*

ほそや歯科医院

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科(インプラント)
HOME
Map
Dr.プロフィール
治療方針
予防歯科
歯周病科
インプラント
レーザー治療
ホワイトニング
医院内紹介

PMTC 予防歯科


PMTCとは?(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

 虫歯と歯周病の予防には、原因であるプラークを抑制し、悪い影響が出ないように常にコントロールしておくことが大切になります。 そのためには患者様自身によるセルフケアが大切です。 しかし、毎日きれいに磨いているつもりでも日常のブラッシングだけでは汚れを完全に落としきることは難しく、※バイオフィルムは強固な細菌の結びつきで できているので、ブラッシングでは100%破壊することはできません。 プラークの中の細菌をやっつけるためには、まずバイオフィルムを破壊する必要があります。
つまり、虫歯や歯周病の治療過程においてバイオフィルムを破壊する作用を持つ専門家の処置がとても重要になってくるわけです。 そのほか、患者様だけではコントロールしきれない部分の補助など、さらにお口の中をより良い環境にするためにも重要な処置です。歯周病治療を受けてきた方はもちろん、健康な歯と歯肉を維持していきたいと考えている方すべてに必要とされるクリーニングです。

※バイオフィルム
色々な細菌が結合して、歯面をフィルム状に覆った細菌集団

■PMTCで得られる効果
 歯肉炎・歯周病の改善
 虫歯の予防とともに汚れの再付着を防ぐ
 審美性の向上(色素沈着を除去し、光沢のある歯面に回復する)
 歯質の強化(フッ素を用いることで再石灰化を促進します)
当院では矯正治療来院時にPMTCを行っております。(矯正治療料金に含む)

■歯肉炎とは?
プラークが長時間付着していると、その中に含まれる有害物質が刺激源となってその周囲に炎症が起こります。健康な歯肉に対してブラッシングを中止すると、約3〜4週で慢性の歯肉炎になります。

■歯周炎とは?
歯肉炎が進行すると歯周炎(歯周病)になります。 プラークを引き続き除去しないでいると、歯と歯肉の境目(ポケット)の中で細菌が異常増殖します。そうすると、歯肉が歯面から剥がれ、続いて骨の破壊へとつながります。

■虫歯とは?
細菌は飲食した食べ物から栄養を取り、酸を産生します。 この酸によって歯が溶かされてしまった状態が虫歯です。 人間の身体には、人によって程度の差はありますが、この酸と闘おうとする抵抗力があります。唾液の作用や歯の質などがその力です。しかし、酸にさらされる回数が多かったり(飲食頻度が多い)、時間が長かったりすれば、酸との闘いに敗れ虫歯になってしまいます。

■唾液の作用とは?
 洗浄作用ノ唾液は歯の表面やお口の中を洗浄します。  殺菌、抗菌作用ノ抗菌作用があり、プラークの形成、発育を抑制します。  緩衝作用ノお口の中の酸や、アルカリを中和する働きをします。  サリバテストで緩衝作用を判定できます)  抗脱灰作用ノエナメル質、象牙質の再石灰化を促進します。

このように、唾液は患者様のお口の中で優れた働きをしています。分泌量が多いほど、虫歯の予防効果は高くなります。

脱灰
歯からリンやカルシウムが溶け出すことをいいます

再石灰化
唾液の中には、リンやカルシウムが溶けていて、そのリンやカルシウムが歯の中にしみ込むことをいいます。