Bosai Plus 購読のお薦め(コーヒー一杯分)
(ロゴをクリックで「Bosai Plus 購読のご案内」ページへ)

Bosai Plus トップページへ Bosai Plus トップページへ
(ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ)
Bosai Plus 購読のご案内ページへ

2カ月カレンダー

■「Bosai+ 防災カレンダー」は、防災イベントをお探しの方にはもちろん、地域、学校、職場などで防災イベント(防災訓練、勉強会、講演会、シンポジウムほか)を企画するときの参考情報としてご活用いただけます。
■ イベントを企画・主催される方には、広く社会に広報し、参加者を募るメディアとして、情報ご提供をお願いいたします。
■ 日本で唯一、最大級の防災イベント情報カレンダーをめざしています。 みなさまとご一緒に、さらに充実した防災カレンダーに育てていきたいと思いますので、ご活用、情報のご提供をよろしくお願いいたします。

★《Bosai Plus》イベント情報のご提供、広告等のお問い合わせは……mitz@bosai-plus.info

*編集部注
「イベント情報」は随時、追加更新されます。【 2017. 04. 19./17: 30. 更新 】
●カッコ内は、開催場所ほか関連情報
●掲載イベント情報は、とくに記載のないものについては参加・聴講無料(事前の申込みが必要な場合、募集定員が限られている場合がありますのでご留意ください)

●「今月この日はこんな災害が起こった」は、過去に起こった主な災害のなかでとくに歴史的・社会的に話題性の大きなもの、地域特性・災害環境の観点から参考となるものを選択
●災害発生日が特定できない気象災害や感染症流行などは、欄外(下)に記載
● 「イベント情報」欄の“赤文字”は国民の祝日


ホリカフーズ 災害に立ち向かう人のためにホリカフーズの「レスキューフーズ」   米国大使館商務部 米国大使館商務部   

速報
《Bosai Plus》保存版「Bosai Plus 全国の主な防災センター(防災啓発・学習施設)」
 (PDF版/No. 141_2016年7月1日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(647KB。クリック!)

《Bosai Plus》「東日本大震災 発災から1年の軌跡 ~主なできごとと防災動向~」
 (PDF版/No. 38_2012年3月15日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(380KB。クリック!)

《Bosai Plus》「2013年に起こった主な災害と防災動向」(ダウンロード可)
  
PDF・A4判・6ページ構成(1.14MB/No. 83_2014年2月1日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(880KB。クリック!)


★《Bosai Plus》イベント情報のご提供、広告等のお問い合わせは……mitz@bosai-plus.info


Bosai Plus トップページへ Bosai Plus トップページへ (ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ)


☆☆ 2017年5月の「防災イベントカレンダー」へジャンプ! (4月カレンダーの後にあります)☆☆

防災情報新聞 災害年表 防災情報新聞 災害年表   三陸復興国立公園  三陸復興国立公園  TEAM防災ジャパン TEAM防災ジャパン
                             ★こころを結び、出会いをつくる旅~観光で被災地支援!


☆☆ 2017年5月の「防災イベントカレンダー」へジャンプ! (4月カレンダーの後にあります)☆☆


  緊急地震速報 シグナルナウ   緊急地震速報 SignalNowExpress ダウンロードサイト


4月 APRIL, 2017   Copyright (c)2017 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.
曜日
防災プランづくりに役立つ今月のイベント 
*下線付きイベントは情報源にリンク
今月この日はこんな災害が起こった 
*下線付き災害は関連解説記事にリンク
*災害名のアンダーラインをクリックすると災害の状況が読めます/毎月15日追加、更新
1

*毎月1日のイベント欄には、長期開催イベント等をまとめて掲載します。1日当日あるいはその前後に同イベント等が開催されているかどうかは、リンク先でご確認ください。

〈長期開催イベント等/終了日の日付け順〉

・宮城県気仙沼市:リアス・アーク美術館「東日本大震災の記録と津波の災害史」/リアス・アーク美術館は総合博物館的に地域文化を調査研究対象としており、津波もまた三陸沿岸部にとっては地域文化形成上の重要な要素であると捉えてきた。その視点から、東日本大震災が発災した2011年3月11日から約2年間にわたる独自調査記録資料(被災現場写真203点・被災物155点)、その他歴史資料等137点、資料総数約500点を常設展示している(常設展示。リアス・アーク美術館 1F)

