- Others -

Small Secrets | Map | OST | Lyrics | Memo

- Small Secrets -

Coleen
A Letter - from past days の歌詞からわかるヘザーの友達。名前から判断すると女性のようです。詳細不明。

Lakeside Amusement Park Mascots
ロビーだけのように見えますが、実は4匹います。
Robbie the Rabbit (兎のロビー)
Huey the Horse (馬のヒューイ)
Kathy the Kitty (猫のキャシー)
Dawn the Duck (アヒルのドーン)

Portland
ヘザーが(生まれ変わってから)5歳まで住んでいた町。オレゴン州、メイン州のポートランドが有名ですが…SHの設定場所がメイン州、又はマサチューセッツ州臭いので、管理人はメイン州のポートランドでは?と考えます。しかし、Portland という町はアメリカにいっぱいあるので結局?

Happy Burger
2にも出てくるハンバーガーショップ。どうやらチェーン店らしい。1で出てきたKonami Burgerは?

Silent Hill 2のセーブデータ特典
2のセーブデータがメモリーカードにある場合、以下の追加特典を見れます。
1.ショッピングモールトイレで便器を調べますか?と出た時「はい」を選ぶと…
2.アパートの郵便受けを調べると…
3.ヘヴンス・ナイトで女性の写っているポスターを調べると…

ダグラスの趣味
タイトル画面でコナミコマンド(上上下下左右左右×○)を入力し、Extra New Game を選択しゲームスタートすると…

ラストのカットされた音声
エンディングで神を倒した後に、ヘザーが何かの気配を察知して振り返るシーンで、未公開版(カットされた)では、赤ちゃんの産声に気づくような形でヘザーが振り返ります。

Beam Saber
元ネタはSWではなく、「宇宙刑事」シリーズ。

教会のマップ
教会地図の下絵を描いたのは、スタッフの友人の娘さんだそう。

お化け屋敷のダニー
服装が制作担当者と同じらしい。

Bargain Street
駅名のBargain Streetは、映画ジェイコブス・ラダーへのオマージュ。

ミッドキフ&クロスビー
ペット・セメタリーの俳優名が元ネタ。

ショッピング・モールの店舗名
様々な神の名前が書かれている。

Metal Gear Solid 3 とのコラボレーション
グラーニニ・ゴルキー研究所2Fの図書室みたいな部屋の壁に、SH3の教会で飾られている絵が3枚あります。「聖アレッサ」、「救済」、「約束」の3枚。また、スネークがミッションを終え、大統領やスタッフと出会う時のムービーでは(部屋に入る前の廊下)、「聖ニコラス」の絵らしきものが確認できます(※このページの下部画像参照)

- Map -

sh2 map east

East(South Vale)
・Nathan Ave. Robert Nathan 代表作:ジェニーの肖像、タピオラの冒険、夏は遠くすぎて。
・Wiltse Rd. David Wiltse 代表作:わが故郷に殺人鬼、倒錯者の祈り。
・Lindsey St. David Lindsey 代表作:「噛みついた女」などのヘイドン刑事シリーズ。
・Vachss Rd. Andrew Vachss 代表作:フラッド。
・Martin St. David Martin  代表作:「嘘、そして沈黙」、「過去、そして惨劇の始まり」。
・Katz St. William Katz 代表作:フェイスメーカー、恐怖の誕生パーティ。
・Sanders St. Lawrence Sanders 代表作:盗聴、大罪。
・Neely St. Richard Neely 代表作:仮面の情事、心ひき裂かれて。
・Harris St. Thomas Harris 代表作:羊たちの沈黙。


sh2 map west

West(South Vale)
・Saul St. John Soul 代表作:闇の惨劇、クリーチャー。
・Munson St. Ronald Munson 代表作:ファン・メイル、ナイト・ヴィジョン。
・Rendell St. Ruth Rendell 代表作:シミソラ、「ウェクスフォード警部」シリーズ
・Carroll St. Jonathan Carroll 代表作:死者の書、沈黙のあと。

- OST -

Silent Hill 3 Original Soundtracks sh3 ost
01.Lost Carol
02.You're Not Here
03.Float Up from Dream
04.End of Small Sanctuary
05.Breeze-in Monochrome Night
06.Sickness Unto Foolish Death
07.Clockwork Little Happiness
08.Please Love Me...Once More
09.A Stray Child
10.Innocent Moon
11.Maternal Heart
12.Letter-from The Lost Days
13.Dance With Night Wind
14.Never Forgive Me,Never Forget Me
15.Prayer
16.Walk on Vanity Ruins
17.I Want Love
18.Heads No.2
19.Memory of The Waters
20.Rain of Brass Petals
21.Flower Crown of Poppy
22.Sun
23.Uneternal Sleep
24.Hometown
25.I Want Love(Studio Mix)
26.Rain of Brass Petals(Three Voices Edit)

 

- Lyrics -

"You're not here"

Blue sky to forever,
The green grass blows in the wind, dancing

It would be much better a sight with you, with me,
If you hadn't met me, I'd be fine on my own, baby,
I never felt so lonely, then you came along,

So now what should I do, I'm strung out, addicted to you,
My body it aches, now that you're gone,
My supply fell through,

You gladly gave me everything you had and more,
You craved my happiness,
When you make me feel joy it makes you smile,
But now I feel your stress,
Love was never meant to be such a crazy affair, no And who has time for tears,
Never thought I'd sit around and cry for your love,
'till now.

私こと管理人の和訳(上記英文を和訳した場合)

永遠に続く青い空
草は風に吹かれて舞い踊っている
あなたと一緒ならば、美しい光景に違いない
あなたに逢っていなくても、私は私で十分なの
なんて孤独…と感じた時にあなたが来た…

だからってどうすればいいの?中毒者のようにあなたに夢中
そして痛むの…あなたが去って
もうなにも残っていないわよ…

あなたは喜んで手に入れたもの以上を私にくれた
私の幸せを望みながら…
私を楽しくさせるとあなたは笑った
でも今のあなたは強引なの…
愛ってそんなものじゃないのよ、違う?
誰が泣いたりするの?そんなことで…
うずくまってあなたの愛を求めるとは想わなかった

今まで…

日本詩原文(※原文を元に英歌詞が作成されているため、上記和訳と多少意味が異なる)

空は青く、どこまでも青く 優しい風は草むらをゆらしている
とても幸せそうな光景だけど あなたがいない ただあなたがいない

ねえ、どうしたらいいんでしょう
あなたというクスリに一度溺れ それを今、なくしてしまった私は

優しいあなたは全てを私に捧げてくれた
いつも私の幸せだけを祈ってくれていた
でも、あなたの幸せはどこにあるのと聞いたら
それは私が幸せであることと笑っていたね
だったらあなたは今、とても不幸なのね

愛なんて、愛なんて 大したものじゃなかったはずなのに
失ったことを落ち込むヒマがあったら 新しい代わりを探しに行くからと
あなたの前で笑っていた私は あなたと共にいなくなってしまった

ねえ、どうしたらいいんでしょう
あなたというクスリに一度溺れ それを今、なくしてしまった私は

ヒステリックに叫び回ってみせれば 誰かに同情してもらえるでしょう
だけどそれはあなたじゃないから意味がない
だから私は笑っているのです

胸を切り裂いて この心を取り出して
楽になれるならそうしましょう

あなたがいない ただ、あなたがいない

だから、赤い花も今は哀しい

A Letter - from past days

A letter to my future self,
Am I still happy I began,
Have I grown up pretty,
Is daddy still a good man,
Am I still friends with Coleen,
I'm sure that I'm still laughing,
aren't I, aren't I,

Hey there to my future self,
if you forget how to smile,
I have this to tell you,
remember it once in a while,
Ten years ago your past self,
prayed for your happiness,
Please, don't lose hope,

Oh, oh, what a pair me and you,
put here to feel joy, not be blue,
Sad times and bad times, see them through,
Soon we will know, if it's for
real what we both feel,

Though I can't know for sure,
how things worked out for us,
No matter how hard it gets,
you have to realize:
we weren't put on this earth to suffer and cry,
we were made for being happy--
So...be happy... for me.
For you...Please.

