Bosai Plus 購読のお薦め(コーヒー一杯分)
(ロゴをクリックで「Bosai Plus 購読のご案内」ページへ)
Bosai Plus トップページへ Bosai Plus トップページへ
(ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ)
Bosai Plus 購読のご案内ページへ

2カ月カレンダー

■「Bosai+ 防災カレンダー」は、防災イベントをお探しの方にはもちろん、地域、学校、職場などで防災イベント(防災訓練、勉強会、講演会、シンポジウムほか)を企画するときの参考情報としてご活用いただけます。
■ イベントを企画・主催される方には、広く社会に広報し、参加者を募るメディアとして、情報ご提供をお願いいたします。
■ 日本で唯一、最大級の防災イベント情報カレンダーをめざしています。 みなさまとご一緒に、さらに充実した防災カレンダーに育てていきたいと思いますので、ご活用、情報のご提供をよろしくお願いいたします。

★《Bosai Plus》イベント情報のご提供、広告等のお問い合わせは……mitz@bosai-plus.info

*編集部注
「イベント情報」は随時、追加更新されます。【 2018. 06. 17./19: 45. 更新 】
●カッコ内は、開催場所ほか関連情報
●掲載イベント情報は、とくに記載のないものについては参加・聴講無料(事前の申込みが必要な場合、募集定員が限られている場合がありますのでご留意ください)

●「今月この日はこんな災害が起こった」は、過去に起こった主な災害のなかでとくに歴史的・社会的に話題性の大きなもの、地域特性・災害環境の観点から参考となるものを選択
●災害発生日が特定できない気象災害や感染症流行などは、欄外(下)に記載
● 「イベント情報」欄の“赤文字”は国民の祝日


TEAM防災ジャパン TEAM防災ジャパン
(内閣府運営のサイト。イベント情報連携の要請を受け、「アクション!」ページに「Bosai Plus 防災カレンダー」へのリンクバナーを設置しています)

速報
《Bosai Plus》保存版「Bosai Plus ワン・クリック先の震災アーカイブ 53サイト!」
 (PDF版/No. 164_2017年6月15日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(1.09MB。クリック!)

《Bosai Plus》保存版「Bosai Plus 全国の主な防災センター(防災啓発・学習施設)」
 (PDF版/No. 141_2016年7月1日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(647KB。クリック!)

《Bosai Plus》「東日本大震災 発災から1年の軌跡 ~主なできごとと防災動向~」
 (PDF版/No. 38_2012年3月15日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(380KB。クリック!)

《Bosai Plus》「2013年に起こった主な災害と防災動向」(ダウンロード可)
  
PDF・A4判・6ページ構成(1.14MB/No. 83_2014年2月1日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(880KB。クリック!)


★《Bosai Plus》イベント情報のご提供、広告等のお問い合わせは……mitz@bosai-plus.info


Bosai Plus トップページへ Bosai Plus トップページへ (ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ) 


☆☆ 2018年06月の「防災イベントカレンダー」へジャンプ! (6月カレンダーの後にあります)☆☆
>>こちらから2018年07月のカレンダーへジャンプします

防災情報新聞 災害年表 防災情報新聞 災害年表  ホリカフーズ 災害に立ち向かう人のためにホリカフーズの「レスキューフーズ」   米国大使館商務部 米国大使館商務部   


new

☆☆ 2018年06月の「防災イベントカレンダー」へジャンプ! (6月カレンダーの後にあります)☆☆
>>こちらから2018年07月のカレンダーへジャンプします





6月 JUNE, 2018   Copyright (c)2018 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.
曜日
防災プランづくりに役立つ今月のイベント 
*下線付きイベントは情報源にリンク
今月この日はこんな災害が起こった 
*下線付き災害は関連解説記事にリンク
*災害名のアンダーラインをクリックすると災害の状況が読めます/毎月1・15日追加、更新
1

*毎月1日のイベント欄には、長期開催イベント等をまとめて掲載します。1日当日あるいはその前後に同イベント等が開催されているかどうかは、リンク先でご確認ください。

〈長期開催イベント等/終了日の日付け順〉

・宮城県気仙沼市:リアス・アーク美術館「東日本大震災の記録と津波の災害史」/リアス・アーク美術館は総合博物館的に地域文化を調査研究対象としており、津波もまた三陸沿岸部にとっては地域文化形成上の重要な要素であると捉えてきた。その視点から、東日本大震災が発災した2011年3月11日から約2年間にわたる独自調査記録資料(被災現場写真203点・被災物155点)、その他歴史資料等137点、資料総数約500点を常設展示している(常設展示。リアス・アーク美術館 1F)

・広島市:広島県立図書館「東日本大震災関連出版物展」(~当分の間)

・熊本、宮崎、鹿児島各県の港:海上保安庁第十管区海上保安本部「プレジャーボートセーフティラリー南九州2018」(実施7月1日〜9月30日、申込締切5月31日)

・第六管区海上保安本部(尾道市・大崎上島町・高松市・松山市・今治市):海上保安庁第六管区海上保安本部「明治の灯台ラリーdeド6」(〜2018年9月17日)

・東京都北区:荒川知水資料館「パネル展・土木技師 青山士の軌跡をたどる」(~8月25日)

・神戸市:人と防災未来センター「企画展・減災インフォグラフィクス2018-自然災害・震災・復興、そして減災を学び活かす-」(〜7月18日)

・埼玉県鴻巣市:埼玉県防災学習センター「企画展・心と体がどう反応するかを知らないから、ワタシは防災できない展」(~7月16日)

・東京都新宿区:国立感染症研究所「知の市場、市民連携セミナー前期。感染症との戦い:現在問題となっている感染症」(〜7月10日、全15回毎週火曜日、定員35名)

・東京都千代田区:日本郷土かるた協会「全国の郷土かるた展2018『震災・防災と郷土かるた』及び事例発表会/過去の震災等がよまれている全国各地の郷土かるた(全17種)、東日本大震災や阪神淡路大震災等に関わって近年制作された郷土かるた(11種)、全国各地で制作されている防災かるた(10種)や関連資料等を展示(~7月1日。無料。奥野かるた店 2階「小さなカルタ館」)

・大阪市:ピースおおさか「収蔵品展2018」(~7月1日)

・高知県南国市:高知県立歴史民俗資料館 企画展「安政地震、幕末を揺るがす」/高知と徳島で建立された地震津波碑35基の拓本と写真を展示。石碑には地震の前兆現象や集落の火災・液状化、連続で7回押し寄せた津波など地震被害が克明に記されている(~7月1日。観覧料:通常展込み 大人510円、高校生以下無料。高知県立歴史民俗資料館)

