i-strings(アイストリングス)音楽教室

ヴァイオリンレッスンについてLesson

習う方、保護者の方の意向を聞いてレッスンしています。
こちらの都合を押し付けては長く続きませんので、生活の背景にあるもの(忙しさ、仕事、塾など)をお話しいただき、個々のペースですすめています。

お辞めになる方はほとんどなく、皆様続いておられます。音楽を楽しく、そして確実に上手になること、バランスよく読譜やソルフェージュを並行してつづけることが大切です。楽器だけ弾いていては、難しくなった頃に楽譜についていけなくなり挫折してしまいます。

当方、プロオーケストラにおりましたので、オーケストラの譜読みを手伝って欲しい方もよくいらっしゃいますし、きちんと楽器が持てなくて困っていらっしゃる方、仕事しながら続けている方、皆事情が違います。ご希望があればお伝えください。

レッスンの頻度を一律には決めていません。個々のスケジュールに合った頻度で続けていただきたいと考えています。
事情は皆違いますが、弾けるようにならなくては楽しくありません。初歩はまず、楽器をきちんと持てるようになることが先決です。楽器を床と水平に持てること、弓を五本の指を使って柔らかく持てるよう、繰り返し指導しています。基礎ができていないと先になって進めなくなりますので、基礎に時間を掛けています。
曲が仕上がってきたら、曲の骨格や雰囲気をつかむため、ピアノ伴奏をつけています。他の音を聴き、合わせる練習にもなります。
また、音大受験を希望される方は早めに音大の先生へのご紹介も可能です。
先にも書きましたが楽譜を読むこと、音感を育てることは楽器と並行してやり続けることが大切です。レッスン時間内におこないます。ソルフェージュ、和音の聴き取り、聴音、楽典をレベルに応じていたします。

発表会

最低でも年に一度行っています。自由参加ですが、ほぼ全員参加されます。合奏を体験して、楽しんで欲しい、という思いから、独奏だけでなく弦楽合奏もおこなっています。チェロの方々とジョイントしたり、またヴィオラの奏者を招いたり‥。これまではモーツァルト、パッヘルベル等‥。
楽しかった!という声が多く、これをきっかけにオーケストラに入る方が増えてきました。

チェロレッスンについて



トップページへ

ナビゲーション



講師

岩永 敬子 violin

ヴァイオリンを磯崎洋一、堀伝の各氏に師事。
ピアノを佐々木素氏に師事。
国立音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業後まもなく、神奈川県唯一のプロオーケストラである神奈川フィルハーモニー管弦楽団に入団。

オーケストラで演奏活動を15年続けた後、子育てのため退団。現在はレッスンと共に演奏の仕事を続ける。

講師写真
岩永敬子へのメールはこちらをクリック
  ↓



岩永 知樹
 cello
東京藝術大学付属高等学校を経て、同大学を卒業。イタリアキジアーナ音楽院のサマークラスにてディプロマ名誉賞、特別賞を受賞。2003年まで東京藝術大学非常勤講師。
第3回日本室内楽コンクール入選。
Y・バシュメット、M・マイスキー等著名アーティストとの共演多数。ソロ、室内楽、在京オーケストラの客演首席奏者など様々な演奏活動を展開。現在 スタジオ録音等ジャンルにとらわれず幅広く活動。

長年「チェロ夏の学校」を主宰、数々のアマチュアオーケストラ、大学オケの指導に携わる。


←岩永知樹へのメールは
       こちらをクリック