Bosai Plus 購読のお薦め(コーヒー一杯分)
(ロゴをクリックで「Bosai Plus 購読のご案内」ページへ)
Bosai Plus トップページへ Bosai Plus トップページへ
(ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ)
Bosai Plus 購読のご案内ページへ

2カ月カレンダー

■「Bosai+ 防災カレンダー」は、防災イベントをお探しの方にはもちろん、地域、学校、職場などで防災イベント(防災訓練、勉強会、講演会、シンポジウムほか)を企画するときの参考情報としてご活用いただけます。
■ イベントを企画・主催される方には、広く社会に広報し、参加者を募るメディアとして、情報ご提供をお願いいたします。
■ 日本で唯一、最大級の防災イベント情報カレンダーをめざしています。 みなさまとご一緒に、さらに充実した防災カレンダーに育てていきたいと思いますので、ご活用、情報のご提供をよろしくお願いいたします。

★《Bosai Plus》イベント情報のご提供、広告等のお問い合わせは……mitz@bosai-plus.info

*編集部注
「イベント情報」は随時、追加更新されます。【 2019. 02. 18./17: 15 更新 】
●カッコ内は、開催場所ほか関連情報
●掲載イベント情報は、とくに記載のないものについては参加・聴講無料(事前の申込みが必要な場合、募集定員が限られている場合がありますのでご留意ください)

●「今月この日はこんな災害が起こった」は、過去に起こった主な災害のなかでとくに歴史的・社会的に話題性の大きなもの、地域特性・災害環境の観点から参考となるものを選択
●災害発生日が特定できない気象災害や感染症流行などは、欄外(下)に記載
● 「イベント情報」欄の“赤文字”は国民の祝日


TEAM防災ジャパン TEAM防災ジャパン   
■内閣府運営のサイト。イベント情報連携の要請を受け、「アクション!」ページに「Bosai Plus 防災カレンダー」へのリンクバナーを設置しています)
防災士研修センター 防災士研修センター
■「防災士研修センター」は「防災士制度」発足以来、防災士普及・推進の一翼を担ってきました。
いま全国で約15万人(2018年7月末日現在)の「防災士」が日々活躍していますが、そのうちの約半数の防災士が、
「防災士研修センター」での研修を修了し巣立ったみなさまです。
>>防災士研修センター「研修・最新日程」はこちら

速報
《Bosai Plus》保存版「Bosai Plus ワン・クリック先の震災アーカイブ 53サイト!」
 (PDF版/No. 164_2017年6月15日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(1.09MB。クリック!)

《Bosai Plus》保存版「Bosai Plus 全国の主な防災センター(防災啓発・学習施設)」
 (PDF版/No. 141_2016年7月1日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(647KB。クリック!)

《Bosai Plus》「東日本大震災 発災から1年の軌跡 ~主なできごとと防災動向~」
 (PDF版/No. 38_2012年3月15日号にて掲載)
  こちらから閲覧・ダウンロードできます(380KB。クリック!)


★《Bosai Plus》イベント情報のご提供、広告等のお問い合わせは……mitz@bosai-plus.info


Bosai Plus トップページへ Bosai Plus トップページへ (ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ) 


new
☆☆ 2019年3月の「防災イベントカレンダー」へジャンプ! (2月カレンダーの後にあります)☆☆

>>こちらから2019年3月のカレンダーへジャンプします

防災情報新聞 災害年表 防災情報新聞 災害年表  ホリカフーズ 災害に立ち向かう人のためにホリカフーズの「レスキューフーズ」   米国大使館商務部 米国大使館商務部   


new
☆☆ 2019年3月の「防災イベントカレンダー」へジャンプ! (2月カレンダーの後にあります)☆☆

>>こちらから2019年3月のカレンダーへジャンプします

ぎょうせい図書 ぎょうせい図書

2月 FEBRUARY, 2019   Copyright (c)2019 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.
曜日
防災プランづくりに役立つ今月のイベント 
*下線付きイベントは情報源にリンク
今月この日はこんな災害が起こった 
*下線付き災害は関連解説記事にリンク
*災害名のアンダーラインをクリックすると災害の状況が読めます/毎月1・15日追加、更新
1