・名古屋市:名古屋港防災センター「企画展・九州北部豪雨写真展」(~6月30日)」

・大阪府堺市:平和と人権資料館「企画展 わたしたちの街に戦争があった-堺の街、未来へつなぐ平和な暮らし」(~6月29日)

・北海道小樽市:小樽市総合博物館「運河館トピック展・紙芝居と戦争」(~6月28日)

・茨城県つくば市:国土地理院 企画展「地図で旅する日本のジオパーク ~大地の神秘を地図で巡ろう!~」/日本各地のジオパークを地図や空中写真とともに紹介(~6月24日。無料。国土地理院「地図と測量の科学館」2階 特別展示室)

・大阪市:2018年度関西大学社会安全学部・連続セミナー/4月13日~6月22日全10回の連続セミナー(~6月22日。受講料:全10回分1万円 *テキスト・資料代。定員150名。関西大学梅田キャンパス 8階ホール)

・埼玉県富士見市:国土交通省荒川上流事務所「荒川上流部改修から100年・巡回パネル展」(~6月5日、市役所本庁舎)

・東京都江東区:東京消防庁、株式会社東京ビッグサイト「東京国際消防防災展2018(FIRE-SAFETY TOKYO)」/今回で10回目の開催。過去の災害を教訓とした各種災害リスクを周知し、都民等の防火防災意識及び行動力を向上させ、住民・企業・行政の連携強化、関連技術・産業の振興を促進する(〜6月3日。無料、事前登録制。東京ビッグサイト 東5・6・7ホール、東屋外特設会場)

・東京都千代田区:平和祈念展示資料館「企画展 「魂のモノ語り シベリア抑留展」(〜6月3日)

・東京都千代田区:しょうけい館「定期上映会・戦傷病者の証言-戦争別①日中戦争、中国の戦闘編-」(~6月3日)

・岡山市:日本感染症学会「学術講演会・グローカル感染症と化学療法 ―理論と実践、更なる高みを目指して―」(~6月2日、コンベンションセンターほか)

・東京都江東区:日刊工業新聞社「2018防災産業展 in 東京」/「安全・安心な住生活・社会インフラ環境を創る」をテーマに、住居や社会インフラ(ライフライン)に特化した展示(~6月1日。入場料1000円 *事前登録者、招待券持参者は無料。東京ビッグサイト 東ホール)

・大阪市:第5回「震災対策技術展 大阪 ~自然災害対策技術展~」/年3回、横浜・大阪・仙台で開催され、国内の地震・自然災害対策関係者が一堂に会する日本有数の技術見本市・シンポジウム(~6月1日。無料、当日登録制 *受付でアンケートに記入後、入場者証と交換、2日間有効。コングレコンベンションセンター *グランフロント大阪内)

(今月のイベント)

農薬危害防止運動(〜8月31日)

環境月間

土砂災害防止月間(全国各地イベント)

水防月間(北海道)

山地災害防止キャンペーン(〜30日) (*趣旨説明へリンク)

海洋環境保全推進月間

不正大麻・けし撲滅運動(〜30日)

がけ崩れ防災週間(〜7日)

HIV検査普及週間(〜7日)

気象記念日

(1日のイベント)

《Bosai Plus 6月1日号(No.187)発行》同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

・福岡市:環境省地球温暖対策課「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度説明会・福岡会場」(事前申込制、八重洲博多ビル..)

・熊本市:環境省フロン対策室「フロン排出抑制法に関する説明会・熊本会場」(事前申込制、ダイテックサカエ)

2

・北海道小樽市:小樽図書館「北の灯台物語・展示と講演で知る北海道」(~17日)

・東京都千代田区:(公財)アジア福祉教育財団 難民事業本部、(特非)ワールド・ビジョン・ジャパン「世界難民の日」特別シンポジウム「世界の難民問題について世代を超えてともに考える」(無料、要申込み、定員200名 *先着順。グロービス経営大学院 グロービス・ホール)

・東京都渋谷区:環境省+ダスキンレントオール「エコライフ・フェア」(~3日、代々木公園ケヤキ並木・イベント広場)

・愛知県稲沢市:環境省国民生活対策課「地球温暖化の意識啓発アニメ・ガラスの地球を救え!・上映会」(~3日、リーフウォーク稲沢)

・富山県立山町:立山砂防カルデラ博物館「土砂災害防止月間特別展・富山の地すべり」(〜7月1日)

・石川県輪島市:輪島市民まつり実行委員会「輪島市民まつり・巡視艇はまゆき一般公開」(輪島港マリンパーク)

・大阪市:大阪市立阿倍野防災センター「特別イベント・ガソリンの怖さを体験しよう!」

・大阪市:ピースおおさか「ウイークエンドシネマ・ノー・マンズ・ブランド(ボスニア戦争秘話)」

・神戸市:NPO法人プラス・アーツ「イザ!カエルキャラバン!合同研修会2018」/楽しみながら防災の知恵や技が学べる新しい形の防災訓練イベント「イザ!カエルキャラバン!」の実技講座。講師:永田宏和・NPO法人プラス・アーツ理事長(無料、定員各回50名 *先着順。神戸市危機管理センター 1階 本部員会議室)

・山口県下関市:日本防火・防災協会+下関市少年婦人防火委員会「2018防災フェア」(ボートレース下関)

・高知市:エフエム高知「高知安心・安全フェア」/防災・防犯に関することを見て触れて学ぶことができる2日間。起震車や白バイも(~3日。無料。イオンモール高知)

・NHKEテレ:ETV特集「"核のごみ"に揺れる村-苦悩と選択 半世紀の記録-」

3

危険物安全週間(~9日)

・全国:住民参加型の2018年「土砂災害・全国防災訓練」(6月3日を中心に)

・東京都文京区:NPO木の建築フォラム事務局「公開フォーラム・災害をのり越える林業と木の建築」(事前申込制、東京大学農学部弥生講堂)

・東京都渋谷区:環境省環境安全課「熱中症対策シンポジウム」(〜4日、申込締切5月31日、抽選、本会場:TKPガーデンシティ渋谷)