Oh, oh what a pair me and you,
Put here to feel joy, not be blue,
Sad times and bad times,
see them through,
Soon we will know, if it's for for
real what we both feel,

We were put here on this earth
put here to feel joy,(repeat)

日本詩原文(※原文を元に英歌詞が作成されているため、上記英歌詩と多少意味が異なる)

十年後の私に私は手紙を書いた
私は幸せだったでしょうか、と
私は綺麗になっていますか?
父さんは元気ですよね?
相変わらずコリンと仲良いですか?
私は勿論、笑っていますよね?

十年後の私
あなたが笑顔を忘れてしまったならば
私は伝えたい言葉があります
思い出してください
十年前のあなたはあなたの幸せを願っています
信じているから あきらめないで

あなたに泣き顔は似合いません
私が言うんだから間違いないです
笑っても大した美人じゃないけれど

十年後の私に私は手紙を書いた
私は幸せでしょうか、と
私は元気でやっていますか?
恋人はもういますよね?
相変わらず髪をいじる癖は変わりませんか?
私は勿論、笑っていますよね?

私は、そしてあなたは、私たちは
幸せになるために生まれてきたのですから

I WANT LOVE

I want cup that over flows with love,
Although it's not enough to fill my heart,
I want a barrel love,
Although I know it's not to fill my heart,
Want a river of love,
I know the holes will still remain,
I need an ocean full of love,
I know the holes will still remain,

And this Swiss cheese heart knows,
Only kindness can fill its holes,
Love can dry my tears,
As pain disappears.

I need a miracle and not someone's charity.
One drop of love from him,
My heart's in ecstacy,
The high that is sending me,
Is most likely ending me,
I need a miracle and not someone's charity,
----inst.----
Fill up my heart with love,
Oh you'd be amazed at how little I need from him,
To feel complete here and now stirring within me,
Are these feelings I can't ignore,
I need a miracle and that's what I'm hoping for,
I need a miracle and not someone's charity,
One drop of love from him,
My heart's in ecstacy,
The high that is sending me,
Is most likely ending me,
I need a miracle and not someone's charity,

Anybody's love but his will never fill this space within me,
Now doctor give me what I need, to free my heart from misery.

日本詩原文(※原文を元に英歌詞が作成されているため、上記英歌詩と多少意味が異なる)

コップいっぱいの愛が欲しい
それでも私の心に空いた穴は
埋まらないかもしれないけど

バケツいっぱいの愛が欲しい
それでも私の心に空いた穴は
埋まらないかもしれないけど

ドラム缶いっぱいの愛が欲しい
それでも私の心に空いた穴は
埋まらないかもしれないけど

トラックいっぱいの愛が欲しい
それでも私の心に空いた穴は
埋まらないかもしれないけど

エメンタールチーズのような私の心
それを埋める優しさが欲しい
この悲しみを、この苦しみを癒せる愛を
この絶望を、この失望を追い出せる愛を

本当に望んでいるのは、奇跡
誰かの救いなどではなく
小さじ一すくいのあの人の愛
それで私の心は満たされる
それで私は微笑を思い出す
それで私は余計に悲しくなるのだろうけど
本当に望んでいるのは、奇跡

この空いっぱいの誰かの愛よりも
たった一滴でもあの人の愛を求めている

かなわないならば、瓶いっぱいの薬が欲しい
それで私の心を粉々にしてしまうために

Hometown

He, spoke of tortured souls,
so outrageous the toll,

You can lose all you have.
He refused to give in, to the town that takes all,
Survive, you must have the will,
this movie doesn't end the way we want all the time.
Then he shouts at the moon.
Now she's gone and fear has overcome.
He was walking the mile, he was walking alone.

Four and Twenty Dead birds, they bleed upon the nest.
There was no triance or reason, they had no sign of a threat.

Now it's too late for me, this town will eventually take me.
Now it's too late for me, this town will win.

She and he will know
that some day all things will end.

Through this fog there come along.
Dark creatures singing a terrible song.
The rest of the bar laughed at him.
Only I felt my hope grow dim.
They found him dead the next day.
No more stories from him, I heard them say.
We blame bad luck for his fate.
Only I felt terror so great.

That misty night, that dismal moon,
The dead search for their kin,
While angels sing in endless dark,
The dead seek out sin.

日本詩原文(※原文を元に英歌詞が作成されているため、上記英歌詩と多少意味が異なる)

メキシコから来た旅人が酔いに紛れて
グラス片手に語りだす

こんな静かな霧の夜には
風の調べにあわせて死者たちは踊る

酒場の客たちは笑い出す
そんな話はスクリーンの中だけにしかないと信じ
彼の話をつまらない冗談だと思って声を立てて笑う

こんな湿った夜の霧には
降り積もる罪を背負った異形が歌う

つられたように私も笑う
強張った笑みの中に、心の奥に、恐れを隠し
私は一人、一人だけが笑いの底に恐れを抱き

小さい頃に聞かされて、今でも忘れられない故郷の伝承
どこか魅かれ、けれど帰りたくない小さな町の怪談
あるいは幼い日の、悪夢と現実の境目のない記憶

こんな静かな霧の夜には
風の調べにあわせて死者たちは踊る

酒場の客たちは笑い続けている
つられたように私も笑う
私は一人、一人だけが悲しみの奥に恐れを隠し

あんな深く遠い夜に、月も眠れる黒い霧に
目覚めた死者は仲間を集め
目覚めぬ天使は罪を求める

Sun

In the beginning people had nothing,
their bodies ached, and their hearts held nothing but hatred.
They fought endlessly but death never came,
They despaired stuck in the eternal quagmire.

A man offered a serpent to the sun,
and prayed for salvation.
A woman offered a reed to the sun,
and asked for joy.

Feeling pitty for this saddness that had overrun the earth,
God was born from those two people.
God made time and divided it into day and night.
God outlined the road to salvation and gave people joy.
And God took endless time away from the people.

God created beings to lead people in obedience to her.
The red god Xuchilbara.
The yellow god Lobselveth.
Many gods and angles.

Finally God set out to create paradise.
Where people would be happy just by being there.
But there God's strength ran out and she collapsed.
All the worlds people grieved of this unfortunate event.
Yet God breathed at last,
she returned to the dust, promising to come again.
So God hasn't been lost.
We must offer our prayers and not forget our faith.
We wait in hope for the day when the path to paradise will be open.