*毎月1日のイベント欄には、長期開催イベント等をまとめて掲載します。1日当日あるいはその前後に同イベント等が開催されているかどうかは、リンク先でご確認ください。

〈長期開催イベント等/終了日の日付け順〉

・宮城県気仙沼市:リアス・アーク美術館「東日本大震災の記録と津波の災害史」/リアス・アーク美術館は総合博物館的に地域文化を調査研究対象としており、津波もまた三陸沿岸部にとっては地域文化形成上の重要な要素であると捉えてきた。その視点から、東日本大震災が発災した2011年3月11日から約2年間にわたる独自調査記録資料(被災現場写真203点・被災物155点)、その他歴史資料等137点、資料総数約500点を常設展示している(常設展示。リアス・アーク美術館 1F)

・埼玉県鴻巣市:埼玉県防災学習センター“そなーえ”「土砂災害写真展ほか各種防災学習テーマ」(常設)

・広島市:広島県立図書館「東日本大震災関連出版物展」(~当分の間)

・神奈川県鎌倉市:鎌倉歴史文化交流館(鎌倉市教育委員会)企画展「鎌倉Disaster 災害と復興」/市内の発掘調査で得られた中世鎌倉の災害痕跡を紹介し、あわせて近代に発生した大地震の写真や被災資料などを展覧して鎌倉における災害痕跡や被災状況等を辿る(〜5月18日。観覧料:一般300円、小・中学生100円 *団体料金あり。鎌倉歴史文化交流館 別館・考古展示室)

・東京都台東区:海洋研究開発機構「南海トラフ地震発生帯掘削に"ちきゅう"が挑む」(~2019年3月30日、国立科学博物館)

・埼玉県深谷市:国土交通省大宮国道事務所「雪道の安全確保に向けパネル展」(~25日、道の駅おかべ)

・千葉県柏市:国土交通省利根川下流河川事務所「巡回展・雨展-あらぶる雨・めぐみの雨-」(~2月24日、北千葉導水ビジターセンター )

・名古屋市:名古屋市港防災センター「企画展・トイレっとぼうさい展2」(~2月24日)

・茨城県つくば市:地質標本館「特別展・明治からつなぐ地質の知恵北海道の地質-北海道命名150周年-」(〜2019年2月17日)

・東京都新宿区:東京消防庁消防博物館「防災とボランティア週間展」(~2月3日)

・東京都千代田区:平和祈念館「企画展・お父さんの絵本"大連のうた"原画展」(〜2019年2月2日)

・東京都江東区:省エネルギーセンター「ENEX2019-地球環境とエネルギーの調和展-」(~1日、東京ビッグサイト東1、2ホール)

・東京都千代田区、中央区:日本疫学会「学術総会・疫学の本質-限界への挑戦」(~2月1日、一橋講堂、国立がん研究センター)

(今月のイベント)



(1日のイベント)

《Bosai Plus 2月1日号(No.203)発行》同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

・新潟県長岡市:人と防災未来センター「巡回展・震災から24年・振り返る1995.1.17・阪神・淡路大震災」(~17日、長岡震災アーカイブセンター きおくみらい)

・茨城県つくば市:地質標本館「特別展・明治からつなぐ地質の知恵北海道の地質-北海道命名150周年-」(~17日)

・千葉県柏市:国土交通省利根川下流河川事務所「巡回展・雨展-あらぶる雨・めぐみの雨-」(~24日、北千葉導水ビジターセンター )

・東京都新宿区:人と防災未来センター「巡回展・震災から24年・振り返る1995.1.17・阪神・淡路大震災」(~3日、東京消防庁消防博物館)

・東京都新宿区:東京消防庁消防博物館「防災とボランティア週間展」(~3日)

・東京都千代田区、中央区:日本疫学会「学術総会・疫学の本質-限界への挑戦」(~1日、一橋講堂、国立がん研究センター)

・東京都千代田区:しょうけい館「定期上映会「戦地での救護活動」(~6日)

・東京都千代田区:平和祈念館「企画展・お父さんの絵本"大連のうた"原画展」(~2日)

・東京都中央区:市民防災まちづくり塾、まちふねみらい塾「第72回勉強会 ~第5回 日本橋上空に青空を取り戻し、東京の堀と川の再生を考える」(無料、要申込み。中央区環境情報センター研修室 *東京スクエアガーデン6階)

