本文へスキップ

千葉市花見川区の司法書士・行政書士 幕張法務事務所です。

電話やメールでのご予約・お問い合わせはTEL.043-305-5260

hatta-shihoshoshi@pa3.so-net.ne.jp

受任方針policy&FAQ

受任方針

方針イメージ

基本的に受任します。
ただし、信頼関係を保てない場合には、当事務所からお断りします。受任中に信頼関係を保てなくなった場合には、委任契約の解除します。
※信頼関係を保てない例
1.当事務所のアドバイスを無視して、自身の希望を何が何でも押し通そうとする場合
2.法律的根拠のない依頼(ある人の身辺調査をするために戸籍謄本や住民票を取得して欲しい等)
3.虚偽の事実を伝えた場合

受任の流れについて

  1. 相談予約

    無駄足にならないように電話、FAX、メールでの相談予約をお願いします。メールアドレスは、hatta-shihoshoshi@pa3.so-net.ne.jpです。
  2. 簡易相談

    現在の状態、ご希望などをお伺いした後、事件の見通しや報酬の説明をします。10分程度を予定しています。この段階では相談料は請求しません。
  3. (追加相談)

    10分程度の相談で依頼するか悩む場合には相談時間の延長が可能です。この場合、相談料が発生します。相談料の目安は、30分毎に2,500円です。
  4. 受任(着手金)

    受任した際に、着手金を受領します。
  5. 完了直前(報酬)

    報酬を受領してから、登記を申請したり、裁判所へ書類を提出したりします。相談料を受領していた場合には、報酬に充当します。

FAQ よくあるお問い合わせ

着手金とは何ですか?

依頼者は、いつでも依頼した内容をキャンセルすることができます(委任契約の解除)。
依頼をキャンセルしたときに当事務所が労力を費やしていた場合、事前に金銭を受領していないときは、依頼者に対して既に費やした労力に対する報酬を請求する必要が生じます。この請求は容易ではありません。依頼者が任意に支払いに応じない場合には、民事訴訟を提起する必要があり、それでも支払わない場合には強制執行をしなければなりません。これらの裁判所の手続を利用すると費用も時間もかかります。通常は費用倒れになってしまうでしょう。
この費用倒れを防止するために着手金を受領しています。


司法書士と行政書士の違いは何ですか?

司法書士は、法務局や裁判所に対して提出する書類の作成を行います。また、「当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、管財人、管理人その他これらに類する地位に就き、他人の事業の経営、他人の財産の管理若しくは処分を行う業務又はこれらの業務を行う者を代理し、若しくは補助する業務」を行います。
行政書士は、官公署(例えば県庁や農業委員会)に対して提出する書類の作成を行います。また、権利義務に関する書類や事実証明に関する書類の作成を行います。


Makuhari Shiho-Shoshi Lawyer's Office

〒262-0032
千葉市花見川区幕張町4-826-1
TEL 043-305-5260
FAX 043-305-5287

城東労務管理事務所【連携事務所】
・中小企業事業主等の労災
・特別加入 上乗せ労災保険