全ての始まりの時、人は何も持たなかった
体には苦痛、心には憎悪の他には何も
争い傷つけあいながら、
死ぬことすらかなわず
永遠の泥土の中に、人は絶望していた

ある男は太陽に蛇を捧げ、救いを祈り
ある女は太陽に葦を捧げ、喜びを願った
大地に蔓延する悲しみを憐れみ、
神はこの一組の男女から生まれた

神は時間を作り、昼と夜を切り分けた
人に救いの道を示し、喜びを与え
そして人から無限の時間を預かった

神は自分に従い、人を導く存在を作った
赤の神スチェルバラ
黄の神ロブセル・ビス
そして大勢の神たちと天使である
最後に神は楽園を作り出そうとした
ただ人が在るだけで幸せに足る世界

しかし神はそこで力尽きて倒れた
世界の誰もがそれを嘆き悲しんだが
神はそのまま息を失い、土へと還った
今一度、生まれてくることを人に約束して

神は失われたわけではない
私たちは信仰を忘れず、祈りを捧げる
楽園への道が開かれる日を
待ち望みながら

※Lost Memories - Silent Hill Chronicle - 、本編テキスト参考(原文詩:シナリオライターHiroyuki Owaku 氏)

- Memo -

「パン屋・チラシ」(※火炎放射器獲得後意味が多少異なる)
ふわふわさくさくの焼きたてパン(死体)を あなたの家の食卓に 割引セール実施中! ヘレン・ベーカリー (Central Square 2F)

「電気を消す」
注意! 部屋を出るときには 必ず電灯を消すこと 消し忘れが目立ちます (Central Square 1F)

「月の扉」
三百の夜と昼を重ね巡る
扉の先には苦痛の声が聞こえる
そして辿り着く場所は現実である
それは決して幸福の始まりではない
(Central Square 3F)

「月の扉」
三百の夜と昼を重ね巡る
扉の先には苦痛の声が聞こえる
そして辿り着く場所は現実である
それは決して幸福の始まりではない
(Central Square 3F)

「券売機の上の新聞」
ヘーゼルストリート駅で人身事故

4日深夜11時ごろ、ヘーゼルスト
リート駅で列車を待っていた男性が
ホームより線路上に転落し、進入し
てきたセントレナータカレッジ駅行
の電車にはねられ、即死した。

警察は事故と自殺の両面での調査を
進めているが、目撃者の証言による
と酔っていた様子もなく、自分から
ホームへ飛び込んだように見えたと
のことで、自殺の可能性が高いと見
ている。

なお、男性の身元は未だ不明である。
年齢40才前後、身長約180セン
チ、黒いジャケットを着用していた。
(Subway station Hazel St.)

「オカルト雑誌」
自殺や事故死によって急死した人の 霊魂は、その自分の死を認識できず、 その場にとどまって地縛霊になるこ とがある。
地縛霊は人としての意識や記憶を失 い、死んだときの痛みや悲しみだけ を幾度も幾度も追体験する。
そして時には、その苦しみのあまり 人に救いを求め、あるいはその生を 妬み憎しみ、同じ苦しみを味あわせ ようと、生きている人間を引きずり 込む。
『自殺の名所』『事故多発地域』と 呼ばれるような場所も、これが原因 になっていることが多い。
貴方もそういった事件があった場所 に近づくときは、気をつけた方が良 い。特に、その事件が起きた日や時 間には。貴方もそれになりたいので なければ……。
(Subway station Hazel St.)

「怪物の警告」
水の中に怪物がいる 奴に仲間が二人も殺された 下水道にはワニが住んでいるって 冗談を言おうってんじゃない 真面目な話だ でも誰も信じてくれない 二人は酔って足を滑らせた? 俺たちはそこまでバカじゃない
確かに怪物なんてふざけてるとは思う 他の何かなんだろうと思う だけど何かいるのだけは確かだ
俺はこれから奴を倒しにいく このノートがそのまま残っていたら これが俺の遺書だと思って欲しい
復讐だなんてくだらない これを読んだ奴は思うかもしれない でもホセもハイメも俺の大事な 友達だったんだ
ただどうやって倒すかが問題だ 水の中にいるせいで拳銃はきかない 得意のナイフを振っても届きゃしない 手榴弾でも手に入れば助かるんだが……
(Sewer)

「階段扉の張り紙 - 3階」
3階の天井が壊れたため 危険なので入室を禁止します (Construction site)

「階段扉の張り紙 - 4階」
4階の床が壊れたため 危険なので入室を禁止します (Construction site)

ハリーの言葉
侵食されているんだ
もう一つの世界に
誰かが妄想した悪夢が
形を成したような世界に……
(Hilltop Center 2F)

「落ちていた写真」
聖女を確認 殺すか?
(Hilltop Center 2F)

「理科の教科書」
二酸化マンガンに、うすい過酸化 水素水をそそぐと酸素を発生させる ことができる。  酸素はそれ自体が燃えることはな いが、他の物が燃えるのを助ける性 質を持つ。
:::::Easy だと下記文章も出現:::::
 二酸化マンガンと過酸化水素水の 代わりに、すりおろした野菜やレ バーに消毒液のオキシドールをかけ ても同じことが起きる。
(Hilltop Center 2F)

「画廊の絵」
炎は全てを浄化する
その跡に、人は楽園へと
至る道を見出すだろう
(Hilltop Center 5F)

『記憶を妨げる者』
(Hilltop Center 5F)

「人の命は富へと変わる」
人の命は富へと変わる
かつては一袋の銀貨に
今は本の中の数字に
されど命に買値は存在しない
それを人は知っているだろうか?
(Hilltop Center 4F)

童話、始まり
むかしむかし、ある町の門に怪物が
住みつきました。
とてもこわく、とても悪い怪物です。
人をつかまえては、むしゃむしゃと
食べてしまうのです。

町に住んでいる人は怪物がこわくて、
だれも町の門には近づけません。
町の外に出られなくて、とてもこま
りました。
それを聞いた王さまは、きしたちに
命令を出しました。
きしたちは、はりきって怪物をたおしに
行きました。

『えいっ、やぁっ』
ところがたいへん、怪物はけんで
きっても、やりでついても死にません。
そしてきしたちは馬ごと、怪物にぱく
ぱくと食べられてしまいました。

王さまはとても困りました。
こまってこまって、うーん、と
うなり声をあげるけれど
どうしたらいいかわかりません。

そこへ神さまに仕える巫女さまが
やってきました。
とてもやさしく、とても良い人です。
王さまは巫女さまに怪物を倒して
くれるよう、たのみました。
(Hilltop Center 1F)

童話、続き
巫女さまは王さまの願いを聞いて
町の門へとむかいます。
やさしい巫女さまは何とか怪物を
死なせたくなかったので説得して
みようと思いました。

『うるさい、だまれ。食ってしまうぞ』
だけど怪物は巫女さまの話を
聞こうとはしません。

それでも巫女さまは怪物に話しかける
のをやめません。
『人を食べるのはいけないことです』

それを聞いた怪物は怒って、巫女さまに
おそいかかり、なんと、巫女さまを
殺してしまいました。
(Hilltop Center 4F)

童話、終わり
王さまも町の人もやさしい巫女さまの
死んだことになみだをながしました。
あんまりみんなが泣くのを、かわいそうに
思った神さまは巫女さまを奇跡の力で
助けました。

