温泉についての 豆知識を挙げてみました。なお、記載にあたり、社団法人
日本温泉協会 「温泉の基礎講座(改訂第5版)」などを参考にさせて戴きました。
タイトル (下の各タイトルをクリックすると、直接その項目へ移動できます)
 掲示項目の追加について 温泉の泉質による10タイプ
そもそも、「温泉」って? 温泉の入浴法について
「天然」温泉って? 飲泉について
療養泉とは? レジオネラ症とは
「温泉」と「鉱泉」の違いって? 温泉って、いつ頃から利用されているの?
温泉の成因による3タイプ 日本の温泉いろいろ No.1
温泉利用施設における掲示項目の追加について
温泉法施行規則の改正にともない、平成17年5月24日より、温泉利用施設に
おいて、温泉に加水、加温、循環装置の使用、入浴剤添加、消毒処理などを
行っている場合は、その旨とその理由を掲示することが義務付けられました。
掲示を行う際には、あらかじめ都道府県知事等に届出が必要です。また、
これにより長野県温泉協会からも、同日までに掲示すべく通知されています。
温泉法施行規則改正の概要
 温泉を公共の浴用等に供する者は、施設内の見やすい場所に、
温泉の成分、禁忌症及び入浴上の注意を掲示しなければならない
こととされています。
 今般、これらの掲示項目に加え、公共の浴用に供する場合には、
新たに下記の4項目を追加して掲示することを義務付けるものです。
(1) 温泉を加水して利用する場合は、その旨及びその理由
(2) 温泉を加温して利用する場合は、その旨及びその理由
(3) 温泉を循環させて利用する場合は、その旨(ろ過を実施して
    いる場合は、その旨を含む。)及びその理由
(4) 温泉に入浴剤等を加え、又は温泉を消毒して利用する
    場合は、当該入浴剤の名称又は消毒の方法及びその理由
    *入浴剤等には、利用者が何が添加されているかが容易に
    判別できるもの(ゆず、しょうぶ等)は含まれません。
施行期日 平成17年5月24日
経過措置 掲示を行う際には、あらかじめ都道府県知事等に届け出る
        ことになっており、施行期日以前であってもこの届出はできます。
罰   則 (1)〜(4)に該当する行為を行っているにも関わらず、
        5月24日以降に掲示しなかったり、虚偽の掲示を行った場合
        には、罰則(30万円以下の罰金)の対象となります。
というものです。浴場内に複数の浴槽がある場合で、項目に相違がある場合は、
浴槽の位置図などで、項目との関連を明示する必要があります。
 これに加え、環境省自然環境局からは、「参考情報」として、
 中央環境審議会答申において、「事業者の自主的な情報提供として
意義があると考えられる項目」として、以下のような項目を例示しています。
○ 加水、加温や消毒処理等の程度
○ 加水している水の水道水、井戸水等の別
○ 源泉の状況(ゆう出量、揚湯方法、pH値など)や供給方法等
○ 清掃の状況や湯の入替頻度
 温泉事業者等におかれましては、これらの事項についても自主的、
積極的に情報提供をお願いします。
との依頼があります。
 温泉掲示の書き方は、参考として、
 加水の理由 (例)
  ・源泉温度が高いので加水しています。
  ・強酸のため加水しています。
  ・温泉量の供給量の不足を補うため加水しています。
  ・気温の高い時期のみ加水しています。
 加温の理由 (例)
  ・入浴に適した温度を保つために加温しています。
  ・貯湯槽を有するため、衛生管理の目的から加温しています。
  ・気温の低い時期のみ加温しています。
 循環装置等の理由 (例)
  ・衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています。
  ・温泉資源の保護と衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています。
 入浴剤使用の理由と名称の例示 (例)
  ・季節感を感じてもらうため(又は香りを楽しんでもらうため等)冬季のみ
  以下の入浴剤を使用しています。
    例 製品名 : ○○○
       製造(販売)会社 : △△△
       主要な成分 : ×××
 消毒処理の理由、消毒方法の例示 (例)
  ・衛生管理のため、塩素系薬剤(又はオゾン、紫外線、銀イオンなど)を
   使用しています
  ・××県公衆浴場条例の基準を満たすため、塩素系薬剤(又はオゾン、
   紫外線、銀イオンなど)を使用しています。
といった具体的な例示がなされています。
 改正の主旨・内容を充分踏まえたうえで、的確で正確な掲示が行われる
ことを期待したいと思います。
[このページの最上段へ]
そもそも、「温泉」って?
