津軽三味線の代表曲、じょんがら節。

もともとは津軽民謡じょんがら節の

伴奏として発達した津軽三味線だが、

その前奏部分が独立して発達し、

打つ、打つ、打つ、すくう、の四拍子の

リズムに、民謡音階(ラドレミソラ)を

使って即興で作る即興器楽曲となった。