・名古屋市:名古屋市港防災センター「企画展・トイレっとぼうさい展2」(~24日)

・富山市:富山県広域消防防災センター・四季防災館「特別企画展・富山の活断層-いまから遅くない"日頃の備え"」(~28日)

・高知市:高知新聞社 防災講演会「東日本大震災の被災体験を聞く会」/2月1日、2日に開催する「むすび塾×いのぐ塾 in 高知市中心商店街」の一環。宮城県内の語り部3人が登壇(無料、申込み不要、定員120名。オーテピア 4階ホール)

2

・岩手県雫石町:雫石町社会福祉協議会「雪かきボランティア・雪んこ見守り隊」(募集中)

・山形県戸沢村:戸沢村社会福祉協議会「戸沢村 除雪ボランティア」(募集締切1月21日、先着10名、戸沢村)

・東京都品川区(集合場所):市民防災まちづくり塾「船上見学会」/2020年オリンピックに向けて大きく変わっていく臨海部を見学(募集人数100名 *先着順。参加費用2000円。集合場所::品川 船清)

・京都市:京都市市民防災センター「園児の描く消防の図画・上京区」(~3日)

・大阪市:公益財団法人JR西日本あんしん社会財団「安全セミナー」/地震や異常気象に対する「防災・減災」をはじめ幅広い観点から、地域社会の安全について考える。講師:片田敏孝・東京大学大学院情報学環特任教授(群馬大学名誉教授)「荒ぶる自然災害から犠牲者ゼロを目指す~危機に主体的に備えるために~」(毎日新聞オーバルホール)

・大阪市:大阪ボランティア協会「障害者・難病者支援団体、事業所むけ企画 地域と交流し地域に根付く 災害にも強い支援団体のつくりかた」/地域に根付いている団体は、災害時にも地域を支え、地域に支えられる団体になる。災害時の支援団体の対応を考える(無料、要申込み、定員先着40名。大阪ボランティア協会事務所 市民活動スクエア *CANVAS谷町)

・大阪市:ピースおおさか「ウイークエンドシネマ・戦後日本の原風景 vol.2・壊滅した商都-大阪大空襲-」

・高知県安芸市:高知県「自主防災組織人材育成研修」東部会場/地域防災の担い手の育成や自主防災組織の活動活性化を目的として、自主防災組織のメンバーや防災士等を対象とするスキルアップ研修会(要申込み。安芸市消防・防災センター 3階 避難室)

福岡県原子力防災訓練(場所未定)

佐賀県原子力防災訓練(場所未定)

長崎県原子力防災訓練(場所未定)

3
4

・江戸享保6年春の連続火災(〜3月31日)(享保6年1月8日〜3月4日):1721年

全日空機、東京羽田沖墜落事故:1966年

変異型ヤコブ病、国内初発症者確認:2005年

5

・宮城県大崎市:宮城県原子力安全対策課「放射線・放射能に関するセミナー・大崎会場」(申込締切4日、宮城県大崎合同庁舎)

・新潟市:国土交通省阿賀野川河川事務所「水災害から、みんなの命を守る!パネル展」(~18日、新潟日報メディアシップ)

・新潟市:ひょうご震災記念21世紀研究機構、東北大学災害科学国際研究所、朝日新聞社「21世紀文明シンポジウム 新潟県中越地震15年 人口減少・高齢社会を見据えた震災復興と教訓の伝承」/基調講演:平井邦彦・長岡造形大学名誉教授ほか(無料、要申込み、定員500名。新潟市民プラザ)

・新潟市:国土交通省阿賀野川河川事務所「水災害から、みんなの命を守る!パネル展」(~18日、新潟日報メディアシップ)

・東京都千代田区: 日本医療研究開発機構「再生医療公開シンポジウム・研究者からみなさんへ、今伝えたいこと」(申込先着1000名、TKPガーデンシティ品川 ボールルーム)

・東京都千代田区:平和祈念展示資料館「企画展・10のキーワードで読み解くシベリア抑留・前期」(~3月17日)

・東京都八王子市:中央大学ボランティアセンター シンポジウム「私たちが繋ぐ『中大ボラセン魂』」/『中大ボラセン魂』とはなにか、どのような葛藤を経ながら活動を続けているか、3部構成で発表(無料、定員100名。中央大学多摩キャンパス Cスクエア 小ホール)

