ふなき接骨院

047-474-5033受付時間:8:30~12:30 15:00~20:00 休診日:木曜日

オスグッドシュラッター病の痛みでお困りの方は津田沼のふなき接骨院へ

野球肘 ふなき整骨院

オスグッド・シュラッター病は、一般的に思春期の急成長の年で見られる状態です。 これは一般的に、ジャンプや膝関節の繰り返し曲げ(サッカー、バスケットボール、サッカー、体操、etc.)を伴うスポーツに参加する子どもたちに多く見られています。

オスグッド・シュラッター病の原因

オスグット病 原因

膝の下に位置する脛骨(すねの骨)の脛骨粗面部を膝蓋腱の牽引により生じる状態です。 成長期は脛骨粗面部に骨化核が出現し、徐々に近位部へ発育していきます。 脛骨粗面部は成熟骨になるまでの期間は力学的ストレスに弱く症状が出現しやすいです。 ジャンプの多くを伴うスポーツしている子供は、膝蓋腱から脛骨粗面部にストレスを与え、炎症を引き起こし、脛骨粗面部を上に引っ張ります。
内的要因の一つとして発育過程において骨の成長(身長の増加)に筋肉の成長(筋腱の伸張)が追いつかないことが原因となります。

オスグッド・シュラッター病の症状

脛骨粗面部の疼痛が主訴で、疼痛は運動時、特にジャンプなど大腿四頭筋を強く収縮させた時に痛みが増大します。 歩行時や階段昇降時にも疼痛が出現することもあり、脛骨粗面部に軽度の腫れや熱感、圧痛が見られます。

オスグッド・シュラッター病の後遺症は?

この疾患は、通常、長期の合併症は引き起こすことなく、後遺症もありません。脛骨の骨端核が融合(成長期が終われば)したら、大多数の方は症状が治まります。 また、痛みが治った後でも骨の隆起が続くことがありますが、痛みや機能的な制限にはなりませんが、この場合の骨の隆起は治ることはありません。

オスグッド・シュラッター病の対策

野球肘 テーピング まずは、スポーツを中止して安静が必要です。 もし、運動後に痛みが生じた場合にはアイシングを行ってください。 それと同時に原因になっている筋肉・筋膜や膝を中心とした関節の動きに柔軟性を出す必要があります。
痛みが強いときにはスポーツ中止が一番の治療手段です。 しかし、スポーツを休まず続けるために、 当院では、治療を行いながら、患者さんをサポートしていきます。

ふなき接骨院アクセス

京成津田沼駅より徒歩1分