上手い。日本のパスは何となくその辺としか
見えないような弱々しいパス、何度も言うけど
パスの強さ位は何とでもなるだろう。
Jリーグが出来て20年だぜ。精度だってもっと
上ってていいんじゃないだろうかなぁ。
いくら五輪前の強化のためとはいえちょっと
情けない試合振りである。

28日  5,829歩
27日  7,991歩+試合(35分×2)
26日  5,763歩
25日  7,129歩
24日 13,412歩
23日 10,293歩+サル
22日  5,533歩
21日  7,831歩

2012年5月25日(金) キリンのCMじゃないが

昨夕はウチのメンバが”今日どうですか”
と連絡をくれた。
”OK、いいよ。どこにする?”
”そちらに行きます”とのことだった。
やってきた彼に”何食う?”と聞くと
”ヤキトリがいいですね”
うーむ、ヤキトリか。実はヤキトリは
あまりレパートリには無いのである。
しかし、坂を下る途中の路地に小洒落た
”YAKITORI&WINE”だかって書いてある
店があったなと思い出した。
何だかワインレッドのその店はやっぱり
小洒落ていて、カウンタに数人のオシャレ
なお客さんが座っていた。
結構空いてそうじゃん、とドアを開けると
ママという感じの女性がやってきて
”ご予約ですか?”
いえ、違います、と言うと予約でいっぱい
なのだという。ほー、繁盛してんだね。
ショップカードを渡しながらお愛想を
くれるママは感じ良かったが、やはり
どこか違和感があるな。
”じゃあ久々だし「加賀屋」にしましょう”
と言う彼の言葉に従い別の坂を下って
「加賀屋」入店。こちらもいっぱい
だったが奥のテーブル席が空いていた。
2名用の席に座る。隣は8名位座れる席が
空いている。予約席なんだろうな。
オーダを取りにきた店の人に背を向けて
生ビールとホッピーを頼むと”ハイヨッ”
と威勢のいい声で応えてくれる。
続いて”お久し振りです”と肩を叩かれた。
振り向くと数年前に別な店に移ったと
聞いていたデビッド伊東(本人ではない)
が微笑んでいた。
”あー、戻ってきたんだ”
”そうなんです。また宜しくお願いします”
ん、いいね。何だか嬉しくなってしまうね。
レバ、スタミナ、ミノ、イカトンビ。
やっぱ、こっちの方が性に合ってるなぁ。
キリンラガーの江口洋介の出ているCMじゃ
ないが、大衆居酒屋で喧騒の中話に熱中、
白熱する図ってのはいいもんだね。
隣りのテーブルには何時の間にか(イヤ、ちゃんと
見てたけど)若い女性ばかり6、7人も揃っていた。
彼女達も何やら喧々諤々な雰囲気でした。

続いてはいつも混んでいる”タコ屋”を
目指してみます。ダメ元でね。
しかし、珍しく席に余裕がありました。
ではワインとタコの炙りガリシア風だかと
カメノテを頂きましょう。
カメノテ、気に入ったみたいだね。結構結構。
先日に引き続き、今宵も有意義な話が
出来ました。サンキュ

2012年5月24日(木) 気温の上下が激し過ぎる今日この頃

昨日はForza浜町だったのですが
暑い上にキリンカップが影響でも
したのか、参加者が少なかった
ので全員が休みなく、しかも何故か
1本のプレー時間が長くなって
しまったので、矢鱈疲れた。
皆んなもそうだったようで「鳳蘭」
に行っても飲み食いが進まない。
まぁ人数も少なかったし酒を呑む
メンツよりソフトドリンク組の方
が多かった所為もあるが、いつもの
半額以下の会計でした。
それでもやっぱりちょっとだけ次に
行こうってことで、先日見付けた
頑固そうに見える親父のやってる
一風変わった店に、今日は酒の
呑めないAッキーも連れてT原さん
と寄ります。
氷頭なますと皮ハギで櫻正宗と
赤城山をもらって、実の無い無駄話
に終始して23時過ぎ解散。
てなわけで、キリンカップは無難に
勝ったようだけど全く観ていない。
帰ってから、つまみと缶チューハイ
片手に、深夜にトゥーロン大会に
出ているU23はちょっと観たけど
今一つな出来でしたね。
0 - 2 でトルコに敗戦。
6月にはW杯最終予選とオリンピック
が始まるというのにピリッとしない
感じが気になるなぁ。

呑みの方は、年による酒量の低下、
中華の油モンや肉を要求しなく
なってきたってこともあるかも
しれないが、そこはまだ触れないで
そっとしといてやってくれッ!

2012年5月22日(火) タケノコ前線

・・・というものもあるのだろう。
近所の八百屋で売り始めた真竹が
鹿児島、熊本から始まって群馬、栃木
辺りに変わり、つい先日は真竹から
ハチク(破竹、淡竹)に変わったと
聞いたばかりだった筈が
”今はモウソウダケだよ”
と言われた。季節の進行に拠って
産地も種類も変わっていくのだね。
2本購入。
1本は青椒肉絲で頂き、1本は
炊き込みご飯とした。
余ったタケノコご飯にピーマンと
エリンギとベーコンを炒めて
焼き飯に作り直しました。
シジミ汁にホウレンソウを加えて
朝ご飯。これも仲々いいんでない。
もう暫くすると根曲り竹も出てくるし
楽しみはまだまだ続くのだ。


今日は雨の中お昼に遠くまで歩くのは
イヤだと思った。
手近な路地の奥のイタリアンか中華に
でもしてみようと路地に入る。
シャッター前を通り過ぎた。
アレッ、シャッター?
数歩引き返してシャッターの前に立つ。
小さく貼り紙がしてあった。
”永らくご愛顧頂きまして・・・”
あーっ、洋菓子屋さんやめちゃったんだ!
僕は洋菓子は殆ど食べないが、お客さんや
税理士事務所へのお土産にすることが
あり、時々ここで買っていた。
路地にひっそりと佇む店だが、とても
美味そうだったし、感じも良くて
買いに行って説明を聞きながら選ぶ
のが楽しかった。
残念です。こんな店は復活なんてしない
んだろうなぁ。
誠に残念です。プチ・アポロン

2012年5月21日(月) 何か雄大な気分

昨日はE区の壮年部からお誘いを
頂き、篠崎の河川敷のグラウンドで
20分×4本を全て違うチームと対戦
するという親善試合に行った。
河原の土手を歩いていると”足”を
付けてない四角い、曰く有り気な凧を
揚げている集団が居たり、22時の方向
からバラバラとフロートを履いた
真っ白のヘリコプターが下降して
きたと思ったら暫くホバリングした後
川面に着水してるし、流石に海に近い
だけあって河川敷も川自体も広く
雄大なのだった。
試合の方はフレンドリな雰囲気の中
1 - 0 、1 - 1 、 2 - 0 、 0 - 1
という結果でした。
当初、招待試合が2つ重なったことで
人数集めに苦労しましたが、結局
17名も集って頂き−Aッキー、Sチ、
Kマという女子や新座の試合から
駆け付けてくれたT原、久々の登場
のMス田さんなど−本当にありがとう
ございました。
2本目の千葉県リーグ1部という女子
チームとの対戦が面白かった。
上手いのだ。パス回しにキリキリ舞い
でした。底辺が広がりレベルが上って
いるとは理解しているが、やっぱり
ホントに上手くなってるなぁ。
15才の子も居たんだからね。
感心しながら電車組5人で、喉を潤す
処を探しますが、15時40分という
中途半端な時間が災いして仲々見付から
なかったが”半額”の幟が目を引く
焼肉屋へ入店。
全部が半額じゃないんだけど結構な
数の品々が半額。これで充分だ。
肉も結構食って、野菜類も食い、
ビールも焼酎のボトルも結構いった
のに1人2,000円で済みました。
お店のおねーちゃんの笑顔も可愛い
かったし、言うこと無いのだ。
どら今日はサクッと引き上げますか。
6/23は何やらイベントの気配。

明けて今日21日朝は金環日蝕である。
雲が心配だったけど切れ間も充分あり
そして雲が掛かると肉眼やカメラでも
いけて逆に良かったかもしれませんね。
金環日蝕
雲を通すと普通に撮影出来ました。
金環日蝕
お日様に「クラッカーいかが?」と
差し上げると「サンキュ」と笑顔が
返ってきました。   なんつって。

2012年5月18日(金) 

この2日モヤモヤ、ガックリ、イライラ
することが続いたので呑みに行こうと
思い、翌日が遊びで早いのは承知して
いたがBを誘ってみる。
いいよ、と返ってきたが”ちょっとだけよ”
とどこかで聞いたような但し書きが付いて
いた。
望むところです。
指定は18時半「あい津」。
神田界隈に勤めていた頃から店の存在は
知っていたが入ったことはなかった。
Bは最近のお気に入りらしい。
ちょっと遅れて行くと既に黒ラベルと
ウワサのポテサラを前にB&NNさんが
居た。小さな店でカウンタには常連さんが
集っています。
黒ラベルをもらい、酒は王紋の純米常温を
頂きましょう。

ご主人は仲々いいキャラで、それだけに
常連さんが集うんだろうなぁという感じ
ですが、お一人でやられてるので美味そう
なメニュが並んでますが、注文のタイミング
が微妙です。ここは常連のB&NNさんに
全てお任せしましょう。
話はGWの長野のことやドラゴンや人の
集りのことなどだったかな。
成る程、ココは仲々イイ呑み屋ですね。
楽しく呑め過ぎてしまい、ちょっとだけ
だったのに気が付けば23時半になってました。
失礼、お付き合い感謝です。

2012年5月17日(木) 

”ちょっと話がしたいんです”
ということで19時半から話しをした。
当初聞いていたテーマはほんの糸口に
過ぎず、本当は仲々深い話だった。
幾つかの事項についてじっくりと話を
した。22時過ぎになりカウンタで話を
していた店が閉店となったので、
そろそろお開きにしようかと思ったが
相手はまだ話し足りない様子だったので
ファミレスでコーヒーということに
して延長戦開始である。
尤もな主張である。
聞いていて反省の念を強くした。
うーむ、考えねばならないな。
行動もしなければいけないな。
明日から心機一転、先ず気持ちを入れ
換えよう。

2012年5月16日(水) 夏日の点景

バス停に向っていた。
信号の向うに見えるバス停には
年配の女性が1人待っていた。
信号を渡り、その女性の横に立つ。
するとその年配の女性が
”あのバスは何処行きでしょうか?”
と聞いてきた。顔の向いている方向
を見ると、今並んでいるバス停の
バス会社とは違うバス会社のバスが
信号の向こう側に停車していた。
”あれは○○駅行きですよ、多分”
”そう、○○駅までどの位掛かる
 のかしら?”
”そうですね、25分ってとこじゃ
 ないですか”
”そんなに早く行くの”
”その位でしょうね”
”このバスで新宿に行くとしたら
 随分掛かるでしょうね”
”そうですね、これはグルッと
 大回りしていきますからね。
 新宿ならば地下鉄が早いでしょうね
 やっぱり”
”えっ、地下鉄?”
”ええ、あの信号を左折して大通りに
 出れば地下鉄の駅がありますから
 新宿までは1本で行きますよ”
”あらっ、そうなの。
 じゃっ、それにしよう・・・”
言い終わらない内に、夏日になることが
確実と思われる中、信号の交差点に向って
足早に歩き去って行きました。
ああ、新宿に早く行く方法を知りたかったのか。

昼過ぎ、顧問の税理士さんとこに出向いた。
納税の手続きである。ヤレヤレ。
話はスグに済み、遅めのお昼を摂ってから
帰ろうと思った。
天丼かな、チキンカツ定食かな、蕎麦かな。
と考えながら通りに出た。
ああ、久々に餃子定食にしようっと♪
すぐそこに「王将」があるのだ。
店内は空いていた。
ナンだか就職やバイトの話で盛り上がってる
大学生の6人位のグループの他は、殆どが
お1人様である。
餃子定食ッ!
ブレない。
「王将」の餃子ライス、本当はダブル
餃子定食が運ばれてきて、あれッ、「王将」の
餃子ってこんなんだったっけ?と僅かに首を
傾げていると、隣りのテーブルにおばあさんが
やってきた。
何かの定食ものを頼んだようだ。
”お肉はキライだから抜いてね”
”ハイ、ご飯は小盛りで宜しいですか?”
”なに?ああ、ハイハイ”
おばあさんのオーダしたものは多少時間が
掛かるもののようだ。仲々運ばれてこない。
その待ち時間の間中、メニュだの、箸立て
だの、醤油や酢やラー油だのの瓶をキレイに
並べている。継に並べたり横に並べたり
半円形にしてみたりしている。
お1人様は何かと切ないのである。
大学生のグループは紅一点の髪の長い美形
に向ってのアピール合戦の様相を呈してきた。
外はやはり汗ばむ陽気だった。

ま、ただそれだけの話ですけどね。

2012年5月13日(日) 終了間際の3試合

朝陽を浴びるタマ
(朝陽を浴びて暑くなって日影に避難しようとするタマ)

んな訳で朝早くシジミ汁を作って出発。
今日はT区リーグ第2戦である。
肌寒いものの昨日の強風とは打って変わって
穏やかな快晴。
私鉄・JR・地下鉄を乗り継いで河原の
グラウンドに到着。
朝の荒川土手
もうちょっと人数居る筈だったのだが
土壇場でギリギリ。
でも立ち上りからイイ内容で圧倒しN井さん
の素晴らしいトラップ&シュート、惜しくも
バーを叩く。そのN井さんと交代して入った
K野も素晴らしいループシュートを放ったが
相手GKの美技に阻まれる。
後半も決定的なチャンスが複数回訪れるも
シュートの精度を欠いて得点出来ない。
こういうパターンが得てしてポーンと
入れられちゃうんだよなぁ、と呟いていたら
本当に入れられちゃいました。
その後も押すものの今日は決定力不足、
本部からロスタイム2分の表示がされ
もう2分が過ぎたんじゃないかとハラハラ
していたらKジの突破がペナルティエリア
内でのファウルを誘い、PK獲得。
K野が冷静に沈めて、やっとドローに
持ち込み、タイムアップ。
やー、負けないでよかった。
昨日のエスパルス 1 - 1 セレッソみたい
に試合終了、本当にギリギリだったよ。
尤もセレッソの場合は逆に同点にされた
んだけどさ。
では土手呑みに移行しましょう。
朝は涼しかったが今やジリジリと日差しが
本当に熱い。
ビールが美味い!焼き鳥も美味い!
土手呑み、最高!
10時半位から呑み始めたのかな。
13時半、いつもの蕎麦屋に移動することに
なったが僕はお暇しておきます。
今日はお疲れ様でした。じゃね。
家に帰ってお腹が空いたのでご飯を炊いて
ゆかり、山椒漬け、わさび漬け、蕗味噌、
海苔の佃煮、ミズの漬物というご飯のお供
オンパレードでかっこみ、あとは昼寝。
夜はズワイガニとホタルイカだい。
毛繕いをして眠るタマ
(毛繕いをしてまだ濡れた毛のまま眠りに入るタマ)

夜中のプレミアリーグ最終節では、また大変
な展開になってました。マンC対QPRである。
同時刻の試合でマンUがリードする状況では
マンCが44年振りの優勝を手にするためには
”勝ち”が必要なのに、90%ボールを支配し
ながら逆に速攻一発でQPRに先制される。
退場者が出て10人になったQPRの守備を
破れなくて、44年ぶりの優勝が泡と消えるかと
思ったロスタイムに同点、終了寸前に逆転。
他会場の進捗や結果も影響するとあって
物凄い緊張感でしたが、44年振りの優勝達成!
おめでとう、ロベルト・マンチーニ監督
その試合はQPRと宮市の居るボルトンとの
降格争いでも重要な試合だったのだがQPR
は負けたもののボルトンが引き分けたために
ボルトンの降格が決定。残念でした。
でも宮市は来期、ボルトンには居ないんじゃ
ないかな。
ハラハラの3試合でした。

2012年5月12日(土) 街の中の魚市場

角上魚類という魚屋をご存知だろうか。
新潟・寺泊の魚屋が関東、東京方面に
進出してきた魚屋、というよりは魚市場
のような店である。
時折、小平店に行く。今日はAM出掛けた。
大海老のフライ、カサゴやハタハタの唐揚げ、
焼き魚、煮魚、煮貝、小さな海のカニの唐揚げ、
ニシンの昆布巻き、切り昆布煮、ひじき煮
などの惣菜類の入り口からはじまり、広い
店内は主に日本海の海の幸に溢れている。
今日は皮付きのカツオの柵が目当てだった。
新玉ねぎと青森のニンニクがあったので
紫蘇の葉と茗荷を買い足してカツオのタタキ
を作ろうと思ったからだ。
続いて加工品のコーナー、冷蔵・冷凍された
もののコーナー、寿司と刺身のエリア、
切り身のエリアなどが続き、一番奥の鮮魚の
エリアに到着する。
カンパチ、カツオ、ホウボウ、カマス、イシモチ、
金目鯛、キンキ、のど黒、真鯛、イトヨリダイ、
鯖、鯵、ヒラメにカレイ、アンコウまで、全て
1本丸々並んでいるのだ。
どれも身が太く新鮮である。美味そう。
反対側にはカニや殻付き貝類と小魚、海藻など
が並んでいる。
更に進むとそれらの切り身などパックに
なっているのが、種類を増やして並んでいる。
目移りしてショウガナイのだ。
でも今日は心を鬼にするのだ。
カツオの柵、ズワイガニ、ホタルイカ、大シジミ、
ヤリイカ、鯖の煮付け、有頭大エビフライ、
タラのフライ、わさび漬け、佃煮海苔2種、
焼き海苔、シジミのスープの素。
だけで止めといたった。
魚屋を出ると隣に八百屋が併設されている。
今日は買わんぞ。
紫蘇の葉、茗荷、ミズ、トウモロコシ、キュウリ、
ホワイトアスパラ。ふうぅ。
今日はハッキリ言ってかなり押えました。
ええ押えましたとも、でもやはり角上魚類は危険
なのだった。

2012年5月11日(金) 酔鯨だけ少し高いんだって

昨夜はForza浜町だったわけですよ。
やー、疲れた。
いつものように「鳳蘭」に行ったわけですよ。
今日はビールの他は日本酒や紹興酒ではなく
赤ワインだったわけですよ。
いい加減飲み食いしてお開き。
ご馳走様でした、と外に出てみればT原以外
は既に駅の方向に歩き出していたわけですよ。
何気なく人形町方向に歩きます。
”ちょっとだけだよ”とはいつものフレーズ。
「岩手屋」に行ったものの9〜14日までお休み
されていたわけですよ。
”どうする、今日は帰ろうか?”
そんなことを聞き入れるヤツじゃないわけ
ですよ。
路地にちょっと気になる店発見。
入ってみたわけですよ。
小奇麗なカウンタの料理屋、かと思いきや
一部に椅子はあるものの立ち飲み屋だった
わけですよ。
しかもパッと見、強面風の店主。
メニュのラインナップが面白い、そして
安いわけですよ。
”お酒は何があるんですか?”
と見せてくれたのは剣菱の黒、酔鯨、櫻正宗。
剣菱も今や珍しいが、もっと仲々見ない
櫻正宗を頂きましょう。
”何時までやってるんですか?”
”ん、2時までね”
”何年くらいやられてるんですか?”
”四年かなぁ”
ここから話が弾みました。仲々イイ感じの
親父さんだったわけですよ。
つまみは氷下魚の炙ったのと葉山葵の醤油
漬けをもらいました。
他にもちょっとした旨そうなもんが結構な
数あります、
”にごり”と書いてあるのは何の酒ですか?
と尋ねると”そまざけ”って言うんだけど…
とおっしゃいます。
あー、木曽の方のヤツですか。
良く知ってますね。
杣酒(そまざけ)と書くのですが木曽の須原宿
などで造られていますね。
更に
氷頭って氷頭なますですか?
酒呑みですねぇ。
ナンだか楽しくなる呑み屋発見なのだった。
さ、終電が近い。帰ろ帰ろ。

2012年5月10日(木) パスタのある風景

今日の朝食は、スパゲティに昨晩作った
シチュウ(キノコとカブと鳥のむね肉が
メインかな)を掛けて、山で余った食材の
コゴミのゴマ油炒めを添えてみました。
シチュウパスタ、コゴミ添え
イケルんちゃう

2012年5月9日(水) バスの車窓から

見慣れたバスの車窓からの景色である。
が、ああ、ココ中華屋だったよなぁ。
テナント募集中かぁ。
あ、新しい、それもオシャレなパン屋が
出来ている。
など新しい発見があった。
中でも
小柄なお父さんがいつもように白い前掛け
をしてタバコ片手に、アレレ、器具、用具
をトラックに積んでいる人の横で佇んでいる。
えー、豆腐屋、止めちゃうのー!?
いつも店先でシャカシャカ働いているのを
見ていたのに店仕舞いしてしまうんだろうか。
もしそうなら残念なのだ。
こういうお店は一旦無くなってしまえば、もう
二度と出来ないだろうからね。確認せねば。
ニケ
マタタビの枝の束を前に固まるニケ

2012年5月8日(火) 季節の変わり目か

久し振りにB&Nと呑もうとメール。
「きん助」がいい、と返信あり。
19時ちょい先に到着してコハダとカブ
で飲っていると19時半にやってきた。
が、Nが激しく頭が痛いという。
ウーロン茶を頼んでいるし、第一食欲が
無いのだという。
薬なんかを飲んでいるので帰った方が
いいんじゃないかと言うと何か口に
入れれば元気が出るかもしれないと
いう。まぁ確かにNならありそうな事
なのでメニュを見てもらう。
タケノコの料理を二品頼みたいという
のでご飯と赤出汁の蛤の味噌汁も
付けてもらう。
若竹煮とタケノコとコゴミの中華炒め。
多少は口を付けたもののやはり食欲が
出ないそうだ。加えてお腹も調子が
良くなくなってきたという。
絶対に風邪だね。
お握りも持ち帰りに作ってもらってら
早く帰って寝ちゃった方がいいよ、と
いうことで早退していきました。
残ったBと二人、GWの長野の反省を
−いや別に反省点はないけどさ−する。
お酒は立山、新政六号、黒帯。
田ゼリのゴマ和え、キンメの煮付け。
キンメは姿にしちゃ安いと思ったら
やっぱりカブトだったよ。でもたっぷり
食べるトコあって美味いのだ。
金、”キン”と”カネ”の話なんて生臭い
話題もあったし、愚痴みたいのもあった。
今日は自分的に冴えない話題しか提供して
なかったなぁ。山での事よりもこっちを反省。
ブログ、日記の書き方なんて話もしたね。
もうちょっと意識して書き方を変えよう。
と、言いながらこの文章。仲々難しいのだ。

2012年5月7日(月) 蕗味噌

山の家の最終日、食材がまだたっぷり
残ってたので本当は朝ご飯にもっと
作りたかった。
でも朝早くから帰る組が多かったので
時間的に間に合わないといけないので
止めておいたんだよね。
最後に残った人達で食材を分けて持って
帰りました。
その中の一つ、ふきのとうで蕗味噌を
作りました。
これも最終日の朝に作って、山菜ご飯に
付けて食べさせたかったんだよなぁ。
ふきのとう自体は、今年はまだウチの周り
には出ていなかったのでスーパーで買った。
それと清水牧場から送られてきたチーズの
箱にオマケで入っていた。よく一緒に
入れられてくるのは草花のことが多いの
だけど今回はふきのとうだった。
山菜や地の野菜はホントはスーパーじゃ
なくて道の駅や産直市場に行きたかった
んだけど、この点も残念だったな。
あと下見の時に買ってきたコンニャク
と残り食材のゴボウ、ニンジンなどで
煮物を作りました。
昨晩は残り物の玉ねぎとジンギスカン
食ったし、まだ地味にGWが続いてるみたい。