・京都市:株式会社NTTドコモ「中小企業のためのBCP(事業継続計画)セミナー」/講演:村上 治・マネジメントアーキテクチャー代表取締役ほか(無料、要申込み、定員50名。TKP京都駅前カンファレンスセンター)

6

・東京都日野市:中央大学「第5回 大学生ボランティア写真展&イベント2019 被災地と多摩地域の架け橋~大学生はなぜ、被災地に通い続けるのか?~」/多摩地域にある大学や行政、地域ボランティアセンターと協同で開催。2月9日に物産展とワークショップ、2月10日(日)に活動報告会(~10日。無料。イオンモール多摩平の森)

・福井市:株式会社NTTドコモ「中小企業のためのBCP(事業継続計画)セミナー」/講演:村上 治・マネジメントアーキテクチャー代表取締役ほか(無料、要申込み、定員50名。ホテルエコノ福井駅前)

・長崎県島原市:雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)「ワンダーラボ体験プログラム「火山を再現!溶岩ドーム実験」

7

・山形県新庄市:国土交通省東北地方整備局「ゆきみらい2019in新庄」(~8日、新庄市民文化会館ほか)

・東京都千代田区:日本医療研究開発機構「成果報告会・疾患克服への挑戦2018」(申込先着7日300名、8日700名、東京国際フォーラム ホールB)

・横浜市:第23回「震災対策技術展」横浜/年3回、横浜・大阪・仙台で開催され、国内の地震・自然災害対策関係者が一堂に会する日本有数の技術見本市・シンポジウム(~8日。入場:当日登録制。パシフィコ横浜 Dホール)

・横浜市:国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)、特定非営利活動法人リアルタイム地震・防災情報利用協議会(REIC)「第18回 国土セイフティネットシンポジウム ~日本経済を直撃する巨大災害リスク~」/日本防災士会が後援。第23回震災対策技術展関連イベント(無料。パシフィコ横浜 アネックスホール I・J 会場)

8

・東京都東久留米市:東久留米市、東久留米国際友好クラブ「外国人と防災~やさしい日本語とピクトグラム」/防災をテーマに「やさしい日本語」を使った外国人とのコミュニケーションを学ぶ(無料、要申込み。東久留米市役所 1階 市民プラザホール)

・滋賀県大津市:「アメニティーフォーラム23」/「障害」に軸足を置きながら社会が抱える様々な「生きづらさ」について考え、課題を顕在化し提案。2月8日22:30~に「災害と障害のある人の暮らし!」(~10日。参加費:2万円 *資料代4000円含む、3日間の共通価格 *1日ごとの価格設定はなし。要申込み。滋賀県びわ湖大津プリンスホテル)

・大阪市:まちライブラリー@大阪府立大学「第51回アカデミックカフェ『地震対策への自信とは?』」/「まちと人」「人と人」 とをつなぐ新しいコミュニティの創造をめざすアカデミックカフェ。1月25日、2月8日、3月8日開催(無料、要申込み、先着30名。I-siteなんば3階 まちライブラリー@大阪府立大学)

・神戸市:防災科学技術研究所「Eディフェンスを活用した実大震動台実験に関するワークショップin兵庫」(事前申込制、兵庫県民会館)

9

・岩手県雫石町:雫石町社会福祉協議会「雪かきボランティア・雪んこ見守り隊」(募集中)

・山形県酒田市:日向地域支え合い活動実行委員「日向ささえあい除雪ボランティア」(募集締切1月28日、先着70名、酒田市日向地区)

・東京都新宿区:早稲田大学アジア太平洋研究センター、情報通信学会 震災関連シンポジウム「西日本豪雨・北海道地震等とICT」/地区防災計画学会共催。『想定外』災害に情報・コミュニティは機能したか(無料、要申込み。早稲田大学早稲田キャンパス 19号館711教室)

・東京都千代田区:気象庁、(一財)日本気象協会、(一財)気象業務支援センター「2018年度気候講演会 ~異常気象時代を生きる~」/講演1:中北英一・京都大学防災研究所教授「異常気象と地球温暖化」、講演2:天達武史氏(気象キャスター)「これからの気象情報」(無料・事前申込制。定員300名。一橋講堂)

