ACE 1/72
ツーシーターのライトウェイト装甲車
彼女を乗せてどこ行こう




 ディンゴは第二次大戦期のイギリスの偵察車です。悪路走行のための4WDに、優れたサスペンションで乗り心地は良好だったそうな。今回は4WS仕様のMk.Iを作りましたよ。

 ACEのキットはとろけたスプルー3枚とPE1枚にデカール。とろけた、とはいってもパーツの判別は容易にできますし、整形すれば使えるモノが多いので上出来です(笑)。室内なんか期待以上の再現度でなかなか楽しい。

 車体は組みやすい分割で合いもわりと良好ですが、いかんせんACEなので平面が平面になっていません。幸か不幸かドアや視察窓のモールドはとろけていてそのままって訳にもいかないので、一旦すべて削って装甲面を整えました。


 室内はほぼ素組みでこんな具合。なかなかいいでしょ?燃料タンクの裏や底を削ったりして収めましたが難しいことはありません。この装甲の厚みはミニスケでは致し方ないですかねぇ。

 ACEに限らずメーカーさんへお願い。こーした脇役車両のキットに雑嚢やタープ、木箱なんかをおまけにつけていただきたいです。たったそれだけでモデラーの想像力と製作意欲は何倍もかき立てられると思うのです。

 プロポーション的にはエンジンデッキを低くしたりフェンダーの形状をいじったり。各部の雑具箱は水平・垂直をしっかり意識し、フェンダーにあわせてカッチリと整形。最後部のルーバーもプラ板でシャキッと作り直してあります。

 削り取ってしまったハッチはフチをこんなカンジで再生させました。意外と簡単です。その他のディテールも伸ばしランナーや適当なプラ材で。溶接痕はないともの足りないのですが、車体が小さいのでかなり控えめに施しました。

 車体の順調さに比べて足周りは大変です。何が大変って、サスのパーツは整形してみてもさっぱり正解にたどりつかない。とろけた云々とゆーよりは、寸法も形状もテキトー過ぎます。結果的にスクラッチになってしまいました。こうした箇所ではなんとなくその構造がわかる程度には再現したいところです。

 ホイールはなかなか雰囲気の良いパーツがついてるのでそのまま使えばあっさり完成させられたのですが、いろいろとちっちぇえことが気になり改修。今回最も手が掛かっているパーツかも。トレッドは地道にデザインナイフでカリカリカリカリ...デキの不揃いはご愛敬。

 

 サスペンションは完成してしまえばほとんど見えないところなんですが、ここにも男のチラリズム(笑)。装輪車両ではタイヤの工作の効果が大きいですね。表情が豊かになる気がします。
 コレ見てキットを買ってもガッカリしないでくださいね。これだけガッツリ作り直しておいて「コレがACEの」なんてゆーと詐欺みたいですが、仕方ないです。ここはそーゆーHPなんです。

 塗装はサンド系の単色迷彩。名前の由来になっているオーストラリアの野犬の色ですね(笑)。デザートイエローでベースを筆塗り、バフを加えてエアブラシ。初期の第7機甲師団を意識して赤地に白丸のマーキングを施し、油彩とエナメルでディテールを浮かび上がらせて、細部を塗り分けたら完成です。

 なかなか手がかかるキットではありますが、エゲレスコンという絶好の機会に楽しく完成させることができました。このちっちゃな車両の雰囲気もうまく再現できたと自画自賛しております。

(2012年9月完成)