まだ海水浴シーズン前のせいか、
のびのびできて心地よかったです(^^)/

沖ノ島は、陸地と砂浜が繋がった
周囲約1kmの無人島です。
約8000年前の縄文海中遺跡があり、
また、ここがサンゴの北限域になるようです。

夏はこの砂浜辺りに海の家が建ち、
海水浴場として賑わうのかなと(^^)/

沖ノ島
砂浜を抜けると、島の中に入ることが出来ます。
ここが海岸というのを
忘れてしまいそうな感じで(笑)


入り口
島の周辺はこのような岩場や砂浜になっていて、
ヤドカリやカニなどがいました(^^)/

さっそくヤドカリを捕まえ、
子どもに見せると興味しんしんでした。
そりゃ、貝の中にカニがいて、
貝が歩く訳だから、
それを初めて見る子どもにしてみれば、
なんじゃ、こりゃという感じで(笑)

海岸
いい雰囲気で。
夕日が似合いそう(^^)/


灯台
宇賀明神は安房守として赴任した安房国司、
源親元卿が地域産業の発展を願い、
嘉保3年(1096年) 倉稲魂(うかのみたま)の神を
勧請し、鷹ノ神の弁財天と共に建立。
農業神、漁業神、商業神、福神として、
平安時代以降、人々から厚い信仰を受けた
あらゆる産業の神様のようです。

宇賀明神


 道

海と森?を2度楽しんじゃえ(^^)/
休憩所

ちょっと休憩、隣にトイレがあります。




●INFORMATION(2008.5.6 現在)  
最新情報は「館山市役所」のホームページ等で確認してね♪
☆交通アクセス 【お車の場合】
館山自動車道富浦IC出口から、約11km 約15分

【電車の場合】
JR内房線館山駅から日東バス館山航空隊行き約14分、終点下車徒歩約15分

☆駐車場 約150台 (無料)
☆所在地 千葉県館山市館山1563 【MAP】
TEL. 0470-22-3346
☆開園時間 終日開放
☆休園日 なし
☆入園料 無料
☆その他