・富山県黒部市:国土交通省黒部河川事務所「水防工法訓練」(出島地先・黒部川左岸国道8号バイパス四十八ヶ瀬

・大阪市:玉造日之出通南商店街協同組合 第1回 玉造サイエンスカフェ「大阪を縦断する上町断層 上町断層のリスクを評価する」/協力:大阪大学。大阪を南北に貫く上町断層。これが動くと、大阪の人口密集地を直撃する直下型地震になる。市民と行政はどのように備えればよいのか(無料、予約不要。玉造日之出通南商店街)

・長崎県島原市:雲仙岳災害記念館「災害から27年噴火を知らない子どもたちへ・いのりの灯」

・鹿児島県指宿市:海上保安庁指宿海上保安部」「山川港みなと祭・巡視艇うけゆり一般公開」(山川港巡視艇基地)

4

危険物安全週間(〜10日)

国連・侵略による罪のない幼児犠牲者の国際デー

・福島県只見町:国土交通省北陸地方整備局「土砂災害防止月間巡回パネル展」(只見振興センター)

・福島県西会津町:国土交通省北陸地方整備局「土砂災害防止月間巡回パネル展」(福島健康保養センター)

・新潟県阿賀町:国土交通省北陸地方整備局「土砂災害防止月間巡回パネル展」(阿賀町役場1階ロビー)

・東京都千代田区:環境省地球温暖対策課「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度説明会・東京会場」(事前申込制、全日通霞が関ビル)

・富山市:国土交通省北陸技術事務所「災害対策用機械操作訓練」(富山防災センター)

5

環境の日

国連・世界環境デー

・仙台市:環境省フロン対策室「フロン排出抑制法に関する説明会・仙台会場」(事前申込制、TKP 仙台南町通カンファレンスセンター)

・東京都千代田区:水害サミット実行委員会、毎日新聞社「第14回 水害サミット」/激甚な水害を経験した全国の市町村長が集まって意見交換や提言等を行う(パレスサイドビル地下1階「毎日ホール」)

・東京都千代田区:京都大学「東京で学ぶ 京大の知シリーズ28・防災・減災における情報化-先端的な技術はどのように使われるのか-」(事前申込制、120名、京都アカデミアフォーラムin 丸の内)

・東京都千代田区:グリーン連合「市民版環境白書・グリーン・ウォッチ2018・発刊記念シンポジウム」(参議院議員会館 B107会議室)

・東京都千代田区:平和祈念展示資料館「企画展 従軍カメラマン小柳次一の二つの眼」(~9月2日)

・広島市:環境省地球温暖対策課「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度説明会・広島会場」(事前申込制、TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前..)

天平17年美濃国地震(天平17年4月27日):745年

・神戸東部、阪神地区大空襲:1945年

6

・東京都千代田区:株式会社NTTドコモ「中小企業のBCP(事業継続計画)セミナー ~切迫する「国難災害」に備える、減災・縮災計画〜」(無料、要申込み *先着順、定員最大50名。TKP秋葉原カンファレンスセンター)

・名古屋市:中央労働災害防止協会「熱中症予防対策シンポジウム」(事前申込制、先着200名、デザインホール)

・兵庫県芦屋市:芦屋市谷崎潤一郎記念館「『細雪』に見る阪神大水害 ー昭和13年、谷崎家の夏。ー」/80年前の1938年(昭和13年)7月5日の阪神大水害。 谷崎潤一郎が『細雪』のなかで描いた被害の様子を各種資料で振り返る(~17日。入館料:一般400円、大・高生300円、中・小生無料。芦屋市谷崎潤一郎記念館 ロビーギャラリー)

・香川県高松市:環境省地球温暖対策課「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度説明会・髙松会場」(事前申込制、高松サンポート合同庁舎...)

・徳島市:国土交通省、徳島県「2018年度(第36回)土砂災害防止『全国の集い』in 徳島」/厳しさを増していく過疎化・高齢化を見据えたうえで、警戒避難体制をいかに構築し実効性を高めていくか、今後の土砂災害対策の方向性を得る(無料 *6日の意見交換会と7日の現場研修会は有料。あわぎんホール *徳島県郷土文化会館)

・NHKEテレ:ETV特集深夜「"核のごみ"に揺れる村-苦悩と選択 半世紀の記録-」

7

・大阪市:防犯防災総合展実行委員会、テレビ大阪(株)「防犯防災総合展 in KANSAI 2018」/通信・通報システム、水害対策ゾーン、非常食ゾーン、要援護者の防災を考えるゾーンなど(〜8日。インテックス大阪)

8

・新潟県長岡市:防災科学技術研究所雪氷防災研究センター「一般公開」(~9日)

・東京都千代田区:日本環境会議「セミナー・環境と公害」(申込先着100名、明治大学駿河台キャンパス リバティタワー)

・東京都港区:地球環境研究センター「サイエンスカフェ・地球温暖化と水の問題」(申込先着40名、港区立エコプラザ)

・愛知県愛西市:愛西市防災安全課「NTTドコモ総合防災訓練」(親水公園ほか)

・大阪市:防犯防災総合展実行委員会・テレビ大阪「防犯防災総合展 in KANSAI 2018」/西日本最大級のリスク・危機管理の展示会。万が一の犯罪・災害対策から日常生活での備えまで最新の製品・サービスが大集合(~9日。無料 *登録制。インテックス大阪)

・大阪市:環境省フロン対策室「フロン排出抑制法に関する説明会・大阪会場」(事前申込制、ティーオージー)

9

・北海道小樽市:海上保安庁小樽海上保安部「日和山灯台一般公開」

・東京都江東区:JBWSS連携協議会「第3回 日本水上安全・安全運航サミット(JBWSS)」/舟艇及び水上安全等に関わる官民の団体が集い、水難事故の防止に関するそれぞれの 活動内容を共有、今後の効果的な連携方法について議論等を行う。 米国の「IBWSS(International Boating & Water Safety Summit)」の日本版(~10日。東京海洋大学 越中島キャンパス)

・東京都新宿区:東京消防庁消防博物館「「め組の大吾・原画展」(~7月1日)

・東京都目黒区:朝日新聞社「世界報道写真展」(~8月5日、東京都写真美術館)

・東京都立川市:立川防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第2土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。立川防災館)

・京都市:関西木造住文化研究会(KARTH シリーズセミナー 第6回)「歴史的まちなみの伝統的木造建造物をさまざまな災害から護りぬく」/第1部「京都の木造伝統文化、歴史的まちなみの保全と防災の両立手法を考える」、第2部「大阪の町家と長屋について」。セミナー前に見学会あり(要申込み。参加費:1000円 *資料付、会員800円、学生無料。西陣 蘖(ヒコバエ)ノ家)

