牧師のひとり言の目次 

自分を認める


 スーパーのバイトをしてるといろいろとやらかすことがあります。閉店後に秋刀魚を冷蔵庫に入れるように頼まれていたのを忘れたり、急ぎの用事で店内を走ってお客さんとぶつかりそうになったり、お買い物券をお客さんに渡し忘れていたなんてこともありました。先日は閉店後にレジの集計データを入力するのを手伝っていて、そのデータを保存するのを忘れて消してしまい、そのことを後日知らされました。
 最初は一つのミスに随分落ち込んでいましたが、最近では割りとすぐに立ち直るようになった気がします。落ち込むのはミスをする自分を赦せず、いつまでも自分を責めているからで、自分は当然ミスをする人間であるということ自分で認めないといけないなと思うになってきました。それを認められないからすぐに素直に謝ることもできないんだろうなと思います。
 そんなことを考えるようになったのも、ミスを繰り返して耐性がついてきたからかなあという気もします。これも成長かな?