2012年5月6日(日) 技

お昼、焼き鳥丼が食べたくなった。
家でね。
近所の鶏肉屋さんに行ってみた。
他のモノは揃ってたけど焼き鳥だけ
未だ出来ていなかった。
でも初めて見る”鶏肉の餡かけ”って
のがあったので方向転換それでいこう。
通り過ぎながら桶の中を見てきた
八百屋にタケノコが水煮にされていた
のでそれもいこう。
ついでにカブの糠漬けも1つ。
で、出来たのがタケノコご飯に
刻みノリを散らして、鶏肉の餡かけ
を乗せ、刻んだカブの糠漬けを
添える。出来た!美味い!
タケノコご飯・鶏肉餡かけ乗っけ丼

八百屋でタケノコを買う時、親父さんが
タケノコを処理するのを暫く見ていた。
流石に上手いし、速いよなぁ。
生のタケノコの皮を包丁を入れてサーッと
一気に剥いちゃうのだ。お見事。
”皮剥いちゃうの?皮ごとじゃないんだ”
”だってカサが増えちゃうじゃん。
 沢山茹でらんないじゃない”
成る程、そりゃそーだ。

2012年5月5日(土) 

山は桜はじめ花々と緑の芽吹きの
柔らかい新緑に覆われていました。
続きはWebで。
美しの国で

2012年5月1日(火) 冷し中華はじめました

お、チャーシュー細切りにしないんだね
大盛軒の冷し中華(大盛)
いつもの近所の中華屋にて

発電状況 2012
        1月   2月    3月  4月
発電量   169   178  223  266 kwh
消費量 1,148 1,011  830  539 kwh
売電量    54    80  120  152 kwh
買電量 1,033   913  727  425 kwh
自給率    14    17   26   49 %

2012年4月28日(土) 山は待っています

今年はじめて長野の山に向かう。
GW前の恒例の下見である。
5:36に出発。
それ程でもないか、と一瞬思ったが
やっぱり混んでいる。
7:30横川SAで休息。朝食バイキング
は長蛇の列。横川のかまめしには
結構な行列が出来ていたのに
高崎のだるま弁当は手持ち無沙汰の
ようだった。だるまも美味いのに。
8:20東部湯の丸IC。
”下”は丁度桜満開である。
桜だけでなく色とりどり様々な花
が咲き誇ってます。
遠くに見える山々の頂きはいつもより
雪が多く見えるような気がする。
2012GWの下見 2012GWの下見 2012GWの下見 2012GWの下見 2012GWの下見
祠の桜までは満開、そのほんの僅か
上からは未だ殆ど咲いてません。
恒例の花見会場も未だ咲いてません。
2012GWの下見
9時位に到着。
室内等点検、概ねOK。
Amazonで買った寝袋を置いて、
同じく持ってきたDVDプレーヤーを
セット、DVDを再生してみる。
おー、キレイにちゃんと映るじゃん。
ガス屋さんに定期点検の連絡。
古いのやら湿気たのやらが多かった
ので一旦調味料を全部廃棄しよう。
あと足りないものはと。
今日は天気がいい。山の上もポカポカ
である。でも敷地内にはまだフキノトウ
もでていない。
山を下りる。
「あさつゆ」に寄って蕎麦を食おうと
「くるみ亭」を覗くも、今日は蕎麦粉が
無いらしくうどんだけだという。
横で伸しているうどんも美味そうだけど
口が蕎麦の口になっちゃってるので
今日はしめじご飯だけと野菜などを
買って次に行こう。
下は夏のような陽気である。暑い。
天気予報では長野は27℃といっていたが
温度計は早くも26℃を示している。
こりゃホントに暑いのだ。
2012GWの下見 2012GWの下見
2012GWの下見 2012GWの下見
2012GWの下見 2012GWの下見 2012GWの下見 2012GWの下見
久々に「きこりん」。丁度のれんを
出してるところだった。
もり並700円、もり大盛り+200円。
蕎麦クレープのお通し、キュウリの漬物
ウドの煮物、デザートには蕎麦の実寒天
が付いてくる。蕎麦が天高盛りであるが
美味い。寒天がまたイイねぇ。
千曲川を渡り、浅間山に続くスロープを
登って浅間サンラインで東に走る。
「雷電くるみの里」「山番」野菜直売所
を確認しながら追分で18号に出る。
軽井沢に入り「さわや」「かぎもとや」
を見ながら右折して、今日は久し振りに
和美峠を走ろう。
懐かしいね。峠らしい峠道は健在である。
やはり和美峠を走るのは楽しいね。
和美峠を走るってば昔、スキーに行くために
夜中、下仁田から登ってきて何台か前の車
がチェーンを巻いてなくて、急坂の途中で
止まってしまった。
後続も止まってしまう。一旦止まって
しまうといくらチェーンを巻いていても
始動が空回りしてしまうほどの凍結した
急な登りで、各車の人達が協力して
始動する車を後押ししてやり登らせた
のである。
動き出したら比較的平らなところまでは
走ってしまわないといけないので、今度
は後押しした人達が急坂を走って登る
のである。
その時の僕はドライバーではなく後押し組
だったので冷えた暗い峠道を走ったのだ。
そんな思い出のある和美峠なのだった。
道の駅”下仁田”に寄って野菜を買い足し
たら下仁田ICから高速でピューッと帰り
ましょう。
16時ちょい前に帰り着きました。
宅配便の不在連絡票が入っていたので
連絡するとスグに来てくれた。
クール便で到着したのは大和川酒造
からの冷え冷えの純米吟醸酒でした。
タイミングバッチリ。呑むしかない。
買ってきた、みつば、行者ニンニク、
エシャレット、鮎の唐揚げ、キュウリ、
わさび漬け、モツ煮込みで呑む。
大和川の夢の香純米吟醸が美味い。
ついでにキーマカレーをマカロニで
頂きますか。
2012GWの下見 2012GWの下見 2012GWの下見
今日、上の他に買ってきたもの。
わらび×3、花わさび、ごぼう、ねぎ、
コンニャク、椎茸、ウド、草もち、セリ、
人参、コーヒー、甘さけ、塩麹、舞茸、
コンニャクせんべい、神津牧場の牛乳、
またたびの枝、アスパラガス、おから。
走行距離は412KMでした。

翌朝作ったウドご飯、美味かったぁ!

さぁ、GW、瞬間最大風速14人も泊るという
今年はどうなりますか。

2012年4月27日(金) 仮と実と

山のTVはアナログのままだ。
面倒だからもうTV無しでいこうと思う。
ニュースや天気予報はauの基地が
出来たというのでネットで見ればいい。
でもTVの機械自体はもったいない
のでモニターとして使おうと思い
DVDプレイヤーを買おうと思った。
先ずAmazonでチェック。ふんふん。
次に、最近TVで”インターネット
より”云々と宣伝しているYバシへ
調査に行ってみた。
同じ製品がAmazonの方が安かった。
ジャンルの違う他の商品数点と共に
Amazonにネットでオーダした。
全ての商品が翌日届いた。送料無し。
確かに直に手に取ってみるというのは
大切なんだけど、安くて早くて便利
ときてはなぁ。
Yバシのポイントは魅力ではあるが
最近どうもAmazon率が高くなってきた。
家電量販店の熾烈な販売合戦、出店
合戦も今や敵はネット通販なのだろう。
山用に寝袋も買ってみました。

大盛軒の半チャンラーメン

などと思いながら今日のお昼は
いつもの中華屋。
先達ってF長さんに紹介したら
ウチの会社に来る途中に寄って
半チャーハンとタンメンを食べた
そうだが、そのチャーハンの量に
驚いていた。
”ありゃ、半チャーハンって量
 じゃありませんよ”
実は僕は半チャーハンを食べた
ことはなかったので興味深々
だったのだ。
で、今日、半チャンラーメンに
しました。
成る程、量が多い。しかも独特
だね。味は確かにチャーハンだ
けど、見た目は焼き飯しっぽいね。
玉子が混ざってなくてご飯の上に
フワフワの玉子焼きが乗っている
ようになっているのだ。
独特だけど美味しい街の中華屋の
半チャンラーメンなのだった。

2012年4月26日(木) 埋蔵金伝説または都市鉱山

お財布の中が心許ない。
お昼食べて、ロト6買えるかなぁと
胸ポケットの中を頭で勘定しながら
歩く。先ず、宝くじ売り場だ。
ロト6を買う。
ロト6はマークシートの台紙に
鉛筆で好きな番号を塗り潰すわけ
だが、僕は毎回同じパターンで
買っているので都度塗っていては
面倒なので予め用意してある台紙を
繰り返し使っている。
だからそれ用のケースに入れている。
そのケースの中に、暫く前の宝くじが
袋に入ったまま確認もしてないのが
あった。
ついでに当選確認をしてもらおう。
末等とその1つ上のが当っていた。
ラッキー!
ロト6の台紙、ロト6券、確認が
終わって返されたハズレ券を
ケースに戻そうと改めてケースを
開くと、アレッ、3千円入ってる!?
あっ、そうか、前にロト6が当った
時のをそのまま挟んでいたんだ。
またしてもラッキー!ってか忘れて
いただけだけど。
良かった良かったとケースを
胸ポケットに仕舞おうとすると
既に何かが入ってる。アレッ?
手を入れてそれを引き出してみたら
何と6千円が出てきた。
あー、ココにも埋蔵金がッ!
これで心置きなくお昼に行けます。
「何にしますかー?」
「メンコロ、生卵」
メンチ・コロッケ定食に贅沢に生卵を
追加しました。
しかし、これボケの兆候じゃねーだろな。

この仔たち

都市鉱山っていえば
この間、重要書類を入れている
お菓子の缶箱をひっくり返した。
重要書類っていったって大したモン
じゃない。例えば、疾っくの疾うに
絶版になった絵本の出版契約書だの
合併で消滅した銀行のカードや通帳
などである。要するに中味を整理・
更新していないのだ。
それでも探し物があったのだ。
だがそれはそこには無く、未だ探せて
いないのだが、缶箱の底から
カレンダーが出てきた。
大きさは名刺サイズで1年12ヶ月分
のが小さく印刷されてるヤツである。
1999年と2001年のだ。
嬉しい!
何故って、このカレンダーは
0.5gのフォーナイン、純金で出来て
いるんですよ。
2年分2枚で1g、最近の買取レート
ならば4,500円〜4,600円ってとこだ。
以前は景気良くこんなモノを
くれてたんだなぁ。
しかし、1999年と2001年とは妙だ。
その間や前後の年もあるのかも
しれない。改めて探してみよう。
こっちは本物の都市鉱山である。

2012年4月25日(水) 

最近、どこかで酒蓋がどうのこうの
と言ってる声を聞いた気がする。
しかも子供の声だった筈だ。
小学生の頃、独楽、ベーゴマ、メンコ
あたりの延長線上だろうと思うが
牛乳のフタ、酒のフタというのが
流行った時期があった。
−もちろん”おはじき”の延長の方が
形状や遊び方の一部もしっくりくると
いう向きがあろうとは思うが、何故か
男の子の趣向だったと思うのだ−
牛乳のフタ−ギュウブタと呼んでいた、
その音を漢字に再度戻すと”牛豚”だね−
というのはメンコのようにやったり、
あるいは親指と人差し指で挟んで弾く
ように飛ばしたり、ゴムで強力に飛ばし
たりもしたが、どちらかというと珍しい
ものを集めるコレクションに近い感じが
していた。
だけど牛乳なんかは一つの地域に
そうそう多くの種類はないので流行は
長続きしなかったような気がする。
そこいくと”サケブタ”は同じような
使い方ながら、先ず物が頑丈なので
使い出があるのと、全国の酒が流通して
いるので様々な種類があったのが面白く
ゲームの勝負としてもコレクションと
しても面白かった。
昔のサケブタは円盤状の木の蓋部分に
金属の覆いがされて、栓の部分はコルク
になっていた。このコルク部分を取ると
大きなコインのようになっておはじきや
飛ばすにしても見映えがしたし、底を蝋で
固めたりして加工するのにも丁度良かった
のだった。
そして今のように全国の地酒がどこでも
買えるというわけではなかったろうが
それでも珍しい地酒のフタも手に入る
ことはあった。だって、地方の牛乳を
お土産に買ってくるなんてことはまず
考えられないが、地方の地酒ならお土産に
だってするだろうからね。
そんなことでサケブタ集めは段々と
エスカレートしていき、仕舞いには近所の
酒屋が空いた一升瓶を外に積んでおいた
サン箱(一升瓶を入れる6本入りの
木のケース)からサケブタを取ってくる
などということになっていった。
これがどうやら酒屋などから学校に
クレームとして連絡が着たのだろう。
程無くサケブタ禁止のお触れが出た。
これが世に言う”サケブタ禁止令”である。
この高札で一気に熱が冷めてしまい
サケブタも下火になっていった。
それから何十年、一升瓶もサケブタの構造
も変わらないが、今のは金属の覆いの下は
蓋部分と栓部分が一体となったプラスチック
になってしまったので、最早簡単に円盤状に
することは出来なくなっているので、サケブタ
などというものに子供が興味を惹かれる
ことはないだろうと思っていた。
どこのだれが”お酒のフタで遊ぶ”って
言ったんだっけなぁ。どうやって遊ぶん
だろうなぁ。
あれッ、島の民宿で大人相手に百円玉で
おはじきをやってお小遣いをせしめていた
アノ子かな。
その子ならGWに再び島に行くそうだ。
3月に行ったばかりだというのに、どうやら
気に入ったみたいなのだ。
”あの時一緒に行った人達も行くの?”
と聞いたらしい。”行きません、今回は”
島で迎え撃つあの人も”弟子が来る”と
嬉しそうにしてました。
世代を超えて輪が繋がるといいな。

2012年4月24日(火) 

初日、いつが初日になるか。
まぁ、いいや。
朝の内に着きたい。
他の3台の内1台が新幹線停車駅に
10時までに行ってくれると有り難いん
だがどうだろうか。
そこで2人拾って、山の麓で降ろして
やってほしい。
その後はそれぞれ集合して、近場を
散策して、蕎麦を食おう。
買い物をして山に引き上げるついでに
さっき麓で降ろした2人を再び
ピックアップしたら山に戻ろう。
他の車も揃うと初日は14人になる。
宴やね。
翌日は早朝、近くの山を登るかも
しれない。
その後は2通りの選択肢がある。
・AM散策、昼は蕎麦と買い物、PM花見
・9〜14時、山菜採り。そのままBBQ
メンツは入れ替わり10人。
そしてやっぱり宴。
翌々日は大半が帰途に就く筈だ。
そうなったらウチも山を降りよう。
ザッとこんな感じだろう。
下見にはやはり行かなくてはな。
蛾、は今回は止めておこう。

今晩はカムジャタンで送別会である。


19人位集ったのかな。
カムジャタンが美味かった。
2軒目は名前と雰囲気よりも良かった。
お寿司が美味かった。
3軒目は店の雰囲気とマスタが良かった。
しかし、飲み食いのし過ぎです。

2012年4月21日(土) 

朝一で新宿の病院に行く。
アッという間に終ったのでヨドバシを
覗く。ふんふん、コレはこの値段ね。
OLYMPUS OM-D は、おー、コレか。
確認したところで移動。
次はサッカーの試合、二子玉川です。
えー、10人しか居ないのぉ?
来ない筈のが途中から1人着てくれたので
何とか11人にはなったし、僕は個人的には
まぁまぁの出来だったんじゃないかなぁ。
でも、敢え無く 1 - 3 で敗戦。
今日は何だか皆んなスグ引き上げて
しまったらしく気が付けば中野方面組
3人が残っていた。
あー、では行かなくてはならなさそう
ですね。まぁ、いいでしょう。
焼鳥・焼豚「炭太郎」にて燃料補給。
N田さん、ほうほう、そんな事されて
たんですなぁ。立場は若干違えど似た
会社員生活だったのかもしれませんね。
早目に引き上げまして、電車の中から
Tラに連絡。燃料補給が足りなかった
のか、あるいは多過ぎたので制御が
利かなくなったからか、もう1軒行き
ましょう。
何処に行こうかと迷いながらY字路に
差し掛かる。いつもは行かない左方向に
前々から気になっていた居酒屋があった
と気が付き、そこにしてみよう。
仲々いい雰囲気だね。ここはその辺では
気の利いてそうな酒屋と関係があるん
ではないかと思っていたが、多分その
通りなんじゃないか。お酒の品揃えが
仲々素晴らしいです。
ホタルイカ酢味噌和え、カブカルパッチョ、
茹で空豆、たけのこ煮、筋子酒粕漬け。
お酒は名前も知らない搾り立てのものを
頂きました。
ホタルイカの下に敷いてあるのは”ウルイ”
ですね。生のウルイの食感がいい。
筋子の酒粕漬けも美味い。
こりゃ、当たり!だな。
とここまでは思った。
たけのこ煮が仲々出てこないので確認を
してみると”オーダは入ってます”との
ことなので、なまこソテー、竹輪磯辺揚げ
を追加で頼んで待っているとたけのこ煮
がやってきた。
美味いたけのこでした。
でも、たけのこの大きさからすると随分
窮屈な器で出てきたそれは、たけのこのみ。
木の芽でも柚子でも若布でもない。
ふーん、と思っていたところになまこが
やってきた。
今日のお奨めのメニュに”なまこソテー”
とあったので”なんだろう?”と思って
頼んでみたのだが、出てきたそれは間違い
なく”なまこ酢”だった。
なまこソテーの上の段になまこ酢もあった
ので聞き間違いか、厨房へ伝える時の
行き違いかもしれないので、それはいい。
でも、味が今一だったな。悪いというのじゃ
ないが酢だったり柑橘類だったり醤油だったり
が角が立っていてピリピリするようだ。
ちょっと頂けないなぁ。
そういや空豆の皮が堅かったなぁ。
グランドメニュの軍鶏と練馬野菜のカレー
も試してみたかったのだが止めておこう。
再訪はあるだろうか。

カレーの文字を見てしまったからか口が
カレーを欲してしまっている。
口直しでも、と駅近くの「マサラ」に行こう。
マトンカレー、プラウンマサラ、じゃがいもと
ブロッコリーのカレー、ご飯、ガーリックナン
をお願いします。
3つは多いと思ったが口が食べたがって
いるのでどうしようもない。
あとから3人組の女子大生がやってきた。
少し離れたテーブルから”マトンカレー”と
いうのが2度3度聞き取れた。
僕の好きなマトンカレーは若いからガッツリ
肉を食べたいのか女子大生にも人気があるん
だなと思っていたら、愛想のいいインド人の
店員に”マトンって何ですか?”って聞いてる。
何をッ、マトン知らないのか!?
それに応えて店員さんは”ヤギです”なんて
答えてる。山羊と羊は似てなくもないが
ちょっと違うんじゃないか。
それでも女子大生は”じゃあぁ、マトンカレー
とナン”と頼んでいた。まぁ食べてみてよ。
じゃがいもとブロッコリーのカレーとガーリック
ナンが2/3も残ってしまったので持ち帰り
にしてもらった。

そういや、なまこの店でTラが今日のメニュを
見ながら”この中で作れない料理ってある?”
なんて聞いてきたから、も一度眺めなおして
”なまこソテーは解らないから置いとくとして
あとは作れるな”と言うと”じゃあ取敢えず
食品衛生責任者の資格でも取っといたら”と
言う。ムム、店をやれってか。
家で口直しに大和川の酒と白菜漬けでも食おう。

2012年4月20日(金) 

昨晩はForza浜町だった。
もうそろそろ出なきゃな、と思った
夕方、電話が鳴った。
電話の相手が言うことには、今出張
から会社に戻ってきたのでサルの用意
はしていないが浜町には行くので
サルをやらずに「魚とら」で呑まないか
というものだった。
仕方ねぇなぁ。
プライベートの付き合いではあるが
今や我社のメイン顧客の一つの責任者
の申し出をそう無下には出来ないのだ。
18時20分体育館で受付をして、競技場
に顔を出すと既に5人集っていた。
今日は出足が早いね。
そういうことなんで後は宜しく。
「魚とら」は大盛況だった。
息子さんが店に出ているとは聞いて
いたが、お嫁さんででもあるのか
若い女性も居た。店内もちょっと綺麗
になっていた。ふーん。
”一つだけ空いてたんだよぉ”と座敷の
奥のテーブルに電話の主が座っていた。
親父はこっちを見付けると案の定嫌味を
言い始めた。はいはい、そうですとも。
ビールをもらって乾杯。刺し盛りと
野菜煮物盛り合せをオーダ。
刺し盛りが着たところでBが到着。
やっぱりここは美味い。
マグロ3種、シャコ、ホタテ、トリ貝、
白身、ウニ、平貝、生海苔。
キンキの煮付け、アワビの煮貝、生海苔。
〆張鶴もつるつる喉を通ります。
19時半、早上がりのK野がやってきた
ので、折角用意してきたのだからと
電話の主I澤さんの制止も聞かず
入れ替わりで体育館に行こう。
更衣室でY下Jんに遭遇。
今日はS田さんの最後のForzaの日
なのでやって来たのだろう。
競技場には20人も来ていた。
4本位やったけど、あれだね、やっぱ
酒呑んでやっちゃあイカンね。
「鳳蘭」に移動。
今日はS田さんだけじゃなくK保も
Forza最後の日であり、Tミーの誕生日
でもあるのだ。
先ずはTミーの誕生祝。
F山さんが高そうなケーキと蝋燭を
用意しててくれたので皆んなで
大合唱です。
ほー、そんな年になったんだなぁ。
続いてS田さんへの送別&激励メッセージ
S田さん、K保さんの返礼メッセージと
続き、〆は僕の一言の後のTクちゃんの
関東一丁締めですね。
サルは総勢22名ほど、「鳳蘭」には15名
盛大な送別・壮行・誕生の会となった。
いや、お疲れ様でした。
なんか最近恒例のように居残り組が
ダラダラと呑み続けまして、23時15分に
やっと神輿を上げまして、T原、Kジ、B
と”ちょっとだけだよ”と言いながら
「岩手屋」に行くも、電気は点いている
ものの椅子がカウンタに上げられて
誰も居ない。今日はアウトですね。
じゃあ、いつも水天宮から歩く時に
気になっていたヤキトン屋にでも
行くことにしませんか。いいって?
あそ、では「常とん」にします。
2階で座らなくても1階で立ち飲みで
いいやねと景虎を頂きましょう。
1軒目も2軒目も3軒目も何話したんだか
さっぱりだけど、まぁいいのだ。
24時半頃か、Kジとタクって帰りました。

あー、眠てぇ。
今日のお昼はMス田さんが仕事で新宿に
来るのでどうですか、ということだった。
Rナと3人で神楽坂で待ち合せ。
焼き魚、韓国、カレー、焼肉、蕎麦、鰻、
うどん、フレンチ、イタリアン、洋食。
どれがいい?
Mス田さんは昨日のメールからして既に
韓国の舌になっていたらしく、迷いが
無かった。
では前にお連れした「仁寺洞」にしますか。
今日のおかずは5種。ペチュキムチ、豆腐の
和え物、椎茸のキムチ、韓国海苔、そして
銘々にポテサラ。
Rナはユッケジャン、Mス田さんは味噌チゲ
僕は純豆腐チゲ。
汗ダラダラで鱈腹食いました。ご馳走さん。
皆さん仕事は順調のようですな。結構結構。
おお、そう言えば皆んな経営者じゃないか。
次回は鰻でもいきますか。

