Italeri 1/72 fast assembly kits
WW2イタリア軍の主力戦車
...そりゃ勝てませんよ




 このイタレリのカーロアルマートはパーツ数を抑えた簡単キットながら、車両の特徴をよく捉えた好キットです。ストレスなく組み立てられて、すぐに遊べるのがまた良いですね。さすがに省略は多いのですが、そこはモデラーの腕の見せどころ、個性の出しどころだと思います。

 キットには2台分のパーツが入っていますので、今回は1台を素組みで、もう1台は少し手を加えて作ってみました。

 全体的なプロポーションは悪くないと思いますが、防盾と砲身の位置を高くするとさらに印象が良くなります。車体前方の丸まった装甲は、一旦切り離して角度を変えてあります。その下側は見えないので隙間が空いたままに...
 この組みあがりのカッチリ感は簡単キットの魅力のひとつ。とくにミニスケでは足周りがガタガタになりがちなのでありがたいです。

 簡単キットを作り込む場合、省略されたり歪になっているディテールを追加・修正するのが主な作業ですが、合わせてやっておきたいのが平面出しです。たとえば素組みのほうの砲塔や戦闘室の側面装甲を見ると、上辺あたりが微妙に反り返っているのがわかると思います。ディテールの追加の前にこういったところを直しておくとスッキリします。エッジの甘いところも直しておきましょう。



 パーツのフチを薄く削る工作はディテールアップの定番ですが、フェンダーや機関室上面の後端あたりはもちろん、戦闘室に一体成型された機銃マウントの基部なども効果が大きいです。今回は履帯もぐるっと削って薄くし、接地面にプラ板の細切りを貼ってあります。

 砲塔と戦闘室の上面にはリベットがモールドされていますが、実車では頭を潰してあったりしてほとんど見えないので削除してシンプルにしてあります。パネルラインも埋めてしまいました。

 省略されたディテールの中で再現が一番面倒なのは戦闘室左のハッチでした。わたしはキットのモールドを直しましたが、プラシートなどで作り直すほうが簡単だったかもしれません。
 履帯以外の足周りでは転輪などのダブル化やセンターガイドの追加は見送り、起動輪の歯の整形だけやってあります。まぁこんなところに気がつく方もそんなにはいらっしゃらないかもしれませんが。

 リベットはほとんど車体下面からの移植。実は素組みのほうからも貰ってきてます。砲塔と戦闘室の視察孔周辺だけは小さいリベットを使いたかったので、自作のリベットです。

 あとはちょこちょこと気になった箇所をいじってありますが、細かく作り込むというよりは印象がよくなるような工作を心がけて作りました。折角の簡単キットですからね。ただ、手を加えれば加えただけどんどん良くなっていく様子というのは、作っていても楽しいものです。



 塗装は比較をしやすいようにと2台を同じように塗ってみました。タミヤアクリルのXF-57バフとXF-60ダークイエローをベースに、エナメルと油彩で変化をつけています。細かいパーツがないのでドライブラシを思う存分できるのがまた楽しい。で、あっさりと完成です。

 完成すると素組みも結構見栄えが良くて、キットのポテンシャルの高さがよく分かる作り比べになったと思います。よりハイレベルな作り込みにも充分堪える素材ですよ。オススメ。
(2012年12月完成)

 横から見たときの足周りの造形は旧エッシーよりも良いくらいの出来映えです。履帯がこのくらい薄くて、あとは砲塔のハッチくらい開けられるようになっていれば簡単キットとしては満点つけてもいいんじゃないでしょうか。