・大阪市:大阪市立大学「コミュニティ防災教室 災害対応ワークショップ」/プログラム:「国内で災害時用に開発されているロボット」、「災害時のトリアージと応急処置」、「要援護者の新たな避難環境の提案」ほか(大阪市立大学 杉本キャンパス 2号館)

・大阪市:ピースおおさか「ウイークエンドシネマ・ノー・マンズ・ブランド(ボスニア戦争秘話)」

・長崎県喜々津村(諫早市)の大火:1886年

名古屋熱田大空襲:1945年

昭和37年梅雨前線豪雨:1962年

10

火薬類危害予防週間(〜16日)

・福島県南相馬市、福島市・郡山市・白河市・会津若松市:「第69回 全国植樹祭ふくしま2018」/国土緑化運動の中心的行事。南相馬市原町区雫地区をメイン会場、福島市・郡山市・白河市・会津若松市にPR会場

・東京都千代田区:気候ネットワーク「記念フォーラム・加速する脱炭素革命-ビジネス・SDGs・金融・雇用・市民の新しいアクション-」(事前申込制、日比谷図書文化館)

・広島市各地区:広島市危機管理室災害予防課「防災研修会・同訓練・同講演会」(全市5地区)

・沖縄県宮古島市:NPO法人 電線のない街づくり支援ネットワーク「無電柱化推進セミナー」/無電柱化への取組み、電線のない街並みの素晴らしさや安全性、必要性など、専門家によるパネルディスカッションなどを通してわかりやすく解説し、市民に広く啓発(無料。宮古島市中央公民館 大ホール)

・元禄信濃川決壊、越後平野大洪水(元禄11年5月3日):1698年

日立大空襲:1945年

本州製紙江戸川工場汚水放流事件:1958年

11
・福島県檜枝岐村:国土交通省北陸地方整備局「土砂災害防止月間巡回パネル展」(アルザ尾瀬の郷)

・東京都新宿区:土木学会「再生可能エネルギー開発-最新事情と海外展開-出版記念講演会」(申込締切4日、先着定員120名、土木学会講堂)

・東京都港区:リスク対策.com「危機管理ソリューションセミナー 災害時の安否確認・情報共有システム」/非常時の通信キャリアや安否確認などの情報共有システムについて、サービス提供各社が特徴や強みなどを解説(無料 *事前登録制、定員150名前後。品川フロントビル会議室)

・岡山市:環境省フロン対策室「フロン排出抑制法に関する説明会・岡山会場」(事前申込制、岡山コンベンションセンター)

12
・東京都墨田区:全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)「第3回 災害時の連携を考える全国フォーラム 〜つながりから協働へ〜」/行政、企業、大学、職能団体、組合組織、NPOなど災害時の支援関係者"すべて"が集い、最新の取り組み事例や今後の展開について認識を深め、災害時の連携の一助になる(〜13日。参加費:2日間10,000円、1日のみ7000円。定員300名。国際ファッションセンター 3階 KFCホール)

・東京都文京区:土木学会河川部「2018 年度河川技術に関するシンポジウム」(東京大学農学部弥生講堂)

・東京都千代田区:日本経済新聞社「フォーラム・新たなフェーズに移行する太陽光発電-法改正後の現状とポストFITを見据えた戦略-」(申込締切4日、抽選500名、日経ホール)〜

・東京都港区:日経XTECHカンファレンス「テクノロジーNEXT 2018」/AI(人工知能)や次世代通信を駆使するデジタル企業、新素材を産業利用する材料企業など、テック企業発の「産業の再定義」に応える各種テーマのセッションで構成(~15日。要申込み、各セッション受講料:4万9800円ほか。ベルサール御成門タワー *2018年5月中旬オープン予定)

・横浜市:横浜市民防災センター「風水害写真展」(~7月1日)

・ドイツ・ハノーバー:「CEBIT 2018」/IoT、ビッグデータ、AI、ロボット等先端技術を活用したBtoBソリューションの世界最大級の展示会(〜15日。ハノーバー国際見本市会場)
13

・東京都新宿区:東京都健康安全研究センター「ハンセン病普及啓発行事・映画"ふたたび"上映会」(申込締切5月31日、抽選200名、庁都議会議事堂1階都民ホール)

・東京都千代田区:環境省フロン対策室「フロン排出抑制法に関する説明会・東京会場(第2回)」(事前申込制、全日通霞が関ビルディング)

・東京都港区:中央労働災害防止協会「熱中症予防対策シンポジウム」(事前申込制、先着200名、グランパークカンファレンス)

14

国連・世界献血者デー

・福島県南相馬市:国際レスキューシステム研究機構(IRS)「第6回公開フィールド評価会」/「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) タフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所諭)」の公開フィールド評価会(デモ)。より災害現場に近い状況で実演(要申込み、締切り:6月13日正午。福島ロボットテストフィールド)

・東京都新宿区:東京都健康安全研究センター「ハンセン病普及啓発行事・パネル展示」(~20日、都庁第一本庁舎1階)

・広島市:日本防災士機構「列島縦断 防災・減災公開講座in広島-新しいステージに入った広島の防災-」(申込先着300名、広島県民文化センターホール)

15

《Bosai Plus 6月15日号(No.188)発行》

・東京都渋谷区:交通安全環境研究所「2018講演会」(国連大学)

16

・札幌市:北海道大学地震火山研究観測センター「公開講座・北海道の地震と防災」(申込締切11日、同先着50名、北海道大学理学研究院3号館)

・仙台市:東北大学災害科学国際研究所「歴史が導く災害科学の新展開Ⅱ-人の記録、自然の記憶-」

・東京都墨田区:本所防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。本所防災館)

・東京都千代田区:平和祈念展示資料館「企画展 従軍カメラマン小柳次一の二つの眼・ギャラリートーク」

・東京都大田区:内閣府(防災担当)「米国海軍病院船マーシーの東京寄港に係る一般見学会及びシンポジウム」/災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが東京港へ寄港することからマーシーの一般見学会とシンポジウム(6月19日)を開催(無料、要申込み *締切り5月27日。募集人数 抽選で400名程度。東京港大井水産物埠頭)

・横浜市:横浜市民防災センター「防災ショートフィルムコンテスト受賞作品の特別招待作品ほか上映会」

・静岡市:静岡県地震防災センター「ふじのくに防災学講座」(申込先着180名)

・富山県富山市:国土交通省立山砂防事務所「砂防講演会」(オークスカナルパークホテル富山)