今晩は喜多方系呑み会なのだ。


18時半、「ゆうゆう」に行く。
ちょっと早目に行って送ってもらっている
酒と白魚を確認しておくのだ。
店に顔を出して料理の確認などをして
離れに行く。アレッ?知らない顔の人が
居るね。しかも1階には既に別グループが
居るし。エッ、ウチは2階ですか、ハイハイ。
お母さんが教えてくれた内情は、近所の
居酒屋が宴会をダブルブッキングして
しまい「ゆうゆう」に泣きついてきたので
離れを貸すことにしたのだが、人数見合いで
そっちを1階にしなくてはダメだったので
”すみません2階でお願いします”と
なったということだ。そして見掛けない
お兄さんはダブルブッキングを起こした
居酒屋さんの従業員で、申し訳ないからと
応援に来ているのだそうだ。「ゆうゆう」の
半纏など装束なのは今日一日は「ゆうゆう」
のメンバとして働いてもらうためだそうだ。
”なので何でも言い付けて下さい”だと。
まぁ、1階にしろ2階にしろ全く普通の家の
居間には変わらないのでどっちでもいいのだ。
酒は四合瓶が13本、一升瓶が3本が届いていた。
一升瓶3本は「ゆうゆう」が前回の宴会の時に
大和川さんのお酒を試しに買ったところ
好評でスグになくなってしまい、本来は
自分達で呑んでみるつもりだったのが
殆ど呑めなかったので、もう一度買いたい
という申し出なので「ゆうゆう」分である。
「ゆうゆう」は吟醸・大吟醸は置かない
ということで本醸造・純米酒の辛口がいい
というので、そのように工場長にお願い
していたが、甘口も試してもらいたいと
思い”カスモチ”の四合瓶を別途1本差し
上げることにした。
だからウチの分は四合瓶が12本、1人1本の
計算になる。
塩竈・桂島のU海さんからも荷物は届いて
いた。実は桂島のU海さんの牡蠣もここで
食べようと企画して、U海さんに相談した
ところ時期がちょっとズレちゃうけど
何とかしましょうと快諾を得ていたのだ。
酒を持ち込んで牡蠣も持ち込んで、安くて
個室で、イイ感じの処ってそうは無いよ。
牡蠣は”生食は避けて下さい”ということ
だったので「ゆうゆう」の宴会コースは
鍋か刺し盛りのどちらかなので、鍋を選択し
具材を入れる前に”牡蠣しゃぶ”をやらせて
もらうことで話が付いていたのだ。
しかし、昨日電話があった。
東京では4月の3日から4日に掛けて暴風雨
などの荒天となったが、その爆弾低気圧が
東北を通過した際に、牡蠣に相当な被害が
出て、牡蠣が皆、海に落ちてしまい、納得
のいく牡蠣を揃えることが出来ない。
ついては丁度、いい白魚が揚ったので代替
に白魚を送るのでそれで勘弁してほしい、
と連絡があったのだ。
トンでもない。こちらの勝手な無理難題を
引き受けてくれただけでも感謝なのだ。
そりゃ牡蠣じゃなくて若干残念ではあるが
もう充分嬉しいのである。
発泡スチロールの箱からは、それぞれが
たっぷりの量の白魚が入った袋が4つも
出てきた。
充分過ぎるほど充分です。
さっきの”カスモチ”と一緒にお店に1袋
差し上げましょう。
メンツはN岡家に続き、工場長、Hラ、I上
と来始めたら程無くほぼ揃った。
黒ラベルの生ビールが来るまでの間に
2階になったことと白魚の経緯、更には
今日の呑み会の意義について話をする。
実は酒造り、今までのようなやり方の
酒造りは23BY(平成23年度ブルワリー
イヤー)つまり、もうそろそろ終わる訳
だが、そこを以って終了となることが
突然ではあるが大和川さんから告げられ
ていたのだ。
そのこと自体はもう既に僕と工場長から
メンバに向けて話をしてあるので、不承不承
だとは思うが納得・理解しているのだ。
しかし、工場長も直接会って話をしたい
という思いで、この宴会となったのである。
そんな挨拶をしていると生ビールと1人遅れ
ていたTラが到着。
Tラが手に提げていた紙袋には3/24、25に
桂島でお世話になったS子さんから偶然にも
今日届いたという白魚が入った発泡スチロール
の箱が入っていた。
早速、前の白魚と合わせて”生”を小皿に
盛る。ビールも揃ったし、では乾杯!
デッカイ鯖の浜焼き、蓮根チーズ焼き、
あの魚は何だろう?唐揚げ、デッカイ切り身
のブリとタラの味噌仕立て鍋。
「ゆうゆう」の鍋の定番は味噌仕立てなのだが
当初は牡蠣しゃぶの予定だったので、普通の出汁
の鍋にして自家製ポン酢で頂くことにしていたが
急遽本来の味噌仕立てに変更したのである。
これに大量の白魚を投入。いや、美味いです。
今日のお酒の説明、田植え・草取りのこと、
今後の大和川あるいは酒造りへの関わり方
のことなど話題は尽きず、もちろんその中
にもバカ話も織り交ぜていくので時間は
アッと言う間に経ちますね。
気が付けば22時半。〆にご飯をもらって
白魚たっぷりの雑炊にしたらお開きと
しましょう。
酒造りもスタイルは変わるけど何とかやって
いけそうな感じだし良かったのだ。
では、今後とも宜しくお願い致します。
with special thanks 桂島のU海さんとS子さん!

2012年4月15日(日) 

今日は8時過ぎに家を出た。
今年はちゃんと桜を見てないという
Tラの求めに応じて桜を見せてやろう
というわけだ。
何となく群馬県に狙いを定める。
と言っても群馬のどの方面に行こうか
というのは決めていない。
意外と空いている関越道を走りながら
漠然と下仁田・妙義・松井田方面かな
と思ったが、たまには違う方面にして
みようと渋川・伊香保方向に進路を
変更する。
高崎、前橋を越して駒寄PAで休憩を
しながら具体的な行き先を考える。
赤城山の南に千本桜となっている
ところがあったのでそこにしてみよう。
渋川伊香保ICで降りるのが丁度良さ
そうではあったが、勘を頼りにここ
駒寄PAのスマートインターで降りる。
長野に行くと浅間山の雄大な姿となだらか
に広がる裾野にいつも感心するのだが、
ここ赤城山の裾野も雄大な眺めである。
斜面に広がる街が気持ち良さそうである。
そこここに満開の桜がある。
思惑はピッタリである。
川沿いに見事な並木や小高い公園に
これまた見事な桜が咲いている処など
があり、千本なんとかまで行かなくても
充分と思えるほどである。
赤城高原牧場の千本桜見物
途中の道の駅ではイベントがあるらしく
周辺が渋滞していたので、千本桜周辺
も大変なことになっていなきゃいいが
と思ったが、駐車場に入るために
多少並んだものの大したことはなかった。
広大な駐車場も11時過ぎといういい時間
なのにも関わらずそれほどの混みよう
ではない。むしろ、もう帰る車がいる
くらいである。あれれ!?
遠くに目をやるとまだ桜の花は1分か
2分咲きというところだった。
成る程ね。
確かにさっき見てきた満開の桜達の所
からは山道と言ってもいいくらいに
登ってはきたけど、こんなにも違う
とはねぇ。
赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物
露店に産直売店、八木節の舞台も
あったが肝心の桜とこっちも有名
らしい芝桜までもが、まだ見頃では
なかったのだ。
キノコ汁と豚串焼きを食べ、山椒漬け、
カキナ、野セリ、椎茸、キュウリを
買って引き上げましょう。
折角だから赤城山神社にも寄っていき
ましょうか。
山道をクネクネと上り下りして到着。
大きくはないが落ち着いた仲々の社でした。
赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物
では、お昼の場所でも探しながら戻りましょう。
行きに潜ってきた赤城山神社の大鳥居
を目指しながら裏道で戻ると住宅地の
中に「だんべえうどん」という看板が
見えた。
ピンときたので小さな路地に折れて
みたら駐車場はいっぱい。
僕の先に待っていた1台からおじさんが
店に入っていってそして出てきた。
車に乗り込んで諦めてUターンする。
こっち側に顔が見えた。前の席に男2人
後ろに女3人。同年代な感じの地元の
おじさん、おばちゃんである。
”いっぱい。入れても結構待つよ”
”あー、そうなんですか”
”渋川にもイイ処あるからそっち行く。
 案内してやろか”
と言いながら走り始めた。
それも面白いと思い、ちょっと後に付い
て走ったが、交差点でふと左に匂いを
感じて、右折したおじさん号に別れを
告げて左折することにした。
でも、地元の訳知り中高年グループが
目指して来た店なのだから「だんべえうどん」
も美味しい店なのだろう。また機会があれば
是非試してみたいものだ。
細い路地を勘を頼りに走るとふいに
往きにみた小高い公園の裏手に出た。
桜の木が結構あって、満開である。
裏手から登ると石碑があり、それは
日露戦争の戦勝記念のもので山縣有朋
の筆になるものとあった。
他にも日露戦争に出兵した地元村民が
無事に帰ってきた祝の碑などもあり
日露戦争の勝利を記念して作られた
公園のようだった。
赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物
赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物
表側に出ると広場になっており、周囲
をグルリと桜が取り囲んでいる。
お弁当を食べているグループが2つ。
これから宴会を始めるのか、テーブルに
飲み物や調理器具を置いてある一角が
あるが全体には静かな公園である。
物凄くいいロケーションと思うが
勿体無いのだ。
でも辺りには満開の桜ポイントが幾ら
でもあったので、都会のように必死
こいて花見をしなくてもいいんだろうな。
暫し桜を愛でて”充分堪能した”と
いうので、ではお昼としましょうか。
その公園の表側はメインの街道で結構
混んでいた。ちょっと行くと住宅地に
入る路地にうどん・そばの店が見えた。
ここにしてみよう。
小鎮まりと小綺麗なお店である。
店内は木をふんだんに使った仲々落ち
着いたイイ感じの店である。
赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物
Tラは深山そば(二八の挽きぐるみ)、
僕は猪汁うどん。それと野菜天盛り。
ん、仲々美味い蕎麦とうどんと天ぷら
である。値段もいい感じで好感だね。
七味唐辛子を買って、帰途に就く。
下道を適当に走り、途中道の駅の寄って
大根、人参、しめじ、行者ニンニク、
玉ねぎ、新玉ねぎ、長ネギ、キャベツ、
チジミキャベツ、乾燥椎茸、乾燥菊芋、
地卵、山うど、アスパラ等を買いました。
今年はやっぱり春が遅いんだね。
桜もあんな感じだったし、道の駅には
山菜があまり無かったしね。GWに長野
で楽しむとしましょう。おっと、桜もね。
更に下道を進み東松山ICから渋滞の
出ていた関越に乗って帰り付きました。
今夜は、野セリとカキナとキュウリの
サラダ、行者ニンニクのお浸し、アスパラ、
山ウドとキュウリを3種の味噌で。
これを丸眞正宗と真澄でいきましょう。
明朝は、山椒ご飯、大根の葉の炒めもの、
カキナの味噌汁 あたりかな。
赤城高原牧場の千本桜見物 赤城高原牧場の千本桜見物


昨日は冷たい雨の中、ナイターで
サッカーがあった。
僕が社会人になった年から参加した
神奈川県リーグ所属のクラブの
代表者の還暦祝いがあったのだ。
既にそのクラブに入っていたその
クラブの1つ前と2つ前でもチーム
メイトだった先輩から、大学生の時
から誘われていたのだが、社会人
リーグなので社会人になってからと
変なトコに拘ったので大学を卒業
してからの参加だったのだ。
(そう言えば、変な潔癖症でもあったのか
僕達が大学生の頃は就活解禁日が10/1
だったので、僕はそれ以前の会社訪問や
面接などは正式な解禁日前だからという
自分なりの理由で、金ボタンのブレザー
所謂紺ブレに灰色の千鳥格子のスラックス
という格好で行っていた。10/1になったら
スーツにしようと考えていたのだが、周囲は
当然就活スーツだったのでさぞかし浮いて
いたことだろうが当の本人は一向に意に
介さないでいたのだ。社会人云々も恐らく
その種の思いだったのだろうな。)
南武線沿線の高校の夜間にグラウンド
を借りて平日に週に数回練習があった。
その初回の練習帰り、メンバがいつも
寄っていた焼肉「八起」で、その代表から
”○○ーッ、おまえが必要なんだよッ!”
と煽てられたのが運の尽き、それから
もう30年ちょっとの付き合いになる。
選手としては31歳の時に北海道に転勤に
なったのを機に、そのクラブでは引退
ということになった。記念の試合や
送別会もしてもらったなぁ。
北海道では地元新聞に載っていた地元
リーグの結果を見て、この辺にこういう
クラブがあるんだろうと当たりを付けて
いきなり訪問して入れてもらったしした。
こういうのももしかしたら影響された
のかもしれないな。
様々な思い出がある。
格好イイ思い出もあるが、やっぱりバカな
思い出の方が先に立つね。
そのクラブは平日に練習、土日は試合
というサイクルでズーッとやっていた。
ある日、多摩川の河川敷のグラウンド
に集合があった。練習試合をする為だ。
だけど場所も相手も決まってないのだ。
代表の後をぞろぞろと付いて行き、
試合をやっている所で交渉をするのだ。
そして何となく練習試合が出来てしまう。
そんな、兎に角行動する、の精神である。
今はJリーグに居るクラブにも練習試合
に出掛けた。それも体当たりの交渉
だった筈だ。
そんなことが縁でウチのクラブから
今はJのそのクラブへ引き抜かれた
選手も居る。今もJで生活しているのだ。
そんなバカな”兎に角やってみる”みたい
な精神は、それ以前も出版社や一般企業に
飛び込みで売り込むみたいなことはして
いたが、このクラブでも培われただろう。
このクラブは創立から36年になる。
その間ズーッと代表は世話をしている
わけだが、意欲は全く衰えていない。
継続するというのは大変なことだ。
さて、お祝いは第一部が日産スタジアム
横のしんよこフットボールパークでの
現役からOBまでをミックスしての
試合である。
天気予報では朝から降り続いている雨は
夕方には止むということだったが、全く
止む気配は無く、それどころか却って
強くなった感すらある中、2時間みっちり
ゲームをしたのだ。
これこれ、ウチのプレースタイルはどの年代
でも基本的には変わらない。皆んながすんなり
溶け込めて楽しくも激しく試合が出来ました。
60分出場したので、もういいだろう。寒いし。
SOCIOS永井さん還暦祝い SOCIOS永井さん還暦祝い
場所を新横浜駅のそばのカラオケ店の
広いパーティルームに移してお祝い呑み会
があった。
はじめから20時半〜23時半までの予定
である。殺人的計画だね。
それでも幹事さんが色々と趣向を凝らした
パーティで素晴らしかったし、楽しかった
のである。
23時過ぎに先にお暇して新幹線で帰ったが
やはりこのクラブに所属していたことは
誇りなのである。
そんな思いが皆んなの胸にもあるからだろう。
私の会社はソシオ・リンク、後輩の会社は
ウィズ・ソシオ。代表の会社はソシオ設計。
今度ソシオ・デザインという名前に変える
そうである。
そしてクラブの名前はソシオスというのだ。
意味は幾つかあるが、平たく言えば”仲間”
である。
代表が謝辞の中で言っていた言葉が
心に残った。私の人生で、と前置きして
”一番の財産はサッカーに出会ったこと。
 二番目の財産は皆んなに出会ったこと。”
仲々いいこと言うじゃんか。N井さん。
還暦おめでとう。これからも頑張りましょう。

2012年4月12日(木) 

大盛軒の中華丼
「ゆうゆう」に昼飯しついでに
宴会の詳細を詰めようと思って
坂を下った。
表にお兄さんが普段着で携帯で
話をしていた。
こちらに気付くと電話を切って
店の中に招き入れてくれたものの
店は暗く、お母さんも居たがランチ
をやっている気配がない。
”昼ついでに宴会の打合せに
 来たんだけど・・・”
”あ、ご存じなかったですか、
 夜やってるのでランチ止めたんです”
あー、そういえば先日来た時
”4時まで営業”って看板出てたし、
別の日に前を通った時もランチのメニュ
出てないな、と思った時あったな。
明け方までやる代わりにランチを
止めたのだね。そうかぁ、残念。
宴会の打合せをして、逆にお酒の
オーダももらったりして店を後にする。
じゃ、ってんで食べたのがいつもの
中華屋の、今日は中華丼にしてみました。
厨房の中の会話から女将さんは僕と
同い年で、お母さんは親父と同年と
いうことが解りました。
”あらぁ、何月?12月ぅ。じゃ、私は
 7月だから少しお姉さんね”
江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜
東京の桜は終わりですね。
まともな花見はしなかったけど
GWにまた長野でしようっと。
江戸川橋公園の桜


昨晩のForza茗荷谷
今日のForza

2012年4月10日(火) 

江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜
川面一面に花びらが縞を為して流れています。
明日は雨だそうですね。
東京の桜はもう終盤でしょうか。
江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜
江戸川橋公園の桜
もう相当に葉が伸びてきています。
画面の中でサァーッと流れているのは風に
散っている桜の花びらです。


昔、駿河台下にとんかつ屋があった。
高級な店ではない。ロースとヒレの
2種類のみの定食屋と言った方がいい
くらいのとんかつ屋だ。
間口、店内ともに結構広い。
店を仕切る親父が1人か2人、あとは
年配のおばちゃんが4、5人か。
つっけんどんな親父に”なにッ?”
と催促されて慌てて”ロースカツ”
とオーダするとおばちゃんが物も
言わずに、楕円の銀の皿にキャベツ、
真っ赤なスパゲティ、ポテサラ、パセリ
そしてロースカツ。大盛りのごはんと
味噌汁をドンと置いて行くという具合だ。
それでもいつも混んでいた。
ある時カウンタに数席空いていた空間
に若い男女女みたいな3人連れが
座った。
オーダの声を挙げそうになった瞬間
”ウチは昼時の女の客はお断りだッ”
と言い捨てて親父はプイッと行って
しまった。
何と言う横暴な態度だろうと思った。
今日のお昼は珍しく全くの昼時、12時過ぎ
にいつもの定食屋に行った。
流石に混んでいる。
1人なのでいつもならカウンタに座る
ところだが、カウンタもいっぱい。
真ん中の大きなテーブルに3席程しか
空きがなかった。
仕方なく30代半ば〜40代半ば位の男性
サラリーマン4人組みの隣りに腰掛けた。
4人組みは食事の終盤といった所だ。
今日の600円定食である串カツを頼む。
程無くやってきた串カツを食べ始めると
4人組みの1人が今日の700円定食である
マグロのヅケ丼を食べ終わった。
混雑しているので店のおばちゃんは
やれることはドンドンやっていこうと
ばかりに
”下げちゃっていいですか?すみません”
と言いながら空いた食器をお盆ごと下げる。
お客さんがあとからあとからやってくる。
店内で待つ人、様子を窺って帰ってしまう人
色々である。
僕は咽頭癌治療終了以来、滅多に他人と
お昼ご飯は一緒に行かない。
良く噎せてしまったり詰まってしまったり
するので一緒に行った人に不快な思いを
させてしまうんじゃないかと思うからだ。
その前までは普通に同僚達とお昼を
食べていた。数人で定食屋などに行って
誰が今みたいな状況になっても間違いなく
”お先に”あるいは”外で待ってるよ”
と言って席を空けただろうなぁ、と思いを
巡らせている間に、4人組みの残りの3人
の内2人も食べ終わった。
また食器が片付けられている。
でも席を立とうとはせずお喋りに興じている。
オマーラなぁ。
自分達が銀座勤めの若い頃には、お昼を
食べ終わった後、場違いの感もあるが
銀座通りに面した化粧品会社がやっていた
コーヒーショップで、高いコーヒーだの紅茶だの
を飲みながら食後の話や一服をしたものだ。
若造には結構痛い出費だった。
今なら安いコーヒー屋やハンバーガー屋の
コーヒーなどがあるだろうに(実際その2つ
ともすぐ近くに在るのだ)それさえこの不況下
では難しいのだろうか。
などと思っていたら4人目も食べ終わって
いるではないか。
おいおい、と思ったら1人目の携帯電話に
電話が掛かってきた。喋りはじめた。
食器のなくなって広々とした空間を前に
1人は混んでいる店の中で通話中、あとの
3人はお茶を握りながらお喋りをしている。
1人目の電話が途中で切れたらしい。
え、こっちから掛け直すのかよ。
一頻り通話が終わったら3人の話に加わって
いる。
内容は神楽坂の有名フレンチレストラン
に行った時の話だ。その話題もどうよ。
店のおばちゃんはやってくるお客さんに
空席を見付けながら”そこどうでしょう”
と案内している。
何だ、コイツラ。僕には全く理解出来ない。
僕は前述の影響で食べるのが遅い。
やっと串カツ定食を食べ終わって、お茶を
啜ってからお勘定をしようかと思った所で
やっとスーツを着込んだスマートな4人の
サラリーマン氏達が腰を上げた。
もうお昼時を半分以上過ぎた時刻になったからか
お客さんのやってくる勢いはさっきほどではない。
店内にも空席が目立ちはじめている。
ここは昼飯時が勝負だろう筈なのに、回転率
が落ちてしまうのだ。いい迷惑ではないのか。
あの閉店してしまった駿河台のとんかつ屋の
親父ならなんと言うか。
”ウチはお喋りな長ッ尻のサラリーマンは
 お断りだッ!”
そう言えば、古い居酒屋のような木の温もりのある
とんかつ屋のテーブルに置かれた
クリーム色のドレッシングが下衆な食堂であり
ながらもサービスなのか、高級店に近付くためか
あるいは洋風を装ってか解らないが精一杯
頑張ってる感がしたものである。

2012年4月9日(月) 

江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜
満開でしょう。今!
川面には花びらが・・・
江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜
よく見ると既に葉が出始めています。

ここ数日、ウチのネコ達の行動に
変化がある。
多分、春だからではない別の原因が
あるのだと思うが、それは置いとく。
ナツ:いつもよりご飯が欲しいと訴えてくる。
タマ:毎晩蒲団の中に入ってきて朝まで寝ている。
ニケ:初めて自分から膝に乗ってきた。
ふ〜ん、そういう変化を見せるんだね、君達。

2012年4月8日(日) 

昨日は会社に寄った後、17時から
「きん助」にて佐賀のMS本家を
迎えての呑み会だった。
長女は東京で就職しているが、今春は
次女が大学入学なので、NB代ちゃん
が入学式のために上京していたのだ。
もうあれから3年も経ったんだなぁ。
そういや、ここ「きん助」がまだ弁天町に
在った時分にMS本が仕事で上京した
時は良く一緒に呑みに来たんだったなぁ。
計らずも”この店には昔・・・”とご家族に
披露できました。
その他昔話や学生時代の暴露話など
実に楽しい一時でした。
声掛けてもらって嬉しい呑み会だったのだ。
MS本家を迎えて T区第1戦後の土手呑み
明けて今日は快晴、昨日は冷え冷えと
していたが今日はポカポカ陽気である。
T区リーグ第1戦だった。
前半もイイ感じだったのだが相手が
まだフレッシュだったこともあり
やや手こずる場面もあったが、後半からは
圧倒して 3 - 0 の勝利。
久し振りの快勝である。
新戦力や久々登場組も活躍したし、
今日は色んな意味で実り多き充実した
ゲームだったような気がするのだ。
嬉しい、頼もしい上々の滑り出し
と言っておこう。
その後はいつもの土手呑み。
桜は対岸に1本、遠くに見えるだけ
だが、構わないのである。
酒、つまみを3回も買いに行って
散々呑んだがやはりそこはそれ、次に
行かないと気が済まないので、誰言う
ともなく蕎麦屋に移動。
ここでも相当飲み食いしましたが
2軒?合わせても@3千円でした。
グラウンドの向こうの方で小さな法面に
足を滑らせながら何かを摘んでいる
おばあさんが居たので声を掛けてみたら
ツクシを採っているんだよ、とのこと
である。頭は苦いので取ってから
湯がいて辛子マヨネーズで食べると
美味しいんだよ、と言っていた。
本格的に春の到来だなぁ。

2012年4月7日(土) 

昼に二子玉川でHシSゲル氏のチームと
試合があって 1 - 4 でコロ負け。クソッ!
神楽坂のいつもの中華屋がやってたんで
つい味噌ラーメン食っちまった。
会社にてちょいと作業をしたら、夕方から
神楽坂の居酒屋で呑み会だいッ!