・東京都立川市:立川防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第2土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。立川防災館)

・東京都日野市:多摩地区の大学と地域によるネットワーク(ボラネット多摩)「大学生はなぜ、被災地に通い続けるのか?」/被災地と会場をつないでのライブディスカッションなど(〜10日。無料。イオンモール多摩平の森)

・神奈川県川崎市:川崎市危機管理室「7区総合防災訓練・幸区第2回」(南河原中学校)

・京都市:京都市市民防災センター「園児の描く消防の図画・下京区」(~10日)

・京都市:KYOTO地球環境の殿堂「表彰式&国際シンポジウム」(国立京都国際会館)

・大阪市:ピースおおさか「ウイークエンドシネマ・戦後日本の原風景 vol.2・壊滅した商都-大阪大空襲-」

・沖縄県那覇市:国際海洋環境情報センター「海にひそむプラスチックごみとその影響」(当日先着100名、沖縄県立図書館)

10

・東京都渋谷区:第4回大会運営事務局「全国ユース環境活動発表大会」(登録締切1月31日、国連大学 ウ・タント国際会議場)

・名古屋市:名古屋港防災センター「無料耐震相談会」

・大阪市:大阪ボランティア協会「災害時の子ども支援団体の運営から考える防災シミュレーション研修 ~災害が起きると私たちの団体やこども達はどうなるの?」/実際に起こりうる災害時の状況を想定し、差し迫る事項に対し、 タイムラインに沿って向き合う(無料、要申込み、先着40名。大阪ボランティア協会事務所 市民活動スクエアCANVAS谷町)

・大阪市:日本レスキュー協会「ペットを守る!災害時の備え」(2回各10名程度、あべのハルカス近鉄本店タワー館)

・大阪府高槻市:高槻市危機管理室「高槻市全域大防災訓練」(全市域)

・神戸市:「第46回 兵庫県医療職団体協議会研修会」/西日本災害を踏まえて「災害における各団体の取り組み・支援」/基調講演:中山伸一・兵庫県災害医療センター センター長「わが国における災害時医療の進歩と課題 医療職の連携を図るには?」ほか(無料。兵庫県看護協会 ハーモニーホール)

・佐賀県伊万里市:伊万里市防災危機管理課「防災講演会・変えよう、私の防災意識 (自分だけは大丈夫!) 」(伊万里市民センター文化ホール)

11

建国記念の日

・千葉市:千葉大学環境ISO学生委員会 15周年記念シンポジウム「大学の環境マネジメントシステムに学生が関わるということ」/同時開催:「Chiba Winter Fes 2019~千葉からエコを広げよう~」 (無料。申込み不要。千葉大学けやき会館 3階 レセプションホール)

・東京都江東区:東京大空襲・戦災資料センター「大門正克著"語る歴史、聞く歴史―オーラル・ヒストリーの現場から"を読む」

・東京都新宿区:東京消防庁消防博物館「消防自動車乗車撮影会・ベンツ・メッツ梯子自動車」

・静岡県富士宮市:「第41回静岡県ボランティア研究集会」/静岡県内でボランティア活動・市民活動に関心を持つ人たちが一堂に会し、ネットワークづくりを推進。第7分科会(災害)「災害に強い助け合える地域づくり・人づくり」(参加費:一般1000円、高校生以下無料。要申込み。富士宮市総合福祉会館)

・神戸市:PO法20年全県フォーラム実行委員会、ひょうご市民活動協議会「NPO法20年全県フォーラム~ひょうごの市民社会の20年とこれから」/NPO法施行20年を記念するフォーラム。「災害多発時代にNPOは何を担うか」ほか(要申込み。参加費:500円 *交流会参加別途2000円。兵庫県中央労働センター 大ホール 、他)

・山口市:気候ネットワーク京都事務所「地球温暖化セミナーin山口・最新の気候科学とCOP24合意から考えるネクスト・ステップ」(事前申込制、新山口ターミナルホテル)

・高知市:高知市自主防災組織連絡協議会「自主防災活動事例発表会」/(無料。事前申込制。総合あんしんセンター 3階 大会議室)