朝起きるように、巫女さまは目を
さましたのです。
巫女さまはもう一度、怪物のところへ
行きました。

『ばかな奴だ、また死にたいのか』
『いいえ、死ぬのはあなたです』
巫女さまは今度は怪物を殺すために
やってきたのです。

やさしいやさしい巫女さまにとって、
それはかなしいことです。
でも仕方ありません。

『けんもやりもやくたたずだ。
 ゆみやもてっぽうもはねかえすぞ』
おれは殺されないぞと、怪物は
わらいます。でも巫女さまはけんも
ゆみやも使いません。
ただ一言、じゅもんをとなえました。

『トゥ・フィ・エゴ・エリス』
すると何ということでしょう。
怪物は大きな、くるしそうなひめいを
あげると死んで、消えてしまいました。

おかげで町の人たちは、また門を使える
ようになりました。
だれもが、その巫女さまにたいそう
かんしゃしたということです。
めでたしめでたし。
(Hilltop Center 1F)

「ポスターのセリフ」
『必ず朝は来る 陳腐だけど それは真実だ』
『いつまでも夜だと感じるのは あんたが目をつぶったままだからさ』
(Daisy Villa Apt. #102)

「父親の手記」
こんなものが役に立たないことを 願っている。たぶん、おまえにとっ て知らないままでいる方が、幸せな はずだから。  何より、おまえが私のもとから去っ てしまうかもしれないことが怖いか ら。
 だが、時には真実は必要だ。  だから、これを記しておこう。死 と忘却の中に失われてしまう前に。
 過去に何があったのか。  それはおまえが"誰"なのかとい う話でもある。
 全ての始まりは24年前にさかの ぼる。私と妻は旅行の帰り、ハイウェ イで赤ん坊を拾った。子供のいなかっ た私たちは、神の巡り合わせに感謝 して、あの子を……つまりその女の 子を引き取ることにした。
 それから3年経ち妻は亡くなり、 さらに4年後、つまり17年前、私 はサイレントヒルを訪れた。  あの子の願いを聞いて、あの子と 共に。あの子が、なぜ、それを願っ たのかは知らないまま。
 その町であの子はいなくなった。 どこかへと行ってしまったわけでは ない。死んだわけでもない。 『本来の自分に返った』  ダリア・ギレスピーはそう言って いた。
 本来の自分……それは、母親の手 により、神への生贄として炎に焼か れた少女……アレッサ・ギレスピー のことだ。
 炎の中で彼女は、その魂の半分を 逃がした。そしてそれは赤ん坊に宿 り……それが、あの子だったらしい。
 7年の時を経てサイレントヒルへ 帰ってきた半身であるあの子と、ア レッサは再び一つになり、そして力 を取り戻した彼女が願ったのは神を 殺すことだった。
 儀式によって呼び出され、生贄で ある彼女の胎内に巣食い蝕む神の胎 児を。  たとえその結果、アレッサ自身の 存在が失われようとも彼女はそれを 望んだのだ。
 ただ、それはかなわなかった。あ の子を取り返すことを望んだ、私の 邪魔のせいで。  それでも私の手には、あの子は返っ て来はしなかった。
 私は結果としてダリアがやろうと した、アレッサの中から神を生み出 す儀式の手助けをしてしまっただけ だ。
 ただそこで生まれ出でた神もまた、 産声をあげただけで死んでいった。  その中にあったあの子の、そして たぶんアレッサの意識が抵抗したせ いで。
 それで終りではない。  神が光の中に消えていった後、ア レッサはもう一度現れ、一人の赤ん 坊を私に託した。  昔のあの子によく似ていた。
 そして彼女は死んでいった。  私には助けることができなかった。  ただ赤ん坊を抱いて、逃げ出すの が、やっとだった。
 全てが夢のような出来事だった。  だが現実である証拠に、あの子は どこにもいない。そして腕の中に、 赤ん坊がいる。
 あれから17年の時が過ぎた。  わずかな間だった気もするし、ひ どく長かった気もする。
 その赤ん坊を育てることに、最初 は抵抗があったことを告白したい。  愛することができるか迷った。  どこの誰とも知れない、得体の知 れない存在だった。
 その赤ん坊が私の手から、最愛の 娘を奪ったあの少女かもしれないと も思うことがあった。そしてその妄 想のままに悲しみと怒りを抱き、赤 ん坊の細い喉に手をかけたこともあ る。
 捨てようと思ったことも一度や二 度じゃない。  私はそういうひどい人間だ。
 だが結局は育てることにした。  手放すことなどできなかったからだ。  赤ん坊が……おまえが私を見て、 笑うから……。
 あの子のことは今も忘れられない。  だが、私はおまえを愛している。  今はその愛に少しの迷いもない。  それだけは 信じて欲しい。
我が愛する娘へ……
ハリー・メイソン
(Motel Jack's INN #106)

チラシ
真夜中の貴婦人マリア復活!
27日夜8時より出演
ヘヴンスナイト
(Heaven's Night)

「サイレントヒル観光案内」
サイレントヒルへようこそ! 湖をのぞむ静かなリゾートタウン、サイレントヒル。皆様のこの町への来訪を歓迎します。騒がしく忙しい日々は忘れて、ゆっくりと休暇をお楽しみください。 落ち着きある素朴な町並み。自然あふれる山々の景観。そして早朝、昼間、夕暮れと時間の変化と共に、幾つもの美しさを見せる湖。 サイレントヒルは、きっと皆様に深い感動と、安らぎを与えることでしょう。この町での滞在が楽しく充実したものになることを、最高に思い出深いものになることを願っております。
編集者:ロジャー・ウィドマーク (Heaven's Night)

「レナードとスタンレーについて」
レナード・ウルフ
S12号室に収容。
軽い幻聴や幻覚、感情の不安定さ、
思考の固執などの症状が見られ、軽
度の精神分裂病と思われる。引き続
き観察を行う。
基本的には穏和で協調的な性格で
あり、正義感が強い。
ただし、極度に興奮した場合、異
常に暴力的になるとの報告もある。

スタンレー・コールマン
S07号室に収容。
平常時は消極的であり臆病で、かつ、
自己中心的な性格である。
時折、特定女性に対しての偏執的
な執着、及び、それに伴う行動を見せる。
これが元で暴行事件なども起こし
ているので、注意が必要である。
(Brookhaven Hospital 1F)

「冷蔵庫のメモ」
食品専用、薬を入れるな! (Brookhaven Hospital 1F)

「足の裏のタトゥー」
マーガレット、愛を誓おう この命、終わるときまで (Brookhaven Hospital 2F)

「死体についてのメモ」
身元不明。名前、年齢共に不明。入院患者ではない。当病院敷地内で心神喪失の状態で見つかったものを、院長の判断により、一時的にM4号室へ収監していた。本日深夜、頚動脈切断による失血死。右手に本人の所有物と思われる包丁を握っていた。頚部の傷はこれが原因と推定できる。しかし、自殺とも思われる状況だが、傷口の角度など不審な点があり、詳しい調査のために、2階処置室へ移送。なお、同室の患者からはこの事件に関する一切の目撃証言は取れていない。警察へは連絡せず。ただし、後に必要になった場合に備え、M4号室の被害者の寝ていたベッドや持ち物はそのままにしておくこと。