・大阪市:ピースおおさか「ウイークエンドシネマ・ノー・マンズ・ブランド(ボスニア戦争秘話)」

・神戸市:神戸大学都市安全研究センター RCUSS オープンゼミナール(第234回)/沖村孝・神戸大学名誉教授「要配慮者利用施設における土砂災害リスクの把握と避難方法の選択(仮題)」、大石 哲・神戸大学都市安全研究センター教授「雨量レーダー等から得られる情報を活用した避難開始のタイミング判断(仮題)」(無料、定員60名。神戸市役所4号館(危機管理センター)1階 会議室)

・和歌山県広川町:和歌山大学「ワダイの防災カフェ」/防災の専門家と飲み物を片手に気軽に語り合うシリーズ。今回は後 誠介・和歌山大学災害科学教育研究センター客員教授をゲストに、話題は「豪雨による土砂災害」(無料、定員30名程度。稲むらの火の館)

・愛媛県松山市:環境省環境計画課「環境白書及び環境基本計画を読む会(松山会場)」(愛媛大学城北キャンパス)

・熊本県霧島市:土木学会地盤工学委員会「講演会・霧島火山と共に-2011年新燃岳噴火の教訓を活かす-」(事前申込制、国分公民館)

・NHKBSプレミアム:映像の世紀プレミアム「独裁者3人の狂気」

17

国連・砂漠化および干ばつと闘う国際デー

・札幌市:国土交通省北海道開発局「石狩川水系豊平川総合水防演習」(東区東雁来町地先・豊平川 雁来大橋下流左岸)

・宮城県東松島市:東松島市防災課「総合防災訓練」(全市各地域)

・横浜市:横浜市民防災センター「防災ショートフィルムコンテスト受賞作品の特別招待作品ほか上映会」

・東京都豊島区:池袋防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3日曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。池袋防災館)

・香川県東かがわ市:香川県河川砂防課「土砂災害・全国防災訓練」(小磯地区)

・香川県まんのう町:香川県河川砂防課「土砂災害・全国防災訓練」(宮田地区)

昭和4年北海道駒ヶ岳噴火:1929年

・横浜明治26年「元町の大火」:1893年

鹿児島大空襲:1945年

18
19

国連・紛争下における性的暴力の根絶のための国際デー

・東京都新宿区:内閣府(防災担当)「米国海軍病院船マーシーの東京寄港に係る一般見学会及びシンポジウム」/災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが東京港へ寄港することからマーシーの一般見学会(6月16日)とシンポジウムを開催(無料、要申込み *締切り6月12日、定員100名程度 *申込み順。ヒルトン東京 4階 菊の間)

20

薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」普及運動(〜7月19日)

国連・世界難民の日

・東京都千代田区:防災専門図書館 企画展「震度7の連鎖:首都直下地震を考える ~福井地震から70年~」/「震度7」が新設された1948年6月28日発災の福井地震(M7.1)の写真・資料や、防災専門図書館所蔵、関係各機関提供の震度7を記録した地震の資料を展示・解説。感震ブレーカーや家具固定など防災製品も併せて展示(~12月28日。無料。全国市有物件災害共済会 防災専門図書館)

・東京都港区:日本建築学会耐震設計小委員会「ラチスシェル屋根構造の耐震設計セミナー(講義編)」(申込先着30名、建築会館)

・東京都渋谷区:東京都健康安全研究センター「感染症を媒介する"蚊"対策講習会」(申込締切6日、抽選700名、渋谷区文化総合センター)

・横浜市:再生可能エネルギー協議会「第13回再生可能エネルギー世界展示会」/再生可能エネルギー全分野を網羅し、先端技術を紹介する国際展示会。今回は「グランド再生可能エネルギー2018 国際会議(GRE国際会議)」と同時開催(~22日。事前登録制。パシフィコ横浜)

21
22

らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日

・仙台市:東北大学災害科学国際研究所「第54回 IRIDeS 金曜フォーラム」/月に1回、研究者がこれまで取り組んできた研究について話題提供を行い、地域の人びとと情報を広く共有する場として開催される「金曜フォーラム」。今回のテーマは「宮城県沖地震から40年 岩手・宮城内陸地震から10年」(無料、申し込み不要。災害科学国際研究所1階 会議・セミナー室)

・東京都千代田区:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 2018年度 第1回デ活シンポジウム「レジリエンス力を高めるフレームワーク ―企業・自治体の取り組みに学ぶ―」/「首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト」が立ち上げた産官学民連携で研究活動・社会活動を実現する「データ利活用協議会(デ活)」が「社会のレジリエンスの向上」について企業・自治体とともに考える(全国町村会館 2階ホール)

・東京都港区:国立環境研究所「公開シンポジウム・水から考える環境のこれから」(メルパルクホール)」

・京都府宇治市:京都大学防災研究所「地震火山グループ研究会」(宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ)

・大阪市:NPO法人 電線のない街づくり支援ネットワーク「無電柱化推進セミナー」/無電柱化への取組み、電線のない街並みの素晴らしさや安全性、必要性など、専門家によるパネルディスカッションなどを通してわかりやすく解説し、市民に広く啓発(無料。総合学習センター5階第一研修室)
23

・内閣府男女共同参画局:2018年度「男女共同参画週間」(~29日)

・札幌市:北海道大学地震火山研究観測センター「公開講座・北海道の地震と防災・二日目」(申込締切11日、同先着50名、北海道大学理学研究院3号館)

・東京都新宿区:一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)「わが家の災害対応ワークショップ」/ワークブックを使いながら、自身の家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、具体的に「わが家」で役に立つ災害への備えを考える90分間のワークショップ。筆記用具、住居地域の避難場所・避難所が記載されている地図を持参のこと(要申込み、受講料500円 *ワークブック代。最少催行人数5人 *定員は会場により異なる。ピースボートセンターとうきょう B1)

・東京都新宿区:一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)「災害ボランティア入門」/災害ボランティアの活動の基礎や、自分が被災した場合に備えて防災・減災の取組みについて学ぶ(要申込み、受講料1000円、最少催行人数5人 *定員は会場により異なる。ピースボートセンターとうきょう B1)

・横浜市:横浜市民防災センター「防災ショートフィルムコンテスト受賞作品の特別招待作品ほか上映会」

・神奈川県中井町:神奈川県砂防海岸課「土砂災害・全国防災訓練」(~24日、中村上地区)

