ふなき接骨院

047-474-5033受付時間:8:30~12:30 15:00~20:00 休診日:木曜日

膝の痛み・変形性膝関節症・内側側副靭帯・外側側副靭帯・前十字靭帯・後十字靭帯損傷等でお困りの方は津田沼のふなき接骨院へ

変形性膝関節症

変形性膝関節症原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。 また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。 加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。 初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、 正座や階段の昇降が困難となり、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療は太ももの前方の筋肉の強化、膝関節可動域の改善があります。 膝関節の変形は年齢とともに症状はひとそれぞれ違いますが、言わば誰しもが必ずなるものです。 最も大切なことは、膝関節に関与する筋肉や、膝周囲の組織が固くなってしまっているので、 こちらを中心に手技療法・物理療法を行って柔らかくし、 関節の動きを良くし痛みを和らげ、安定した歩行を行えるように治療いていきます。 ご来院いただいたらまずは患部のチェックをし、その後、患者様の症状に合わせて様々な治療方法を組み合わせ治療いたします。 重度の場合は、手術による膝の人工関節置換術をお勧めする場合もあります。

膝の靭帯損傷

スポーツ外傷や転倒などで大きな力が膝に加わった時に、その外力の方向に応じて種々の靭帯損傷を生じます。 一般に外反強制により内側側副靭帯が、内反強制により外側側副靭帯が損傷し、 また脛骨上端の前内方に向かう外力で前十字靭帯が、後方への外力で後十字靭帯が損傷します。 最も頻度が高いのは内側側副靭帯損傷です。外側側副靭帯を単独で損傷することは非常に稀です。 非常に強大な外力を受けると複数の靭帯に損傷が及ぶこともあります。

内側側副靭帯損傷

内側側副靭帯 内側側副靭帯損傷は、その程度によりⅠ~Ⅲ度に分類されています。
Ⅰ度は、小範囲の線維の損傷で、膝の不安定性を認めないものです。
Ⅱ度は、軽・中等度の膝の不安定性を認めますが、靭帯は完全断裂には至っていないものです。
Ⅲ度は、靭帯組織が完全に断裂したものです。
それぞれ、治療法が異なりますが、完全に断裂したものは、時には骨折も伴う事もあります。

膝の内側側副靭帯損傷を調べる為に「外反ストレステスト」や超音波エコーによる観察を行います。 外反ストレステストでは、腱側との比較で側方動揺性が認められれば、内側側副靭帯損傷であるとわかります。

膝の内側側副靭帯損傷の単独損傷であれば、保存療法での治療は可能です。 受傷直後は、腫脹があるため、ギプスや副子装具などの固定を1週間から10日程度行います。 治療は膝の固定と、損傷靭帯の早期治癒のため物理療法を組み合わせ、比較的早期に動かしながら、治療を行っていきます。 ギプス固定後は、徐々に軽度な固定に順次切り替え、痛みのない範囲で運動療法を始めていきます。 また、膝の内側側副靭帯の治療を行うに当たっては、半月板や前十字靭帯などに合併損傷がないかどうかをきちんと見分けることが大切です。 合併損傷を伴っている場合には、治療方針が異なってきますので、 膝の内側を痛めた場合には、早期に受診されることをお勧めいたします。

外側側副靭帯損傷

外側側副靭帯 外側側副靭帯は他の3本の靭帯に比べ、損傷されることは少ないものの、 交通事故などの高エネルギー外傷では、腓骨神経麻痺や後十字靱帯損傷を合併し、重篤な後遺症をもたらすことがあります。

膝外側側副靭帯損傷の症状は靭帯が断裂または引き伸ばされて起こす膝外側の痛みに加え、外側半月板周囲の膝の痛み、運動制限を認めます。 靭帯損傷による不安定感も著明で、膝が外れる、膝が抜けるなどの感覚を伴います。 重度損傷では、腓骨神経麻痺による下腿から足先のしびれ、膝窩筋腱領域に広がる膝外側から膝裏にかけての広範囲な痛みと不安定性を呈します。

<膝後外側複合体(PLC)損傷> 膝関節の後外側複合体(PLC,posterolateral complex)は、膝の後外側回旋不安定性を制御する大切な部分で、 主に膝の外旋(スクリューホームムーブメント)に関わっています. 膝の外側だけでなく、膝裏にかけて放散する痛みは、膝後外側複合体(PLC)損傷や膝窩筋炎が疑われます。