「温泉」についての定義は、昭和23年に制定された温泉法によります。
 温泉法 第2条によれば「温泉」とは、「地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸
気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる
温度又は物質を有するものをいう。」と定義づけられています。
 この別表(下表)を ご覧いただければわかるように
1. 25℃以上の温度があれば無条件で温泉
2. 25℃未満であっても、別表の19種類の物質のうち いずれか一つでも
 条件を満たせば温泉
ということになります。
別 表 (略記です)
1. 温度 (温泉源から採取されるときの温度) 摂氏25℃以上
2. 物質 (下記に掲げるもののうち、いずれか一つ)
物 質 名
・溶存物質(ガス性のものを除く) ・遊離炭酸
・リチウムイオン ・ストロンチウムイオン
・バリウムイオン ・フェロ又はフェリイオン
・第一マンガンイオン ・水素イオン
・臭素イオン ・沃素イオン
・ふっ素イオン ・ヒドロひ酸イオン
・メタ亜ひ酸 ・総硫黄
・メタほう酸 ・メタけい酸
・重炭酸そうだ ・ラドン
・ラジウム塩
各物質ごとに、含有量の最低基準が定められています
[このページの最上段へ]
「天然」温泉って?
「天然温泉」とは、温泉法上の条件を満たした温泉のことです。
 本来「温泉」とは、天然のものを指していましたが、近頃では温泉と呼べない
ような施設も営業しているため、これらと区別するために、昭和51年7月に
社団法人日本温泉協会が、国の指導の下に天然温泉表示制度をつくり、
「天然」という表記をあえて使用することとしました。
 加えて昨今では、入浴するお客様の多くが、
「湧出した温泉が、浴場でどのように提供されているか」
という点について、非常に高い関心を持っておられることから、
新しい天然温泉表示制度による情報公開が検討されています。
 この 新しい天然温泉表示制度による審査では、
(1) 源泉の湧出状況、引湯方法・距離
(2) 泉質の適合状況 (療養泉か、温泉法上の温泉のみに該当する温泉か)
(3) かけ流し(放流式)・かけ流し循環(放流一部循環式)・循環、の区分
(4) 加水の有無
(5) 新湯の程度(新湯が1時間あたりどの程度注入されているか)
について、3段階(適正度 )によって評価され、表示看板に表示さ
れることになっています。
 当浴場を この審査基準にそって自己評価すると、
(1) 自社源泉を使っており、土中管で約90m引いています。
(2) 療養泉になると思われます。飲泉の許可も得ています。
(3) 完全放流式です。すべて使い捨てております。
   「かけ流し循環」(放流、一部循環式かけ流し)では ありません。
(4) 加水していません。
(5) 毎分の湧出量は、おおよそ250リットル/分です。
 となります。「加温は?」と ご質問の方もいらっしゃるかも知れません。
弊社は、シャワー・カランについては加温せず原水のまま提供しており、
浴槽のみ、常時新湯を注入しながら、1時間に20分間程度 泉水を加温
しております。
[このページの最上段へ]
療養泉とは?