12

・札幌市:中和石油株式会社「北海道災害対応フェア -自産自消-」/BCP関連、災害時のエネルギー確保、災害医療、寒冷地の防災対策など講演会とブース展示を中心に3日間開催(~14日。無料。札幌パークホテル)

・名古屋市:内閣官房国土強靱化推進室「企業における事業継続 ~巨大災害時代における企業の備えと防災人材の育成~」/全国6カ所(北海道、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県)で開催する企業における事業継続に係るシンポジウム(無料、要申込み。TKP名駅東口カンファレンスセンター)

・長崎県島原市:がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)「岩なだれ展」(~28日)

13

・仙台市:東北大学災害復興新生研究機構 シンポジウム「防災力・減災力の向上を目指して」/東北大学の災害研究を4つの異なる見地から紹介。講師:原 信義・機構長、遠田晋次・東北大学災害科学国際研究所教授、松澤 暢・東北大学理学研究科教授、今村文彦・東北大学災害科学国際研究所所長、副機構長教授、栗山進一・東北大学災害科学国際研究所教授(無料、要申込み、定員150名。ウエスティンホテル仙台 2階 グランドボールルーム)

・千葉市:株式会社NTTドコモ「中小企業のためのBCP(事業継続計画)セミナー」/講演:村上 治・マネジメントアーキテクチャー代表取締役ほか(無料、要申込み、定員50名。TKP千葉駅東口ビジネスセンター)

・名古屋市:リード エグジビション ジャパン(株)「第1回【名古屋】総務・人事ワールド」/東京・大阪に加え名古屋でも開催。8つの専門展を同時開催。「オフィス防災EXPO」など同時開催(~15日。事前登録制。ポートメッセなごや)

・滋賀県大津市:滋賀県防災危機管理局「防災カフェ・西日本豪雨! なぜ人々は避難しなかったのか?」(滋賀県危機管理センター)

・神戸市:兵庫県立大学 減災復興 国際シンポジウム「来るべき大津波に備えて過去の教訓をどう生かすか ~Lessons from past experiences to prepare for future tsunami~」(無料、要申込み、定員100名。国際健康開発センタービル9階 国際会議室)

・NHK総合:歴史秘話ヒストリア「南の島は戦場になった トラック空襲75年目の真実」

14
 
15

《Bosai Plus 2月15日号(No.204)発行》

・東京都港区:麻布地区総合支所協働推進課「平成30年度『地域と事業所』防災連携プロジェクト」全体会議及び講演会/アンケート結果報告と来年度の施策等のお知らせ。講演:髙山幸夫氏(もと東京消防庁ハイパーレスキュー隊総括隊長)「災害から学ぶもの」。福島原発事故の現場での体験談と防災のためにリーダーがどうあるべきか等。だれでも参加可(無料、要申込み、定員40名。麻布区民協働スペース *麻布保育園3階)

16

・北海道帯広市:国立環境研究所「地球環境セミナー・変貌する十勝の気候と地球温暖化」(申込先着70名、とかちプラザ)

・岩手県雫石町:雫石町社会福祉協議会「雪かきボランティア・雪んこ見守り隊」(募集中)

・福島県郡山市:郡山市社会福祉協議会「雪かきボランティア体験プログラムin湖南町」(応募先着20名)

・東京都墨田区:本所防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3土曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。本所防災館)

・東京都新宿区:東京消防庁消防博物館「東京の消防を奏でる」(~3月17日)

・東京都立川市:三井不動産グループ、立川市「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛)

・横浜市:横浜市民防災センター「防センアカデミー・マンションにお住いの方の地震対策・第2回目」(各回40名)

・静岡県浜松市:静岡県地震防災センター「ふじのくに防災学講座・防災におけるユニバーサルデザインを考える」(申込先着210名、静岡文化芸術大学)

・富山市:富山県広域消防防災センター「ジュニア防災フェスティバル」

・富山県立山町:立山カルデラ砂防博物館「特別展・映像で見る立山、立山カルデラ、砂防」(~3月3日) 

・大阪市:地球環境市民会議「グリーン交流会in大阪・気候変動とカーボンプライシング」(申込先着80名、おおさかATC グリーンエコプラザセミナールーム)

