牧師のひとり言の目次 

平穏は無事?


 だらだらと過ごし礼拝のメッセージの出来ていない土曜日は、無駄に一週間を過ごしたような暗い気持ちで次の日の準備をすることになります。反対に葬儀などの突発的な出来事があったためにメッセージが出来ていない土曜日は、一仕事終えたような清々しい気持ちで準備できます。メッセージが出来ていないという状況は同じなのに気分はこんなに違うんだと思うことがよくあります。
 しんどく辛い事や心配で仕方ないことなどがあると気持ちもどんどん沈んでいき苦しくなってしまいます。でもそれが解決した時には気分も上向いてきて嬉しくなります。解決した時の喜びは、何事もなかった時には得られない喜びだなあと思います。
 事が起こることを嫌いそうなったらどうしようかと怖れ、何も起こらないで平穏無事に過ぎて欲しいと願う気持ちがいっぱいあります。平穏な人生は苦しみも少ないのかもしれませんが、その分喜びも少ないような気がしています。そうすると事が起こることを徒に怖れる必要もないのかもしれません。喜びばかりの人生なんてのはきっと欲張りなんでしょうね。