2012年4月6日(金) 

塩竈・桂島の朝日
塩竈・桂島のU海さんに早速牡蠣の相談メール
を投げたら、返信に桂島の朝日の写真が添付
されてきました。
先日の暴風雨でまた被害があったそうです。
でも、牡蠣は何とかしますって言ってくれました。
ご無理のない範囲で結構です。すみません。
またお手伝いにいかなくてはな。

2012年4月5日(木) 

江戸川橋公園の桜 江戸川橋公園の桜
まだまだこれからですが、見た目 満開。
でもアッと言う間に満開になりそうな
暖かさですね。
今晩か明晩あたりやる?
AとかBとかTとかMとか、どうよ。
江戸川橋公園の桜

F長さんトコの納品日でした。
予想よりも少し時間が掛かってしまったが
プチ打上げでも行きましょう。
宴会の相談をしたかったので数日前から
「ゆうゆう」に行きたかったのだ。
その裏、同時進行で、気を利かして?
AとかTとかMとかに声を掛けてくれたけど
今日は振られたBが方向転換して
NとU野さん?と千鳥ヶ淵の花見そぞろ歩き
後にこっちに来るような展開になっていた?
「ゆうゆう」の暖簾を潜るとお母さんと
お兄さんがまったりと休憩しているように
腰を掛けていた。お客さんは誰もいない。
アレレ、珍しいと思ったらお母さんが
”お電話ありがとうございます”だって。
”へっ、電話?”
”ええ、お電話いただきました”
”???”
見ればカウンタの上には大きなボウルに
氷とともに入れられた何本もの黒ラベル
が置かれていた。
ああ、そうか、ヤツラが電話入れたのか。
5人と言ってあったらしい。F長さんと
ウチの社員が居ることは想像できない
だろうからね。
7人ですと訂正して座敷のテーブルの配置
を変えましょう。
聞けば17時にやってくるお客さんが帰り
”離れ”は1階も2階も入っていて料理を
大体出し終わったところだったのだそうだ。
それでまったりしていたんだね。
黒ラベルとスーパードライを頂きましょう。
お通しは煮物。いわしの丸干し、モツ煮込み、
新玉ねぎのサラダ、ベーコンステーキを
頼んだところにB&N&U野?がやってきた。
では黒ラベルを追加して、一本義ももらって
乾杯といきましょう。
ベーコンステーキ、こんなに大きかったっけ?
サービスしてくれたのかしらん。
モツ煮込みは”サービスです”って言ってたけど
洗面器?のような大きな器で頂きました。
来る気の見えていたTも仕事が片付かず
今日は来れないこと決定。仕方ないね。
じゃ、タコ、イカ、中トロ。馬刺し、
山芋焼き(カレー)、イカトンビ。
秩父の武甲正宗に換えて、黒ラベルも
スーパードライも空けて空けて呑んだ暮れた
のでした。メデタシメデタシ?

酒、牡蠣持ち込みOK。
山菜は山形から。行者ニンニクは北海道から。
長野の山菜は今度お持ちします。
インド大使館が開放されてて出店が並んでる。
U野?→MZ島はブロードウエイで上演する
60年代ブルックリン辺りの下町が舞台の
アメリカンミュージカルな感じでした。
男役と娘役みたいな
ツガニとガザミと伊万里焼きと武雄・嬉野温泉
シェルパ斉藤の自転車の本
Nは編み物から季節柄別な創作モノを検討中
ブラッスリーザンはアリゴの姉妹店

2012年4月4日(水) 

昨晩は予報で言われてた程では
なかったですね→東京都内限定。
打ち豆としらたきを入れたひじきを
煮て、八丁味噌で作ってみたトン汁と
キムチとコロッケでチビチビ飲り乍ら
BSを観て、録画していた落語を観て
「幕末太陽傳」も観たが、時折家が
揺れるほどの強風は吹いたけど、然程
でもなく、次第に収まっていきましたね。
低気圧の前線の通る位置が変わったの
だろうか。
夜中にも一度確認のために起きたが
やっぱり静かだった。ホッとしたついでに
女子サッカー、アメリカ 3 - 0 ブラジル
を後半から観てしまいました。
何だかダラダラTVを観過ぎてしまい、
今朝は会社に遅刻しちまいました。
にしてもデジタルリマスター版でキレイに
なった「幕末太陽傳」は奥が深いなぁ。

2012年4月3日(火) 

今日はこの間の土曜よりも強い風、
っつーか台風並の暴風雨だそうですね。
ホントは「ゆうゆう」に顔を出したかった
んだけど、交通機関の大乱れが予想される
ってんで、成る可く早めに帰って、煮物と
酒を片手に「幕末太陽傳」でも観るとするか。

2012年4月2日(月) 

江戸川橋公園の桜
強風が吹き荒れてたけども暖かい土日を
すごしたので咲きましたね。
二分までいってるかもしれません。
これから急速に進むんでしょうね。
急げ!花見!

昨日は江戸陸でサッカーがありました。
内容はまぁまぁあんなモンでしょう。
午後遅い試合だったので最寄駅のいつもの
中華屋に着いたのは、すっかり暗くなり
もうすぐ”なでしこジャパン”の中継が
始まろうって時になってましたが、やはり
ちょいと寄っていきましょう。
6人で入店なのに”餃子10枚ッ!”と
KW原さんが叫んでるし。
今日は何の日なのか知らないけど
通常380円の餃子が280円のサービス価格
になっていたのだ。
冷奴のお通し、豚レバー辛子焼き、
イカゲソ、麻婆ラーメン、チャーハン。
押さえ気味でいきましたが、やっぱり
6人で餃子10枚はちょっとやり過ぎだなぁ。
帰ってから観た”なでしこジャパン”は
後半途中からでしたが、やっぱり素晴らしい。
対アメリカは面白い、いいゲームになりますね。
江戸川橋公園の桜

2012年3月31日(土) 

すごい風ですね。
3月が終りますね。早い。
昨晩はF長さんの依頼事項を片付けるべく
ウチのメンバに集合を掛けた。
それの目鼻が付いたので、仕上げは後日と
いうことにして呑みにでも行きますか。
またしても”肉”リクエストだったので
どこがいいんだろうかなぁ、と考えながら
坂を下る。
ああ、そう言えば牛タン屋があったね。
入ったことはないがココにしてみよう。
料理は美味い。茹でタン、焼きが美味い。
でも何だか今一なんだよなぁ。雰囲気が。
まぁ、いいや。次いきましょう。
蕎麦屋を目指したが、いっぱい、時間切れ
などで果たせなかった。
では方向転換、餃子とビールでいきますか。
これも振られ振られたけど、新しめの
餃子屋にしますか。
美味い。美味いっちゃあ美味いけど
何かが今一だなぁ。
ご苦労様呑み会だったのに、若干残念な
昨晩でした。

発電状況 2012
        1月   2月    3月
発電量   169   178  223 kwh
消費量 1,148 1,011  830 kwh
売電量    54    80  120 kwh
買電量 1,033   913  727 kwh
自給率    14    17   26 %

2012年3月30日(金) 

江戸川橋公園の桜
もうほんのすぐそこ。チラリと咲いてる枝も。


Android端末はまだそれほど有効に使えていない
せいぜいfacebookとその他サイトの閲覧、
メールのチェック、くらいのものか
Androidアプリも大して落としていない
でも、その中で”社説リーダー”というのが
気に入っている
全国の新聞37紙の社説、コラムが読めるという
優れものである
試しに各誌のコラム名を並べてみる

日本経済新聞・春秋
読売新聞・編集手帳
朝日新聞・天声人語
毎日新聞・余禄
産経新聞・産経抄
北海道新聞・卓上四季
東奥日報・天地人
岩手日報・風土計
河北新報・河北春秋
秋田魁新報・北斗星
福島民報・あぶくま抄
茨城新聞・いばらき春秋
千葉日報・忙人寸語
東京新聞・筆洗
神奈川新聞・照明灯
新潟日報・日報抄
北國新聞・時鐘
福井新聞・越山若水
信濃毎日新聞・斜面
岐阜新聞・分水嶺
中日新聞・中日春秋
京都新聞・凡語
神戸新聞・正平調
紀伊民報・水鉄砲
山陰中央新報・明窓
山陽新聞・滴一滴
中国新聞・天風録
徳島新聞・鳴潮
愛媛新聞・地軸
高知新聞・小社会
西日本新聞・春秋
佐賀新聞・有明抄
熊本日日新聞・新生面
宮崎日日新聞・くろしお
沖縄タイムス・大弦小弦
琉球新報・金口木舌
南日本新聞・南風録

内容も様々で面白いがコラムの名前だけでも
何だか面白いのだ
全国にはもっと数多くの新聞がある
それらのコラムも読んでみたい
尤も、上記だけでも通勤時間内では足りぬが

2012年3月29日(木) 

呑みに行こうと誘われていた。
遣り取りの末、先日連れていってもらった
ばかりの神田の店を想定する。
”肉が食いたい”というのを結構満足できる
のではないかと思ったからだね。
19時、神田駅でAッキーと落ち合う。
端っから2階のテーブル席は期待してなかったが
案の定、今日は派手なねーちゃん達が次々とやってくる
貸し切り宴会のようである。男もチャライ感じである。
全然いいのだ。入口そばの”樽”テーブルで立ち飲みだ。
濃い色のビールとスパークリングワイン、
ソーセージ盛り合わせ、パクチー・パクチー・パクチー
で始めておきましょう。
ここは盛りが大きいのだ。ソーセージ2種、あとポテト
だけなのだが充分な量である。
パクチーと青唐辛子の茎というサラダも天高盛りだね。
どちらも美味いです。ワインに変えていきましょう。
暫くしてもう1人の参加者B当がやってきた。
イカのナンチャラ(ヤリイカのオリーブソース)
カスレ、ひな鳥のロティ1/2羽、フォカッチャ。
やはりどれも充分な量で、2階の貸し切り宴会に
運ばれていく”男前ポテトサラダ”だの”産直野菜の
ロティ盛り合わせ”だの、目を惹くものはあるのだが
そんなに食べれないよ、という感じである。
仲々イイのだ。
店のおねーさんもカワイイし感じがいいし・・・と思ったら
某有名雑誌の関係者の宴会らしい2階貸し切り宴会が終り、
1階のカウンタの立ち飲み客も帰ってしまって、僕達だけ
になったら店長なのかどうかは解らないが若い男性スタッフ
が声を掛けてきた。
”フットサルやられてるんですか?”
そこからサル話やヨーロッパサッカーの話、旅行の話
などに花が咲いてしまった。
美味しいし、安いし、またこんなにフレンドリに話も
出来るなんて、また来てしまうゾ。
”ブラッスリー・ザン”

2012年3月28日(水) 

江戸川橋公園の桜
午後は雨になるらしいですが暖かいですね。
近所の公園の桜の蕾も相当膨らんでます。
もうスグですね。
「稲毛屋」の鮭フライ定食
今日の「稲毛屋」の鮭フライ定食

2012年3月27日(火) 

先週の話の続きでF長さんが会社にやってきた。
仕事の話である。
サッサと済ませ”さぁ、何処行きましょうか”
なんじゃそりゃ。
前回興味を示していたので地蔵通り商店街を
歩いて「椎名」に連れてった。
にごり、立山。あわびウニ和え、レバ塩焼き
で始まる。
美味いでしょう。美味いです。安いです。
尚も、立山。イカの囲炉裏焼き、レバ刺し。
大満足して頂きました。
では次は気になっていてまだ入ったことのない
イタリアの総菜屋があるので、そこにしてみま
しょう。斜向いである。変な場所にある。
惣菜を眺めながら入店。中はカウンタとテーブル
が4つ。食堂?なのだ。
ワイン、料理を3品。美味いよ。
ワイン、マルゲリータ・コン・ボッコンチーノ。
あー、ピザがまた美味い。
メニュの数ではピザの割合が凄く高い。
色々食べてみたい「IL FELICE」なのだった。
2軒合わせても合計9,000円位か。
安くて美味い店、2連発だったのだ。

そいえば、金星・月・木星が縦に並んだ昨晩の空。
キレイでしたね。いや、本当はそうは思わなかった。
何となく不気味に見えた。
そして次に思ったのは、青豆と天吾が見上げる
夜空に浮かんだ2つの月だった。
そういえば今週、文庫版が発売される筈だったね。

2012年3月25日(日) 牡蠣の挟み込み作業ボランティア

塩竈と桂島で食ったもの。呑んだもの。

・シェアして、大根入り具のゴロゴロカレー、
 焼かれた麺が美味い五目やきそば、
 魚介類タップリの海鮮やきそば、
 ただラーメンと頼んでも排骨麺のように
 カツが乗っているラーメン、の昼食
 @「仙台屋食堂埠頭売店」
・作業しながらの開けたて生牡蠣
・焼き牡蠣、蒸しアワビ、若布の酢の物、
 鯛、まぐろ、生白魚、甘エビ、
 カキフライ、牡蠣入り鍋、白魚の吸い物、
 塩辛、かまぼこ、の夕食@民宿「菊池」
 浦霞2種、大和川の酒4種、他3種程
・焼き鮭、海苔、ハム、玉子焼き、ひじき、
 鯛のあら汁、鯛の兜焼き、塩辛の朝食
・作業中の休憩、薪ストーブでの焼き立て牡蠣
・牡蠣入りカレーライスの昼食@民宿「菊池」

2012年3月23日(金) 

”古今亭菊六独演会”  日本橋社会教育会館

開口一番 たらちね 
猿後家  
欠伸指南
 − 仲入り −
居残り佐平次

”鶴女、鶴女と申せしが、それは幼名…”
の下りを3度つっかえてしまい、最後は
”ここらで終わりにします”と逃げ帰って
しまいました。頑張って勉強して下さい。

仲入り前の2本、どちらもイイ出来と思います。
佐平次もイイと思う。
少しずつ表現が省かれていたり簡略化されて
いるような所もあるように思うけど、それは
個々の演者での違いってこともあるかな。
でも、3本はちょっと長いと感じるな。
それだったら仲入り前を1本にして、佐平次を
もうちょっとじっくり演ってもいいんじゃ
ないだろうか。

この会はあんまり告知がされてないんだろうか、
空席が目立ちました。ってか3/4程の入り
だったんじゃないかな。ちょいと残念でした。

終演後は本当は「魚とら」にでも顔を出したい
ところだったのだが、もう21時20分だから
今から行ったら嫌味の一つも言われるだろうな
いや、いつ行っても嫌味は言われるんだけどさ、
遅くに行くと悪いので止めときましょう。
雨の中を歩き、2度程来たことがある居酒屋へ
入りましたが、なんか、ダメ。
入ってちょいと呑みましたが、なにかがダメ。
んー、もう来ないかもね。
残念な気持ちですが口直しに餃子とビールでも
いこうかと「佐々舟」に行くもいっぱいで
入れませんでした。
表通りに引き返して遅くまでやってるラーメン屋
でお茶を濁して帰途に就きました。

2012年3月22日(木) 

今日は、昨晩新宿駅で偶然会った
F長さんが会社に来た。
偶然会ったのだが丁度僕に連絡を
付けようとしていた所だったそうだ。
夕方やってきた。
内容は仕事系のちょっとした相談事
だったのだが、大意は理解できた。
では呑みに行きましょう、という
ことで神楽坂を下ってみた。
彼は数年前まで神楽坂の住人だった
ので街の変わりように驚いていて
辺りをキョロキョロしていて、逆に
おのぼりさんみたいになっていた。
どこに行こうか迷ったが「醸蔵」に
してみよう。
珍しく店内がガラガラで奥の席には
ハーフだという可愛らしい1才半の
女の子がちょこちょこと走っていた。
カウンタに座り、お通しとお奨めの
酒を頂く。
肴は稚鮎の南蛮漬け、行者ニンニク、
生ひじきのお浸し、生しらす など。
酒が進み、豚の味噌漬け焼きなども
いっていたらTラが”あと15分で
上がる”と連絡を寄越す。
じゃあ、ってんで一先ず切り上げて
北信州のご出身の方がやっている
蕎麦屋へ行こうと店を出る。
前に来た時はいずれも空いていた
ので安心しきっていたが、蕎麦屋は
ビックリする位にお客さんが詰まって
いました。失礼致しました。
恐縮がられ、また来ます、と店を出る。
じゃあ、さっき前を通り過ぎたら
結構席に余裕がありそうだった
タコ屋に行こう。
道を逆戻りしていると向こうから
Tラが歩いてきた。
タコ屋は会計が済んでいるグループ
がもう直空くので少し待つことに
なったが、お蔭で奥のテーブルに
陣取ることが出来た。
タコのなんか焼いたの、イワシの
オイル漬けみたいの、あとカジェスとか
海老のニンニク・オリーブ油焼き、
みたいなナントカのオイル焼きのような
感じのが2種。
どれも美味いです。
カヴァや白ワインでいきましたが
途中カヴァのボトルにして、更に
赤ワインに代えたりして、良く呑み
ました。
話はちーっとも憶えてませんが
仕事系の方は明日にでも検討します。
では、野沢温泉方面の方々にも
宜しくお伝え下さいます様に。

2012年3月17日(土) 

菜の花、うど、ふきのとう、うるい、
タラの芽など春の食材が並んでいますが
今日は一番春を感じられるものが
(僕にとってはね)並んでいた。

マテ貝である。
山口県産とあった。
隣りの青森県産の帆立貝の稚貝とともに
購入。大和川酒造の料理酒だけで酒蒸し
としてみた。
マテ貝と帆立の稚貝 マテ貝と帆立の稚貝

両方ともすごく甘味があり、サクサクと
した歯応えでとっても美味い。

実は、マテ貝を食べ慣れているという
わけではないのだが、遠い昔、恵比寿の
居酒屋で食べて以来そういう刷り込みが
出来たらしい。ん、初夏か?まぁいい。
春だなぁ。
そいえばこの間ノレソレも食ったね。

2012年3月16日(金) 

江戸川橋の桜
もうすぐだね。
江戸川橋の桜 江戸川橋の桜
緋寒桜系の方はかなりイイ感じに咲いてます
江戸川橋のライオン堂
近所の”ライオン堂”(意味不明だろね)

昨日はForza浜町の日だったんですが
人数はやや少な目の13人。
それでも殆どが「鳳蘭」に来たし、
加えて余りにも寒くて一旦家に帰って
から来たというBもやってきたので、
珍しく3テーブルにお客さんが居て
中央の2テーブルにギュウギュウに
詰まって呑みはじめた。
この日、最近公表した国外へ転職する
者が話題の中心になるかと思いきや
女の子で今居る子会社から親会社に
行ってしまうからと毎日送別会を
やってもらっているという子の話、
更には、この場で初めて公表すると
いう今月末までで会社を辞め中国地方
の実家に帰ってしまうヤツの話が
場の話題を占めてしまった。
へぇ、ビックリだ。
やっぱり春は出会いと別れの季節
なんだなぁ。出会ってはないけど。
先週の引き上げ際にGWの前半に
信州の山に蛾を見にいきませんかと
誘って頂いたマスターに前半はちょっと
無理っぽいですとご辞退申し上げたり
して皆んなから遅れて店を出る。
浜町方向に行くグループの姿は既に
見えなかった。
人形町方向に行くグループは2つに
分かれている。先頭Gの親会社に
戻る子と実家に帰るヤツを擁した
その両方の親分が居るグループと
後方の小Gは国外転職とBの2人だ。
僕が吸収されるべきはもちろん後方の
小グループの方だ。
先頭のグループが真っ直ぐ行く所を
いつものように右に折れようとする
と”親分”が”親会社”と”実家”を
アイツ等ともう一軒行こうと誘って
いる。結局、ウチラ3人と親分と実家
が「岩手屋」の暖簾をくぐることに
なった。運良く空いていた。
熱燗をもらって、お通しに大皿料理
のマカロニサラダをねだると、沢山
あったのに一皿全部もらっちゃった。
キラキラのサヨリとタコぶつも頂こう。
実は最近大事な友人を亡くしたBと
ご主人のお兄さんを亡くした女将さん
だったので、そんな話から人の生き死に
の話が暫し続いたようだった。
おでんも頂きましょう。
親分と実家は本当に長い付き合いで
実家が東京での暮らしの中で如何に
親分にお世話になったかを力説している。
大皿のししとうと厚揚げの煮物も
皿ごと頂きましょう。
終電間際に親分と実家が帰っていった
後にやってきたお客さんが頼んだ
野菜の味噌煮込みが美味そうで
味噌煮込みうどんなど三河の料理の
話をしていたら、新規のオーダが
ないのに女将さんが鍋を火に掛けた。
こりゃあ、もしかして多分、と思ったが
果たせるかな味噌汁を振舞って頂き
ました。
ネギ、ニラ、玉子の具で出汁が利いて
ます。
玉子は柔らかいのがいい?硬いのがいい?
なんて気遣いだなぁ。
美味いのである。ご馳走様でした。
この味噌汁がなかったら国外転職の悪癖
夜中のラーメンに絶対に行ってるところ
だった。危ない危ない。

そんな翌日の今夜は、神楽坂でTラと
落ち合いましたが、神楽坂のイメージとは
程遠い(失礼)安居酒屋に連れてく。
戸を開けて顔を突き入れると”一人?”と
親父さん。
ピースを作って”二人ッ”と言うと何かを
作っている手を休めもせずに顎をしゃくって
入口近くのカウンタの端っこを示す。
殆どいっぱいだったがカウンタにポツポツ
とスペースがあった。
指定されたカウンタの端っこは一席しかない
ように見えたのだが微妙な造りで、向き合う
ように2人座れるスペースだったのだ。
以前来た時に常連さんが”お水”と言って
一升瓶から立山を注いでもらったのを見て
真似して立山をもらった。以来、立山である。
まだ”お水”と言ったことはないけど。
コップに2杯注いでもらい、レバ焼き、銀杏、
モツ煮、岩海苔をもらう。
隣りの常連さんコンビがそのラインナップ
を聞いて”いいねぇ、それ、美味いよ”と
話し掛けてくる。
レバ焼きが来ればここのレバが如何に美味い
かを語り、モツ煮が来ればゆず七味の話になり
岩海苔の美味さを語る。
イイ感じに酔った仲々楽しい常連さん達だ。
”じゃ、あとこの人達を宜しく”と親父さんに
手を挙げて僕達を託しながら、別々なお客さん
であるのに2人仲良くサッと引き上げていきました。
その常連さんのご推奨を待つまでもなく
ここは美味いのだ。
Tラもレバ焼き、モツ煮が美味いと驚嘆の
声すら挙げそうである。
あとTラはカウンタに一人で呑みに来ている
お姉さんが格好いいと言ってたっけ。
立山をお代わり、〆鯖、アブラゲ炒め。
更にお代わり、更に頼む。
いいでしょう「椎名」。
先日、吉田類さんがTVで
”シイナでもらった七味・・・”と言って
いたが、それはココのゆず七味に間違い
ないのだ。
ウチラも今日はサッと引き上げましょう。
ちょっとだけ口直しに行きますか。
近所でお昼に人がやけに入っている
うどん屋があって、気になっていたので
そこを偵察してみましょう。
場所は決していい処とは言えないけど
結構いっぱいである。
運良く空いていたテーブルに座るが
「椎名」もそうだったけど、後から後から
お客さんがやってくる。
美味そうなうどんメニュの他に酒の肴も
結構豊富にあるんだね。
では、お酒をちょっと頂きまして春の肴
をちょっといきましょう。
感じも悪くないね。人気あるのも頷ける。
今日は偵察だったのでもりうどんで〆て
サッと引き上げましょう。
今度はじっくり来てみたい「初とみ」だった。

2012年3月15日(木) 

五輪出場決定!良かったですなぁ。
しかし、あの戦い方ではイカンなぁ。
でも中盤をセレッソが支えてるって
のは素晴らしいですね。
また流失が心配だけど。
その扇原が入れた1点目の直前、地震
があった。大きかったですね。
緊急地震速報が鳴りました。
ん、2つ鳴ってる?
どれが鳴っているのかと思ったら
つい最近Tラが機種変した携帯に
付いてきたデジタル・フォト・フレーム
が鳴っていたのだ。
この”写真立て”は自身が通信機能
を持っているので、まぁ、携帯電話と
同じってことで鳴ったんだね。
メールに写真を添付してその写真立て
に送信すると自動的に表示されたり
するのである。
折角だからデジタル写真をスライドショウ
にでもするかと思う。
でもスライドショウ用の写真を一々メール
添付するなんてのはダルイので、記録
メディアに保存して写真立てに挿入する
ことにした。
昨年の日記のどこかに書いたと思うが
プライベートのそれこそ”パソコン”を
買ったのが1996年で、程無くデジカメも
購入した。
その時買ったデジカメは、42万画素で
内臓メモリのみの8MBの容量のもの
だったと思う。もちろんオリンパスである。
バックアップ用の外付けHDDを探したら
1997年から写真があったので97年に
買ったのだろう。
だからデジカメを使い出して、もう15年
も経つことになるのだね。
翌年のフランス98、ワールドカップ
にも持って行ったが、何しろ8MBなので
確か80枚位しか撮れなくて、今みたいに
無闇に撮ることが出来ず、吟味しながら
撮っていた。
あまりに慎重になったので逆に80枚も
撮らずに容量を余らせて帰ってきて
しまったと記憶している。
今なら欧州旅行にでも行こうもんなら
何百枚も撮ってしまうだろうし、実際に
ドイツやオーストリアでは数百枚ずつ
は撮った。
今では何百枚撮ろうが何でもないのだ。
むしろバッテリの方が心配なくらいである。
余談ではあるがバッテリの充電のために
コンセントの心配と手当をするのが面倒
な時もある。こういう時は乾電池の
デジカメの方が重宝することもあるのだ。
さて15年分のデジカメの写真をチェック
しながら写真立てに表示する写真を
選ぶ。取敢えず250枚ほどの写真を
メディアにコピーしてスライドショウを
表示してみた。
懐かしかったり、こんなん撮ったっけ
というのもあるが、待てよ、やってる
ことはちっとも変わらない。
ただ老けただけだな。チェッ!