・東京都千代田区:東京大学総合研究博物館 インターメディアテク 特別展示「雲の伯爵――富士山と向き合う阿部正直」/富士山の山雲と気流に関する膨大な観察記録を残した"雲の伯爵"阿部正直(1891-1966年)による大判ヴィンテージ・プリント等の遺産を展示、『富士』の多様な実貌を明らかにする(2016年5月28日~当分の間。東京大学総合研究博物館 インターメディアテク *JPタワー内)

・広島市:広島県立図書館「東日本大震災関連出版物展」(~当分の間)

・静岡市:静岡大学防災総合センター パネル展示「駿河トラフ・南海トラフの歴史地震の研究史」/「東海地震説」を受けて1978年に制定された大規模地震対策特別措置法(大震法)の背景や当時東海地震が予知できるとされた根拠などをまとめたパネル展示。2016年11月18~20日の静大祭に合わせて公開開始、通年企画として1年間展示予定(~2017年11月20日。無料。静岡大学 会館1階ロビー)

・東京都港区:NHK放送博物館「特別展・東日本大震災 伝え続けるために」/東日本大震災によって失われた命と生活、深い悲しみ、立ち上がろうとする人間の強さや葛藤…、それらの断片を紡ぎ、6年前のあの日を思い起こし、改めて記憶にとどめる(〜9月10日。無料。3階 企画展示室)

・神戸市:人と防災未来センター「企画展・地震サイエンス2017-地震の観測・研究最前線!-」(〜7月2日)

・大阪府堺市:堺市立平和と人権資料館「企画展・いま あしたへ 沖縄戦」(~6月29日)

・茨城県つくば市:国土地理院 地図と測量の科学館 企画展「地震災害を考える」/測量・地図を通じて、「地震災害を知り、考える」。日本の地形や海底地形を紐解き、地震の様々なメカニズムを紹介。また、地図や空中写真から過去の地震災害を振り返るとともに、電子基準点による地殻変動観測等の最新の測量技術と地震災害に関する様々な地図を紹介することで地震災害への備えについても考えてる(~6月25日。無料。国土地理院 地図と測量の科学館)

・長崎県島原市:雲仙岳災害記念館「全国被災地語り部の活動紹介」(~5月31日)

・名古屋市:名古屋港防災センター「企画展・出動!国際緊急援助隊〜世界は支え合っている」(〜5月28日)

・静岡市:静岡平和資料センター「企画展示・『週刊少国民』―戦時下で期待された子ども像―」(~5月21日)

・埼玉県鴻巣市:埼玉県防災学習センター「特別企画展・東日本大震災から6年・84人の言葉」(〜4月30日)

・大阪府枚方市:淀川資料館「企画展:新しい淀川をつくった沖野忠雄」(~4月14日)

・東京都江東区:東京大空襲・戦災資料センター「特別展・空襲被災者と戦後日本」(~4月9日)

・横浜市:横浜市民防災センター「映画祭2017」(〜4月2日)

・京都市:京都市市民防災センター「BOSAIスプリングフェスタ2017」(〜4月2日)

・徳島県北島町:徳島県立防災センター「東日本大震災メモリアルデー特別啓発行事・東日本大震災パネル展」(〜4月2日)

(今月のイベント)



(1日のイベント)

《Bosai Plus 4月1日号(No.159)発行》同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

2

3

4
5
6

春の全国交通安全運動(〜15日)

・東京都新宿区:日本感染症学会+日本化学療法学会「学術講演会・学術集会合同学会」(〜8日、京王プラザホテル)

・東京都千代田区:クライシスマネジメント協議会「第12回 危機管理セミナー」/「災害と報道」をテーマに。講演:伊藤典昭・テレビ熊本報道局長、森田耕次・ニッポン放送解説委員(資料代 会員1000円、非会員5000円、定員100名。衆議院第2議員会館 多目的会議室 *1階)

・NHKBS1:BS世界のドキュメンタリー「"世界最大の原発"建設へ インドのジレンマ」

7
8

・東京都立川市:立川防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第2土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。立川防災館)