療養泉とは如何なるものなのか、調べてみましたが、その定義は かなり
まちまちに思われます。いくつか挙げてみますと、
(1) 温泉法上の「温泉」のうち、温度・成分・質・組成などからして、医療的な
   治療効果が期待できるもの。療養泉には、単純温泉・塩化物泉等の
   泉質名が与えられており、温泉ではあるが療養泉には該当しないものは
   泉質名がない、とする考え。
(2) 適応症・禁忌症について、保健所長等より指定を受けている温泉。
(3) 昭和53年5月環境庁自然保護局長通知による「療養泉とは、温泉の内、
   特に治療の目的に供しうるもので、次表の温泉又は物質を有するもの」
   に該当する温泉。(「次表」は不明。(4)の表と同一か?)
(4) 鉱泉分析法指針(改訂 平成14年3月環境省自然環境局)による「鉱泉の
   うち、特に治療の目的に供しうるものを療養泉とし、次に掲げる温度
   及び物質を有するもの」に該当する温泉。
表 (略記です)
1. 温度 (温泉源から採取されるときの温度) 摂氏25℃以上
2. 物質 (下記に掲げるもののうち、いずれか一つ)
物 質 名
・溶存物質(ガス性のものを除く) ・遊離二酸化炭素(CO2
・銅イオン(Cu2+ ・総鉄イオン(Fe2++Fe3+
・アルミニウム イオン(Al3+ ・水素イオン(H+
・ヨウ素イオン(I- ・総ヒ素(Asとして)
・総硫黄(S)(HS-+S2O32-+H2Sに対応するもの)
・ラドン(Rn)
各物質ごとに、含有量の最低基準が定められています
 このように、いくつかの定義づけがあるようですが、(4)が一番妥当の
ように思われます。
[このページの最上段へ]
「温泉」と「鉱泉」の違いって?
「鉱泉」という言葉も よく使われます。
「温泉より温度の低い、鉱物質を多く含んだ水」?・・・ちょっと違うようです。
「温泉」と「鉱泉」の違いは、鉱泉分析法指針(改訂 平成14年3月環境省
自然環境局)によれば、
1-1 鉱泉の定義
鉱泉とは、地中から湧出する温水および鉱水の泉水で、多量の固形物質、
またはガス状物質、もしくは特殊な物質を含むか、あるいは泉温が、源泉
周囲の年平均気温より常に著しく高いものをいう。
温泉法にいう「温泉」は、鉱泉の他、地中より湧出する水蒸気及びその他
のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)を包含する定義である。
とあります。
なんか、わかりにくくなってきました(笑)
「冷鉱泉」=25℃未満、「一部鉱物」=温泉法の物質に含まれない鉱物
こんなふうに理解してみたのですが、いかがでしょう。
 さて、「鉱泉分析法指針」によれば、鉱泉は以下の3項目について、
それぞれ分類されます。
(1) 泉温による分類
   鉱泉が地上に湧出したときの温度、または採取したときの温度を
   「泉温」と呼び、それにより4つに分類されます。
   
  
(2) 液性による分類
   鉱泉の液性を、湧出時のPH値により次の5つに分類します。
   
(3) 滲透圧による分類
   鉱泉の滲(浸)透圧を、溶存物質総量または凝固点(氷点)により
   次の3つに分類します。
溶存物質総量(g/kg) 凝 固 点
低 張 性 8未満 -0.55℃以上
等 張 性 8以上10未満 -0.55℃未満、-0.58℃以上
高 張 性 10以上 -0.58℃未満
   人体の細胞液より低い浸透圧を持つのが「低張性」、ほぼ等しいもの
   が「等張性」、それ以上が「高張性」と考えていただければ宜しいと
   思います。高張性の温泉ほど、温泉の成分は人体に浸透しやすい
   ことになります。
 この(1)〜(3)の分類により、鉱泉は