・大阪市:ピースおおさか「ウイークエンドシネマ・ノー・マンズ・ブランド(ボスニア戦争秘話)」

・兵庫県伊丹市:日本レスキュー協会「見学会」/災害救助犬のデモンストレーション、ふれあいも(事前予約制、先着20名)

・鹿児島県喜界町:海上保安庁奄美海上保安部「巡視船あまぎ一般公開」(喜界島早見港)

24

・北海道積丹町:海上保安庁小樽海上保安部「神威岬灯台一般公開」

・新潟県長岡市:長岡開府400年記念事業実行委員会「大河津分水と寺泊」(申込先着80名、寺泊文化センター)

・東京都あきる野市:東京都防災対策課「東京都・あきる野市合同風水害対策訓練」(戸倉しろやまテラスほか)

・横浜市:横浜市民防災センター「防災ショートフィルムコンテスト受賞作品の特別招待作品ほか上映会」

・富山県糸魚川市:糸魚川市消防防災課「防災訓練」(市内全域)

・京都市:京都市市民防災センター「災害に強いまちづくり講座Ⅰ・第1回・おもてなし防災のすすめ―助かるだけではもったいない―」

・京都府舞鶴市:海上保安庁第八管区海上保安本部「巡視船おき一般公開」(海上自衛隊北吸岸壁)

・鹿児島県徳之島町または天城町:海上保安庁奄美海上保安部「巡視船あまぎ一般公開」(徳之島港または平土野港)

25
・埼玉県北本市:国土交通省荒川上流事務所「荒川上流部改修から100年・巡回パネル展」(〜29日、市役所庁舎ホール)

・東京都千代田区:グリーン連合「勉強会 脱炭素社会への切り札「カーボンプライシング」ってなに?」(申込先着40名、麹町区民館)

・東京都新宿区:土木学会地震工学委員会「地震防災技術懇話会」(申込先着18日、同先着60名、土木学会A、B会議室)
26
27

・千葉県鴨川市:鴨川市消防防災課「津波避難訓練」(市内各地域)

・東京都港区:日本建築学会耐震設計小委員会「ラチスシェル屋根構造の耐震設計セミナー(実践編)」(申込先着30名、建築会館)

28

・東京都千代田区:法政大学 江戸東京研究センター、イタリア文化会館「水都をめぐる日伊シンポジウム ~水の都市と持続可能な発展 ヴェネツィアと東京~」/歴史的に形成されたそれぞれの個性豊かな水都、防災の観点も考慮し、魅力的な水の都市をいかに維持し、創り上げていくかを考えるf(無料、要申込み。日伊同時通訳付。イタリア文化会館 アニェッリホール)

・東京都千代田区:土木学会「成果報告シンポジウム-巨大災害による「国難」を乗り越えるために-」(申込先着300名、中央大学駿河台記念館)

・兵庫県尼崎市:兵庫県立尼崎小田高等学校「地域社会に参画する―防災・看護・介護―地域で高校生にできること」/地域住民、保護者も授業に参加して生徒と一緒に考える。片岡幸壱さん(防災士)が阪神・淡路大震災の体験談と「災害と聴覚障がい者、ユニバーサルデザイン(UD)~聴覚障がい者が、避難生活ができる避難所にするには」について話す(要申込み。兵庫県立尼崎小田高等学校)

29

・東京都品川区:市民防災まちづくり塾「第67回 映像で見る都市計画勉強会」/講師:土屋信行氏「災害が東京をつくった、市区改正条例へのあゆみ」/今回のテーマは「土木学会報告、南海トラフ巨大地震被害1410兆円、荒川水害62兆円被害の推計」(要申込み、会費1000円。東京都南部労政会館 2階 第5会議室)

30

・横浜市:神奈川大学 KUポートスクエア 特別講演会「福島第一原発事故による住民の対応とその後の影響を聞く」/福島県浪江町に生まれ宮城県角田市で被災、2km圏外の避難先に避難し、現在角田市に在住している陶芸家・池田匡優氏の被災後の実体験を座談会形式で聴く(無料、要申し込み、定員100名。神奈川大学横浜キャンパス)

・愛知県大垣市:環境省国民生活対策課「地球温暖化の意識啓発アニメ・ガラスの地球を救え!・上映会」(~1日、アクアウォーク大垣)

・京都市:京都市市民防災センター「災害に強いまちづくり講座Ⅰ・第2回・近年の豪雨災害に学ぶ地域の水害リスク」

・徳島県北島町:徳島県立防災センター「知っておきたい防災講座・天気予報の活用と気象災害への備え」(申込締切25日、同先着100名)

・長崎市:長崎歴史文化博物館「しょうけい館戦傷病者史料館・戦傷病者とその家族の苦労を知る」(~7月8日)

 

 

*この月を含む災害発生日が特定できない気象災害や感染症流行など

・貞観富士山大噴火、富士五湖なる(〜8月)(貞観6年5月〜7月):864年

全国的な大干ばつ-応永の大飢饉へ(応永27年4月〜29年):1420年〜22年

文亀-永正の飢饉(文亀元年夏〜永正2年):1501年〜1505年

天文の大飢饉、幕府、施餓鬼しか行えず(天文9年5月):1540年

寛永の大飢饉で幕府対策を出す(寛永19年5月):1642年

謎の感染症、長崎で7000人死亡、麻疹か(貞享元年4月〜):1684年

宝暦7年梅雨前線豪雨(〜7月)(宝暦7年5〜6月):1757年

明和の大干ばつ(〜9月)(明和7年6月〜8月):1770年

・奥羽地方大凶作、天明の大飢饉へ(天明3年5月〜7年):1783〜87年

・関東、奥羽大凶作、天保の大飢饉へ(天保4年夏〜10年):1833〜39年

嘉永瀬戸内海沿岸部大洪水、高潮災害(〜9月)(嘉永3年5月〜8月):1850年

明治大凶作始まる(〜9月):1903年

・大正の大凶作(〜8月):1913年

昭和6年北海道・東北大冷害(〜8月):1931年

昭和14年西日本大干ばつ(〜8月):1939年

昭和16年梅雨前線豪雨(中旬〜下旬):1941年

酒代替品メチールアルコール中毒死続出:1946年

・豊島産業廃棄物公害事件で住民側訴訟:1977年



このページのトップに戻る


TEAM防災ジャパン TEAM防災ジャパン
(内閣府運営のサイト。イベント情報連携の要請を受け、「アクション!」ページに「Bosai Plus 防災カレンダー」へのリンクバナーを設置しています)


7月 JULY, 2018  Copyright (c)2018 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.