「2階東廊下のメモ」 (Hard)
青い硝子玉のような無垢な瞳
君はいつだって僕を見ているし
僕もいつだって君を見ている

ああ、あまりに素直に、
美しく汚れないから
僕はつらいほどに切なく、
苦しいほどに嬉しくなる

僕は君を傷つけ、破滅していきたい
僕のこの思いを知ったら、
君はどう思うだろうか

ただ何も言わず微笑んでくれるだろうか
君の口からなら罵る言葉さえ、
真珠のように美しいだろう

口付けを交わすように、
君の顔に左手を添える
そして親指を君の眼窩へと
ぐいと押し込むのだ
不意に力強く、躊躇いもなく、
穴を穿つように

それはどんな感触だろうか、
ゼリィのようだろうか
僕は歓喜に打ち震えながら、
淫猥に掻き混ぜ、その血の
ぬるみを味わうのだ

君はどんな声をあげるのだろうか
潰された目から、
辰砂のように赤い涙を流して
痛い痛い、と叫ぶのだろうか

幾度交わしたか忘れるほどの
口づけの中で僕が狂おしいほどの
飢餓を思っていたことを君は知らない

君のその泣き叫ぶ声を飲み込むように、
今、僕は願いを果たし、
君の舌を噛み千切る
口紅を味わうように、唇に食らいつく

ああ、ああ、それは
どんなに幸福なんだろう
貪欲で意地汚い犬のように、
欲望が満たすのは

君の桜色に染まる頬も、僕は憧れていた
それは舌が蕩けるほどに旨いに違いない
僕はきっと癒され、幼子のように泣くだろう

君の柔らかな耳朶はどうだろうか
頬に触れる僕の唇を這い上げて
歯を立てたい

いつもタルトのように甘い言葉を
囁いてきた君の左耳に僕の
本当の想いを聞かせたい
偽りは無かったけれど
秘密は幾つも有った

ああ、君は僕をどう思うのだろうか
たぶん憎悪か恐怖なのだろう
僕が君を終演に至る苦痛へと誘うように
君が望むなら壊してくれても構わない
君が望むままに、
僕を壊してくれても構わない
(Brookhaven Hospital 2F) 答え:4896

「スタンレーの日記(面会室)」
この日がやっと来た。そう、私と君とが出会う日だ。この薄暗い牢獄の中で、いつも君を思っていた。今日になるまで私は君の名前も君の顔も知らなかった。でも、わかるんだ。君は私が待っていた人だと。君もそうだろう?君も私を待っていた。だから君は私を救いに来てくれたんだ。ああ、愛しているよ、ヘザー。この出会いを、この永遠の愛の始まりを記念して私の大切な人形を君にあげたいと思う。ああ、君が喜んでいる姿が目に見えるようだ。スタンレー・コールマン (Brookhaven Hospital 1F)

「スタンレーの日記(病室C4)」
組織が私をここに閉じ込めたんだ。私の心を壊して、あのことを忘れさせるために。だが狂った奴らと一緒に閉じ込められていても、私はいつまでも正常のままだ。接着剤で壁に貼り付けてどうする?そんなことをしても無価値だ 何故って?あれではがせるじゃないか、醜悪な女どもが性懲りもなく使っているあれで。全ては意味を持たなくては存在する理由がない。君が私のために存在しているように。でも、君は何で僕の人形を持っていかないんだ?照れているのだろうか……可愛いよ、ヘザー。スタンレー・コールマン (Brookhaven Hospital 1F)

「スタンレーの日記(東廊下)」
君はまだ自分の本当の気持ちに気づいていないのかもしれない。でも無意識ではわかっているんだ。だから君は私に近づこうと努力している。それは美徳だ、楽園に至る道だ。もし鍵がかかっていたら開ければいい。監獄への扉を開けるための合言葉で。医者の……名前は忘れた。とにかくあのバカ医者が貼っていた。あいつこそ、こっちにいるべきなんだ。だって4つの数字を書くだけで済むことなのに無駄が過ぎるじゃないか。でも惜しいかな。私はそっちにはいない。じらしているのか?待ち焦がれているのに、君はひどい人だ。だけど愛しいよ、ヘザー。 スタンレー・コールマン (Brookhaven Hospital 2F)

「スタンレーの日記(病室M4)」
そこの散らかったベッドは入れ墨野郎がいた。今はいないけど。だからその目覚まし時計も薄汚いカバンも彼のものだ。ああ、勘違いしないで欲しい。私は何もやっていない。あれは嫌いじゃなかった。嘘つきだったけれど。そうだ私も書くことにしようか?この胸に。この心を切り開いてみせられないその代わりに。『アイ・ラブ・ヘザー』と。いや、もう少し気の利いた言葉にしよう。それっぽっちじゃ、まだ私の思いに足りない。ああ、これはとても甘美な気持ちになれる想像だね。 スタンレー・コールマン (Brookhaven Hospital 3F)

「スタンレーの日記(隔離室)」
君の打ち振る、黒き髪 夜空が如く、香を撒き 胸に掻き鳴る、我が鼓動 嵐の如く、弄ぶ 君の無垢なる、眼差しが 宴が如く、微笑めば 想い荒ぶる、我が息吹 阿片の如く、狂わせる
私の気持ちを表現してくれたエリックは偉大なる詩人だ。この町に侵され狂っていくのはごめんだが、君との愛に溺れるのは素晴らしく楽しいことだ。でも君は、何で僕の愛情の証を受け取ってくれないんだろう?遠慮することはないんだ。私と君はいずれ一つになる存在なのだから。君にあげるということは、私にあげるのと同じことなんだ。 スタンレー・コールマン (Brookhaven Hospital 3F)

「スタンレーの日記(倉庫)」
ヘザー、神聖なる恋人よ。私はいつも君を見ている。君がどこにいようとも、何をしていようとも、私は君を見失うことはない。君がつらく寂しい思いをしていることもわかっている。なのに、たかが廊下の扉の鍵一つで、それを邪魔されるなんて、こんな理不尽なことはないと私も思うよ。でも、長い間、二人は出会えなかったんだ。後少しの時間だから、我慢して欲しい。私も我慢している。君をこの手に抱きしめたいのに。鍵は地下倉庫の棚の裏だ 何だってそんなところなのかは、あのバカ医者に聞いてくれ。ここにいる奴は誰一人としてまともじゃないんだ。この病院だけじゃない、このサイレントヒルって町全体がそうだ。例外は私だけだ。 スタンレー・コールマン (Brookhaven Hospital 3F)

「スタンレーの日記(階段)」
屋上は私も好きだ。飛びたくなる。君もそうだろう? スタンレー・コールマン (Brookhaven Hospital RF)

「スタンレーの日記(病室S7)」
さようなら、ヘザー 君の愛に応えられなくて、ごめん もう、終わりだ。レナードは私が憎いんだ。私があれをバカにしたから。それがこんなことになるなんて。あいつが邪魔をしなければ、もう少しで君に逢えたのに。そして君を私の世界に連れて行けたのに。ここよりもっと素晴らしい二人だけの世界だった。待っていたのに、今日という日を。君と本当に出会える、私が救われる、この日を。ヘザー、あいつに気をつけてくれ。レナードは、普通じゃない。さようなら、愛していたよ。ヘザー、私の女神。ヘザー、私の恋人。ヘザー、私の (Brookhaven Hospital 3F)

「隔離室のメモ」
患者への度重なる暴力行為に対する
処罰として隔離室に12時間の監禁
解雇処分は中止
この件で不満のある者は院長室まで
(タイプライターで打たれた文章にさらに手書きで何か書き足されている)
跡が残らないようにやるのがコツ!
(もう一つ書いてある 前のとは別の人が書いたようだ)
院長は変態! かわいそうなクリスティ
首になった方が良かっただろうに……
(Brookhaven Hospital 3F)