泉温(4種類) × 液性(5種類) × 滲透圧(3種類) = 60 とおり
に分類することができます。たとえば、
「温泉」 + 「アルカリ性」 + 「低張性」 → 「アルカリ性低張性温泉」
となるわけです。この分類により命名した名称は、療養泉としての泉質名
に併記するのが通例です。
当浴場の場合、温泉分析書の「泉質」欄には
「アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性温泉)」
と記載されています。
[このページの最上段へ]
温泉の成因による3タイプ
一口に「温泉」と言っても、温泉の作られるメカニズムによって3つのタイプが
あります。
(1) 火山性温泉
 地表に降った雨・雪の一部が地下水となり、これが火山のマグマ溜まりの
熱によって温められ温泉となったものです。
(2) 非火山性温泉〜深層地下水型〜
 地下では一般的に、深度が100m増すごとに約3℃ずつ地温が上昇します。
地表の温度が10℃であれば、地下1000mではの地温は40℃となります。
地下水が こういった地熱などに温められたものが、深層地下水型の温泉です。
(3) 非火山性温泉〜化石海水型〜
 太古の地殻変動などで、当時の海水が地中に閉じ込められている場合が
あり、化石海水と呼ばれます。これが地熱などによって温められ温泉となって
湧出するものが、化石海水型の温泉です。化石海水は塩分を多量に含んで
いるため、湧出温度が25℃を下回っても、その含有物質から 温泉法による
温泉となります。
[このページの最上段へ]
温泉の泉質による10タイプ
温泉を化学成分から区分すると、おおよそ10タイプとなります。
(1) 単純温泉
 泉温が25℃以上で、温泉水1kg中に含有成分が1000mgに満たないものです。
 pH値(中性値が7、1〜14までの数値で表します)が、8.5以上のものを
 アルカリ性単純温泉と呼びます。多くの温泉地にみられる泉質です。
(2) 二酸化炭素泉
 わが国には比較的少ない泉質です。
 黄金温泉(山形・肘折温泉郷)など
(3) 炭酸水素塩泉
 川湯温泉(和歌山)、小谷温泉(長野)など
(4) 塩化物泉
 熱海温泉(静岡)、片山津温泉(石川)など
(5) 硫酸塩泉
 法師温泉(群馬)、天城湯ヶ島温泉(静岡)など
(6) 含鉄泉
 有馬温泉(兵庫)など
(7) 含アルミニウム泉
 万座温泉(群馬)など
(8) 硫黄泉
 わが国では比較的多い泉質です。
 日光湯元温泉(栃木)、小涌谷温泉(神奈川)など
(9) 酸性泉
 ヨーロッパでは ほとんどみられない泉質ですが、わが国では比較的多いです。
(10) 放射能泉
 三朝温泉(鳥取)、増富温泉(山梨)など
以上は、おおまかな分類です。実際の泉質は、様々な泉質が入り混じっており、
泉質を特定できない温泉も多々あります。登別温泉(北海道)や別府温泉(大分)
のように、何種類もの泉質がある温泉地も少なくありません。
[このページの最上段へ]
温泉の入浴法について
温泉の入浴法は、以下の3通りに大別されます。
   
ここでは、半座位浴と寝湯について 入浴方法をご紹介します。
(1) 半座位浴
 比較的深い浴槽に半座位(中腰)または座位で入浴する方法です。
入浴温度により、次の4つに分けることができます。
 入浴方法の中で一番水圧がかかるので、心臓に疾患がある方は、
深い浴槽への入浴には注意が必要です。
 (ア) 高温浴
    高温の温泉(43℃以上)に短時間入浴する方法です。高血圧症
    の方や心臓疾患のある方は、特に注意が必要です。
 (イ) 温浴
    41℃前後の中温の温泉に入浴する最も一般的な入浴方法で、
    ほとんどの旅館や浴場の温泉で採用されています。
 (ウ) 微温浴