ナッタマニィ

2012年3月13日(火) 

良く行く定食屋はメニュは少ないものの
日替わりでバリエーションがあるし、
何しろ安くて美味い。
当然、常連さんもいる。
宅配便のお兄ちゃん達は、猫も飛脚も
大盛りで実によく食う。
若い女性2人連れ、中年の女性1人、
年配の男性サラリーマン4人組など様々だ。
その中で、初老と若い男性が2人と女性が
4、5人のグループがある。
ランチタイムが少しズレでいるのだろう、
13時前後に行くとよく見掛ける。
僕が行くと大抵は食事の終わり頃か、
既に食べ終わっているようなことが多い。
お茶を注ぎ足してもらってのんびりと
お喋りを楽しんでいる。
僕がゆったり食べ終わっても、まだ帰らない
こともあるのでお昼休みの時間目一杯居る
のかもしれない。
本当に混んでいる時間帯なら営業妨害にでも
なりそうだが、13時を大分過ぎているので
新規のお客さんはポツポツとしかやって
来ないので、そう迷惑ということはない
だろう。
話の内容は、大抵がワイドショウと同じだ。
まぁ、職場の仲間、それも女性が多いのだし
お昼休みに話す内容といったらそんなもの
かもしれない。
ただ、2人交じってる男性がワイドショウ
ネタにやたら詳しいし、よく喋るのだ。
特に若い方のが、まぁ、良く喋る。
いつ聞いてもどんなネタもよく知っている。
まるで当事者か見てきたようである。
呆れる、というよりは感心してしまう。
これは元々そういうのが好きなのか、
はたまた女性が多い職場で働く知恵か
習慣になったものなのか。
今日はマラソンの五輪代表選考について
解説していた。ふーん。
それにしても今日の”メンチ・コロッケ定食”
600円也のメンチカツは美味いなぁ♪

ニケ

2012年3月11日(日) 

あれから一年が経った。
言いたいこと、書きたいことはあるが
止めておこう。
代わりに、祈り、行動しよう。

2012年3月10日(土) 

昨日は一日中雨だった。
夜から夜中になっても風雨強く、窓を叩く
雨音がバラバラと断続的に鳴っていた。
それが明け方、急に静かになった。
案の定、霙、雪に変わっていた。
今日は、昨晩遅くに急遽助っ人に行くこと
になったK野系の試合が海老名である。
雨は今日の昼まで続くという予報だったので
覚悟はしていたが、雪は聞いてないよぉ。
7時、雪降りしきる中、車で出掛ける。
7時15分、”近いから一緒にどう?”という
誘いに乗ってくれたHR木とKジを中野駅
南口で拾う。
青梅街道から山手通りに曲がり、初台から
首都高に入る。えーっ!入ったと思ったら
事故渋滞でピッタリ止まっていた。
決断。わずか2、3百メートル走り、降りる。
246に出てすかさず首都高に乗り直す。
本線に出た途端、合流のわずか数メートル
手前で事故が発生していた。危ない危ない。
今日はこの後も事故現場を見たが、雪の
影響でもあるまいと思うのだが、事故の
多い日のようだった。
海老名SAの先、海老名JCTを右折、
圏央道の尻尾の海老名ICを降りる。
Uターンするように高速と相模川沿いを
走れば、もう海老名陸上競技場である。
集合の9時にはまだ40分もある。
雨には変わったがエライ寒いのだ。
天然芝のグラウンドには水が浮いている。
管理人の方は”本当はやってもらいたく
ないんですけどねぇ”と言っている。
そりゃそうだよなぁ。でも決行だそうだ。
ウチラ3人に他にもう1人K野が連れてきた
助っ人を加え、4人の助っ人を足しても
丁度11人である。年齢制限の無いリーグだ。
試合は前半は押され気味で 0 - 1 で折り
返す。1人増えたのでメンバチェンジ。
後半1点返すとその勢いで怒涛の大反撃を
するも惜しくも得点に至らず引き分け。
まぁ、8人しか集まらない状況だったのが
12人になり負けなかったので”ヨシ”として
頂こうか。
シャワーを浴び、直ちに東京に引き返します。
熟慮の末、飲み食いの場を野方に決める。
12時45分、HR木、Kジを野方に降ろし、
僕は車を置いてからバスで野方に向かう。
2人は秋元屋の小路の斜向かいのイタリアン
に収まっていた。
ビールに白ワインはいいのだが、何と焼酎
のボトルがあるのだね。
ソーセージ、マルゲリータが美味い。
返しの車の中からポツポツ召集してみて
いたのだが、先ず142到着、続いて
宿酔のT原、Y下が到着。
ランチ営業のラストオーダを過ぎても
ダラダラ呑みました。すみませんでした→お店。
そろそろ営業開始の「秋元屋」へ移動。
やっぱり焼き物が美味い。
群馬泉は止めてしまったのだそうだ。残念。
八海山と景虎をいきましょう。
フットサルがある142が帰った後は
英語禁止縛りで遊ぶ。
17時半、これからY野やMGMが来そうと
いうところで僕は浅草に向けて移動開始。
今日は前々から浅草「もがみや」の会が
予定されていたのだ。
野方→高田馬場→上野→浅草。18時半丁度
に「もがみや」到着。
メンバは酒造りの会の9人である。
強烈に呑みました。それ以上に食いました。
お店がサービスしてくれても@1万円。
いきすぎですね。
大将も”作っても作っても追い付かない”って
ぼやいてましたっけ。
浅草寺 浅草寺
ライトアップされた浅草寺で記念撮影を
しながら浅草→神田→東中野と乗り継いで
帰って参りました。
あー、よく呑んだ。そしてよく動いた。

2012年3月7日(水) 

江戸川橋公園 江戸川橋公園
桜の様子を見に江戸川橋公園に行った。
ソメイヨシノはまだまだだったが
緋寒桜系の桜がチラホラ咲いていた
ので見上げていたら、おばちゃんに
話し掛けられた。
江戸川橋公園
(緋寒桜系の花は撮れなかった。蕾の色が濃い)

今年は何だか寒いので桜は遅いわね。
その分アッチの梅は今が満開ですねー。
暖かくなったり寒くなったり大変ねー。
アッチの梅、満開だから見てごらんなさい。

お話し好きの品のいいおばちゃんだった。
おばちゃんのお奨めに従い”アッチ”まで
行ってみることにしよう。
江戸川橋公園
成る程、紅白の梅が6、7本固まって満開、
見頃である。
その奥のベンチのある辺りでは何やら撮影が
行われている。
OLがお弁当を広げて世間話をしている所へ
後輩の同僚がやってきて話に加わり、流れで
ジョギングかマラソンの話題になり、それらの
用具の話しになっていくらしいのだが、
後輩サラリーマン氏が途中で噛んでしまい
やり直しになったので、それ以上の展開は
解らなかった。
皆さんよく通る声で滑舌よく声を張って
おられました。役者も大変なのである。
江戸川橋公園 江戸川橋公園
(OL3人に近付くタイミングを見るサラリーマンとカメラ)
江戸川橋公園 江戸川橋公園
(ソメイヨシノの状態。隣りは拡大した枝)

ついでにお昼も食べちゃいますか。
「大盛軒」のもやしそば 「大盛軒」のラーメン
ぐるぐる歩いたけどピンッとくるものがなく
結局「大盛軒」でもやしそば。500円也。
次のは先週の400円のラーメン。
タマ ニケ
(配達トラックから出るタマ。ニケは表情がクロに似てる)

なでしこ、惜しかったねー。
戦い振りは全体的にあまり良い出来
ではなかったけど、日本らしさを出した。
それに勝るとも劣らないゲルマン魂との
ぶつかり合いになりましたね。
惜しい、悔しい。けど、素晴らしかった。
これでW杯が決してラッキーだっただけ
じゃないことが証明出来たし、倫敦五輪
も楽しみですね。

アルガルベ杯 決勝
日本 3 - 4 ドイツ
江戸川橋公園の梅

2012年3月6日(火) 

素晴らしかったですね。なでしこ。
アルガルベ杯 1次リーグ第3戦
日本 1 - 0 アメリカ

ファロのスタジアム。
EURO2004の会場だった処ですね。
また行きたいゾ、ポルトガル。

21:55成田発、翌4:20パリ着
7:25パリ発、9:00リスボン着
10:00レンタカーで南下開始
12:30ファロ到着
3泊5日、チケット、宿泊、食事込み
16万円〜17万円
今晩飛べば余裕で決勝に間に合う。
いかが!?

2012年3月3日(土) 

雛祭りの日のタマ
雛祭りの日 雛祭りの日 雛祭りの日 雛祭りの日 雛祭りの日 雛祭りの日 雛祭りの日 雛祭りの日 雛祭りの日のナツ 雛祭りの日のニケ
今日だけイイ天気だそうですね。
山の方に早い山菜でも買いに行こうかと
思ったけど、早朝の交通ニュースを見たら、
関越道上でもう2ヶ所も事故渋滞が
発生しているという。
機先を制された感じになったので
やーめた。それに今年は寒冬だから
山菜もまだあまり出てないかもだしね。
事務所で絵でも描こうっと。

絵を描きながら期末に向けていつも
のように土曜出勤しているB&Nに
打診メール。
”呑みますか”
返ってきた指示は、18時過ぎ上り
で森下「三徳」。
了解。
森下に着く直前、19時に着くと
訂正が入った。どれちょっと散策。
向こうに「みの家」の灯が見える。
「山利喜」久々に見たけど、また
キレイに大きくなったのかな。
ああ「杉」が在りました。
随分前に行った時、昆布の煮物が
すごく美味かった印象があるな。
「越州」、「陸中」気になっている
店である。
高橋「魚三」いっぱいの盛況だね。
高橋(たかばし)商店街いい感じ。
「三徳」もイイ感じです。
ガラッ、こんちは。
アウェーの視線を若干感じつつ
どこでもどうぞというので座敷手前
の一番奥のテーブルに座る。
酎ハイとお通しのひじき。
下町ならではの”純レバ”を頼む。
程無くB&Nがやってきた。
お疲れさんの乾杯。
炙りレバ、レバカツ(タルタル多目)、
レバ刺し。どんだけレバ食うねん。
モツ煮込み、マーボー豆腐、ご飯。
どれも美味い。
お奨めのタルタルソースも、炙りレバも
純レバもいい。伏兵マーボー豆腐が
思いの外美味かった。
話は何だったっけ。
乙女とおばちゃんの話だったっけ。
その他はすっかり忘れたけど
美味しい呑み食いでした。

タマ

2012年3月2日(金) 

何ていうか、虚脱感か、喪失感か…
兎に角、大事なもの、あるいは、
大事なパートを失った気分である。
3/1に三十路を迎えて”なっちゃった”
とつぶやいた女性に”年がいった方が
楽しいこともあるよ”と返信したばかりだが
そうは言ってもやっぱり年を重ねれば
失うことの方が多くはなるよな。
でも、まぁ、また頑張って楽しいこと
を構築していきましょう。

発電状況 2012
        1月   2月
発電量   169   178 kwh
消費量 1,148 1,011 kwh
売電量    54    80 kwh
買電量 1,033   913 kwh
自給率    14    17 %

ナツ

2012年2月29日(水) 

閏年ですなぁ。
大雪ですなぁ。
肉の日、ニンニクの日ですかい。

今日はヤラレた。いえね、傘をです。
銀行を数軒回らないといけないのだが
大手都市銀は入口にビニールの傘袋が
あった。
はじめの銀行で袋に入れる。
次の銀行は斜向いなので袋に入れたまま
傘は差さずに行った。
3軒目の信用金庫はちょっと先なので
傘袋を2軒目の銀行でゴミ箱に入れて
傘を差して向った。
信用金庫は入口の傘立てに突っ込んで
おくやり方だった。
傍らの手擦りに掛けてある傘も何本か
みられたので僕も手擦りに掛ける方を
選んだ。
傘立てに突っ込むと他の傘達と一緒に
なり、取っ手のあたりしか見えなくなる
なんてこともままあるので間違えられ
易いからだ。
手擦りに掛ける方は全体像が見えるので
間違えるということは錚々無いだろう。
月末ですからね、それなりに時間が
掛かり、帰ろうかとドアに向ったら
手擦りの傘が無い。
現在店内に居るお客さんの数と傘立てと
手擦りに残った傘は大体同数に思える
ので手擦りに掛けた誰かが間違えたの
かもしれない。
カウンタに戻り、傘が無くなったことを
告げるとおねーちゃんは奥の席に行き
2番目位に偉そうな人を呼んできた。
謝られて代わりの傘を渡された。
ウチ担当の外回りの人も出てきて恐縮
している。
まぁ、そりゃそうだと思う。
でもさ、もうちょっとやり方を考えたら
どうなんだろう。
よく思うのは居酒屋や定食屋のような
飲食店に入る時だ。
鍵の掛かる傘掛け、お店がテーブルや
グループ毎に預かってくれる、席の横に
傘立てを置いてくれる、これ等なら
ほぼ問題ない。店側が責任を持って
いるか、あるいは自己の管理下に
あるかがハッキリしているからだ。
問題なのは、さっきのと同じ、入口に
傘立てだけがあるパターンだ。
店も自分も管理下に置いてない置けない
という点が厄介である。
そして往往にして間違われるかあるいは
故意に持ち去られることがままある。
そして無くなったことを店に告げる
のが若干引け目のようなものを感じる。
たかが傘くらいで、とか思われそうに
思ってしまうことがある。
特にビニール傘だった場合なんかは
そういう雰囲気になる。
またビニール傘でもちょっとだけ
いいヤツのこともあるよね。200円の
ホントにペラッとしたヤツなんかと
交換したくないからビニール傘だって
ちゃんとしてもらいたい。
店が管理出来ないなら自分の管理下に
置かせてくれられるように配慮して
ほしい。だけど傘袋に入れて席まで
持っていってというのは困るけど。
ホント雨や雪の日の傘には配慮して
ほしいのだ。
件の信金はいきなり”ビニール傘ですか?”
って聞きやがる。そりゃ安物ではあるけど
ビニ傘じゃあないんだ。
”そこに掛かってる紺色のような感じ
 の緑色の傘ですけど”
って言ったら、その紺色の傘を取って
”じゃあお客様が返しに来たらお届け
 します”ってその紺色の傘を持って
いってしまったけど、おい、その紺色の
傘の持ち主が間違えたって解るのか?
誰もそんなこと言ってないぞ。
その傘の持ち主が今店内に居る人じゃ
ないって解るんですか。
まぁ、いいや。上手くやって下さい。

大雪は14時頃まで降り続きましたが
やっと降り止みはじめた15時、北の方
からの来訪者があり、暫し打合わせを
する。
青天の霹靂、ビックリするような話
だったが”そりゃまた別な話”なのだ。
北方の来訪者と別れ、雪の急坂を登って
Forza茗荷谷へ向う。
その急坂は文京区の谷と山の境目で
まさに山を登ると言ってもいい程の
急坂である。
小股になってゆっくりと登らねば息が
切れてしまうのだ。
雪に足元を取られないように歩を進め
頂上に着いた。
谷底も住宅街だが頂上はもっと高級
住宅街である。
息を整えながら平坦になった住宅街
を進む。
僕は目の視力はいい方だ。2、3年前
までは左右とも1.5だった。ここ最近
視力が落ちたと実感はしているが
それでも先日の健診時で1.2と0.9だった。
自分的には0点ナンボというのは驚き
の悪さだったが、世間ではそれ程でも
なさそうだよね。
そんな視力とまぁ普通程度の脳みそを
持っている筈なので多分間違いないと
思うのだが、平坦になった住宅街を
50メートルほど来たところで前方10
メートル位に路地の左側から何やら
動物が出てきた。
辺りの様子を窺うような、躊躇して
いるような素振りをちょっとの間見せて
次の瞬間にはスススーッと路地を横切り
右側の住宅の塀の上の方に飛び上がって
消えていってしまった。
その間も僕は歩を進めているので
5、6メートルの距離まで近付いたのでは
ないかと思うが、その動物は推察するに
タヌキではないかと思う。
短い手足、長めの胴、大きめの尻尾、
とんがった顔付き、全体としては
流線型の体型である。
イヌならばミニチュアダックスフント
あたりがボリウム的には適合するかも
しれないが、フォルムが違いすぎるし、
あんなジャンプは到底出来ない筈だ。
ネコならばジャンプは問題ないがネコ
の外観じゃない。
高級住宅街だけど近所には大学や高校
が幾つも在るし、大きな公園も在る。
都会に住んでいるタヌキにしたら
住み易い環境ではないだろうか。
あれは間違いなくタヌキだと思うが
どうだろうか。

「PANAS」
(ああ、Rナ、洋服の裾がカレーに浸ってるゾ!)

フットサルは集りがやや悪くて丁度10人。
みっちりやって「仙鶴楼」でW杯3次予選
の対ウズベキスタンのショーモナイ試合
を後半から観て、その後に続くなでしこ
のアルガルベ杯の緒戦を観始めたが
このままいくと、2002年のベスト16の
対トルコ戦の時のように負けた脱力感の
ままダラダラと次の試合を観るともなしに
観てしまう悪いパターン−僕は仙台まで
実際に観戦に行ったが試合終了後サッと
帰り、バスや新幹線の乗り合わせが良く
アッと言う間に皆がTV観戦していた本郷の
カフェに着いたしまい、そのまま皆んなと
次のイタリア対韓国戦だかをダラ見して
しまったのだ−になってしまいそう
だったので、意を決して次に行こうと
席を立った。
アレッ、皆んな来るの?
結局、全員の7名がインド料理「PANAS」
に移動して、タンドリー系盛り合わせ、
マトン、キーマ、鶏とホウレンソウ、バター
プラウンなどカレー5種、巨大なゴマナンと
ガーリックナン4枚、赤ワインなど、たっぷり
いってしまいました。

ニケ

2012年2月26日(日) 

昨年末にフットサルで会った先輩
−というよりも腐れ縁のような人だけど−
が朝・昼・夕食の比率は4:5:1だったかな
がいいのだと言っていた。
夕:1は”無理ッ!”とは言ったが
夕食は成る可く炭水化物と油物を摂らない
ようには気を付けている。但し、家食の時ね。
その代わり朝と昼は炭水化物制限は
掛けてない。
今朝、今日のお昼は割りとガッツリと
食べたいと漠然と思った。
午前中に東京の西の方で所用を片付けて
お昼ご飯を求めて走った。いや、車よ。
何となく国分寺に行こうと思い、良さ気な
うどん屋などを遣り過ごし尚も走る。
何だか今日は”街の洋食屋”で普段から
ウチは盛りが多いんです、ってな店の
カレーやらミックスフライやらをワシワシと
食べたい気分だったのだ。
駅に近くなってきて商店街になってきた。
コインパーキングに停めて歩いてみる。
サムゲタンも蕎麦も美味そうだけど、もう
ちょっと歩いてみよう。
小さな十字路で首を左に振ると”オッ”
「フジランチ」@国分寺 「フジランチ」@国分寺 「フジランチ」@国分寺
匂いがします。
営業してたらココにしようと決めて近付く。
ああ、いい感じの店構えですね。
店内はカウンタにテーブルが3つ。
運良く奥のテーブルが空いてました。
メニュは普通の洋食屋のラインナップ
ではありますが、美味そうなんです。
Tラは”基本の”ナポリタン。550円
僕は迷う所ですが店の名前を冠した
”フジセット”920円。
後から後からお客さんがやってきます。
1人客でおじさん、学生。カップル、家族。
幅広い客層で、人気店なのだと解ります。
「フジランチ」@国分寺
やってまいりました。
先ず、ナポリタン、いい感じの下衆な赤
ですね。美味そう。
続いてフジセット。メインはデミグラの
掛かったハンバーグとその上の目玉焼き、
サイドに鳥唐が3つ、赤いスパゲティと
サラダが添えられてます。
これに随分と盛りのいいご飯と味噌汁。
味噌汁の具が、豆腐、アブラゲ、若布と
ネギ。豪華ですね。
そしてこれらが美味い!
「フジランチ」@国分寺 「フジランチ」@国分寺 「フジランチ」@国分寺
ナポリタンは好きな味だというし、唐揚げ
ハンバーグも美味い。
”ボリウムがあります”と壁に書いて
あったけど、その通り満足です。
大盛りにするとフジ山のようになるとも
書いてあったけど挑戦してる人は居な
かったけど、一度拝見してみたいものです。
マスターとママもイイ感じだし、やるなぁ、
街の洋食屋!
今日の気分にピッタリな大満足の偶然の出会い
でした。
ポイントカードとサービス券ももらっちゃた
ので、こりゃ時々は来んとな。
「フジランチ」@国分寺