・大阪市:大阪市立大学都市防災教育研究センター(CERD)「コミュニティ防災フォーラム2019」/基調講演:西澤雅道・前福岡大学法学部准教授「地区防災計画制度創設から5年~成果と課題~」ほか(無料、申込み不要、定員先着80名。杉本キャンパス 学術情報総合センター1階 文化交流室)

・大阪市:ピースおおさか「ウイークエンドシネマ・戦後日本の原風景 vol.2・壊滅した商都-大阪大空襲-」

・神戸市:コミスタこうべ 一日体験教室「集まれ!わんぱくキッズ~防災のためのカラダづくり教室」(無料。親子30組 *小学生。コミスタこうべ *神戸市生涯学習支援センター)

・神戸市:公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン「これだけは知っておきたい 災害時の子ども支援『26の基準』1日研修」/「人道行動における子どもの保護の最低基準」を学ぶ(無料。神戸JICA関西)

・和歌山市:海上保安友の会和歌山支部「講演会・地域防災を考える-自然災害、南海トラフ地震に備える-」(申込締切2月1日、抽選130名、男女共生推進センター)

・高知市:高知大学 防災推進センター シンポジウム「高知大学は貢献します-高知県の防災への取組-」/高知大学防災推進センターの取組みや研究成果を紹介。県内の防災関係者と情報共有を図る(無料、申込み不要。高知商工会館 4階 光の間)

・NHK総合:歴史秘話ヒストリア再放送「南の島は戦場になった トラック空襲75年目の真実」

17

・北海道紋別市:紋別市「北方圏国際シンポジウム・オホーツク海と流氷」(市民会館、文化会館、市立博物館pato)

・宮城県石巻市:NPO法人さくら並木ネットワーク、豊島株式会社「さくら並木プロジェクト植樹会」/東日本大震災の被災者支援と震災の風化防止に向け、津波の到達地に桜の苗木を植える「さくら並木プロジェクト植樹会」。東北出身・在住のミュージシャン「モンキーマジック」のメンバーも参加(石巻市福貴浦 防災集団移転地)

・福島県いわき市:海上保安庁福島海上保安部「新巡視船なつい船内見学会」(小名浜港1号ふ頭)

・茨城県我孫子市:我孫子サンエンスカフェ「超巨大地震の科学 -沈み込み帯で何が起こっているのか-」(事前申込制、我孫子北近隣センター並木本館)

・千葉県袖ケ浦市:石炭火力を考える東京湾の会「袖ケ浦での暮らしと環境について考える集い-袖ケ浦石炭火力発電所の建設計画を考える-」(長浦おかのうえ図書館;

・東京都豊島区:池袋防災館 乳児応急手当講習「新米パパママのための応急手当講習会」/毎月第3日曜日。子どもに対する人工呼吸、胸骨圧迫、AEDの操作方法や、のどに物を詰まらせたときの処置の方法を学ぶ(無料、要予約。池袋防災館)

・東京都文京区:西武造園(株)「目白台運動公園 防災フェスタ」/今回で7年目。消防、警察、防災課、近隣町会が協力して行う地域防災力向上のためのイベント(文京区立目白台運動公園)

・横浜市:三井不動産グループ、横浜市都筑区「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ららぽーと横浜)

・神奈川県川崎市:三井不動産グループ、川崎市「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ)

・香川県丸亀市:AMDA「被災地間交流フォーラム・東北三陸沿岸復興支援と南海トラフ地震への備え」(北消防署)

18

19

・新潟市:国土交通省阿賀野川河川事務所「水災害から、みんなの命を守る!パネル展」(~24日、北区文化会館)

・東京都港区:日本赤十字社 企画展「平成の災害と赤十字 ~語り継ぐ 過去から学び、未来に活かす~」/平成の30年間に発生した災害を振り返りながら、人々に防災に関する意識を高めてもらう企画展(~3月29日。無料。日本赤十字社 情報プラザ)

・東京都港区:日本赤十字社 トークセッション「平成の救護活動から学び、新時代の支援を考える」/企画展「平成の災害と赤十字 ~語り継ぐ 過去から学び、未来に活かす~」のオープニングイベント。平成の時代に起きた災害とその救護活動から見えてきた新たな人道支援ニーズ、私たち一人一人が今後できることを考える。2月19日~3月29日まで開催される同企画展ガイドツアーも(無料。日本赤十字社 1階)