治療は基本的に保存療法で可能ですが、重度損傷や合併症を伴う場合は整形外科での診断をお勧めする場合もあります。

前十字靭帯損傷

ACL スポーツ中の損傷が多いです。例えば、バレーボール・バスケットボール・サッカー・スキーなどで、 ジャンプの着地の際に膝を捻る動作(足のつま先の方向に対し膝の方向が内側に入る)やピボット動作で、靱帯が損傷されやすい傾向があります。

「靱帯損傷と靱帯断裂では違うの?」と良くお聞きします。
差はありません。靱帯の損傷で『靱帯が伸びた』とよく言いますが、靱帯の線維は引っ張られても容易に切れないようになっています。 しかし、弾力性は少なく、線維はあまり伸びません。したがって、強い外力で伸びたら切れる(断裂)しかないわけです。

症状は、スポーツ中などに、膝がガクッと(膝くずれ)なったり、ずれた感じが起こり、受傷時に断裂音が聞かれたり、感じられたりすることが多いです。 しかし、2~3日で腫れや痛みのピークは減少し、2週間くらいで歩行は十分出来るようになり、1ヶ月くらいで日常生活の支障は少なくなります。 靱帯が悪くても痛みを感じることは少ない。不安定感が主な症状です。 しかし、放置していると、靱帯の機能が働かないため、膝がガクッ(膝くずれ)となることを繰り返すことが多くなります。 この症状はスポーツ復帰時や階段下降時に自覚し、膝くずれや不安定感が続くと内側半月板が擦り切れてきます。 それによって半月板損傷が合併し、半月板を切除しなければならなくなることも起きます。

治療は断裂した前十字靱帯は自然にはくっつきません。 膝の内側靱帯や足首の靱帯は固定すれば自然にくっついて機能がもどることが多いのですが、前十字靱帯は関節内の靱帯のため無理なのです。 したがって、手術適応となることが多いため、病院で医師の診断を受けることをお勧めいたします。術後のリハビリ等は当院でも可能です。

後十字靭帯損傷

PCL 後十字靭帯損傷が生じる場面は、スポーツ中の激しい接触による外傷や、交通事故による外傷で生じるものが多いとされています。 受傷機転は脛骨上部を後方に押し込む強い外力が加わった場合に生じると言われています。 後十字靭帯は膝の中央付近で、クロスするようにして関節の安定性を保つように走っています。 主な働きは、脛骨の後方移動の制動と、膝関節の内旋動作の安定を司っています。

後十字靭帯の損傷は受傷時には靭帯周囲の組織からの出血により、関節内が腫れてしまいます。 また、強い痛みにより、膝の可動域制限がおこり、体重をかけて歩くことも困難になります。 特徴的なのは、脛骨が後方へ変位する関節の変形が見られることです。

後十字靭帯損傷は、そのほとんどが手術をせずに、保存療法によって治療していくケースがほとんどです。 後十字靭帯は脛骨の後方部分に付着しています。 この部分は、後方の関節包(滑膜)に近いため、血行が豊富なうえ後十字靭帯自体も太いため、 損傷した後も、靭帯実質部が消失してしまう事が少ないと言われています。 ですので、前十字靭帯損傷に比べて、膝関節の2次的な半月板損傷や軟骨損傷も生じにくく、 後方の不安定性も残さず、靭帯そのものも修復されやすいのです。 これらが、後十字靭帯損傷の場合に保存療法が選択される理由です。 手術に至るケースとしては、保存療法を行った後も膝の不安定性や痛みによってスポーツ活動が十分にできなかった場合や、 後十字靭帯以外にも複合して靭帯損傷を伴った場合には手術適応となる場合もあります。

後十字靭帯損傷はできるだけ、損傷した靭帯に負担をかけずに、しっかりとした治療を行うと、 スポーツ復帰の際には元のパフォーマンスと同じぐらいのレベルを維持できると言われています。 後十字靭帯損傷後のリハビリでお困りの方や、 受傷後、スポーツするにあたって、どういったトレーニングが必要なのかわからないという方は、 お気軽に当院までご相談ください。

ふなき接骨院アクセス

京成津田沼駅より徒歩1分