2012年2月22日(水) 

会社のメンバと呑むことになった。
八重洲「加賀屋」ではどうでしょう
というのだが最近行ったばっかだし
別の街にしようと候補を挙げたが
その中から指定されたのは有楽町
だった。
あんまり代わり映えしないのだ。
ビアレストランかガード下の居酒屋
のどっちがいいかと聞くとビール部
なのにガード下がいいのだと言う。
ふーん。では「新日の基」へ。
危うく入れない所、という程の盛況
振りでした。
ノレソレや菜の花、タラの芽など
あ、それと貝も食ったけどシャコね、
春をつまみに酒を呑み、たまには
愚痴の捌け口なってやらねばね。
次はビール部お気に入りのやっぱり
ガード下「バーデンバーデン」。
ニュルンベルガーだのヴァイスだの
ラオホだのとソーセージを食い、
ジャーマンポテトを突けば欧州旅行
の話になります。
行きてぇなぁ。
その辺でお開きとなりました。
家に帰り着くと後半の途中です。
蒸し暑いんだかなんだか知らんが
やっぱりピリッとしない試合運び
のようですな。
まぁ一応 4 - 0 だそうだからいいけど。
日本 4 - 0 マレーシア
その後の時間帯、NHKのEテレの番組に
中学の同級生がテレビに出ていました。
そいつは結構メディアに出るよう
なので、そう珍しくもないかも
しれないが、そう言えば今年の正月
元旦にTOKIOの番組で難しい設定・
シチュエーションにトライするって
番組に−中村俊輔が路地を通り過ぎる
バスの窓にボールを蹴り込むとか
やってたやつね−それの宅配ピザを
フリスビーに見立てて住宅の2階の
電子レンジの中に投げ入れるという
テーマのコーナーに小中、いや幼稚園
からの同級生も出てたっけ。
皆んな活躍してるなぁ。
僕も頑張ろっと。TVはいいけど。
シリアがバーレーンに負けたので
再び日本が首位になった。
喜ばしいことではあるが、最終戦は
そのバーレーンが相手だ。
向こうにも五輪出場の望みがあるので
激しい試合になるだろう。
ここ2試合のようなチンタラした戦い
振りでは心配なのだ。
気合を入れて戦ってもらいたい。
こういう場面はやっぱり気合なのだ。

2012年2月21日(火) 

ナツとタマとニケ カレーヤキソバ
昨晩から香辛料とバナナとヨーグルトに
浸け込んでいた鶏むね肉で作ったカレー
を掛けたカレーヤキソバを朝食に食べた
今日のお昼は、日曜のT原家に続き
またしてもForza系である。
”お昼一緒に食べない”と誘われたのは
T原家と一緒だったヤキトン屋で受けた
メールだったのだが、今日の11時まで
忘れてた。
”どうする?”メールに返信をしながら
考えた。というかはじめに思い付いた
「きん助」にしよう。
12時ちょい前に着くと、もうテーブルに
付いていた。
では今日の定食、鶏団子スープとメカブと
炙りブリ刺しの定食を頂きましょう。
仕事は?ふんふん。
会社は?ほーほー、そんなことが。
遊びは?またぁ!やるねぇ。
今晩は?はぁはぁ。どうぞご自由に。
鶏団子もブリもメカブも漬物も味噌汁も
美味い美味い、なので2人ともつい
お代わりしてしまいましたが、Mス田さん
2膳目大盛りですかい。
まぁ、体力付けとかなきゃね。
んじゃ、また。
♪まーたぁ、会ーう約束なーどすることも
なくーぅ、それじゃぁ、またなーと別れる
とーきぃのおまーえがいーいー♪
「きん助」昼定食

夜はT区の監督会議があった筈だった
のだが、よくよく確かめてみたら来月の
今日だったよ。
じゃ夜は時間が空いたということで
Tラに連絡を取ってみたら19時過ぎ
ならOKというので「醸蔵」へでも顔を
出してみようと誘う。
19時半に店到着。この店でこの時間では
もういっぱいで入れないだろうと半ば
諦めていたが、豈図らんや、入れました。
でも、入ってスグ納得した。
今日はあのおねーちゃんが休みなのだ。
ナンバー2に聞いてみると、山形の
蔵元に瓶詰めに行っているらしい。
なるほどナァ。
酒3種。聖護院大根と身欠きニシン、
行者ニンニク、生桜えびの掻き揚げ、
ちぢみホウレンソウ炒め、玉ねぎ浅漬け、
3色ニンジンしりしり。
美味しゅうございました。
しかし、おねーちゃん目当てのカウンタ
のあのお客はいただけないなぁ。

2012年2月19日(日) 

白菜と豚肉の蒸し煮と付け合せのパスタ 白菜と豚肉の蒸し煮と付け合せのパスタ
(全く同じアングルでコンデジと
 一眼レフ+マクロで撮ってみた。
 コンデジの方が画素数は高いのだが
 やっぱり一眼レフのが勝ちかな。)

昨日は午前中に試合だったのだが
グラウンドに着いて着替え終わった
時に中止を知らせるメールが届いた。
遅いよ。
ダラダラしてると動いてもないのに
そのまま呑みに行ってしまいそう
だったので、誘惑を断ち切って
歩きはじめました。
さて、どうしよう。
緊急ではないが買い物があったな。
家人に連絡を付けつつ、今日は
気温が低く、風も結構あるので
日向を探しながら新宿に向けて
歩き出す。
幡ヶ谷からなので甲州街道を脇道
に逸れてブラブラ歩いても30分位
だろう。
新宿の高層ビルを撮影したり、
ラーメン屋や珈琲屋のメニュを
覗いたりしながら西口方面に
近付いた。
西から見た西新宿
あれ、ここら辺ってば・・・
知り合い筋の病院の近くに出たのだ。
じゃ、休憩がてら寄ってってついで
に血圧でも測ってもらおうか。
病院を出たところで家人と連絡を
取りながらヨドバシで落ち合う。
ちょっとした買い物である。
そしてお昼。サラダ中心でいこうと
思い「シズラー」に向うも改装中で
締まってました。残念。
じゃあどうする?
近い処ということでセンチュリー
ハイアットのカフェのバイキング
にしますか。
センチュリーハイアット センチュリーハイアットのカフェのバイキングのローストビーフなど
品数はドームよりは少ないものの
クオリティは高い感じです。
中でもローストビーフが美味かった。
日ごろ”もう牛肉は要らない”とか
って良く言ってますが、美味い
ローストビーフは別なのだ。
満足なお昼でした。なので夜は抜き!

日曜もイイ天気だけど昨日は強かった
風が弱く、微風且つ気温も昨日より
高いので絶好の天気である。
今日も昨日の試合と同じリーグの
試合である。場所は二子玉。
二子玉
駒沢公園で朝一番の試合から「王将」の
餃子2枚と大瓶1本だけで移動してきたと
誇らしげなT原さんの声援を受けたが
結果はまたしても大敗。
今日はサッカーをやったので、昼から
でもOKなのだ。気持ちを入れ換えて
呑みに行きましょう。
チームと離れてT原さんとヤキトン屋に
落ち着き、先ずは乾杯。
三茶でオーケストラを聴いていると
いうR香&HR和に連絡すると”来る”
という。程無く合流して4人呑みです。
この家族−1人欠けてるけど−はいいね。
でもジョシダイセイは19時に友達と
渋谷で呑みの約束があるというので
途中で旅立っていきました。
ジョシダイセイは居なくなりましたが
気分のイイ呑みになりました。
しかし、もうちょっと出来るだろう。
いや、サッカーさ。ウチのチームさ。
先ずは自分がもうちょっと走れるように
ダイエット&トレーニングだな。
なんちゃってナポリタン

2012年2月17日(金) 

午後、銀行に行くために神楽坂を下った。
路地の多い街であるが、中でもとりわけ
好きな細い路地がある。そこへ折れた。
すると前から黒い着物に白塗り、高島田
の若い芸者さんがこっちに歩いてくる。
ドキッとするねぇ。
互いに斜めになれば人2人が擦れ違えない
幅ではないのだが、やっぱり隅に避けて
通してあげるよね。
擦れ違い様に「ありがとうございます」。
いいなぁ。
ここ神楽坂ではそれと思しき着物姿を
見掛けることは、そう珍しくもないが
こんなにキッチリ姿を作った芸者さんに
出会うことはあまり無い。
壁の迫った暗く細い路地、天の青空から
所々に陽射しが入る。そこへ黒い着物を
着た白塗りで高島田に結い上げた芸者さん。
鮮やかな紅が差してある。
擦れ違い様に見える白いうなじ。
いやぁ、絵になる光景ですなぁ。
眼福、眼福。
銀行に行くだけだったからね、カメラは
持ってなかったなぁ。残念。

金曜の晩はAッキーと八重洲で会う
”じゃブックセンター1Fで”
”?? ブック 本屋?”
何をッ、八重洲ブックセンター
知らんのけ!
久し振りに八重洲「加賀屋」に
行きました。
大親父は体調を崩していて暫く
お休みだそうですが、早くお元気に
なられることを願っております。
2軒目は八重地下の「銀だこ」で
立ち飲みでした。

2012年2月16日(木) 

昔の同級生と会った。
その同級生はザックリ言って東京より
北の方から来るので、日暮里・西日暮里
ではどうかなと思い「稲毛屋」を思い
浮かべた。日暮里駅で待ち合せた。
バスで不忍通りを周ると「稲毛屋」の前
に丁度バス停があるので、顔を出して
予約を入れてからよみせ通りを歩いて
日暮里駅まで行って落ち合い、逆を辿り
夕焼けだんだん、谷中銀座、よみせ通り
とプチ観光をさせて「稲毛屋」に案内
しようという腹積もりである。
道灌山下バス停で降り「稲毛屋」前に
立つ。アレレ、休業だよ。何々
”都合により15日16日は連休を頂きます”
アチャー、お休みだって。
脆くも崩れ去りました。
小雪のチラつく中、予定のプチ観光は
させましたが、そのままだんだんまで
引き返し「蟻や」に入店。
ま、仕方ないね。だけど最近「蟻や」多いな。
ポテトサラダ、ゴボウサラダ、初カツヲ、
ヘシコ、小松菜の煮浸し、カツサンド。
他の同級生のこと、当時の近所の様子、
遊んだこと、男子女子のことなど昔話に
花が咲きました。
その同級生は全く別な友人で日暮里に
実家があるというのが居て、その友人が
「蟻や」を知ってるというので、前々から
「蟻や」のカツサンドを紹介したいって話を
していたので丁度良かったのかもしれなかった。
美味い美味いと絶賛でしたね。
しかし、初めて知ったよ。カツサンドって
メニュに載ってないんだね。
それじゃあ、その友人の友人も知らなくっても
無理ないわな。
6月頃にでもまた同窓呑み会をやろうと
いう話になりました。
ではまたいずれ。

2012年2月15日(水) その2

いつからだったか、随分昔からRotringを
使っていた。
でも最近の日本のゲルインクのボールペンは
太さも色々あるし、相当使い勝手がいいし、
何しろ安くてどこでも入手出来るので、最近は
もっぱらこれ等にしていた。
なので数年前の引越しの際に使わなくなって
ガチガチに固まってしまったであろうRotringを
廃棄してしまった。
しかし、最近画材屋でSTAEDTLERのペンが
安く揃うことが解ったので試しに買ってみた。
そして、ちょいとしたイラストを描いてみた
のだが、やっぱり発色に不満がある。
ゲルインク・ボールペンは結構いい線いってた
ので値段その他で納得させてた所があった
のだが、STAEDTLERでそれは困るのだ。
一旦”困る”となるともういけませんね。
RotringとSTAEDTLER
で、結局Rotringをまた買ってしまいました。
昔のよりメインテナンスがやり易そうだし
変わらず滑らかに描けるし、それに
やっぱり”黒”の発色がいいのだ。
では、道具が落ち着いたところで清書しますか。
(写真 左の灰色のがSTAEDTLER、右の黒いのが
Rotring このイラストボード達を清書します)
ナツとニケ タマ

夜はForza浜町だった。
いつものように「鳳蘭」で呑む。
この日はエアコンのプロK藤が
”時々変な音がしますね”と言った
のをキッカケに見させますよという
展開になり、散会後に仕事車で来て
いたK藤が脚立を取ってきた。
腰には工具の沢山ぶら下ったベルト
が巻かれている。カッコイイ
脚立の上でエアコンのカバーと
フィルターを外してチェックしている。
Forzaももう相当長いことやっている
わけだが、何せ寄せ集めなので
こういう仕事をしている場面は仲々
見ない・・・いや、待てよ、最近は
色々なところで仕事のジョイント
している姿も見るな。
段々とそういう繋がりも出来てきた
んだなぁ。ただバカみたいにボールを
追い掛けているだけではないのだった。
そんなことを思っているとエアコンの
調子をみ終り、それぞれが帰ろうと
すると、も一人残っていたヤツが
”ちょっといきませんか”
というので軽くならいいかと「岩手屋」
に寄っていくことにした。
何とか2人入れてもらって熱燗とお通し
のマカロニサラダで始める。
刺身のちょい盛り合せの赤貝もイカも
マグロも美味かったが今日はタコだね。
タコが抜群に美味かった。
シシャモもキレイな金色に輝いてる。
これも美味い。
酒とつまみをつつきながらも話は
そいつの新しいチャレンジの話だった。
素晴らしいんじゃないか。
まだ最終決定じゃないみたいだけど
決めたら、是非頑張ってもらいたい。
Forzaも最近、若くもないのに新しい道
に行くヤツがちょこちょこ居るね。
新しいことを始めるのに遅いってことは
ない。思い付いた時以上に早いタイミング
は最早無いのだから。
兎に角、行動してみることだよね。
”やらなかった後悔はしない”である。
そんな話をしていたらついつい終電
がどうでもよくなってしまい、今日は
ちょっと酔い気味のお父さんと「曙」
のあられをつまみながらダラダラと
呑んでしまいました。
でも、やっぱり煮締まったおでんは
食べておくべきだったなぁ。

2012年2月15日(水) 

カニご飯 カニの味噌汁
結局、コウバコガニは全部で15杯も
ありました。
いくら小さいからってスゴイ数だな。
残りの7杯を朝早くから茹でて身を
丁寧に取り出す。
ミソも残すことなく取り出して、今朝は
カニ御飯を炊きました。
これで佐渡の海の宝物は食べ尽くし
ました。
宝と言えば・・・

震災復興くじ、最高賞金5億円の宝くじ
が発売された。
当ってほしいものだ。
ジャンボ宝くじと言えば、これも新社会人
となった建設業の会社時代のことだが
社会人2年目の時、年末ジャンボを同期の男
3人とツルんでいた後輩1人で共同購入した。
これが連番の袋から1等組違いで10万円が
当ったのだ。
連番だからはじめの1番目を見たときから
この10枚の中に当たりがあることが解って
いる。解っているが1枚1枚めくっていく時
の興奮たるや。
そしてそれを換金して1人2万5千円ずつ
掴んでその晩4人で所謂銀座の高級クラブに
出掛けた。
新入社員の若造の分際で、なのだが行って
みたかったのだ。
先輩社員に聞いて店を教えてもらったが
一見さんはNGだというので、確か紹介状
みたいなのを書いてもらったんじゃないか。
その店の中でのことは殆ど憶えていない。
舞い上がってたんだろうね。
2軒行ったと思うが、最終的に全員が各々
2万5千円位のツケを負って帰ってきたん
だったな。
つまり一人当たり5万円使ったわけだ。
それが高いのか安いのか全く見当も付か
ないけれど、いや、手取り10数万の時代に
一晩5万円が安いわけはないのだが、でも
全く後悔はしなかった。
バカなことをするのが楽しい若造社会人時代
だったのである。今もか?
あの4人の内その会社に残っているのは2人。
また会ってバカをやりたい気がする今日この頃。

2012年2月14日(火) 

昨年のいつだったか、確か欧州の
北の方の海で沈没船から様々な物が
見付かり、100年以上も海底で眠って
いたシャンパンがオークションに
掛かったという話があった。
またどこぞでも金貨がザクザクと
出てきたということもあった。
つい最近日本でも沈没船から
三つ葉葵の紋の入った大きな瓦が
大量に見付かったという記事があった。
江戸時代の火事で大半が焼けてしまった
江戸城の修復・再建のための瓦を
運んでいたのだろうという。
その近くには焼き物の大皿も整然と
並んでいるということだ。
「何でも鑑定団」にでも出せれば
大変な値段が付くんじゃないだろうか。
海の底には今も人知れず宝物が眠って
いるようだ。
昨晩、週末に佐渡に行っていた家人が
現地から送ったトロ箱が着いた。
中味は大量のコウバコガニと大量の
バイ貝、そしてサザエだった。
全て活きている。
早速、コウバコガニを四杯茹で、
バイ貝とサザエは甘辛く煮た。
とても美味い。
同じく土産の佐渡の酒が進む。
今朝も四杯のコウバコガニとネギで
味噌汁とした。
他の旅行参加者も甘えびなどの魚介類
を買ったのだそうだ。
これも海の宝物には違いない。
三陸の海の宝物も数知れずあるわけ
だが、そのどれもが一旦は壊滅の危機
に瀕したのである。
しかし、人々の努力と恐ろしいまでの
自然の力で徐々にではあるが復活し
ようとしている。
来月は震災発生から、もう1年になる。
心新たに海の宝物の復活に向けての
作業に行ってくることにしよう。
佐渡土産のバイ貝 佐渡土産のコウバコガニ

2012年2月13日(月) 

少し前の話で恐縮です。
2011年3月12日に全線開業した
九州新幹線の”祝!九州”という
CMが凄くイイというのは前に書いた。
言うまでもなく東日本大震災の翌日
である。
なので以来放送されることは無い。
しかし昨年の何時だったかは
忘れたけど、九州限定でDVDが発売
されたのだ。こりゃ購入せんならん。
そのタイミングで元同僚の友人が
九州旅行で鹿児島にに行くというので
その元同僚を通じてDVDを頼んだ。
随分時間が経ったがやっと入手して
改めて観てみた。
やっぱりいい。
その中の特典映像のメイキングが
またいい。
色々な想念が浮かび、観ていると
自然と涙ぐんでしまう。
以前にも書いたが、コレをもう一度
やらないか!?
鹿児島から青森まで繋がった新幹線
の車窓から日本の気持ちを更に一つ
にする意味でやってみないか。
民間は頑張っていると思う。
個人個人だって頑張っている人が
沢山居るし、それを人知れず支援
している人も沢山居る。
今はネットの力で支援の呼び掛けも
情報を収集して応募する方も
昔とは比べ物にならないほどに便利
にはなっただろうが、それでも地道
な活動には違いない。
翻って政治はどうなのか。
足の引っ張り合いだけの国会中継
なんか全く見たくもない。
国策を真剣に議論している国会中継
なぞついぞ見たことがない。
お願いだから政治ゴッコだけに終始
するのは止めて欲しいのだ。
「祝!九州」
Power to the People ! Power to Me.
先ずは”力うどん”でも食うか。

2012年2月12日(日) 

今日も事務所に行った。
ちょいと作業をするためにね。
折角”鬼”が居ないのだから
もっとガッツリ遊びたかったが
何故かそうならなかったな。
まぁいいのである。
そんなわけで昨日の土曜も
会社に仕事ではないのだが
ちょっと作業に行っていた。
帰りに呑んで行こうと思い
誰かいないかなと考えていたら
facebookに暇かもしれない
書き込みをしてるヤツが居た。
コレにしてみよう。
”呑み行かないか?”
”今は作業中だけど夕方から
 ならいいよ”
案の定OKでした。
こちらの作業をしていたら
何だかんだとアッと言う間に
夕方である。
”もうすぐ着く”と最寄駅への
地下鉄からメールが着た。
慌てて片付けをして外へ出る。
寒いね。
先ずは和ものでいきましょう。
「醸蔵」を覗いてみる。
カウンタなら大丈夫だそうだ。
それぞれ薄にごりを頂いて乾杯。
行者ニンニク、氷頭なます、
牡蠣豆腐を頼もう。
店へのお土産に大和川の金賞を
受賞した鑑評会出品酒を持って
きていた。アノおねーちゃんに
差し上げると大喜びして頂いた。
そうこうしていたら立派な刺身
盛合せが運ばれてきた。
頼んでないよ、と言うとお酒の
お礼だという。何だか悪かったな。
その刺身がまた美味かった。
お隣にやってきた同年代かと
思える男性と酒や酒米の話をしな
がら酒も進みました。
ご馳走さま。ついでに料理酒も
差し上げてしまいました。
次はどうするか、スペインに
しようか。いつもいっぱいでダメ元
だけど「EL PULPO」にしてみよう。
丁度女性客2名が出るところだった。
ラッキー、初めて入れるよ。
黒板にいっぱいのメニュが美味そう。
カヴァと白ワイン、魚介類のつまみ
を3種ほど。
うん、ココは人気店なのが解った。
リーズナブルだし美味いし、楽しい。
仲々イイ店だね。
気が付けばもう22時半か、コーヒー
でも飲んで帰ろうと坂を下りロイホ
でコーヒーを飲んで帰りました。

タマ ニケ ナツとタマ

明日の遊びの相談をメールでして
いたのだが、仲々纏まらなかった。
纏めてしまえば良かったのかも
しれないな。
そうこうしている内にBが
”今夜どうですか”と聞いてくる。
いいね、いきましょう。
他の2人。1人は無反応、1人は呑み会。
19時半に「双葉」ではどうか?という
いいですね、OK。

自然郷を二合もらう
、お通しはウド酢味噌とカジキと大根煮、
煮イカを頼んだところでBがやってきた。
Nはまだまだ仕事なので今日は1人
だそうだ。
美味しいの作るからさ、と出てきたのは
カジキのバター醤油焼き。ああ、美味いね。
あと何だっけ、ハムステーキ、焼き茄子、
黒ラベル大瓶は計4本、自然郷も追加して
そして話はまたヨーロッパ話か。
ちょくちょく顔を出したい「双葉」に
なったのでした。

2012年2月10日(金) その2

おでんと言えば、おでん種屋だよね。
小さい頃はどの商店街にも在った。
現在住んでいる近所の商店街にも、
確か「九州屋蒲鉾店」という名前の
おでん種屋が在るが、最も行ったのは
吉祥寺の所謂ハモニカ横丁の西の端っこ
に在ったおでん種屋だな。
隣りは確か麺屋さんで蕎麦とかうどん、
中華麺を玉で売っていた。
ここでよく買ったのは寿がきやの
中華スープの素、じゃないかな。
おでん種屋のおばちゃんは、仕切りの
ある木製のケースの前で片手にトング、
片手に油紙の袋を持って待ち構えている。
つみれ5つ、ちくわぶ3本、ボール10コ、
ごぼう巻き2本、ゲソ巻き2本、昆布5本、
しょうが揚げ3枚、がんも3枚・・・
矢継ぎ早に言うと目にも留まらぬ
速さでおでん種を袋に放り込んで
いくのである。
その早業に毎度感心したものである。
最近は確認してないが暫く前は麺屋も
おでん種屋も健在だった。
末永く続けてもらいたいお店である。

そして吉祥寺のおでんと言えば・・・
もういいか、おでんネタは。

2012年2月10日(金) 