「希望の家の記事」
絶望を育む「希望の家」
サイレントヒル郊外にある児童養護施設「希望の家」。しかし、その名前と裏腹にそこで行われているのは、子供たちへの虐待と洗脳である。
この「希望の家」を運営しているのは「4S」と呼ばれる慈善事業団体"Silent Hill Smile Support Society"である。確かに、"身寄りの無い子供達を預かり、育てる"のは立派な慈善事業であると誰もが認めるところだ。
しかし、その真の姿が邪教集団で、子供達に施すのは正当な教育ではなく、彼らの歪んだ教義であるとしたら、どうだろうか?
この「希望の家」の近くに住むスミスさん(仮名)は、こう語る。
「施設の方から夜、奇妙な祈り声や(子供達の)悲鳴が聞こえてくることがある。私も一度、そのことで抗議に行ったが追い返されてしまった。……今? 今も変わらない」
私もまた、この「希望の家」に真実を確かめるために、取材を行おうとしたが拒否されている。何も返事はもらえず、一枚の写真も許されなかった。
取材に行った際、「希望の家」の近くで、私は怪しいコンクリートの円筒形の建物を見かけた。この建物もまた、施設の一部であると言う。
だが、それが何なのか、私の聞き込みに答えられる人は誰もいなかった。それが、ただの児童養護施設に必要なものとは思えない。そこは彼らにとって監獄であり、教会なのかもしれない。
「希望の家」を運営する真の団体であるこのカルト宗教は、独自の名前はなく、地元ではただ「教団」と呼ばれている。
古くからサイレントヒルに根付いている宗教だが、一部に選民思想的な過激な信仰が伺える危険な面も持ち合わせている。
私は引き続き、この「希望の家」と教団について調査していくつもりである。
"真実を人々に"、そして子供達には明るく正しき道を示すのが我々の義務と、私は信じている。
ジョセフ・シュライバー (Brookhaven Hospital 3F)

「医者宛のメモ」
ミッドキフ先生へ
 312番患者への注意をお願いします。
 信仰の自由は病院内でも変わらないとは思いますが、
他人への押し売りはどうかと思います。
かく言う私も、被害にあいました。
 なお、そもそも入院の原因が、
宗教論争から起こったケンカの、
相手を刺したせいとの噂がありますので、
充分お気をつけください。
R.クロスビー

追加情報!
 噂は本当のことだそうです。婦長が教えてくれました。
 他はいい人だと思うんですけどね。手がかからなくて。
(Brookhaven Hospital 1F)

「デイルームのノート」
世界には必要のない人間が溢れている
私は神の意志に従い、戦う
栄誉ある騎士として、
印章の守護者として
罪人たちの血を捧げよう
(Brookhaven Hospital 1F)

「ビデオの映像」
異常な高熱状態がずっと続いているわ……
目も覚まさない……点滴を受け……
かすかに息をしているだけ
どうして…… どうしてあの子は生きているの?
(Brookhaven Hospital)

「壁の落書き」
初めての誕生日おめでとう (Brookhaven Hospital 1F)

「バースデーカード」
38回目の誕生日おめでとう 14足す 7足す 17で38? (Brookhaven Hospital 1F)

「誰が殺したコマドリを」 (Hard)
誰が殺したコマドリを?
それはスズメと皆が言う
人の苦しみ、彼の趣味
すする命は甘い蜜

空を忘れたフクロウは
座り陣取る蔵の前
満ちて飽く事忘れては
動くクチバシ、肉を食む

ツグミ呑み込む草の香は
甘い幸せ抱かせる
溺れ溺れたそのツグミ
心腐りて死の淵に

鍵を隠したコマドリは
今はかまどのただの灰
今は空っぽ彼の場所
かくて扉は閉じたまま

言葉忘れたヒバリの子
一人望みて壁の中
閉じた心に閉じた口
誰も望まず檻の中

絶える望みに選ぶ道
やめる羽ばたき白きハト
赤く染まるは白き羽
白く染まるは赤き頬

暗き望みのそのままに
人の心を踏みにじり
耳にささやく愛の歌
忍びうごめくヒワの影

黒きカラスは祈り人
天の声聞く狂い人
止まぬ囁き、神を乞い
鈍く光るはそのまなこ

心育たぬミソサザイ
足りぬ言葉を笑われて
されど動じぬ幼さよ
知らぬ汚れは幸いか

枷に囚わる甘美さに
その身、悶えて狂うトビ
死すら喜び求めつつ
落ちる赤き血、白く染む

死すらわからず身を熾し
天に召される白き人
祈る言葉も胸になく

想い焦がれる狩猟者は
今はその身を火に焦がす
遠き息吹も土の中

重きその身は燃え尽きて
風になりては空に舞う
満ちぬ胃袋、今は雲

笑いすすった血の味が
彼を導く地獄門
永久に焼かれよ、その心

灰に還るは四死体
かくて扉は開かれる
かくて扉は開かれる
(Brookhaven Hospital 1F)

「聖アレッサの肖像」
alessa painting
聖アレッサ 神の母にして神の娘 (Church)

「聖ニコラスの肖像」
nicholas painting
聖ニコラス 奇跡の手、神に仕える医師 (Church)

「聖ジェニファーの肖像」
jennifer painting
聖ジェニファー 死の刃の下にあっても、信仰は揺るがず (Church)

「教団の紋章について」
jennifer painting 『太陽の聖環』と呼ばれる神を表す
紋章の一つで、教団の象徴として用
いられる。

外側の二つの円は慈悲と再誕、内側
の三つの円は現在、過去、未来を意
味している。

通常は赤で描かれる。黒などの赤以
外の色で描くこともあるが、青で描
くことはその意味を逆転し、神への
呪いとなるので禁じられている。
(Church)

※内部の文字にはルーン文字が使用されています。海外サイトの解読では、
「ダリア、アレッサ、Samael?」などと書かれているらしい…正確な情報は不明ですが。

「書:失われた記憶」
特徴的なものでは、現代では忘れ去られ、稀少な文献の中に記されているのみであるが、生贄の儀式というのがある。『祈りを捧げ、男の胸に銅の杭を突き立てる。心臓に穴を穿ち、吹き出す赤い血にて祭壇を濡らす。神を慰め、神への忠誠を示すためである』同文献内に生贄の儀式のもう一つのものとして、生きながら炎に焼かれる、というのが書かれている。これはより高位なもので、捕虜や罪人ではなく、聖職者のみが生贄になることが許されている。火刑にも似たこの儀式は、近郊の宗教では類似が見られない。これはこの神が太陽神であることが関係しているのではないだろうか。この宗教が人々の救済を唱えながらも、どこか後ろ暗いカルト性を感じさせるのは、こういった歴史を内包しているせいかもしれない。 (Brookhaven Hospital 1F)

「ダグラスの手帳」
依頼人 - クローディア・ウルフ 依頼内容 - 17年前にハリー・メイソンという男に誘拐されたアレッサ・ギレスピー(当時0才)を探す 警察への届けなし 誘拐現場不明 サイレントヒルの古い新聞 アレッサ・ギレスピー(7才)の火事による死亡記事 今回の依頼との関連性は? 要調査 - 優先度、低 ヘザーという偽名を使用 近所に本名を知る者はいない 何を隠しているのか?
戸籍年齢では24才、外見から考えると依頼人の17才というのが妥当か? 12年前までポートランドに在住 殺人事件に巻き込まれ、ハリーはその犯人を射殺 正当防衛として起訴なし その直後に突然、転居している 偽名使用もこの転居後から犯人との関係は見当たらず 犯人はただのオカルトマニア 前からおかしかったとの評判 元サイレントヒル在住?(Amusement Park)

「父さんの書いたメモ」
ダリアは言っていた。
あの少女は悪魔だと。
私の娘を生贄にするためにさらったと。

どこか信じられない気持ちがある。
外見に騙されているのだろうか?
病院の地下にあった写真を見て思った。
「あの少女はシェリルに似ている」と。
だからそう感じてしまうのだろうか?