・熊本県阿蘇周辺:一般社団法人GIAHSライフ阿蘇「阿蘇レストランバスツアー」/阿蘇の農業・観光業の創造的復興を支援する阿蘇エリアでのレストランバスツアーの運行開始(6月まで催行予定)。コース:阿蘇南・田園満喫コース、阿蘇北・草原満喫コースほか(時期による)。ツアーは順次公開予定(~6月。参加料1万800円、要予約、定員25名)

9
・神戸市:NPO法人まち・コミュニケーション「御蔵学校 熊本地震から1年 集落はいま ~集落持続性を考える」/講師:柴田 祐・熊本県立大学環境共生学部居住環境学科准教授ほか(一般1000円、大学生500円、高校生無料。まち・コミュニケーション御蔵事務局 *神戸市長田区御蔵通)

・NHK総合:NHKスペシャル「大地震 あなたの家はどうなる?-見えてきた"地盤リスク"-」
10

交通事故死ゼロを目指す日

・東京都千代田区:全国市有物件災害共済会 防災専門図書館 企画展「熊本地震の現在(いま)」/熊本の復興を祈念しつつ、今後、起こるであろう首都直下地震などへの備えを考える。同館所蔵資料200点以上と、各機関からの提供写真・パネルを展示(~5月31日。無料。日本都市センター会館 8階)

・熊本市:公益財団法人日本ユニセフ協会、「熊本地震・東日本大震災報告写真展」(~4月21日。熊本県庁新館・本館ロビー)

11
・福岡市:靴内環境歩行改善協同組合「えこる」シンポジウム「防災減災健康靴と男女共同参画について」/災害時にも対応、健康づくりにも役立つ多機能型ビジネスシューズ。靴は伝統的な性差別の象徴であり、女性のストレス軽減を通じて「男女共同参画」にも対応しようというユニークなシンポジウム(~12日。無料。博多駅 中央街 朝日ビル地下2階A会議室)

12
13
・東京都新宿区:土木学会減災・防災委員会「平成28年8月北海道豪雨災害と復旧状況等に関する報告会」(申込先着100名、土木学会講堂)

・東京都千代田区:一般社団法人がんばるけん熊本機構「つながろう熊本 ~くまもともっと~ 」/熊本地震から1年の節目に、改めて熊本に触れ、共に考えつながるイベント。写真・資料などの展示、15~16日の熊本の特産品販売、キッチンカーによる熊本の郷土料理やお酒の提供、子供が主役のお絵かきゲーム、 BRIDGE KUMAMOTOによる「あやとりチャレンジ」、寄席など盛り沢山(~19日。無印良品・有楽町)

・東京都目黒区:土木学会「講演会・地盤地震防災」(申込先着100名、東京大学生産技術研究所)
14

・東京都世田谷区:昭和女子大学 現代ビジネス研究所「非常食セミナー ~首都直下型地震発生時の食事について」/1部:パネルディスカッション、2部:最近注目されている「ローリングストック」方法など、2部構成。災害時にあわてない日常の食の備えについて考える(無料、要申込み、定員70名。昭和女子大学 学生食堂ソフィア *1号館 B1F)

・徳島県北島町:徳島県立防災センター「特別啓発行事・熊本地震の教訓に応えて」(~16日)

15

《Bosai Plus 02月15日号(No.156)発行》

・仙台市:スリーエム仙台市科学館「科学技術映像祭入選作品発表・日替わり上映」(~5月7日)

・東京都墨田区:本所防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。本所防災館)

・東京都千代田区:株式会社つなぐネットコミュニケーションズ「防災パスポート 無償セミナー」/マンション生活を支援するつなぐネットコミュニケーションズによるマンション防災の基本ルールをまとめた「防災パスポート」の説明会(無料、申込み締切り4月7日、定員20名。つなぐネットコミュニケーションズ 会議室)

・静岡県浜松市:浜松PPPデザイン「防災 X キャンプ PUBLIC DAY IN 浜松城公園」/"遊ぶ、学ぶ、泊まる~熊本地震復興支援イベント"。熊本地震から1年、熊本地震を振り返り、追悼し、そこから学ぶ。親子で参加できる楽しいプログラムや避難場所でもある浜松城公園で実際の避難体験も(~16日。浜松城公園芝生広場)

・富山県立山町:立山カルデラ砂防博物館「特別展・立山へ行こう-特異な自然の魅力と脅威を教えます」(〜7月17日)

