ふなき接骨院

047-474-5033受付時間:8:30~12:30 15:00~20:00 休診日:木曜日

野球肘の痛みでお困りの方は津田沼のふなき接骨院へ

野球肘 ふなき整骨院

☆投球動作を繰り返すことにより、生じる肘の痛みや障害を総じて、野球肘と称します。
☆野球肘は、肘の内側に痛みを生じるもの、肘の外側に痛みを生じるものがあります。

野球肘ってどんな症状なの?

投球動作を繰り返すことにより、生じる肘の痛みや障害を総じて、 野球肘と称します。 野球肘は、肘の内側に痛みを生じるもの、肘の外側に痛みを生じるものがあります。

野球ひじ ふなき整骨院
肘(内側の痛み)

起こる頻度が最も高いのが、肘、内側に生じる痛みです。
肘、内側には腕を回転させる筋肉、手首を曲げる筋肉、関節の内側を支える内側靭帯があります。 投球時に、これらの筋肉や靭帯には、強い力が掛かります。 この状態が過度に繰り返されると、筋肉と骨が接する所で、炎症が生じ、野球肘となります。

肘(外側の痛み)

起こる頻度は、内側の痛みと比べて少ないですが、重い障害となる可能性があるので、要注意です。 発症初期は、内側に痛みを感じ、放置することにより外側の痛みとなる場合もあります。 骨軟骨に投球の繰り返しによる過度の負荷が掛かり、離断性骨軟骨炎の伸側痛が起こります。

野球肘の対策

野球肘 テーピング 早期にRICE処置を施し急性の炎症を緩和していきます。 また、同時に、緊張している筋肉と歪みを生じている関節を緩和させることで、改善が期待出来ます。 (RICEとは安静、冷却、圧迫、挙上の意味です。)

ふなき接骨院アクセス

京成津田沼駅より徒歩1分