Trumpeter + Dragon 1/72
突撃砲とゆー新ジャンルを確立
低いシルエットと短砲身が独特の雰囲気を醸しだしてます



 第2次大戦期にはそれぞれの国が独自の戦略のもとに、より役割を明確にした戦闘車両を模索・開発していました。ドイツでは対歩兵を意識した戦闘室密閉型の自走砲として、早期からIII号戦車の車台を利用した突撃砲を開発、実戦投入していました。

 今回はそんなIII号突撃砲のD型です。キットはトランペッターのC/D型とドラゴンのG型を使用し、足周りなどの下半身にはドラを使い、上半身はトラペをベースにドラのパーツでデコレート、お手軽ディテールアップ作戦です。まぁ作戦どおりにいった試しがないんですが。

 ちなみにC型とD型は外見上見分けがつきません。だからといって自分の作ったモノが「CかDのどっちか」みたいなのもアレだったんで(笑)、「どっちかといえばD」ということにしました。
 トラペIII突のプロポーション自体は悪くないですよ。7.5cm砲の低さが特に良いです。ディテールは...まぁ、ね。画像はトラペのボックストップですが、若干実際のキットの内容とは違っています。
 戦闘室と車体との間にヘンに隙間ができるのもカッコ悪いので丁寧に合わせます。戦闘室上面のリベット状モールドはホントは沈頭ネジなので、削って省略しました。

 プロポーションの改修は今回は少なめです(笑)。戦闘室側面の傾斜装甲の傾斜角を少し立てて、左側の無線機の入る箱状部分の幅と長さを変更しました。この箱はもうちょっと高さがあってもよかったかも。ほかは好みでフロントフェンダーを若干前に出したくらいで、あとはごくマイナーな改修ばかり。

 自作パーツも今回は少なめです。トランスミッション点検ハッチのヒンジがE型以降の仕様なので(このタイプも少数存在したようですが)、コレをプラ板と伸ばしランナーで自作しました。フロントライトカバーはキットのパーツを芯にプラ板で少し大きくして、牽引ホルダーはプラ板から自作。運転席左のクラッペもプラ板からの削り出しです。
 
 OVM類の多くはドラやレベルのを加工して流用。クリーニングロッドや車幅灯、尾灯、ホーンなどはランナーから自作しました。運転席のバイザーブロックはジャンクパーツを加工したもの、後部の発煙管ホルダーは形状修正してディテールアップ...などなど、地味にちまちまいじってあります。

 いつも苦労させられる足周りは、今回はドラのおかげでかなり楽に仕上がりました。気になる点としては、転輪の軽め穴が小さいのと、転輪にモールドされた溶接跡の位置が実車と違うというあたり。そのまんまでもいいくらいのモンですが、ほかにやることもないので溶接跡は削り落とし、軽め穴はピンバイスで広げました。ドラの車体下部とトラペの上部との合体もちょっとした調整だけでさほど難しくなく、若干できる隙間も完成すれば気にならないものです。

 7.5cm砲は駐退器カバーの形状をイメージに合わせて加工、砲基部にも少し手を加えました。照準器口から中が少し見えそうだったので、砲尾を中心に戦闘室の左側壁や無線機あたりをちょびっと再現しましたが、完成してしまうとほとんど見えないもんですね。室内のそれ以外のところはフラットブラックで塗りつぶしてあります。
 ドラの足周りはよくできてます。3突だけでなく3号も出してほしいところですが、そういえば4号系列も自走砲ばっかりで肝心の4号が出てませんなぁ。ナゾの商品展開。
 これでだいたい工作終了です。ところでどうしたわけか今回、工作中の写真がすべて左前からのものになってしまいました。ほかにもいろいろ撮ってたつもりだったんだけどなぁ(笑)。

 塗装はタミヤアクリルの筆塗りです。足周りなどの筆の届きにくいところにはあらかじめ暗色を塗ってから組み上げ、アンテナケースや履帯、照準器のついてない状態で塗装に入りました。毎度課題の残るグレー単色迷彩なんですが、今回もやっぱり単調になってしまいました。しかも普段作ってる軽戦車よりも平面が広くて大変でしたよ(笑)。
 
 基本塗装が終わったところで残っていたパーツを取り付けて、全体が馴染むようにスミイレと仕上げのドライブラシをして完成です。汚し?なんのことですかな?(爆)

 大戦初期ネタが大好物なわたしとしては、とてもありがたい新作キットでした。この流れでいろいろ出てくれると嬉しいですね。

(2008年3月完成)