パンク修理の作業不可や一部の除外車種について

■パンク修理が不可の場合、お断りをさせて頂く事もございますので予め御了承下さい■
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・持ち込んだタイヤが当方で『パンク修理不可』と判断したタイヤ

・ランフラットタイヤや老化(ひび割れやセパレーション等)したタイヤ

・製造年数が古いタイヤ

・ホイール形状等によりタイヤの組み込みが困難な物

・ホイールに対する超過度な適合外タイヤ(超引っ張りなど…)

・プジョーなどホイールのセンターに穴のないホイールは、バランスが測定/調整できません。

・一部の6穴の社外ホイールは、バランス測定/調整ができません。

・外車や極端にローダウンした車両、車幅や全長が極端に大きい車両

・バイクのタイヤ交換

・トラック、バスのタイヤ