本文へジャンプ

風の友達

時々の想いや作品について

人生を変えた一冊

 私は、父が仏教と精神分析学を融合しようと試みている姿を見ながら、複雑な家庭
で、悩み多き青春時代を過ごしました。

 そういうことがあったためか、中学に進学したころから、ゲーテ、ヘッセ、芥川の
作品やフロイト、ユングの著書を読みあさり、人生って何だ!
生きる意味とはなんだということを自分なりに徹底的に問い詰めてきました。
必要な本は、すべて父の本棚から得ました。
しかし、当時は、「人生のゆるぎない真実は、人は日々死に向かって進んでおり、
何人もこの真実から逃れることは出来ない。
すなわち人は死ぬために生きている。」という絶望的な結論しか持ち得なかった。
 そのときの事は今も鮮明に記憶に残っています。
 私は、受験勉強していた頃、晩秋の夕方、机に向かい、窓の外の紅葉した庭木の葉
が風で飛ばされていくのを眺めながら、ただただ泣きました。涙が止まらなかった。
生まれてこなければ良かったとさえ思いました。
従って、長い間死ぬことだけを考えて生きてきた。

 そんな私の考えを変え、生きる意味を教えてくれたのは、V・E・フランクルだった。
著者がいう「私たちが『生きる意味があるか』と問うのは、はじめから誤っているのです。
つまり、私たちは、生きる意味を問うてはならないのです。
人生こそが問いを出し私たちに問いを提起しているからです。
私たちは問われている存在なのです。」(「それでも人生にイエスと言う」p27)
「生きている意味がはっきりと問題視されるとき、すでに生きている意味がどこか
疑わしいものになってしまっています。
けれども、人間として生きている意味を疑うと、絶望にいたるのは簡単です。
この絶望は、自殺を決断するという形で、私たちの前に立ちあらわれます。」
(同前述p19)という言葉だった。

 フランクルのこの言葉は、私にとって大きな衝撃だった。
本を持つ手が震え、胸が高鳴った。
目からうろこという言葉は、このときのために用意されたもののように感じました。
 自分の人生の答は、外にあるのではなく、自分の中に、
自分の責任の一部として自分で作れというのだ。
何故か私には、非常に嬉しかった。
夢中でフランクルの著書を買い集め読みふけりました。

しかし、私はフランクルの言うように自殺はしませんでした。
親しかった高校の級友は、卒業式の翌日自殺してしまいました。
私が自殺できなかった理由は、「一度自殺したら、2度と、あのきれいな夕焼けを
見ることが出来ない」というしごく単純なことでした。
フランク流にいえば、その時の私の人生は「きれいな夕焼けを眺めることができる」
という意味があったのだと思う。

 フランクルに出会ってからの私は、自分の死を正面に見据えながら、
かけがえのない時間を大切に生きていこうと決心しました。
 フランクルの言葉で結べば「苦難と死は、人生を無意味なものにはしません。
そもそも苦難と死こそが人生を意味のあるものにするのです。」(同前述p49)
                                   終わり


   Copyright (C) 2005 『風の友』. All Rights Reserved.