・神戸市:神戸大学都市安全研究センター RCUSS オープンゼミナール(第220回)/中山恵介・神戸大学大学院工学研究科市民工学専攻教授「津波の発生機構と増幅について」、照本清峰・関西学院大学総合政策学部都市政策学科准教授「津波避難対策と防災まちづくり」(無料、定員60名。神戸市役所4号館(危機管理センター)1階 会議室)

・熊本市:内閣府、日本学術会議 防災減災・災害復興に関する学術連携委員会、熊本県、 防災学術連携体(防災に関わる55学会のネットワーク)「熊本地震・1周年報告会」/熊本地震から1年目にあたり、地震・災害・救援・復興等に関わる各学会の調査状況や熊本県・熊本市からの復旧・復興に関わる情報を発信(無料、定員450名。熊本県庁本館 地下大会議室)

・NHK総合:NHKスペシャル「シリーズ廃炉への道2017 核燃料と汚染水 果てしなき闘い (仮題)」

16
・東京都豊島区:池袋防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3日曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。池袋防災館)

・東京都新宿区:一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)「わが家の災害対応ワークショップ」/ワークブックを使いながら、自身の家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、具体的に「わが家」で役に立つ災害への備えを考える90分間のワークショップ。筆記用具、住居地域の避難場所・避難所が記載されている地図を持参のこと(要申込み、受講料500円 *ワークブック代。ピースボートセンターとうきょう B1)

・東京都新宿区:一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)「災害ボランティア入門」/災害ボランティアの活動の基礎や、自分が被災した場合に備えて防災・減災の取組みについて学ぶ(無料。要申込み、定員15名。ピースボートセンターとうきょう B1)

・熊本市:熊本県「復興祈念シンポジウム(くまもと復旧・復興有識者会議)」/震度7の地震を2度観測した熊本地震の発生から1年となる節目の日に、復興に向けた決意を新たにし、熊本地震の経験と教訓を県民さらには国民全体で共有する(無料、申込み先着定員500名、申込み締切り3月21日。熊本テルサ)

・NHKEテレ:サイエンスZERO「防災から医療まで活用!8Kスーパーハイビジョン」
17

科学技術週間(〜23日)

・東京都千代田区:セイショップ、麹町アカデミア・遊学堂、ビジネスエアポート東京「災害時の被災/避難所の本当の実態、そしてどう備えるか」/多くの災害現場に足を運んできた防災のプロが語る災害のリアルと防災。講師:甘中繁雄(かんなか しげお)・防災士研修センター代表(無料、要申込み、定員50名。遊学堂(ビジネスエアポート東京 *日本生命丸の内ガーデンタワー3階)

・神奈川県小田原市:神奈川県温泉地学研究所「科学技術週間・施設公開」(~21日)

18

・東京都港区:ASISインターナショナル 第122回月例セキュリティミーティング「大震災と自衛隊」/講師:松島悠佐(ゆうすけ)・防衛システム研究所代表取締役。演題「国家緊急事態(大災害や防衛事態)にどのような備えが必要なのか?」ほか(参加費:会員1000円 *ASISインターナショナル日本支部会員、非会員3000円。国際文化会館 403号室・404号室)

19

・茨城県大洗町:大洗わくわく科学館「科学技術映像祭入選作品上映会」(~23日)

・東京都江東区:UBMジャパン株式会社「Medtec Japan 2017(メドテック ジャパン2017)」/日本最大のライフサイエンスの総合展(~21日。事前登録で入場料2000円が無料。東京ビッグサイト 東4・5・6ホール)

・東京都清瀬市:労働安全衛生総合研究所清瀬地区「科学技術週間・一般公開」

・NHKEテレ:ETV特集深夜再放送「あの"場所"はないけれど-熊本地震中学3年の一年-」

20

・東京都千代田区:日本科学技術振興財団「科学技術映像祭・入選作品発表会」(科学技術館)

・東京都千代田区:リスク対策.com「情報リテラシーセミナー」/ネット・SNSでの風評被害や炎上、情報漏えいを防ぐための対策をテーマに(無料、要申込み、定員150名。全国町村会館 2階ホール)

・東京都港区:海洋研究開発機構「平成28年度地球シミュレータ利用報告会」(事前申込制、コクヨホール)