銀座でおでん屋と言えば有名店が
何軒かあるが、その中には入らないが
忘れられない店がある。
銀座と言っても昭和通りを越えた方の
外れということだから華やかな雰囲気
ではない。
だがその辺には昔ながらの小さな店が
何軒もあったのだ。
土曜日がまだ半ドンの出勤日だった頃、
昼でも食って行こう、会社で食おうか
なんて相談が纏まると若手社員が何人
かで、その辺りに在ったコッペパン屋
に買い出しに行くこともあった。
女子社員にはコッペパンを知らない
のも居たりして、買出しに連れて行って
木枠のショウウィンドウに並ぶ
コッペパンを見てはキャーキャー騒いで
いたものだ。
勿論その当時からしてもコッペパン屋は
珍しかった。そこでコロッケだのメンチカツ
だのアンコバターだのと皆んなからオーダ
されたものを挟んでもらうのだ。
懐かしいコッペパン屋「白鳥」。
そんな一角に在ったおでん屋である。
小さくて古い一軒家。おじさんとおばさん
がやっていて、仲居さんに太った優しい
おばあさんと言ってもいい頃合の女性
が居た。
その仲居さんが良くしてくれたのだ。
いくら外れといっても銀座だし、一応
老舗なので企業の偉いさんも来る。
そんな店なのだが僕達若造にはサービス
してくれた。金が無くても行けた。
ツケにしてくれたのだ。
そんな店はその当時、まだ結構あった
のだが、ココは特別に温かかった。
しかし、地上げが流行った頃に閉店
してしまった。
最後の日、僕達はその仲居さんに
花束を持ってお別れに行ったんだった。
後年、やはり銀座界隈で勤めていた
親父と銀座の飲み屋の話しになった時、
親父もその店「三平」には良く行って
いたと聞き、そう驚くほどの偶然でも
ないのだが、この店に同じように通って
いたことが嬉しくなったことを憶えている。
その親父は一昨年に他界してしまった。
新百合ヶ丘の外れに一軒家でイイおでん屋
があると前々から言っていたが、ついに
そこを一緒に訪ねる機会を作れない
ままになってしまった。後悔先に立たず。
残念である。

2012年2月9日(木) 

寒い日が続くと夜はどうしても
温かいものが恋しくなる。
まぁ温まる代表格と言ったら”鍋”
ということかな。
次点は”おでん”でどうでしょう。
社会人になって初めて就職した
会社は建設業で、期末決算(3月)と
中間決算(9月)の間に、氷雪に
鎖される主に北海道と東北の支社の
ために1月決算というものがあった。
12月末で大体の仕事が終わって
しまうので、春までは開店休業状態に
なる。だから先に決算処理をして
しまうのである。
1月末に締めて2月の上旬に処理をする。
丁度、今時分ということだ。
僕は情報システム部だったので
当時は処理能力のそれほど大きく
ない所謂汎用機と呼ばれるコンピュータ
でバッチ処理をしていた。
だから決算処理となると深夜まで
掛かることもしばしばあった。
現場や経理部など管理部門がデータ
を作り、情シス部が処理を行う。
決算の数字がピタリと合うまで
これを繰り返すのである。
1回で合えば宵の口に帰れるが
往々にして複数回繰り返すことが
多かった。
従って、先ずは残業食だね。
外に食べに行ってしまうとその間に
何か対応しなければいけないことが
起きると関係各方面を待たせて
しまうことになるので、大体は
テンヤモンということになる。
そば屋、中華、すし屋、とんかつ屋
が主な得意先だが、とんかつ屋の
”味噌カツ重”がお気に入りだった。
更に作業が深夜に及ぶ展開になると
何しろ建設業であるので、内緒だが
一升瓶片手に作業をするなんてこと
が間々あるのだ。
こうなってくると経理部も情シス部
も一体となって対処する。
一升瓶など酒類は会社の中の何処かに
必ずある。これを探し回るのだが、
時には社長室の冷蔵庫から拝借したり、
呑んでしまったウイスキーのボトルに
水を足しておいたりもした。
なので酒類はいいとして、次はつまみ
ということになる。
経理部は現場と遣り取りをしながら
修正データなどを作ることが多いので
勢い情シス部の若手が買出しに行く
ことになる。
会社の近所に深夜までやっている
中華屋があった。ここに餃子や春巻、
ヤキソバを買いに行く。
一旦、会社に中華モンを置いてから
次にいくこともあった。正面玄関からの
出入りは何かと面倒なので、オートロック
機構の付いた非常口から出入りするのだが
出たら入れなくなってしまうので、予め
ガムテープを数センチ切って持っていき、
はじめに出るときに鍵が掛からないように
ガムテープで蓋をしてしまうのである。
これで安心して何度でも出入り出来る。
もう一つのターゲットは、おでん屋だった。
こっちは銀座・日本橋界隈では有名店
なのだが、持ち帰り用に取っ手の付いた
赤い大きな缶がある。それにおでんを
詰めてもらってくるのだが、毎度毎度なので
会社の給湯室の流しの上の戸棚にも常備
していて、それをぶら提げていくのだ。
修正データが出来てコンピュータに
入力したら後は結果が出るまでに
暫く時間がある。
じゃ、餃子とおでんでも食いますか
ってなもんだ。
赤い缶の蓋を開けた時のおでんの匂いが
なんとも言えない温かみである。
一部上場企業ではあったが、そんな牧歌的
な雰囲気があり、そういう冬の楽しみも
あったのである。
おでんとなれば忘れられない思い出
である。
そのおでん屋は当然今も盛況・繁盛店
のようであるが、あのお土産用の赤い缶
はまだ有るのだろうか。

2012年2月8日(水) 

今日はForza茗荷谷だったのだ。
朝と晩に小雪が散らつく寒さなので
丁度いい。
と言うのも前回「仙鶴楼」のママが
旧正月(春節)は火鍋で羊肉・豚肉・牛肉
のしゃぶしゃぶをやったというのを
聞いて、そりゃ美味そうだから今度
ウチ等もやろうと盛り上り、早速
今晩やろうと予約したのである。
その所為なのか今晩は参加者が多かった。
店にも16人来たしね。
牛肉はノーサンクスってことで、ひたすら
羊肉と豚肉を食らった。
好みで、こっちテーブルは主に羊肉を
向こうテーブルは主に豚肉をとなったが
どちらも美味かったっす。
〆にはラーメンを入れ、餃子やゲソ唐揚げ
その他のつまみ、更に〆で激辛タンタン麺
もいってるし、何、その汁の中にご飯も
入れるの!?よく食うね。
美味くて盛り上り、辛いのが多かったので
いつもの酒類に加えて今日は瓶ビールを
相当いっちゃったし、お腹も懐もいきすぎ
ちゃいましたね。

2012年2月5日(日) 観戦中

シリアは前の試合の国立での戦い振りを
見ると全く油断は出来ない。
何といっても真面目だ。
今日も立ち上りからガンガン来ているが
前回同様ならばこれが90分間あまり落ちない。
プレーそのものにも真面目だし、身体能力
では強靭なものを持っている。

日本は今のところ全くいい所無しだな。
あ、日本の選手が負傷したね。
こりゃ交代だな。
こういう時もシリアの選手が3人近くで
心配そうに見ているし、スローインを
入れようとしているシリアの選手が
タッチラインに寄ってきた日本の選手に
水を取ってやって、飲み終えたボトルを
受け取ってやってもいるし、やはり
真面目な所がある。
その真面目さが、手を抜かない、諦めない
プレーに対して真摯である点が心配なのだ。

あー、そんな点かぁ。
それは権田のミスでしょう。
この点は忘れて頑張ってほしい。

中盤に人がタレントが居ない感じだなぁ。
永井、もうちょっと行って良かったなあ。
パスが全く繋がらないね。シリアの方が
いいパスが、いい攻め上がりが出来てるなぁ。
アルスーマはやっぱりいい選手だね。
そのオーバヘッドも見事じゃんか。
うーむ、大迫ぉ。
いやぁ、またパスが弱い!と思ったけど
永井のスピードでカバーしてくれたね。
まぁ、ナイス・ゴール!

ギリギリだったけど、追い付いておいて
良かった。後半は心を入れ換えてお願い!

やっぱり中盤がなぁ。
アルスーマ、いい選手だなぁ。
あれ、完全にやられたと思ったよ。
うーん、シリアはホント好感の持てるチームだな。
あっ、バカ。ノー・アイディア・ボーイ!

こういう試合を見るとWCベスト16とか
なでしこWC優勝とかが霞んじゃうよ。
日本はホントに進歩してんのかッ!

止めて、近くに居る仲間にグラウンダーで
足元に付ける、ってことが出来ないなんて。
それを代表選手と言わねばならないのか?
これって戦術とかあんのか?
まぁ、あっても基本の止めて・パスが出来ない
んじゃ無意味だけどさ。

おい、どんだけフリーなんだよ、それっ!

山村、交代当然。
まぁ、惜しかったけど、そのパターンばっかか。
永井は頑張ってるし仲々いい方だけどなー。
ああ、惜しいシュートだったけど、なぁ。
決めろよ、大迫!

いや、いくらいいシュートだとしても
確かにドライブも掛かってるだろうけど
それは権田さんよ、ミスだろう。
うーむ、こりゃイカンなぁ。
永井よく折り返したけど誰も居ないんじゃなー。
最後のプレー、FKだな。
惜しかったけど、倒れてるけど、ジ・エンドだろ。

ロンドン五輪最終予選
シリア 2 - 1 日本

ウーム、虚しい試合だな。

技術もそうかもしれないけど
それよりはやっぱり気持ちだろう。
あそこでシュートを打つんだという
気持ちを、モチベーションを持っていた
シリアの方が勝ちたい気持ちが強かった
ってことだろうよ。
技術や連携ってのはスグには出来ない事
の方が多いが、意識はスグに変える事も
不可能じゃない。だからそこで負けるのは
勘弁してくれ。

兎に角、総力戦を望む。
応援してんだからな。
今日のごはん 今日のごはん

2012年2月4日(土) 

突如ポカポカな晴天となった今日は
午前中に都会の方で試合である。
しかし、まぁ、よく取られたもんだ。
点をさ。
自分史上の記録的大敗でした。

山形代表

試合後、大通りに並行する裏道を歩いて
隣り駅の更に向こうまで歩きバスに乗る。
今日は赤羽におでんでも食べに行こう
かと思っていたのだが、13時に待合せた
ので時間に余裕があるのだ。
それで時間を潰す意味もありバスで
グルリと回って行ってみようと思った。
大通りに交差する環状道路を北上し、
もう一つ交差する大通りで別なバスに
乗り換える。
連絡は悪くない感じである。
更に北上。
車内、とりわけ僕の座っている陽が当る
席は暑いくらいだ。
メール着信。”予定通りですか?”
おお、ヤバイ13時が近い。
”ちょっと過ぎる”と返信。
ホントは更にもう1本乗り換えるとバス
だけで赤羽に行けるのだが、それだと
完全に遅くなると思われるので途中下車
して、近くの京浜東北線の駅に出る。
1区間だけ乗って赤羽に着いた。
待ち合せの相手のAッキーは「ラッシュ」
なる処で手を洗ってもらっていたという
説明を聞くまでは意味不明の行動で
時間を潰していた。
では早速、おでんといきましょう。
”タバコ吸う?吸わないの。じゃあ
 奥のテーブル行こう”とお兄さんに
導かれスーパードライ缶を持って”奥”
に移動する。
お兄さんが1回目のおでん皿をテーブルに
置きながら”ごゆっくり”だって。
そういうお愛想も言うんだっけ?
しかも奥のテーブルったって、おでん種屋
をぐるりと囲むように路地に置かれた
ペンペンテーブルなだけだけどね。
うーん、美味いね。暖ったまるよ。
ちくわぶ、昆布、つみれ、魚すじ、大根、
がんものようなヤツ。
Aッキーの恋バナを確かめつつ食べ進み
ます。
今日は陽気がいいので屋外の立ち飲みで
冷たいビールも丁度いいのだ。
でも次は丸眞正宗に換えておでんもお代わり。
最後は丸眞をちょっと残したカップに
出汁を注いでもらって七味を振り掛ければ
〆のスープである。
赤羽「丸健水産」
じゃ次行こう。
鰻、いっときますか。
Aッキーも好きだと言うしね。
でも角のあの店じゃないよ。
OK横丁の奥の鰻屋である。
熱燗と肝焼き、鰻は一度漬けの上。
美味いねー。
まだまだ明るいじゃん。
ではもうちょっと。と散策したらば
道にビニールテントの仕切りが張り出
している”肉”的なイタリアンがあった。
試しにこれにしてみましょう。
スプマンテとシェリーではじめて、カキ
のチーズ焼き、ソーセージのグリルなど。
次はお奨めサービスボトルの赤をいっちゃい
ましょう。
赤羽の夜はこうして更けてゆきました。

2012年2月3日(金) 

新江古田の「ロートンヌ」 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から 最近の食事から
今年の京王百貨店全国駅弁大会から 今年の京王百貨店全国駅弁大会から
今年の京王百貨店全国駅弁大会から 今年の京王百貨店全国駅弁大会から 今年の京王百貨店全国駅弁大会から 今年の京王百貨店全国駅弁大会から 今年の京王百貨店全国駅弁大会から 今年の京王百貨店全国駅弁大会から
OLYMPUS SZ10&SZ20

2012年2月2日(木) 

仁寺洞のユッケジャン定食
「仁寺洞」のユッケジャン定食
今日のおかずは、ペチュキムチ、カクテキ、
レンコンのキムチ、カボチャ煮キムチ味、
サラダ。それにコピが付く。
あったまるー♪

メモ:昨日の朝刊に「鶴屋吉信」の”福ハ内”が載ってた

ナツ タマ ニケ

2012年1月31日(火) 

線路は続くよどこまでも

連日の日暮里はサニーホールで↓なのだ。

”じっくり菊六の会  古今亭菊六独演会”

時そば
長短  柳家花ん謝
祟徳院
 − 仲入り −
文違い

「祟徳院」が好きな噺なので楽しみに
していたが、やはりどれも仲々いいのだ。
自前の打上げは、今夜は地元に帰って
群馬泉、芝えび唐揚げ、チャンジャ、
焼売、鯖味噌煮を「まんま家」でね。

時そばって言えばお昼は近所の
立ち食いそば屋だったんです。
入口を入って右手に券売機があり
好みのものを買って、カウンタに
出して作ってもらうっていうお馴染み
のスタイルである。
掻き揚げそばを頼んだら”ちょっと
お待ち頂けますか?今掻き揚げを
揚げてるところなので”
いいですよ、と言うと”すみませんね
その代わり揚げ立てです”
お水を汲んだりして待っていると
新しくお客さんがやってきた。
券売機に向いながら”そばッ!”と
大声でカウンタに叫んだ。
券売機の券は大概、そばとうどんが
同一の券、例えば
コロッケ

そば/うどん
となっているのでカウンタで”そば”か
”うどん”と指定するのであるが
券売機で券を買う時に先に”そばッ!と
言っておけば、そばを作りながら
券がカウンタに置かれるのを待てる。
券を見てトッピングのコロッケを
乗せるだけになるので時間の節約に
なるのである。
だが、その男性は続けて大声で
”コロッケは要りません、コロッケは”
と叫んだ。
一瞬キョトンとしてしまったが常連さん
なので、ぞんざいな言い方をしている
のだと合点がいった。
”掻き揚げです、掻き揚げ。
 コロッケは要りません。コロッケは”
尚も言い立てる。
コロッケを良く食べるが今日は違います
と言っているのか、あるいはコロッケで
ここで痛い目をみたことがあるから御免だ
と言っているのか、真意は解らないが
コロッケは遠慮したいらしい。
カウンタから掻き揚げは今揚げている
のでちょっと待ってねと声が掛かると
僕と同じように大人しく壁のメニュなどを
当てもなく見ながら待ち時間を過ごすのか
と思いきや、あいよ、とばかりに台布巾で
カウンタを拭きはじめた。
アチコチ拭きながらも何事か喋り続けている。
独り言のようでもあり、カウンタに喋り
掛けているようでもある。
よく喋るねこの人は、と思った瞬間に
”これで時間でも聞いたら「時そば」だよ”
と思ったのであった。
偶然にしてもグッタイミンな話であった。

揚げ立てで熱いから気を付けてね、と言われ
渡された掻き揚げそばは、なるほど熱々で
サクサクで美味かった。
件の男性客は今度は大人しくそばを啜って
いました。

発電状況 2012
        1月
発電量   169 kwh
消費量 1,148 kwh
売電量    54 kwh
買電量 1,033 kwh
自給率    14 %

2012年1月30日(月) 

まだまだいきます。
今晩は、会津・喜多方、大和川酒造の
工場長(杜氏)を迎えての新年会だった。
総勢19.3人で西日暮里の鰻と地酒「稲毛屋」。
先ず、17時半に日暮里駅で工場長と待合せて
いるのである。17時20分落ち合いました。
ご存知の通り、東京はここんとこ寒い日が
続いているのだが、喜多方からやってきた
工場長は結構軽装で、曰く”東京は暖かい、
汗ばんじゃうね”だそうだ。流石にねぇ。
夕焼けだんだんを下って「蟻や」にてビールを
飲みながら打合わせ。
18時過ぎに切り上げて、谷中銀座、よみせ通り
を歩いて道灌山下の「稲毛屋」へ。
昨日中に蔵から酒8種15本と仕込み水9本を
送って頂いてあっての持込みの会である。
お通し3種、鴨のたたき、ヤキトリ、山芋もずく、
つくね焼き、白焼き、里芋の煮っころがし、
ポテサラ、ひつまぶし。
お酒も料理も美味いし鱈腹頂きました。
久々に登場の人や生後3ヶ月の赤ちゃんなど
も登場して楽しい新年会でした。
「稲毛屋」さん、ありがとうございました。
22時に近くなっていたけど、行くヤツは
行こうってことで、よみせ通り、谷中銀座
を今度は逆に辿り、再び「蟻や」へ。
8.3人で黒ラベルを相当いったんじゃないか。
マカロニサラダ、枝豆でいきましたが
当然カツサンドもいかなくちゃね。
大きなカツサンドを2つ、美味しい美味しいと
アッと言う間に完食。
皆さんに満足して頂きました。
ここのカツサンドは本当に美味い。
カツサンドの有名店などもあるけど目じゃ
ないね。1等賞です。
「蟻や」さん、ありがとうございました。
早くも10ヶ月後の酒造りの日程も決まったし
田んぼ仕事もBBQもやるし、飯豊山登山の
日程まで決ったし、何?浅草の呑み会も
決まったの!?GWにはウチに来たいって
のも盛り上ったみたいだし、合コンも企画
してって話だったっけ。
まぁ、ナンにしても今年も宜しく、なのだ。

2012年1月29日(日) 

続く時は続くものである。
今日はMリの誕生日を祝うのだ。
そんなに続けて会わなくても…とは
思うのだが、そういうことになった。
13時に現場でということになっていた。
寒風吹き荒ぶ中、歩いて行ってみようと
一升瓶と僅かな食材を持って出掛けた。
いやホント寒いね。
適当に路地を歩いていたら若干迷った
ことと、集合時間が過ぎたことも言い訳
にして途中からタクった。失礼→自分
Mリ家には既に3人揃っていた。
すんません、遅くなりました。
全員揃ったところで企画通り、近所の
安くて面白い店が揃っている大きな商店街
を探検がてら買い物に出る。
お奨めの魚屋、その横の肉屋と八百屋。
中華惣菜屋、八百屋、八百屋、肉屋、
スーパー、サンドウィッチ屋、八百屋、
鰻屋、ヤキトリ屋、地方物産屋、ケーキ屋。
あー、なるほど。面白いのだ。
安いし美味そうだし、人が良さそうである。
こんな商店街が近所に欲しいねぇ。
小さな白菜、ぶなしめじ、舞茸、椎茸、
榎茸、うるい、かぶ、きぬさや、焼売、
海苔3種、海老唐揚げ、タコのニンニク焼き、
竹の子、うるめイワシ焼き、甘塩タラ、
刺身で鯛、中トロ、コハダ。穴キュウ巻き。
ヤキトリ、サンドウィッチ、そしていちごの
ホールケーキ。
家主Mリの手料理もつまみながら”十九”の
初しぼりやら大和川やらシャンパンなどを頂き
まして、あとは買ってきた食材で適当に料理し
ながら呑み進みます。
料理ったって今日は殆ど何もしていない。
キノコと鱈のホイル焼き、と思ったけど何や
よう解らん蒸し焼き。野菜の汁物。新ものの
竹の子を皮ごと焼いたの、位なもんなので何も
してないみたいなもん。ちょっと今一だったな。
それでも終盤、皆んなで歌を唄って誕生日を祝い、
ケーキを頂きました。
Mリの誕生祝い呑み会
いやはや、一昨日も会ったメンツであるが
明日もまた会うのである。
さ、帰ろ帰ろ。

2012年1月28日(土) 

あー、お腹空いたぁ。
とお昼をどうするかと考え始めた頃
142から”今日暇ですかぁ”と
毎度のように気の抜けた声でメール
が入る。
遣り取りの末、15時過ぎに事務所に
来るということになった。
それを確かめて東京の西の端っこの
方に旅立っていったTラを見送ったら
こっちも事務所に行こう。
事務所でやりたい作業があったのだ。
作業をやっていると142&MGMが
わらび餅と抹茶いちご大福をお土産に
やってきた。
抹茶いちご大福
お茶をしながら今後の展開、いやEURO
に行くか行かざるべきか、行くなら
ポーランドのポズナンの夏至祭りは
絶対に見たい、じゃあチケットは?
ホテルは?交通は?とネット検索し
ながら話していると東京の西の端っこ
から戻ってきたTラから”何処で
どうなった?”と連絡が入る。
慌てて今後の展開を考える。
今日はスペイン方面に行ってみようと
話は纏まったのだが如何せん時間が
早い。まぁ、街に出てみよう。
多くの店が開店するにはまだちょっと
間がある。ここも”仕度中”の札が
出ているが入ってみよう。
”ご予約ですか?”
土曜でもやっぱり混んでいるようだ。
”いや、違うんですけど4人入れませんか”
仕度中だし予約無しだけど入れてもらえ
ました。
村祐、阿部勘、出羽桜などから始めまして
トリ貝、ミル貝、行者ニンニク、鳥レバ刺し。
Tラもやってきました。
「醸蔵」の3本
酒を追加して、干しホタルイカ、氷頭なます、
などでツンデレのお酒担当のおねーさんと
いじり・いじられつつ呑み進みますが
今日は一応スペインと決めたので早めに
切り上げましょう。
やりはじめた横丁のスペインのタコ屋は
やっぱりいっぱいでした。
では初めてだけど別なスペインバルに
してみよう。
ミックスアヒージョ、ハムとチョリソの
盛り合せ、バゲット、ニンニクトースト、
ピクルス、オリーブ各種をカヴァ、赤、白で。
仲々気さくでいい感じのお店だったのだ。
じゃあ、もうここらで・・・
何をぉ、ラーメンなら食える?
んじゃ、ラーメンじゃないけどもうちょっと
いきますか。味噌汁とニンニクチャーハンに
しないか?いいって。いくねぇ。
では土曜で時間が遅めだけど「きん助」に突入。
元バイト君が仲間と呑んでました。
今日のフロアは、あれま、Yシコでした。
立山と田酒をもらって、天豆、シジミの味噌汁、
ニンニクチャーハン。
美味いねぇ。締まったねぇ。
えっ、へぎそば もいくの?
良く食うね。142。
で、EURO、ポーランドはどうすんだっけ?