確かにどこか普通ではない負の
意識のようなものは感じる。
けれどあの少女が悪魔だとは私
には思えない。

それにあの少女が悲しそうに、思
えるのは私の気のせいだろうか?
助けを求められているような気が
するのは何故だろうか?

ただ私にとって、大切なのは
シェリルだ。全てはシェリルを
取り返してから考えよう。
(Amusement Park)

「メリーゴーランドのメモ」
十三の回転が四を数える時
あなたは彼らの呪いで死ぬだろう
逃れることを願うなら
その方法はただ一つ
殺される前に殺すだけ
十二の死により、救われる
(Amusement Park)

「アレッサのメッセージ」
"私"は死ぬべきだ
それを恐れることはないのに
あの子が……あの悪魔が孵り
永遠の苦しみに囚われることを思えば
あの病室の日々よりも深く残酷な……
安らかな終わりを
私は"私"に与えたかった
なぜそれを拒み、進もうと願うのか
愚かな"私"……
(Amusement Park)

「神を称える言葉」
この世界の害悪にまみれ
私たちは悲しみをためる
それを癒すのは貴方だけ
朝に、昼に、夕に、夜に
我らは貴方を称えよう
奇跡の降り積もる日を待ち望み

余すことなくこの身の全ては
貴方に捧げられる供物である
どんな暗闇が私を遮ろうとも
やがて貴方に辿り着くだろう
深き信仰の奇跡の証に

羊のように従順に尽くす我らの魂
ああ、神よ、楽園にお導きください
いかなる誘惑も貴方への信仰を
揺るがすことはないでしょう
お救いください、その慈悲で

ああ、神よ、恵みをお授けください
ああ、神よ、祝福をお与えください
(Church)

「教会の扉」
この扉は楽園へと至る道の
始めの門である
大いなる母の膝に抱かれ、
深き罪を告白し、その許しを乞えば
永遠の平穏はあなたのものである
(Church)

「神の姿について」
どんな宗教でも同じように、この宗教も
また、今に至るまでに変化することなく
昔の姿を止めてきたということはない
特に主体が入植者の手に移った時点で、
彼らの元々の宗教であるキリスト教の影
響を色濃く受けている
例えばその教義や伝承の中に現れる神の
使いには、キリスト教における天使の名
前や容姿といった共通点、類似点が見られる
(中には、主神である『楽園の創造者』
あるいは『蛇と葦の王』に、悪魔の名前
が冠されていた珍しい例も見つかってい
る。このケースの場合、無論、そう呼ぶ
のは信者ではなく敵対者であろう)
(Church)

「タロットについて」
タロットはヘブライ文字の22の
子音を基盤として成立し、世界の
全てを表しているという。
この0から21までの数字をふら
れたカードの一枚一枚には、様々
な意味が込められ、それを読むこ
とにより、占い師たちは未来を見通す。
例えば一枚目の"魔術師"は創造、
知恵、始まり、あるいは破壊や詐
欺を意味し、二枚目の"女教皇"
であれば直感、調和、純粋なる信
仰、あるいは独断や高慢などを意
味している。
しかし、ある文献によれば、ガードナー版と
呼ばれるタロットでは22枚目以降のカードが
存在したらしい(ガードナー版は現存して
いない。文献に名前を留めるのみである)。
これは失われたヘブライの母音を
基盤とする、世界を超越した存在、
すなわち神を意味するカードであったという。
(Church)

「書:異界の法則」
これは強力な魔除け・魔封じの力を
持つ魔法陣で、"ヴィルンの第七紋
章"、あるいは"メトラトンの印章"
と呼ばれる。
対象の善悪を問わず効果を及ぼし、
その強力さ故に使用者に対しての負
荷も非常に高い。扱いも難しいので、
普通に使われることはない。
だからこそ、"神の代理人"とも呼
ばれる、天使メタトロン(メトラト
ンは彼の別名である)の名がつけら
れているのであろう。
(Church)

「父さんの日記」
今でも時々、あの子があの少女
アレッサの生まれ変わりのような気がする
それでも最近は、悩まなくなってきた
その全てを許せる
愛されなかったシェリル
それがアレッサなのかもしれない
そしてシェリルもまた、アレッサなのだ
何より、誰の生まれ変わりであろうと
あの子は、私の最愛の宝だ
ただ、あの名前をつけたのは
間違いだった
あの頃は愚かにも失ったシェリルの
代わりにと思ってしまったから
真実を知ったとき、悲しみは
しないだろうか
それが心配だ
(Church)

「アグラオフォティス」
アグラオフォティス
 血の色にも似た赤い液体、または結晶。
 この名前はカバラ文献の中で、アラビ
アの砂漠に育つと言われる、悪霊を追い
出す力を持つ薬草から取られている。
 服用の他、加熱し気化させ、散布
することにより悪魔に対する防護の
力をも持つ。
 強力ではあるが、稀少なため入手
は極めて難しい。
(Church)

「教室の机」
帰れ 死ね 泥棒
(Church)

「K.ゴードンの手帳」
私が担任しているクラスにアレッサと
いう子がいる。
 君の記憶力が良ければ覚えているかも
しれない。前に話した『魔女』と呼ばれ
ている子だ。
 彼女はおそらく母親から虐待を受けて
いる。ケガ一つ、傷一つなく登校してく
るのを、見たことがない。
 その表情はこれで6才かと哀しくなる
ほどに暗い。
 こんな話は珍しくないことなのかもし
れない。無駄なことは考えず、静観する
のは最も楽な対応だ。
 だけど、私にしてあげられることはな
いのだろうか?
 弁護士に相談してみようかとも思って
いるが、迷いもある。だから、まずは、
友人である君の意見を聞かせて欲しいと
思っている。
K. ゴードン
(Church)

「信者の訴え」
ヴィンセント司祭が組織運営の資金を、
私利私欲のために用いているという、
不満の声があがっています。
 また一部の信徒から、ヴィンセント
司祭が寄付の強制をしているという、
噂も聞いています。
 彼は本当に、その地位に足る人物
なのでしょうか?
 組織を大きくした彼の業績は私も
否定するものではありません。
 しかし、我々が神を信奉するものの
集まりであれば、尊ばれるべきは小器
用さや饒舌さではなく、信仰の深さで
はないのでしょうか?
L. S
(Church)

「クローディアの日記」
11月10日
 彼女はあの時、死んだのではなく、
生まれたのだ。
 私は確かにそれを知った。
 だけどなぜ、彼女はいまだに見つ
からないのだろうか? 楽園の創設
のため、人々の幸福のために、彼女
の力が必要だというのに。
 彼女はそのために、もう一度、生
まれたはずだ。
 それに、私は彼女に会いたい。

11月14日
 聖典『礼賛文書』を読む。
 貴重なこの本を快く貸してくれた
司教には感謝したい。
 そこには、私が求めていたものが
あった。神を目覚めさせる方法。
 だが、それはあまりにも残酷だ。
 私は彼女に出会ったとき、それを
成すことができるだろうか?

