ACE 1/72
格好いいとは言いません
でもイカしてると思いませんか♪



 正直なところこの車輌、わたしもこのキットが出るまで気にとめたこともありませんでした。でも戦時中の記録写真などを改めて見るとときどき出てくるんですね。よく見るとなかなかかわいい車です。

 キットはわたしのストライクゾーンを緩急織り交ぜてズバズバ攻めてくるACE社製。東欧らしいとろけ系なことは重々承知しているのに、毎度ついつい買ってしまう(爆)。

 で、コレも例に漏れないとろけ系なんですが、不思議とACEのキットって整形とかすり合わせの落としどころが分かりやすいように感じます。組んでいて楽しいと思うのはわたしだけ?丁寧に組むと意外にカッチリ組み上がります。

 ただし、細部のモールドはカッチリとはいきません。とくに見せ場のひとつの足周りをシャープに整形するのには相当な根気が必要です。また、もうひとつの見せ場のラジエターまわりも、わたしは大部分をプラ板で作り直してしまいました。
 主要パーツをそれぞれ平行して整形・組み立てている、の図。ケグレス式の懸架装置の仕上がり具合は完成後の見栄えにかなり関わってくるので頑張りどころです。
 このケグレス式の車輌ではあまり履帯が伸びて緩んでる写真を見ないので、履帯はコマを詰めて張った状態で装着しました。起動輪と誘導輪をキレイに整形した分、あまったのかもしれません(笑)。

 鮮明な資料はそれほどないので、いつものよーな雑念(?)が湧き出ることもなく基礎工作に集中できたのは良かったですね(笑)。こーしたとろけ系のキットを作るときに気をつけたいのがやはり平行・直角でして、各パーツの段階での整形にしても接着の際のすり合わせにしてもかなり気を遣います。特に足周りの組みつけは歪みが出やすいので要注意です。

 PE製の履帯には賛否いろいろありますが、こうした軽車両の履帯には良いかもしれません。ただ、接地面のゴム製ノブ部に立体感がないのが残念ですね。まぁ気になる方はプラ板を小判型に切って貼りつけるとより雰囲気が出るかと。PE履帯を使うときには焼き鈍しをちゃんとしましょーね。接着にはわたしは瞬接を使いました。あと、起動輪・誘導輪と接する部分のセンターガイドは削ってしまったほーが良いです。

 塗装はタミヤアクリル。車体は少し茶系にふったオリーブグリーンで明るめに塗った上から油彩で陰影をつけました。油彩はランプブラックとバーントアンバー、プルシアンブルーなどを適宜。エナメルの暗色でスミ入れ、デカールを貼って完成としました。

 それにしてもこんな車種までキット化されるとは、凄い時代になりました。

(2010年4月完成)

 ラジエターやその前のローラーあたりをシャキッと作ると印象が見違えます。フェンダーのフチのリブなどもこの手の車両では絶好の改修ポイント。タイヤはリムとの境界あたりを少し削り込んでやると立体感が増して良いですよ。