2012年1月27日(金) 

今日は仙台松島湾・塩竃の桂島から
牡蠣養殖家のU海さんが牡蠣を携えて
上京するというので企画された呑み会
である。
夜のド歌舞伎町なんて何年振りだろう
って感じであるが、会場の「樽一」は
同じく搾り立ての酒を持って上京して
頂いた浦霞の佐浦酒造さんのパイロット
的なお店なのだそうだ。
そしてこの店の売りはくじらである。
なので刺し盛りには、くじら3種が
盛り込まれ、鯨カツ、くじらご飯も
出てくるし、20数名と思われる参加者に
一人3コの生牡蠣が出された。
牡蠣は殻の大きさに比べても大きな身で
サクッとした歯応えにクリーミーな
味わいで美味いのだ。
牡蠣養殖はある程度順調らしいのだが
風評被害で売れないのだそうだ。
なので”今度は食べて支援して下さい”
ということである。
大いに食べましょう。
U海さんから牡蠣の美味しい食べ方を
幾つか伺った。
牡蠣と豆腐を擂り潰して殻付き牡蠣の
上に掛けてオーブンで焼くという垂涎
ものなどがあったが、その中で是非
やろうと思ったのが牡蠣のしゃぶしゃぶ
である。
やるならアソコだな。
酒の持ち込みが出来て、広々とした個室
があり、料理を持ち込んでも文句を
言われないアソコである。
宴会コースを頼んで、飲み放題を付ける。
その中で鍋のセットを用意してもらったら
あとは自由に出来る。大和川の酒とU海
さんの牡蠣を持ち込み、「牡蠣しゃぶ&
搾り立ての酒の会」。いかがだろうか。
浦霞もたっぷり頂いたし美味しい会
だったのだ。彩食絢美さん感謝である。
ウチラの酒造りにも感心を持ってくれた
参加者候補もまた見付けたしね。
その後は飲んだくれ女3人に連れられて
立ち飲み屋で2次会だい!
3月にはまた桂島に牡蠣養殖作業の
お手伝いボランティアにも行けそうだし
食べて・呑んで・動いて 支援するのだ。

「大盛軒」の味噌ラーメン
こちらは本日のお昼、最近の結構お気に入り
「大盛軒」の味噌ラーメン500円なのだ。

2012年1月26日(木) 

11:55分、弊社の入っているビルの1階外に
行列が出来ている。
この1階は幾つか替わったものの常に
レストランが入っている。
前もその前も仏だか伊だかのレストランで
前のは結構頑張ったけど2年位で閉店したん
じゃないかな。
で、今のは昨年秋頃にオープンした多分
フランス料理屋である。
場所はそんなに良くない。
だから仲々定着しないのだろうと思う。
しかし、今回はちょっと様子が違うみたいだ。
殆ど女性だが開店前に6、7人は毎日のように
並んでいるのだ。
尤も並びはじめたのは昨年の暮れ位から
だったと思うが、徐々に人気が定着、広がって
いったのだろう。
一度は試してみたい。実は今までのどの店も
入ったことがないのだ。
でもさ、どうやら12時から開店するようなの
だが、ランチなんだからせめて11時半位に
開店してやったらどうなんだろう。
ま、いいけど。

そんな昼間の光景は関係ないのだが、昨晩は
ちょっと話しがあるというので会社で話しを
した後、呑みに出た。
迷いに迷って、お初の怪しげなイタリアンバル
のような穴倉に入ってみた。
メッチャ個性的な親父が一人でやっているの
だが、やっぱり怪しかったです。
これまた個性的なワインを出しておいて
基本的にワインは嫌いだという。
そのくせ物凄く詳しいし舌も確かなようだ。
料理も個性的だし仲々美味い。
そして良く喋る。
こらぁ評価が分かれるところだろうけど結構
気に入りそうな感じである。
お勘定も思った程ではなく安いしね。
でもまぁ、今日は顔見せってことで次行きま
しょう。
更に迷って何故かインド料理屋へ入る。
タンドリープラウン、チキンティッカ。
ネパール・ビール、酎ハイ。
マトンマサラ、チーズサグマサラ、胡麻ナン。
ちょっとやりすぎだね。
では話の筋に沿って戦略を練りましょう。

2012年1月25日(水) 

思い付いてしまった小さなアイディアを
形にすべくPCに向っていたら出るのが
ちょっと遅くなってしまった昨晩は、
少なくともYシコとBの待つ「きん助」へ。
戸を開けるもテーブル席は二つとも空席。
あ、座敷か、と首を右に旋回させると
二人の他にNっちゃんが座ってた。
AOイちゃんに”お一人様ですか?”
なんて聞かれながら座敷に上がり込む。
テーブル上では今日は来ないらしいNが
参加するというニットのグループ展?の
案内ハガキが回っていた。
毛糸玉をヒツジの身体に見立てたイラスト
の、2008年に本体の販売が終り、インクなど
のサプライ用品も今年で販売を止めてしまう
プリントゴッコででも印刷したかのような
イイ感じのザラッとしたハガキでした。
ならばついでにと、さっきまでPCで
作っていて新年早々に導入したカラー複合機
で印刷、製本した”酒米”物語を無理矢理
披露してみたよ。
まぁまぁでしょ?
まっ、それはいいのだが。
立山をもらって乾杯。
お通しはスキヤキ風の煮物だね。美味い。
ゲソワタホイル、ゲソワサ、クワイチップ。
何ィ?花春と末廣が親戚筋だとぉ!?
Yシコったら若松生まれなんだってさ。
道理で”リオンドール”が通じる訳だ。
大山、新政・六号、黒ラベル生
鴨と下仁田ネギの玉子とじ(鍋風)、
あとお酒ナンだっけ?
ああ、末廣か。あと数種。
菜の花辛子和え、赤ムツ煮付け、
う巻き、お握り、ご飯×2、味噌汁。
良く呑み食いしました。
なんだか良く解らない会でしたが
不祝儀事はキッチリ対応致しました。
あ、今年”初きん”でしたね。
今年も宜しくお願い致します。
「酒米」

2012年1月24日(火) 

昨晩は新潟・新津”とちお揚げいなり”と
北海道・稚内”うに壷”という駅弁を
食べながら酒なぞチビチビ飲っていると
何時の間にか外の雨音が止んだ。
ははぁ、どうやら雪に変わったんだな。
案の定、ではあったが予想以上だった。
本格的なボタン雪が激しく舞っていて
路地は既に真っ白に積りつつあった。
こりゃ明日は大変だな、と思った。
暫くするとガサッだのドサッだのと外で
音がするようになった。
ウチの屋根の太陽光パネルから雪が滑り
落ちているのだ。
結構大きな音がするので一晩中だったら
ご近所迷惑だろうなぁ、と思っていたが
深夜になると音はしなくなったようだ。
これは雪が小降りになったか止んだのかも
しれないと思いながら眠りについた。
今朝、新聞を取りながら外の様子を
確認してみると、やはり雪は降り続きは
していなかったようだ。
積雪量は大したことないし、雪が既に
柔らかくない。途中で雨か霙に変わって
それが明け方に凍ったんだろう。
6時過ぎから多少雪掻きをしましたが
やっぱり東京の雪は2月中旬〜3月初旬が
最も降るようだ。
かじかんだ手を炙って、渋茶とともに
今朝は佐賀・鳥栖の”かしわ飯し”と
宮城・仙台の”帆立まるごと弁当”で
朝食だい。

2012年1月22日(日) 

寒いことを言い訳に引き篭っていたけど
”お昼どうする?”の声で外に出掛ける
ことにした。
あ、ランドマーク的酒屋が閉店して
しまった。
お、この和菓子屋、”茶ぶくさ”なんて
のあるんだ、”緋塩瀬の茶袱紗(帛紗)”
ってのは確か「崇徳院」のキッカケ
だったな、来週、菊六で聴くんだった。
ホントのランドマークの居酒屋、最近
来てないなー。
蕎麦屋はまだ休憩中か。
定食屋も美味いんだよなー。
インドカレー屋もいいんだがなー。
この立飲み屋、一回来たいんだよなー。
この店ってこんな明るかったっけ。
こんな良さ気な居酒屋あったっけ。
などと歩いていたら自然と「飛車角」に
出る。訳がない。途中から「飛車角」に
方向が決まってしまったのだ。
搾り立て系で3種、焼き鳥、ニンニク、
椎茸、塩昆布キャベツ、紫蘇ラッキョウ。
獺祭が旨かったな。
あー、そういえば気になっていた
つけ麺屋があるんだよな。
胡麻味の油そば、スタンダードなつけ麺。
美味しゅうございました。「あさか」
でも、イキスギました。

2012年1月21日(土) 

キノコキノコキノコ餃子鍋の翌日は
鳥手羽元とカブの味噌酒粕煮込み
で五一ワイン。
お寒うぅございます。

最近、きゃりーぱみゅぱみゅ(のCM)が
好きだ。
でも何故好きなんだろうと思う。
CM自体の出来もいいし、本人自身の歌も
踊りもPVも、パフォーマンスがいい。
可愛いとも思う。
でも、そんなヤツ他にも沢山居るじゃないか。
ナンでスキなんだろう?
で、さっき突然気が付いた。
激しく好きな渡辺直美に似ているからだな。
柳原可奈子も好きなんだけど、これって
所謂”デブ専”なんだろうか。
2人揃って出てるTV番組ってあるじゃない。
好きなんだなぁ。”いいとも”月曜とか。
PVの方も好きだ。
モンティパイソン・フライング・サーカスか
ザ・ビートルズのイエロー・サブマリンを
彷彿とさせるし、仲々イイのだ。
きゃりーぱみゅぱみゅ、渡辺直美に似てない?
そういや柳原加奈子ってば、こちらは
やっぱり大好きな小林聡美に似てない?
だから好きなのか!?

2012年1月20日(金) 

サブイっすねー、雪だもんね。
昨晩はForza浜町の後、いつもの「鳳蘭」が
大勢の参加者で新年会状態になり、冷たい雨
が降り始めたのに「岩手屋」でも盛り上って
しまい、最後はKジとタクシーで帰るという
ことになりました。
別に送別会ではないのだが、退職・独立・開業
のアノ人が仕事が軌道に乗るまで暫くForzaも
お休みするということが災い、違った、影響
してでもいるのか、サル参加者も呑み会参加者
も多かったのだ。そして2次会も6人来たしね。
やっぱ人気者だねぇ。
雪国では豪雪が伝えられ、最近は積ることも
少なくなった都市部でも結構積っている所も
あるらしいですね。
節電が求められてるというのに−そういえば
東京電力管内では最近あまり聞かないな−
大変なことですが、関東に雪が降るのは例年
まだまだこれから先なので、ホームセンター
ででもスコップを調達しておきましょうか。

風邪をひかないように気を付けなければね、
先ずは今夜あたり鍋といきたいですな。

2012年1月18日(水) 

ここ数日間で作ったもの

・舞茸、榎茸、しめじ、エリンギと
 鱈の蒸し煮
・舞茸、しめじ、エリンギと鳥肉の
 炊き込みご飯
・干し椎茸とすきみ昆布と若布と
 じゅんさいの生姜とろみうどん
・ありあわせご飯(アサリの味噌汁、
 白菜漬け、キュウリ漬け、海老の佃煮、
 筋子、ツブ貝わさび漬け、焼売、納豆)

2012年1月15日(日) 

金曜にキューッと飲りたくなった喉は
翌土曜の朝8時には満たされました。
土日は社員旅行だったのです。
崎陽軒の炒飯弁当、シウマイ、角ハイ、
秋田市市民市場の食堂の鮭生姜焼き定食に
筋子とイカ塩辛を市場から買ってON。
あさ開カップ、宿の夕食(爛漫の発芽
玄米酒、イカの沖漬け、男鹿のサザエの
土佐煮、海老の黄金寿司、鰆の焼き物、
胎貝の煮たの、刺し盛(ボタンエビ、赤身、
鯛、タコ、ホタテ、寒ブリ)、海鮮寄せ鍋、
鮑の味噌焼き、石焼料理、ローストビーフ、
蕪の吹き寄せ、茶碗蒸し、金目鯛釜飯し、
ガッコ、フルーツ、生ビール、刈穂・六舟)
爛漫、男鹿の市場で買った乾き物、トバ、
東北産ホップ黒ラベル、石鯛の甘露煮、
宿の朝食。飛良泉、高清水、イカゲソ唐揚、
タコ唐揚げ、納豆磯辺揚げ、ハタハタ飯寿し、
いぶりがっこ、じゅんさい、炙り〆さば、
マグロのユッケ、三枚肉の辛味噌玉子とじ、
身欠きニシン焼き、横手やきそば、
山菜おこわ・赤飯、トリハイ・・・
よう飲み食いしました。
お土産は、男鹿半島のバッテラと
比内地鶏の鶏飯し、金萬、じゅんさい、
ギバサ、ハタハタの飯寿しと納豆。

2012年1月13日(金) 

昨晩は風邪っ引きの家人の求めに応じて
クリームシチュウとした。
土の付いた人参臭い大きな人参があったし
玉ネギも買ったばかり、キタアカリもある。
あとはキノコと鳥肉を買えばいいなと
スーパーに寄る。
サツマイモが安かったのでこれも入れちゃえ
と購入。椎茸とぶなしめじ、鳥もも肉。
家に帰り冷蔵庫を物色していると先日近所の
八百屋の親父が”あると目障りだから半額で
いいから買ってって”と付き合わされた
大きい慈姑が残っていたのでクワイチップは
止めてこれも入れちゃおう。
ああ、白菜も少しあったね、これもだ。
豆乳と酒粕を入れて作りました。
かくしてまたしても大鍋にいっぱいの汁物
が出来てしまいました。
ほほっ、悪くないな。

そういえば最近、何だか”カッスーレ”Cassoulet
を良く見聞きする。ブームなのか。
フランス南西部のトゥールーズの名物−尤も
ウチが発祥だという都市も幾つかあるらしいし
村々でレシピが違うとも聞くが−で、良く豚肉と
ソーセージと白インゲン豆の煮込み、または
煮込んだ後オーブンで焼く、ということになって
いるようだが、本来は(多分)鴨肉のコンフィ
(コンフィも最近良く見聞きするものの一つだ)
とソーセージ、ベーコンなどを使ったものらしい。
トゥールーズで食べた時はそんな情報は
全く知らず、豚肉の臓物の煮込みらしいとしか
認識してなかった。
事実、トゥールーズの食堂の親父に薦められて
食べた”カスレ”はクセのある臓物煮込みのようで、
僕の口には良く合ったけど、同行の友人は
一口しか食べられなかったな。
懐かしい思い出である。今度是非作ってみたい。
そんなことを書いてたら牛スジ煮込みで金宮を
キューッと飲りたくなってきたよ。

2012年1月12日(木) 

昨晩のForza後の「鳳蘭」後の夜も
寒かったけど、今日はもっと寒かった
ですねー。
お昼は温ったかいものを食べようと
近所の「仁寺洞」へでも行こうかと
思っていた昼時、Mス田さんから
メールが入る。
本郷三丁目に所用で居るけど、まだ
ならヒルメシを食わないか?という
ものである。
まだだからいいけど、こちらに来て
くれるのか、と返信すると”行く”と
いう。
神楽坂駅で落ち合う。敵も温ったかい
ものが食べたい、韓国料理いいねぇ
というので「仁寺洞」へGO!
Mス田さんはユッケジャン、僕は
純豆腐チゲ。
今日のおかずはペチュキムチ、カクテキ、
ししとうのキムチ、もやしナムルと
韓国海苔でした。
両方ともグラグラの熱々で美味かった。
朝から何も食べてなかったとは言え
Mス田さん、ご飯2杯半は行き過ぎちゃう。
食後に甘いコピを向かい合って飲んでいる図
なんざぁ、2002年大人の遠足”韓国編”を
思い出すねぇ。また行きたいね、今度は
カミーノ・デ・サンティアゴ か。
”食べ過ぎたから東京駅まで歩いてく”
と寒風の中歩き去って行きました。
i ブエン・カミーノ!

2012年1月11日(水) 

今日のお昼はカレーにしようと思った。
近所のカレー屋さんに行く。
そこは主にカレーとフライな店だ。
カレーの皿にはキャベツの千切りが
添えられている。
そしてカップスープが付く。
コンソメに溶き卵にパセリが散らして…
散らしてないッ!?
年明けからか、パセリを節約しちゃった
んだね。
大勢に影響は無いとはいえ何だか残念
なのである。頑張ろう、日本!

2012年1月10日(火) 

連休中、TVを観ていたら感動・感激
した番組が幾つかあった。
そこから色々と考えて書きたいこと
があった。と思う。
しかし、連休中にちょっとした緊急事態
が持ち上がり、対応に追われた。
連休が明けても対応せねばならな
かったので、先の書きたいことを
忘れてしまった。
まぁ、いい。また思い付くだろう。
人生色々考えるなぁ。
考えついでにスペインで深く考えて
みるのもいいかもしれないな。
これも連休中の番組だが、スペインの
”カミーノ・デ・サンティアゴ”の番組が
あって、四国八十八箇所巡礼の次に
どうやらスペイン巡礼を目論んでいる
Mス田さんに番組のことを伝えたので、
ならばついでにと観てみたのだ。
まぁ、こっちは崇高な志しなどはなく
途中のレストランやバルでのタコ料理
に興味を惹かれたのだけどね。
新年が始まったばかりであるが
何だかリセットしたい気分ではある。

2012年1月7日(土) 

昨晩は中途採用の面接があったんだけど
その後、急に思い付いてバスに乗り
不忍通りをグルリと回り道灌山下に出る。
月末に新年会を計画している。
色々と条件があるので店選びに苦慮して
いたんだけど、あっ、そうだっ!と
思い付いたのがココ「稲毛屋」でした。
そう「稲毛屋」に来たのだ。
先ず、電話で相談すると予想を越えた
好条件でやれそうなことになったのだが
直接会ってお話ししてダメを押して
おこうと思ったのである。
金曜の20時過ぎだというのに今日は
席に余裕がありました。
テーブル席を1人で占領して、相談に
来ましたとご主人に一言告げてから
”今日のにごり”、お通しで飲り
はじめておきます。
”今日のしぼりたて”、わさび漬け。
鰻の串は当然もう無くなっているだろう
と思ったが念の為聞いてみると
”小骨ならまだあります”とのお応え。
頂きましょう。
ついでに焼き鳥、砂肝、つくね、ハツ。
”今日のサービス酒”にして串焼き
に取り掛かります。
ラストオーダで海老芋と黒龍のしぼり
たてを頼んだところでご主人がやってきた。
思惑通りダメが押せました。
イイ新年会になりそうです。
手土産に大和川さんの活性にごりと
今朝しぼりを差し上げ、会の説明ついでに
酒造りの栞も押し付けて参りました。
では宜しくお願い致します。
安堵の気持ちで夜店通りを歩き、段々下
「蟻や」にも顔を出して行きましょう。
煮込みと黒ラベルで新年のご挨拶。
今年も宜しくお願い致します。

明けて土曜日は3連休の初日なわけだが
予定はこの3日間全く無い。
ま、ご飯を食べにいこう。
と思ったが僕もTラも事務所にちょっと
寄らないといけないことがあったので
先ずは車で事務所に向かい、ちょいと
所用を片付ける。
戻ってきたらお昼になっていた。
結局、近所の中華屋ってことになり
20分程歩いて「新京」へ。
先ずは餃子とビール。つまんでてと
もやしをもらいながらキリンラガー。
餃子が実がとっちりで美味いのだ。
麻婆豆腐をもらって更に飲む。
〆は450円のラーメンと550円の炒飯。
お腹いっぱいでプラプラと散策方々
帰ってくる。家の前に着いた辺りで
T原からメールが着ていたことに気付く。
今日は何やってんの?という内容だ。
家に入り連絡を取ると、初詣で都内に
来ているのだがどこかでジョイント
しませんか、ということである。
向こうの所用の間、どこに行くかを
考えながらfacebookで遣り取りをする。
結局、新大久保で韓国料理でも食おう
ということになり、それぞれ適当に
向かうことにする。
途中Y野夫婦も引っ掛けながら新大久保
に到着。
落ち合ってからここでもないあそこでも
ないと仲々店は決まらなかったがTラ
が行ったことがあるという職安通りの
「オムニ食堂(本店)」にすることにした。
サムギョプサルや純豆腐チゲ、チヂミ
の入ったセットを1つとキムチ盛りと
太刀魚の煮込みをもらう。
したらエライ量の料理が運ばれてきた。
ビール、チャミスル、杏サワーなどで
乾杯しましょう。
明けましておめでとうございます。
Y野夫婦も遅れて到着し更に乾杯。
てなわけで急遽開催となった新年会は
韓国料理で幕を開けました。
韓国の特に田舎の安い呑み屋事情を
知っている我々には、新大久保の店の
前のメニュの値段は高い印象だったけど、
あんだけ飲み物、特にチャミスルを
呑んでもこんなものか。
やっぱり韓国料理屋はリーズナブルで
ヘルシーで美味いなぁ。
やっぱり今年も蘇莱浦口に行こう!

2012年1月5日(木) 

やっと”のっぺ”と雑煮を食べ
終わりました。
まだお餅はありますけどね。

2012年1月2日(月) 

今年の正月は本当に何もしない
何も予定のない正月だ。
いつもだけど。
朝から”のっぺ”とかまぼこなどで
暮れも押し詰まった時に搾られ
送られてきた信州新町の尾澤酒造の
”初しぼり”を呑みながらTVを観る。
大晦日もそうだったがTVの観方も
いつもとはちょっと違う。
民放のどうでもいい番組は全くと
言っていい程観ない。
だからNHKばかりかっていうと
そういうわけでもないのだが、
ドキュメンタリとか報道ものとか
真面目な紀行ものとかである。

伊達巻きと黒豆と筋子と雑煮に
Mス田さんから頂いた餅を食い
ながら更に呑み進む。
天皇杯決勝は面白い、仲々レベル
の高い、早い、好ゲームである。
でも前半で 3 - 1 になった所で
初詣に出掛けました。
近所の浅間神社は初詣客の長い
行列に驚きましたが、もう一つの
武蔵野稲荷神社の方の人出は
パラパラッと居るだけでした。
ここで諸々お祈り致しました。

明けましておめでとうございます。

歳夜(年夜・大晦日)は両親が
他界してしまったため兎に角今年
は何もない年でした。
明けて正月はいつものように家で
ダラダラと呑み続けます。
TVは正月番組は観ず、なでしこ、
天皇杯、駅伝、ドキュメンタリなど
ですかね。あ、上にも書いたか。
正月早々、いきなり関東地方を震源と
する大きめの地震がありましたが、
今年は、自然災害のない、人災の無い、
世界情勢と世界経済の安定的発展も
願いつつ、我社の発展、自身では
表現と創造の活動の場を得て自己実現
に近付けるように、そして健康で
金運に恵まれ、海外旅行の2つ3つ…

欲張ったらキリが無いね。
でも全てを目標に頑張りましょう。
ということで、今年も宜しくお願い
致します。

2012年のお正月 2012年のお正月 2012年のお正月 2012年のお正月
2012年のお正月 2012年のお正月
写真は、尾澤酒造の初しぼりと
のっぺ と 雑煮
近所の材木屋さんが正月に飾る
干支の絵(昨年はやらなかったが
今年は復活したのだ)
浅間神社と武蔵野稲荷神社



2011年の日記へ
2010年の日記へ
2009年の日記へ
2008年の日記へ
2007年の日記へ
2006年の日記へ    2006年の日記(特別編)へ
2005年の日記へ
2004年の日記へ
2003年の日記へ
2002年の日記へ



ホーム Profile 美ヶ原通信 Soccer イラストと絵本 Cats 旅行記 Town&Shop 日記 Link 足跡 1st BBS 2nd BBS