曜日
防災プランづくりに役立つ今月のイベント 
*下線付きイベントは情報源にリンク
今月この日はこんな災害が起こった 
*下線付き災害は関連解説記事にリンク
*災害名のアンダーラインをクリックすると災害の状況が読めます/毎月1・15日追加、更新
1

*毎月1日のイベント欄には、長期開催イベント等をまとめて掲載します。1日当日あるいはその前後に同イベント等が開催されているかどうかは、リンク先でご確認ください。

〈長期開催イベント等/終了日の日付け順〉

・宮城県気仙沼市:リアス・アーク美術館「東日本大震災の記録と津波の災害史」/リアス・アーク美術館は総合博物館的に地域文化を調査研究対象としており、津波もまた三陸沿岸部にとっては地域文化形成上の重要な要素であると捉えてきた。その視点から、東日本大震災が発災した2011年3月11日から約2年間にわたる独自調査記録資料(被災現場写真203点・被災物155点)、その他歴史資料等137点、資料総数約500点を常設展示している(常設展示。リアス・アーク美術館 1F)

・広島市:広島県立図書館「東日本大震災関連出版物展」(~当分の間)

・東京都千代田区:防災専門図書館 企画展「震度7の連鎖:首都直下地震を考える ~福井地震から70年~」/「震度7」が新設された1948年6月28日発災の福井地震(M7.1)の写真・資料や、防災専門図書館所蔵、関係各機関提供の震度7を記録した地震の資料を展示・解説。感震ブレーカーや家具固定など防災製品も併せて展示(~12月28日。無料。全国市有物件災害共済会 防災専門図書館)

熊本、宮崎、鹿児島各県の港:海上保安庁第十管区海上保安本部「プレジャーボートセーフティラリー南九州2018」(実施7月1日〜9月30日、申込締切5月31日)

・第六管区海上保安本部(尾道市・大崎上島町・高松市・松山市・今治市):海上保安庁第六管区海上保安本部「明治の灯台ラリーdeド6」(〜2018年9月17日」)

・東京都千代田区:平和祈念展示資料館「企画展 従軍カメラマン小柳次一の二つの眼」(〜9月2日)

・青森県東通村:海上保安庁八戸海上保安部「尻屋埼灯台一般公開」(〜9月2日)

・東京都北区:荒川知水資料館「パネル展・土木技師 青山士の軌跡をたどる」(~8月25日)

・東京都目黒区:朝日新聞社「世界報道写真展」(~8月5日、東京都写真美術館)

・神戸市:人と防災未来センター「企画展・減災インフォグラフィクス2018-自然災害・震災・復興、そして減災を学び活かす-」(〜7月18日)

・埼玉県鴻巣市:埼玉県防災学習センター「企画展・心と体がどう反応するかを知らないから、ワタシは防災できない展」(~7月16日)

・東京都新宿区:国立感染症研究所「知の市場、市民連携セミナー前期。感染症との戦い:現在問題となっている感染症」(〜7月10日、全15回毎週火曜日、定員35名)

・長崎市:長崎歴史文化博物館「しょうけい館戦傷病者史料館・戦傷病者とその家族の苦労を知る」(~7月8日)

・東京都新宿区:東京消防庁消防博物館「「め組の大吾・原画展」(~7月1日)

・東京都千代田区:日本郷土かるた協会「全国の郷土かるた展2018『震災・防災と郷土かるた』及び事例発表会/過去の震災等がよまれている全国各地の郷土かるた(全17種)、東日本大震災や阪神淡路大震災等に関わって近年制作された郷土かるた(11種)、全国各地で制作されている防災かるた(10種)や関連資料等を展示(~7月1日。無料。奥野かるた店 2階「小さなカルタ館」)

・横浜市:横浜市民防災センター「風水害写真展」(~7月1日)

・富山県立山町:立山砂防カルデラ博物館「土砂災害防止月間特別展・富山の地すべり」(〜7月1日)

・大阪市:ピースおおさか「収蔵品展2018」(~7月1日)

・高知県南国市:高知県立歴史民俗資料館 企画展「安政地震、幕末を揺るがす」/高知と徳島で建立された地震津波碑35基の拓本と写真を展示。石碑には地震の前兆現象や集落の火災・液状化、連続で7回押し寄せた津波など地震被害が克明に記されている(~7月1日。観覧料:通常展込み 大人510円、高校生以下無料。高知県立歴史民俗資料館)

(今月のイベント)

・「COOL BIZ」(クールビズ)(5月1日~未定 *2017年は9月30日まで)

農薬危害防止運動(〜8月31日)

薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」普及運動(〜7月19日)

全国安全週間(〜7日)

河川水難事故防止週間(〜7日)

CO2削減ライトダウンキャンペーン(〜7日)

国民安全の日

(1日のイベント)

《Bosai Plus 2018年7月1日号(No.189)発行》

・埼玉県鴻巣市:埼玉県防災学習センター「企画展・心と体がどう反応するかを知らないから、ワタシは防災できない展」(〜16日)

・東京都新宿区:国立感染症研究所「知の市場、市民連携セミナー前期。感染症との戦い:現在問題となっている感染症」(〜10日、全15回毎週火曜日、定員35名)

・愛知県大垣市:環境省国民生活対策課「地球温暖化の意識啓発アニメ・ガラスの地球を救え!・上映会」(〜1日、アクアウォーク大垣)

・大阪市:ピースおおさか「収蔵品展2018」(〜1日)

・神戸市:人と防災未来センター「企画展・減災インフォグラフィクス2018-自然災害・震災・復興、そして減災を学び活かす-」(〜8日)

・香川県宇多津町:海上保安庁備讃瀬戸海上交通センター「一般公開」

・NHK総合:NHKスペシャル・シリーズ大江戸第3集「不屈の復興! 町人が闘った"大火の都"」 (仮題)

2

3
4
5

6

7
8

・宮城県岩沼市:岩沼市防災課「総合防災訓練」(市内全域)

・大阪市ほか:国土交通省近畿地方整備局「全国で唯一の回転式陸閘(防潮鉄扉)閉鎖訓練」(国道2号淀川大橋、国道43号伝法大橋、阪神なんば線淀川橋梁ほか)

9
10
11

・東京都江東区:リード エグジビション ジャパン 株式会社「第13回 総務・人事・経理ワールド」/第13回 オフィスセキュリティEXPO、第12回 オフィス防災EXPO、第9回 省エネ・節電EXPOほか8つの専門展で構成(~13日。入場:事前登録制。東京ビッグサイト)