11月16日
 今日は一日、時間があったので
『難民の近代史』と『幼き奴隷−
搾取される子供たち』を読む。
 私はこの世界に対して傍観者で
あろうとは思わない。だが何もで
きないのが現状だ、それがつらい。
(Church)

「バースデーカード」
小さなクローディアへ
6歳の誕生日おめでとう
私は本当の妹のようにあなたが大好き
だからこれからも仲良くしてね
(Church)

「父さんのメモ2」
この扉の先に、あの子がいる。
 理由はないけれど、私はそう感じる。
 でもこの扉の先にいるのは、あの子
だけじゃない。
 ひどく危険で、気分の悪くなる何か
……あるいはそれが彼らの言う"神"
なのかもしれない……の存在を感じる。
 それでも私はこの扉を開けることに
は変わりがない。そして、このバカげ
た話を終わらせよう。
 私は"神"ではない。だけど、あの
子を……いや、あの子たちを救いたい。
(Church)

「スケッチブック」 (Normal)
とびらはガタガタ、開かない
なぜって? ひみつがかくれてるから
それでも見たいと、思うなら
五まいもひつよう、まほうのおふだ
かざれる? 知ってる? どうやるか
教えてあげるよ、どうするか
あなたが言うなら、おねがいと
ではまずさいしょの、おぼえてね
あのれつ、このれつ、どのれつだって
何かはいること、わすれずに
けれども三つは、おおすぎだから
さかさま男は、土の下
右にも左も、だれもない
しくしくないても、ほっとくの
お空の上には、お月さま
まんげつ、みかづき、ぷかぷかうかべ
きらきら光は、かんむりに
おバカの、あたまに、かざってあげる
神さま、おいのり、えらい人
わたしがきらいな、あれがすき
いっつも夜空を、見上げてる
たぶんね、これでね、わかるはず
わすれてなければ、だいじなことを
いちおう、わすれたときのため
ヒントをあげるね、さいごの一つ
こわくてきらいな、夜のあれ
左にあるから、気をつけて
ナイフをもたないてのほうに
でもでもホントに、開けちゃうの?
きっとね、あぶない、とびらのむこう
やめよう、あそぼう、ここにいて
でないと、わたしはまた一人きり
(Church)

「スケッチブック」 (Hard)
わたしはゆめを見た
ゆめの中でわたしはドアをあけていた
でもそれは本当にわたしだった?
わたしではないなまえでよばれてたけど
ING WXX NXA
OEI IFI VII
MOX NOT XVH
XON HNG III
XAA CXX CCX
JII IEI IHT
5つは本当で4つはうそ
本当の中にもすこしだけ
うそをまぜている
本当だけをかくのはこわいから
ゆめなんてみんな、
うそみたいなものだけど
(Church)

カセットテープ会話(ヴィンセントと L. S?)
17年前の事件について
何か知っていることはないか?
昔からいる君ならば
詳しいことを聞いているだろう

目先の欲望に捕らわれ
楽園を否定する異端者たちが
メトラトンの印章によって
神の目覚めを妨げようとした
だが偉大なる神はそれを退け
異端者たちは深淵へと落ちていった
だけどそのせいで
正しく神は生まれることができず
聖母の中で今一度の
眠りについたと
目覚めの時を待ちつつ……
私の知っているのはそれだけです

それだけか……
ありがとう

ヴィンセント司祭
もしかして聖母が見つかったという
話は本当なのですか?

アレッサが?
それはクローディアが言ったのか?

はい

ならば事実だろう
彼女には力がある

すばらしいことです

あの信仰の深さ故かな
とても真似はできない
したくもない

私もです
クローディア司祭は
少し怖いです

今のは少し不信心だったな
お互いなかったことにしよう

はい
でもこれで本当に 奇跡の楽園が
この地に創造されるのでしょうか?

もし今が 神が決めたその時ならば
(Church)

懺悔する女の台詞
神よ 私をお許しください
人は私の罪を許さず 死を与えるでしょう
私もそれを望み 心静かに受け入れようと思います
ただ 無限の慈悲の一かけらをお与えください
いつか我が子と楽園にて再開できるよう
地獄ではなく煉獄へとお送りください
私はそこで罪の償いをいたします
炎の中で祈り 償いの終わる日を従順に待ち続けます
私の成した復讐をお許しください
殺された我が子の魂を愛し
私が殺したあの少女の魂を お救いください
死の恐怖に怯える幼子のような私に 安らぎをお与えください
ただ一言「許す」という言葉をお恵みください
(Church)

「1.始原」 Origin sh3 chapel origin
全ての始まりの時、人は何も持たなかった
体には苦痛、心には憎悪の他には何も
争い傷つけあいながら、
死ぬことすらかなわず
永遠の泥土の中に、人は絶望していた

In the beginning people had nothing,
their bodies ached, and their hearts held nothing but hatred.
They fought endlessly but death never came,
They despaired stuck in the eternal quagmire.






「1.誕生 Birth」 Origin sh3 chapel birth
ある男は太陽に蛇を捧げ、救いを祈り
ある女は太陽に葦を捧げ、喜びを願った
大地に蔓延する悲しみを憐れみ、
神はこの一組の男女から生まれた

A man offered a serpent to the sun,
and prayed for salvation.
A woman offered a reed to the sun,
and asked for joy.







「3.救済」 Salvation sh3 chapel salvation
神は時間を作り、昼と夜を切り分けた
人に救いの道を示し、喜びを与え
そして人から無限の時間を預かった

Feeling pitty for this saddness that had overrun the earth,
God was born from those two people.
God made time and divided it into day and night.
God outlined the road to salvation and gave people joy.
And God took endless time away from the people.







「4.創造」 Creation sh3 chapel creation
神は自分に従い、人を導く存在を作った
赤の神スチェルバラ
黄の神ロブセル・ビス
そして大勢の神たちと天使である
最後に神は楽園を作り出そうとした
ただ人が在るだけで幸せに足る世界

God created beings to lead people in obedience to her.
The red god Xuchilbara.
The yellow god Lobselveth.
Many gods and angles.
Finally God set out to create paradise.
Where people would be happy just by being there.





「5.約束」 Promise sh3 chapel promise
しかし神はそこで力尽きて倒れた
世界の誰もがそれを嘆き悲しんだが
神はそのまま息を失い、土へと還った
今一度、生まれてくることを人に約束して

But there God's strength ran out and she collapsed.
All the worlds people grieved of this unfortunate event.
Yet God breathed at last,
she returned to the dust, promising to come again.







「6.信仰」 Faith sh3 chapel faith
神は失われたわけではない
私たちは信仰を忘れず、祈りを捧げる
楽園への道が開かれる日を
待ち望みながら

So God hasn't been lost.
We must offer our prayers and not forget our faith.
We wait in hope for the day when the path to paradise will be open.








Back