Esci 1/72 + Fujimi 1/76
ドイツ軍の数ある傑作戦車たちのご先祖様的戦車です

わたしも以前はW号戦車なんかが好きでしたが...渋好みになりました


 ナチスドイツが誇る元祖へなちょこ戦車・I号戦車。攻撃力・防御力とも非力ながら様々なかたちで運用され、大戦初期の各戦線を陰で支えた名脇役だったりします。

 キットはエッシーのI号B型を使用。コレ、なかなかの問題作でして、正直言ってプロポーション、ディテールともにフジミの1/76のほーが100倍いーのですが...手元にあったエッシーをやっつけることにしました。でも結局はフジミのI号自走砲とで足周りを中心にニコイチを敢行...だったら最初っからフジミのキットにしておけば...って、まぁまぁ。

 仮組みしてみると、車体上部については形状がおかしーほか全体的に重心が高いよーな印象で、装甲の傾斜角度なんかにも違和感があるのですが、もー逆にどこらへんがいーカンジなのかもわからない...って、まぁまぁ。そんなわけで、大胆イメージ優先もけもけスタートです。
 パーツの合いもモールドもエッシーの標準的な仕上がりだと思います。仮組みの段階ではプチ整形くらいで妥協しよーかとも思ってましたが、結局大手術になってしまいました。
 これだけいじるんだったら、最初からプラ板で組んだほーが...なんてことも思いますが、図面も引かず雰囲気だけで適当に修正しているので、結局こんなやり方が一番向いているよーです。でももーちょっと工作精度を上げたい...。

 まずは砲塔。前後に少し延長したうえでホンの少し小さくするといーカンジです。正面部分は不細工で印象が悪いので気に入るまで整形しました...戦車も顔が命です。

 車体上部はプラ板とパテのオンパレードです。戦闘室は前後に短く・低くして、側面装甲の傾斜角を変更。車体前方のスロープ部分は前後に若干延長し、フェンダーを削り込んで幅も広げてあります。このあたりのハッチはすべて接着・パテ埋めしてからスジボリで再現。車体上部の作業は万事がこんな調子なので、そのほかのディテールもほとんど作り直しです。機関室はあれこれいじった挙げ句に、結局フジミのものに手をくわえて使用しました。細かいことは気にしてはいけない。フェンダー上の滑り止めは省略。

 車体下部は前面装甲にプラ板を貼り、後面の装甲の角度を少し変更して前後に延長、上とのつじつまを合わせています。また、高さ(深さ)がありすぎるので下側を削ってスマートにしました。

 足周りについてはほとんどフジミです。やはり1/76ですからちょっと小さめ?細かいことは気にしてはいけない。起動輪はフチをつけて歯を整形。誘導輪はそのままでも充分よかったんですが、補強板の互い違いなあたりをちょっぴり再現してみました。転輪はほぼそのままです。あとはこれらのパーツをちゃんと1列になるよーにくっつけてできあがり。

 履帯はいろいろ試行錯誤の結果、フジミのモノをレジンで複製して使いました。実はコレにかなり手を加えたモノを作ってさらに複製しよーと思っていたのですが、キャスティングの技術がついてきませんでした。もっと勉強が必要ですね。

 車体上部のディテールやらOVM類はフジミのパーツとプラ材で、全体のバランスを見ながらこしらえました。わりとオーソドックスな配置で、完全に現場あわせです。ライトはキットのモノでは奥行きがありすぎるので整形、支柱も短くしました。

 色の違いでエッシーとフジミの使い分けがわかるでしょーか。もはやエッシーは砲塔と車体をプラの塊として使ってるだけのよーな...バチがあたらんよーに、せめて格好良く仕上げましょ。
 プラ棒を斜めに切った断面に両面テープでサンドペーパーを貼り、それで仕上げをします。断面形を数種作っておくと、細かいところにも手が届きます。ラッカーの溶剤を面相筆につけてかるくなでたりもします。やりすぎ注意。

 砲塔のMGは伸ばしプラ棒とプラ板の薄切りで。ちょっと細すぎたかな?Plastructのプラ棒は伸ばしても粘りがあるので、引っかけちゃっても折れにくく、曲がりはしてもわりと平気で助かります。砲塔は最後の最後まで悩んで固定にしてしまいました。いろいろ角度を変えて遊んでみたんですが、完成後に正面以外にすることはないな、と思ったもので。このほーがドライブラシはしやすいですしね。

 塗装前にはサフを吹きました。前回のセモベンテのときには仕上げと塗装のしやすさを改めて実感しましたので、薄めにエアブラシで数度吹きました。
 
 サフるといろいろとアラが見えてきます。各部のスジボリの太さが均一でないところや、リベットの欠損を修正。このほかちょちょいと直せるモノはもちろんやりますが...あまり細かいことは気にしてはいけない。

 塗装はタミヤアクリル。適当に調色したグレーを徐々に明るく階調しながらドライブラシして、エナメルでスミ入れして細部を塗り分け完成。汚し?ナニソレ(爆)。

 さーて、やっと完成です。セモベンテと交互に(飽きないよーに)作業をしていたのですが、よりによってこんな難産な2台を平行して作らなくてもいーのにね。今回も地味に大改修になってしまいましたが、ある程度納得できるプロポーションになったよーに思います。

(2006年1月完成)

 ...その後、やっぱり機関室が熱帯仕様なのでDAKにしたいなーってことで、数年経ってからサンド系でオーバーペイントしました。コレに合わせて気になっていたところを数カ所手直し。汚し?ナニソレ(再)。

(2011年1月リペイント)
 コレがかつての古式ゆかしきドライブラシによるグレー仕上げ。コレはコレでやっぱり好きです。I号戦車にはいずれまた挑戦してみたいなぁ。