・大阪市:社会福祉法人大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪「バリアフリー 2017(第23回 高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展)」/来場者数10万人を見込む西日本最大級の介護・福祉の総合展。ワークショップ「防災のユニバーサルデザイン」、「要援護者の防災コーナー」も。「慢性期医療展 2017」、「看護未来展 2017」を同時開催(~22日。無料。インテックス大阪 1~5号館)

21
22

・茨城県つくば市:国立環境研究所「科学技術週間・一般公開・春の環境講座」

・東京都渋谷区:東京消防庁消防技術安全所「科学技術週間・一般公開」

・静岡市:静岡県警本部+静岡市消防局+清水海上保安部「仕事フェスタ」(~23日、グランシップ6階展示ギャラリー)

・大阪市:一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)「わが家の災害対応ワークショップ」/ワークブックを使いながら、自身の家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、具体的に「わが家」で役に立つ災害への備えを考える90分間のワークショップ。筆記用具、住居地域の避難場所・避難所が記載されている地図を持参のこと(要申込み、受講料500円 *ワークブック代。モンベル本社)

・大阪市:一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)「災害ボランティア入門」/災害ボランティアの活動の基礎や、自分が被災した場合に備えて防災・減災の取組みについて学ぶ(無料。要申込み、定員30名。モンベル本社)

・兵庫県伊丹市:日本レスキュー協会「見学会」

・熊本市:水俣フォーラム「講演会・公式確認60年、今だからこそ水俣病から考える」(熊本学園大学髙橋守雄記念ホール)

・NHKEテレ:サイエンスZERO再放送「防災から医療まで活用!8Kスーパーハイビジョン」
23
24

25
26

・福岡市:土木学会「2016年熊本地震1周年報告会」(事前申込制、九州大学医学部百年講堂大ホール)

27

・東京都千代田区:気候ネットワーク東京事務所「石炭火力発電所の問題に迫る-健康影響と様々なリスク-」(衆議院議員第一議員会館国際会議室)

・東京都中央区:東北大学東北アジア研究センター明日香研究室「研究報告セミナー・石炭火力発電からの大気汚染物質排出増加による健康被害-東南アジアと日本」(日本橋ライフサイエンスハブ)

・大阪市:関西大学梅田キャンパス KANDAI MeRISE「河田防災塾」/防災関連の要職を歴任してきた第一人者・河田惠昭氏を講師に、自治体・企業等の主に防災担当者を対象とする全10回の塾。一般の聴講についても開催日ごとに募集を行う(~2018年3月22日。無料、ただし全回資料代として1名5000円。定員100組・200名 *自治体・企業等は2名1組で参加のこと。関西大学梅田キャンパス 8F KANDAI MeRISEホール)

・大阪府田尻町:海上保安庁関西空港海上保安航空基地「銃器・薬物乱用防止街頭キャンペーン」(関西空港駅コンコース)

28

・仙台市:仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会「石炭火力発電所の健康影響と仙台港の建設問題を考える」(仙台市市民活動サポートセンター)

・東京都品川区:市民防災まちづくり塾「第55回 映像で見る都市計画勉強会」/講師:土屋信行氏「災害が東京をつくった、市区改正条例へのあゆみ/カスリーン台風の際、なぜ栗橋が決壊口となったか?」(要申込み、会費1000円。東京都南部労政会館 2階 第4会議室)

29
30
 

TEAM防災ジャパン TEAM防災ジャパン   緊急地震速報 シグナルナウ   緊急地震速報 SignalNowExpress ダウンロードサイト


このページのトップに戻る

new5月 MAY, 2017  Copyright (c)2017 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.