    比較的低温の温泉(36〜38℃程度)に長時間入浴する方法です。
    高血圧症や動脈硬化症などに効果があります。
 (エ) 寒冷浴
    20℃以下の低音の温泉に入浴する方法で、神経症などに効果が
    あります。循環器に疾患のある方は注意が必要です。
(2) 寝湯
 37℃前後の比較的低温の浅い浴槽に横たわって、長時間(20〜30分)
入浴する方法です。リラックスすることができ、精神疲労や不眠症、
高血圧症や動脈硬化症などに効果があります。
当浴場の洗い場は、浴槽からの湯がポコポコと穴から噴出する構造を
しております。常に洗い場に湯を這わせることで清潔を保ち また
冬場などにタイルが冷えることで お客様にご不快をお与えしないためと、
当浴場の浴槽は深めに作っているため、浴槽下部に滞留しやすい
温度の下がった湯を排出するための工夫で、弊社独自のアイデアで
施工したものです。(他の浴場業者様も、このような工夫をしていらっしゃ
るかどうかは存じません)
 ところが、この工夫が弊社の目論見とは違った意味でも、効果があった
ようで、洗い場に横たわると、「寝湯」というわけには いきませんが、
ポコポコと湧き出るお湯が優しく温かいのです。
 お客様が大勢いらっしゃる時間帯は、他のお客様のご迷惑にもなって
しまいますので ご遠慮いただきたいのですが、閑散としている時間帯も
ございますので、宜しければ一度お試しになってみてください。
[このページの最上段へ]
飲泉について
飲泉すると、温泉が胃腸や肝臓などの局所的に作用する効果と、
入浴と同じように全身に作用する効果があることが温泉医学の研究
で明らかになっています。当浴場も飲泉の許可を得ています。
 しかし、いくら身体に良いといっても、ただ闇雲に温泉を飲めば良いと
いうわけではありません。「効能」のページで 「飲用上の注意事項」を
記載しましたが、禁忌症を十分に ご確認のうえ、適切な方法と
適切な用量を守って ご飲泉ください。
 また、温泉が口から直接体内に入るわけですから、新鮮な温泉を
飲用することが欠かせません。飲用の許可があることを必ず確認し、
飲泉の注意事項を守って お飲みください。
[このページの最上段へ]
レジオネラ症とは
厚生労働省健康局生活衛生課による
旅館・公衆浴場におけるレジオネラ症防止対策についてのホームページ
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/legionella/index.html
によれば、
「レジオネラ症」とは
「レジオネラ属菌が原因で起こる感染症。急激に重症になって、死亡する場合
もあるレジオネラ肺炎と、数日で自然に治る場合が多いポンティアック熱に
分けられる。レジオネラ肺炎は、乳幼児や高齢者、病人など抵抗力が低下し
ている人や、健康人でも疲労などで体力が落ちている人などが発病しやすい」
と解説されており、レジオネラ属菌に汚染された目に見えないほど細かい水滴
(エアロゾル)が感染源であるとしています。人から人へは感染しません
打たせ湯、シャワー、ジャグジーなどでエアロゾルが発生するため、きちんと
衛生管理されていない循環式浴槽水が感染源となることが多いのです。
汚染防止のための衛生管理を行う場合、その施設の利用状況や設備によって
対処方法が異なります。
浴槽水の管理
満杯の状態を保ち、溢水させ、清潔に保つ
循環ろ過装置を使用していない浴槽水および毎日完全換水型循環浴槽水
 毎日完全換水
連日使用型循環浴槽水
 1週間に1回以上定期的に完全換水
塩素剤による場合は
 湯が循環ろ過装置内に入る直前に注入することが望ましい
 遊離残留塩素濃度が0.2〜0.4mg/Lを1日2時間以上保つことが
 望ましい
泉質を保つため塩素消毒ができない場合は