12
13
貞観三陸地震(貞観11年5月26日):869年

・福井寛政の大火(寛政9年6月19日):1797年

昭和34年台風第5号+梅雨前線豪雨(〜16日):1959年

堺市、O-157集団食中毒事件:1996年
14

・東京都立川市:立川防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第2土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。立川防災館)

・神戸市:神戸大学都市安全研究センター RCUSS オープンゼミナール(第235回)/宇田川真之・東京大学大学院情報学環 総合防災情報研究センター 特任助教「要配慮者利用施設における避難確保計画作成上の留意事項(仮題)」、牛山素行・静岡大学 防災総合センター 教授「風水害に対応した要配慮者利用施設における避難のあり方(仮題)」(無料、定員60名。神戸市役所4号館(危機管理センター)1階 会議室)

15

《Bosai Plus 2018年7月15日号(No.190)発行》

・東京都豊島区:池袋防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3日曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。池袋防災館)

16
・延宝畿内大雨(延宝2年6月13日〜14日):1674年

・天明加賀大水害(天明3年6月17日〜7月):1783年

昭和28年南紀豪雨(〜25日):1953年

湘南の海に廃油到着、海水浴客油まみれ(〜18日):1965年
17

18
19
20
21

・北海道小樽市:海上保安庁第一管区海上保安本部「総合訓練」(申込締切約6月21日、約900名、小樽港)

・茨城県つくば市:建築研究所「一般公開」

・東京都江戸川区(集合場所):市民防災まちづくり塾「荒川河川敷避難体験キャンプ」/荒川の河川敷にテントを張り、一夜を過ごすキャンプ。日帰り参加も歓迎(~22日。要申込み、先着50名。会費500円 *小学生以下無料。集合場所:荒川ロックゲート管理棟2階会議室)

・東京都墨田区:本所防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。本所防災館)

・東京都新宿区:東京消防庁消防博物館「夏休み特別企画・関東大震災-炎の記憶―」(~9月月2日)

・和歌山県広川町:和歌山大学「ワダイの防災カフェ」/防災の専門家と飲み物を片手に気軽に語り合うシリーズ。今回は板垣勝則・国土交通省近畿地方整備局総括防災調整官をゲストに、話題は「南海トラフ地震」(無料、定員30名程度。稲むらの火の館)

・和歌山県那智勝浦町:海上保安庁下里水路観測所「一般公開」(申込先着20名)

・熊本県宇城市:宇城市三角支所経済課「みすみ港まつり・熊本海上保安部巡視船「さつま」体験航海」(先着250名、三角港)

22

23

24
25
26

27

・東京都品川区:市民防災まちづくり塾「第68回勉強会 ~災害が東京をつくった、市区改正条例へのあゆみ~」/講師:土屋信行氏(塾かたりべ)(要申込み、会費1000円。東京都南部労政会館 2階 第5会議室)

28

・東京都武蔵村山市:国立感染症研究所「感染研村山庁舎一般公開」

・富山県立山町:立山カルデラ砂防博物館「立山カルデラ砂防体験学習会・バスコース」(申込締切18日)

奈良県水害防災週間(~8月5日)

・愛媛県今治市:海上保安庁今治海上保安部「巡視艇による来島海峡体験航海」(申込締切6月25日、抽選150名)

・福岡市:地区防災計画学会、情報通信学会災害情報法研究会、九州大学応用生理人類学研究センター 2018年度第1回地区防災学会シンポジウム「九州北部豪雨から1年を振り返って~ 九州北部豪雨の教訓と地域防災力の在り方~」/九州北部豪雨の教訓を踏まえたコミュニティや企業による地域防災力の強化や地区防災計画づくりの在り方につ いて考える(九州大学 大橋キャンパス多次元デザイン実験棟)

29

・北海道室蘭市:海上保安庁室蘭海上保安部」「巡視船れぶん体験航海」(申込締切6月27日、抽選140名、室蘭港)

・東京都千代田区:原水禁大会科学者集会実行委員会「原水爆禁止2018年世界大会・科学者集会」(明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント)

30

・東京都目黒区:国立研究開発法人科学技術振興機構「タフ・ロボティクス・チャレンジ研究開発成果公開シンポジウム」(〜31日。東京工業大学 大岡山キャンパス 70周年記念館)

31

 

*この月を含む災害発生日が特定できない気象災害や感染症流行など

天暦元年、天然痘流行、内裏にも侵入(〜11月)(天暦元年6月〜10月):947年

長徳4年、赤斑瘡(はしか)歴史上最初の大流行(〜8月)(長徳4年6月〜7月) :998年

養和の大飢饉(治承4年6月〜寿永元年):1180年7月〜1182年

正嘉・正元の飢饉(正嘉2年6月〜文応元年):1258〜60年

宝暦の飢饉(下旬〜56年5月)(宝暦5年6月中旬〜6年4月):1755年

延宝2年西国大水害、大飢饉へ(〜3年)(延宝2年夏〜3年):1674年〜75年

安永9年関東大水害(安永9年6月):1780年

安政5年コレラ全国へまん延(〜11月初旬)(安政5年5月21日〜9月末) :1858年

明治35年北日本大冷害(〜9月):1902年

昭和9年東北北海道冷害(中旬〜9月中旬):1934年

昭和20年東北、北陸地方冷害(〜8月):1945年

東京国際消防防災展2018


このページのトップに戻る


 TEAM防災ジャパン TEAM防災ジャパン
(内閣府運営のサイト。イベント情報連携の要請を受け、「アクション!」ページに「Bosai Plus 防災カレンダー」へのリンクバナーを設置しています)
 


ホリカフーズ 災害に立ち向かう人のためにホリカフーズの「レスキューフーズ」   米国大使館商務部 米国大使館商務部   


三陸復興国立公園 三陸復興国立公園
★こころを結び、出会いをつくる旅~観光で被災地支援!



●もうひとつの防災教育、 ディザスター映画ガイド



Bosai Plus トップページへ
Bosai Plus トップページへ (ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ)



Copyright (c)2018 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.

防犯防災総合展 in KANSAI 震災対策技術展 大阪 第3回国連防災世界会議inSENDAI 防犯・防災総合展 in Kansai 震災で消えた小さな命展 3 震災で消えた小さな命展 3 震災で消えた小さな命展 東京国際消防防災展2018