曜日
防災プランづくりに役立つ今月のイベント 
*下線付きイベントは情報源にリンク
今月この日はこんな災害が起こった 
*下線付き災害は関連解説記事にリンク
*災害名のアンダーラインをクリックすると災害の状況が読めます/毎月15日追加、更新
1

*毎月1日のイベント欄には、長期開催イベント等をまとめて掲載します。1日当日あるいはその前後に同イベント等が開催されているかどうかは、リンク先でご確認ください。

〈長期開催イベント等/終了日の日付け順〉

・宮城県気仙沼市:リアス・アーク美術館「東日本大震災の記録と津波の災害史」/リアス・アーク美術館は総合博物館的に地域文化を調査研究対象としており、津波もまた三陸沿岸部にとっては地域文化形成上の重要な要素であると捉えてきた。その視点から、東日本大震災が発災した2011年3月11日から約2年間にわたる独自調査記録資料(被災現場写真203点・被災物155点)、その他歴史資料等137点、資料総数約500点を常設展示している(常設展示。リアス・アーク美術館 1F)

・東京都千代田区:東京大学総合研究博物館 インターメディアテク 特別展示「雲の伯爵――富士山と向き合う阿部正直」/富士山の山雲と気流に関する膨大な観察記録を残した"雲の伯爵"阿部正直(1891-1966年)による大判ヴィンテージ・プリント等の遺産を展示、『富士』の多様な実貌を明らかにする(2016年5月28日~当分の間。東京大学総合研究博物館 インターメディアテク *JPタワー内)

・広島市:広島県立図書館「東日本大震災関連出版物展」(~当分の間)

・大阪市:関西大学梅田キャンパス KANDAI MeRISE「河田防災塾」/防災関連の要職を歴任してきた第一人者・河田惠昭氏を講師に、自治体・企業等の主に防災担当者を対象とする全10回の塾。一般の聴講についても開催日ごとに募集を行う(~2018年3月22日。無料、ただし全回資料代として1名5000円。定員100組・200名 *自治体・企業等は2名1組で参加のこと。関西大学梅田キャンパス 8F KANDAI MeRISEホール)

・東京都港区:NHK放送博物館「特別展・東日本大震災 伝え続けるために」/東日本大震災によって失われた命と生活、深い悲しみ、立ち上がろうとする人間の強さや葛藤…、それらの断片を紡ぎ、6年前のあの日を思い起こし、改めて記憶にとどめる(〜9月10日。無料。3階 企画展示室)

・富山県立山町:立山カルデラ砂防博物館「特別展・立山へ行こう-特異な自然の魅力と脅威を教えます」(〜7月17日)

・神戸市:人と防災未来センター「企画展・地震サイエンス2017-地震の観測・研究最前線!-」(〜7月2日)

・大阪府堺市:堺市立平和と人権資料館「企画展・いま あしたへ 沖縄戦」(~6月29日)

・茨城県つくば市:国土地理院 地図と測量の科学館 企画展「地震災害を考える」/測量・地図を通じて、「地震災害を知り、考える」。日本の地形や海底地形を紐解き、地震の様々なメカニズムを紹介。また、地図や空中写真から過去の地震災害を振り返るとともに、電子基準点による地殻変動観測等の最新の測量技術と地震災害に関する様々な地図を紹介することで地震災害への備えについても考えてる(~6月25日。無料。国土地理院 地図と測量の科学館)

・茨城県つくば市:地質標本館「企画展・熊本地震・活断層に備えよう」(〜6月4日)

・東京都千代田区:全国市有物件災害共済会 防災専門図書館 企画展「熊本地震の現在(いま)」/熊本の復興を祈念しつつ、今後、起こるであろう首都直下地震などへの備えを考える。同館所蔵資料200点以上と、各機関からの提供写真・パネルを展示(~5月31日。無料。日本都市センター会館 8階)

・長崎県島原市:雲仙岳災害記念館「全国被災地語り部の活動紹介」(~5月31日)

・名古屋市:名古屋港防災センター「企画展・出動!国際緊急援助隊〜世界は支え合っている」(〜5月28日)

・静岡市:静岡平和資料センター「企画展示・『週刊少国民』―戦時下で期待された子ども像―」(~5月21日)

・仙台市:スリーエム仙台市科学館「科学技術映像祭入選作品発表・日替わり上映」(~5月7日)

・京都市:京都市市民防災センター「2017ゴールデンウイークBOSAIフェスタ」(~5月7日)

・徳島県北島町:徳島県立防災センター「パネル展・熊本地震の教訓に応えて」(~5月7日)

(今月のイベント)

水防月間(北海道以外) (*2016年度関連情報へリンク)

・不正大麻・けし撲滅運動(〜6月30日)

赤十字運動月間

・原子力エネルギー安全月間

大阪府宅地防災月間(*2016年度関連情報へリンク)

(1日のイベント)

