Italeri 1/72
英軍AFVの中でも異色なこのシルエット
急場しのぎの取って付けた感がたまらない




 バレンタインMk.IIの車台に25ポンド砲を載せた自走砲がビショップです。攻撃力・防御力・機動力のどれをとっても微妙〜なうえに、その背の高さから砂漠などではすぐに見つかっちゃうなんて、いくらなんでもへなちょこ過ぎます(笑)。

 イタレリのこのキットは旧エッシーの名作の再販です。プロポーションやディテールのまとめ方が巧く、素組みでも充分に見栄えのする好キットですね。ただ、わたしとしてはもう少し幅広なほうが好きだなぁってことで、今回は車体・戦闘室とも0.7mm程度拡幅しています。フェンダーは若干狭くしました。

 拡幅作業に伴って車体のモールドをかなり削ってしまいましたから、ディテールのほとんどは自作です。車体後方の造形で目を引く機関室上面の凹凸(換気口カバー)は、整形の手間を考えてすべてプラ板で作り直し。変速機のハッチはキットのパーツを整形、大型化して使っています。
 そのまま組むと戦闘室の前面装甲がドライバーズハッチの上に出っ張ってしまいます。それでは運転士があまりに気の毒なので、素組みするにしてもちょっと直してやりたい箇所ではあります。
 今回のさりげないこだわりポイントはドライバーズハッチ周辺。ココをちゃんとやりたいがために車体幅を広げたといっても過言ではないです。そういえば今回は男のチラリズムはなかったなぁ(笑)。

 車体前方部は面構成を地味に修正。実車の写真と見比べながら時間をかけて整形しました。フロントフェンダーの形状も改修しています。右フェンダー上の雑具箱は大きなタイプに改造。その後方にも箱を設えたよく見かける仕様にしています。

 ディテールの多くはプラ板やランナーから自作しました。適度な省略と簡略化を心がけて、ハッチのヒンジなどはかなりあっさり仕上げています。リベット・ボルト類もすべてを再現するわけではなく、効果的なところのみに施すようにしました。



 25ポンド砲は見えるところだけディテールアップ。揺架は初期型らしくリベット山盛り仕様に。砲身は前半分をちょい太く、後ろ半分はさらにもうちょい太くしてやりました。防盾の板は形状を修正して使用。

 戦闘室は各ハッチのディテールを作り直し、拡幅により位置がずれてしまったベンチレーターは形状を修正して移動。背面ハッチのラックに入ったPOW缶は形が悪いので、全て作り直して固定ベルトを追加しました。


 戦闘室の形状については信頼できる図面が手元になかったので、最小限の加工でそれらしく直しています。そもそもの合いは悪くないので手を加えるのも簡単でした。
 このくらいの角度からの実車の写真を参考にプロポーションを決定しました。結構よく似せられたと思っています。夜中の眠くて限界な時間帯に戦闘室を固定したらちょっと曲がってしまったとゆーのは内緒の話。

 足周りです。転輪と履帯が比較的初期のちょっと珍しい仕様になっていますが、全体にモールドの雰囲気は良いですね。履帯の接地面パターンと横の厚みが気になるので、カリカリ削って修正しました。見えるところだけですけどね。上部支持転輪はあんまりなデキなので、ちょっと似ているジャンクパーツ(UMのT-70系)を流用。

 サイドスカートは大型のサンドシールドも捨てがたいのですが、誘導輪のところだけのシンプルなミニスカートにしました。



 塗装はタミヤアクリル。XF-58オリーブグリーンにフラットベースを入れた基本色にXF-3フラットイエロー、XF-4イエローグリーンなどを加えつつドライブラシ。エゲレスコンの〆に間に合うようにと乾燥時間を短くしたためか、ドライブラシでいつもよりもツヤツヤテカテカになっちゃいました(笑)。その後油彩のチャコールグレイやバーントアンバーでスミ入れをし、履帯とゴム部、装備品を塗り分け。最後に全体にローアンバーを薄く被せトーンを整えて完成です。

 今回は1ヶ月ほどの短期決戦でしたが、とても充実した内容になったと自画自賛しています。戦闘室から受ける印象でなんとなく大きめの車両だと思っていましたが、バレンタインの車体ですからやっぱりちっちゃくてカワイイです。改めてファンになっちゃいました。
 
(2013年9月完成)
 今回は単色で仕上げましたが、黒に近いダークグリーンとの二色迷彩が主流だったようですね。前作チャーチル同様、塗装が地味なので最低限のマーキングで彩りを添えております。