稲作技術の向上を目指して 本文へジャンプ
ミヨビ農法は稲作技術の向上にも寄与します

 ミヨビ農法は多くの作物に効果がありますが、稲も例外ではありません。
 以下に技術・効果の概要をご紹介いたします。


○直播種子処理の増収効果

  利用法:水(または種子消毒液)200Lにミヨビゴールド0.5gを溶解し、種子を一夜
       浸漬する。その後、水のみで催芽して慣行播種する。

   効果@:発芽苗立率、初期成育、分けつ発生(有効茎数)の向上により、増収が見込
       まれる。[写真1・2]
  効果A:根張り向上と下位節間の短縮による倒伏が軽減される。[写真3]


          [写真1]

         
 [写真2]

          [写真3]

○苗散布の増収効果

  利用法:移植2〜1日前に、慣行法の苗箱潅水に5万倍濃度液(ミヨビゴールド
       2g/100L)を加えて施用する。
       なお、潅水処理後3日以上経って田植えを行うと、根張りが進んで
       田植え機の能率が低下するのでご注意ください。

   効果@:移植活着、初期成育、分けつ発生(有効茎数)の向上により、増収が
       見込まれる。[写真4・5]


         [写真4]   [写真5]

○稔実登熟と品質の向上

  利用法:出穂10〜5日前に、10a当たり25g量を水100〜200Lに溶解して(展着剤
       無用)田の周辺から鉄砲放水する。
       なお、放水前から放水翌日まで、灌水状態の‘かけ流し’を止める。

   効果@:根ばりの向上および新根発生の促進がもたらされる。[写真6]
  効果A:開花期〜登熟期の気象不良(高・低温)による稔実登熟不良が改善。
       [写真7・8]


        [写真6]

        [写真7]
                 [写真8]

               左:処理(苗・出穂前2回)     右:無処理    
       注)写真7・8のみ、他の写真と処理・無処理の左右が逆になっていますので、ご留意ください。

                             トップページへ戻る