《Bosai Plus 2017年5月1日号(No.161)発行》

水俣病啓発の日

2

3
4
5
6

7
8
9

10

地質の日

・東京都江東区:リード エグジビション ジャパン株式会社「第14回 情報セキュリティ EXPO【春】」/情報セキュリティ対策のあらゆる製品が一堂に出展(~12日。無料、事前登録制。東京ビッグサイト)

11

12

看護の日

海上保安の日(*2016年度関連情報へリンク)

13

・東京都江東区:株式会社エコリフォーム セミナー「木造住宅の耐震リフォーム」(無料、定員6名 *予約制。エコリフォーム ショールーム)

・東京都立川市:立川防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第2土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。立川防災館)

・東京都武蔵村山市:国立感染症研究所「感染研市民セミナー・薬剤耐性菌について」(感染研村山庁舎)

・神奈川県三浦市:ジオ神奈川「観察会 城ヶ島と岬の地盤隆起:1923年の対象関東地震の地殻変動」(申込締切5日、同先着25名)

・大阪市:飛田本通商店街振興組合・大阪大学基礎セミナー「街に出てサイエンスカフェをやってみよう」主催「第23回 動物園前サイエンスカフェ『大阪の来るべき地震に備える』」/南海トラフ地震、さらに、大阪の真ん中を南北に貫く上町断層の地震、やがて必ずやって来る地震にどう備えるか(参加無料・予約不要。動物園前1番街イベントスペース)

・神戸市:神戸大学都市安全研究センター RCUSS オープンゼミナール(第221回)/大石 哲・神戸大学都市安全研究センター教授、山本健太朗・神戸大学大学院工学研究科「極端気象と都市化が流出過程に与える影響に関する兵庫県の特徴的河川での比較研究」、田中健一・兵庫県広域防災センター防災教育専門員「地区防災計画策定を巡る自治体と地域コミュニティの新しい関係づくりについて」(無料、定員60名。神戸市役所4号館(危機管理センター)1階 会議室)

・長崎市:日本学術会議「公開シンポジウム・東日本大震災に係る食料問題フォーラム2017」(長崎大学ポンペ会館)

水戸明治17年「下市の大火」:1884年

大阪千日デパートビル火災:1972年
14
15

《Bosai Plus 2017年5月15日号(No.162)発行》

総合治水推進週間(~21日)(*2016年度関連情報へリンク)

総合治水の日(*2016年度関連情報へリンク)

・東京都江東区:「2017 5th IAA プラネタリー・ディフェンス・コンフェレンス(Planetary Defense Conference)」/専門家が小惑星や彗星による地球衝突の脅威に関して議論する2年に1度開催の国際会議(〜19日。日本科学未来館)

16
17

18
・名古屋市:名古屋市国際見本市委員会「防災・減災・危機管理展」(~19日、ポートメッセなごや2号館)
19
・東京都千代田区:地震予知連絡会「会議公開」(登録締切18日、国土地理院関東地方測量部地震予知連絡会小会議室)

20

・山地災害防止キャンペーン(~6月30日)(*2016年度関連情報へリンク)

・埼玉県久喜市(集合場所):市民防災まちづくり塾「第66回 利根川水系連合・総合水防演習見学会」/今年は1947(昭和22)年カスリーン台風から70年の節目の年となる演習で、カスリーン台風決壊口地点で開催。スーパー堤防と7H堤防(江戸川和み堤防・首都圏氾濫区域強化堤防)の両方が見学できる。演習会場では、実践的な水防演習及び救出・救護訓練に加え、建設機械の操作や降雨体験車による体験コーナー、水防新工法の展示、地元物産展なども行う予定(募集人数25名 *先着順。無料 *交通費等自己負担。集合場所:JR東北本線(東武日光線)栗橋駅 西口シャトルバス乗り場)

・千葉市:日本地球惑星科学連合,米国地球物理学連合「Joint Meeting(合同大会) 2017」(~25日、事前登録制、幕張メッセ)

・東京都墨田区:本所防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。本所防災館)

・和歌山県那智勝浦町:海上保安庁下里水路観測所「海上保安の日にともなう一般公開」(申込先着20名)

21

・東京都豊島区:池袋防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3日曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。池袋防災館)