 オゾン殺菌または紫外線殺菌により消毒を行う
 泉質等に影響を与えない範囲で、塩素消毒を併用することが望ましい
弊社は、循環ろ過装置を使用していない施設であり、毎営業後に浴場内
の清掃を行った後、完全排水しています。浴槽への注水は翌営業前です。
また定期的に、1ヶ月に数度、手作業の行き届きにくい浴場隅や壁面・浴槽壁面
を中心に塩素剤による消毒を行っております。いずれも清掃は深夜に行い、
翌営業までに相当の時間を経過させております。
また、浴槽・カラン・シャワーについて、新湯を毎分 250リットル注入し、
浴槽上部より溢水(オーバー・フロー)させるとともに、洗い場の床面3ヶ所からも
排湯することで、清潔さを維持しております。
貯湯タンク
湯温を60℃以上に保つ
お湯を滞留させない
循環ろ過装置
ろ材の種類を問わず、ろ過装置自体がレジオネラ属菌の供給源とならない
ように、1週間に1回以上消毒を徹底する
1週間に1回以上逆洗して汚れを排出する
ヘアーキャッチャーを設置し、清掃する
気泡発生装置・ジェット噴射装置・打たせ湯・シャワー等
打たせ湯・シャワーなどには、連日使用型循環式浴槽水を使用しない
空気取入口から土壌と一緒にレジオネラ属菌が入るのを防ぐ
 *「連日使用型循環浴槽水」…24時間以上完全換水しないで循環ろ過
 している浴槽水
露天風呂
露天湯が配管を通じて内湯に混じらないようにする
洗い場を設けない
満杯の状態を保ち、溢水させ浮遊物等を除去し、清潔に保つ
弊社のタンク使用は、からん・シャワーの使用に備え、原水を「一時的に溜める」
ためにだけ使っている「通過槽」であり「貯湯槽」ではありませんから、滞留する
ことはないばかりか、毎営業終了後、カラの状態になっております。
浴槽水につきましては、源泉温が38.5℃と若干ぬるめとなっておりますので、
常時新湯を注入しながら、1時間に20分間程度 泉水を加温しながら注入する
ことで適温を保っています。
また、このような施設管理者としての対処のみでなく、施設管理者から お客様に
対しても、レジオネラ症への喚起と汚染防止のため、注意書き等で呼びかけを
行う必要があるとされています。
「身体を洗ってから入浴する」
「露天風呂では身体を洗わない」
レジオネラ症の汚染防止と、ほかのお客様への心遣いとして、以上をお守り
いただけますよう宜しくお願い申し上げます。
[このページの最上段へ]
温泉って、いつ頃から利用されているの?
「古事記」や「日本書紀」、各地の風土記などによれば、
 伊予の湯 (愛媛県・道後温泉)
 牟婁の湯 (和歌山県・白浜温泉)
 有馬の湯 (兵庫県・有馬温泉)
が、「日本の三古湯」と呼ばれているそうです。
戸倉上山田も、「万葉集」に温泉地としての記述があり古湯と言えそうです。
[このページの最上段へ]
日本の温泉いろいろ No.1
東西南北、標高の No.1
 北端 : 稚内温泉 (北海道)
 東端 : 相泊温泉 (北海道・羅臼町)
 南端・西端 : 西表島温泉 (沖縄)
 標高 : みくりが温泉 (富山・立山町) …2430mの高地です。
源泉数の No.1
 別府温泉郷 (大分)
湧出量の No.1
 総湧出量 : 別府温泉郷 (大分)
 自噴湧出量 : 草津温泉 (群馬)
 動力湧出量 : 別府温泉郷 (大分)
成分の No.1
 酸性 : 玉川温泉 (秋田・田沢湖町)
 アルカリ性 : 生津温泉 (長野・大鹿町) …情報が少なく、推定とのことです。
 塩分濃度 : 有馬温泉 (兵庫) …温泉水1kg中の蒸発残留物値による。
 遊離二酸化炭素含有量 : みちのく温泉 (青森・深浦町) …炭酸泡の温泉です。
 総硫黄含有量 : 万座温泉 (群馬)
[このページの最上段へ]
戸倉国民温泉・公式サイトを別ウィンドゥで開く