・東京都港区:NHK放送博物館 講演会「NHKの災害報道~いのちとくらしを守るために~」/特別展「東日本大震災 伝え続けるために」(~2017年9月10日)の関連イベント。講師:入江さやか・NHK放送文化研究所 上級研究員(無料、先着順 定員60名 *車いす用意可。NHK放送博物館 4階 メディア・ラボ)

・奈良市:2017年度 上代文学会大会 研究発表会「地震をめぐる『天武紀』の歴史叙述」(参加費1000円、院生・学生無料。奈良女子大学)

22


23
・東京都江東区:一般社団法人日本経営協会「第21回 自治体総合フェア 2017」/自治体経営の革新・業務の効率化・行政サービスの向上の推進に向けて開催。「電子行政・地域情報化」「災害対策・危機管理」「健康・福祉・子育て」「環境・エネルギー」「まちづくり・地域活性化」を中心とした「5つの展示エリア」と「トピックスエリア」「特別展示」、官公庁の施策や全国自治体の情報発信を展示する「行政展示」を設置(~26日。無料 *原則は招待券持参者・事前登録者、ただし当日登録者も可。東京ビッグサイト 西展示棟・西3ホール)

・東京都新宿区:土木学会「地震工学委員会 平成29年度 第1回研究会」(事前申込制、土木学会講堂)

・東京都港区:日本学術会議土木工学・建築学委員会「気候変動における環境工学の貢献-緩和と適応-」(申込先着200名、学術会議講堂)
24

・東京都江東区:株式会社リックテレコム、日本イージェイケイ株式会社「ワイヤレスジャパン/ワイヤレスIoT EXPO 2017」/IoTデバイスとして活用が進むスマートフォンやウェアラブル、Bluetoothなどの近距離無線技術と各種センサー、また広域ネットワークとモバイルインフラなどの技術、製品、サービスが一堂に。同時開催「IDE TOKYOドローンソリューション&技術展 2017」(~26日。無料 *事前登録制。東京ビッグサイト 西1ホール、会議棟)

・東京都江東区:ドローンソリューション&技術展実行委員会「IDE TOKYOドローンソリューション&技術展 2017」/高性能なドローン及び最新のロボット技術や、最新の無線技術を使ったソリューションの提案。同時開催「ワイヤレスジャパン/ワイヤレスIoT EXPO 2017」(~26日。無料 *事前登録制。東京ビッグサイト 西1ホール)

・名古屋市:中央労働災害防止協会「熱中症予防対策シンポジウム」(申込先着200名、デザインホール)

・奈良市:砂防学会「研究発表会」(~26日、奈良春日野国際フォーラム)

25

・東京都渋谷区:日本気象学会「春季大会」(~28日、国立オリンピック記念青少年総合センター)

26

秋田県民防災の日(*関連情報へリンク)

・東京都港区:日本地震工学会「セミナー・耐震基準の相違がもたらす課題と施設全体の安全性照査の必要性」(申込み先着50名、田町スクエアビル)

・東京都品川区:市民防災まちづくり塾「第56回 災害が東京をつくった、市区改正条例へのあゆみ/東京の地盤沈下の歴史的経緯と対策」/講師:土屋信行氏(要申込み、会費1000円。東京都南部労政会館 2階 第3会議室)

27
28

29
30

31
 

*この月を含む災害発生日が特定できない気象災害や感染症流行など

天然痘平城京で大流行(〜9月)(天平9年3月〜8月):737年

朝廷左右馬寮の馬ほとんど疫病死(〜6月)(斉衡2年閏4月):855年

安永5年はしか諸国で流行(〜8月):1776年

明治19年コレラ最大級の流行(〜11月):1886年

アジアかぜ戦後最大の大流行:1957年

歯牙フッ素症問題起こる:1971年




このページのトップに戻る


Bosai Plus トップページへ
Bosai Plus トップページへ (ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ)

三陸復興国立公園 三陸復興国立公園
★こころを結び、出会いをつくる旅~観光で被災地支援!


●もうひとつの防災教育、 ディザスター映画ガイド


Copyright (c)2017 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.

防犯防災総合展 in KANSAI 震災対策技術展 大阪 第3回国連防災世界会議inSENDAI 防犯・防災総合展 in Kansai 震災で消えた小さな命展 3 震災で消えた小さな命展 3 震災で消えた小さな命展