・東京都港区:株式会社NTTドコモ「中小企業のためのBCP(事業継続計画)セミナー」/講演:河田惠昭・人と防災未来センター長(京都大学名誉教授)ほか(無料、要申込み、定員50名。TKP品川カンファレンスセンター)

・京都府宇治市:京都大学防災研究所「研究発表講演会」(~20日、宇治おうばくプラザ、宇治地区研究所本館)

20

・北海道美瑛町:美瑛町総務課「十勝岳噴火総合防災訓練」(~21日)

・東京都文京区:内閣府 SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)シンポジウム2018「第1期5年間の総括と第2期への期待」/基調講演:金出武雄・カーネギーメロン大学ワイタカー冠全学教授「社会インパクトのある研究開発を」、パネルディスカッション、カンファレンス、展示など(~21日。事前登録制。東京ドームシティホール プリズムホール)

・大阪市:リード エグジビション ジャパン「第5回 医療と介護の総合展 [大阪] ~メディカルジャパン [大阪]~」/高齢化が進む日本。介護で最新テクノロジーを駆使した省力化・効率化を実現する介護テック活用などに注目。「地域包括ケアEXPO」など6展(~22日。事前登録制。インテックス大阪)

21
22

・仙台市:東北大学災害科学国際研究所「見学会」(事前申込制)

・栃木県宇都宮市:株式会社NTTドコモ「中小企業のためのBCP(事業継続計画)セミナー」/講演:木村正清・NTTラーニングシステムズ株式会社防災コンサルタントほか(無料、要申込み、定員50名。ホテルサンシャイン宇都宮)

・東京都千代田区:防災科学技術研究所「平成30年度成果発表会〜生きる、を支える科学技術〜」/第一部:「平成30年の災害が教えてくれた教訓」と題して防災科研の取組みを紹介。第二部:約80に及ぶ研究成果のポスター発表。第三部:「今さら聞けないSIP4Dのすべて」と題して災害時における関係機関間の情報共有を目的として開発された「SIP4D」をテーマにパネルディスカッション(無料。申込締切12日、定員500名、東京国際フォーラム)

・東京都千代田区:地震予知連絡会「公開会議」(登録締切21日、国土地理院関東地方測量部地震予知連絡会小会議室)

・東京都千代田区:環境省災害廃棄物対策室「災害廃棄物対策に関するシンポジウム」(申込締切15日、同申込先着200名、海運クラブ)

・大阪市:内閣官房国土強靱化推進室「企業における事業継続 ~巨大災害時代における企業の備えと防災人材の育成~」/全国6カ所(北海道、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県)で開催する企業における事業継続に係るシンポジウム(無料、要申込み。CIVI研修センター新大阪東)

23

・岩手県雫石町:雫石町社会福祉協議会「雪かきボランティア・雪んこ見守り隊」(募集中)

・栃木市:下野新聞社 シンポジウム「防災・減災を考える」/いつどこで起こるか分からない災害に対して、栃木県民一人ひとりの防災意識醸成による地域防災力の向上を図る。基調講演:東国原英夫(ひがしこくばる ひでお)氏(元宮崎県知事/元衆議院議員)ほか(無料、要申込み、定員先着1000名。栃木文化会館大ホール)

・東京都江東区:三井不動産グループ、江東区「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク アーバンドックららぽーと豊洲)

・東京都千代田区:日本気象学会「天気予報研究会」(気象庁講堂)

・神奈川県平塚市:三井不動産グループ、平塚市「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚)

・大阪市:大阪市北区防災フォーラム「『大阪北区ジシン本』発行記念~マンションから減災復興を考える~」/北区では約9割がマンション世帯。マンション防災を参加者みんなで考える。講師:室﨑益輝・兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長・教授(『大阪北区ジシン本』監修)(無料、申込み不要。大阪市立北区民センターホール)

・大阪市:ピースおおさか「ウイークエンドシネマ・戦後日本の原風景 vol.2・壊滅した商都-大阪大空襲-」

・神戸市:神戸大学都市安全研究センター RCUSS オープンゼミナール(第242回)/若松加寿江・関東学院大学防災・減災・復興学研究所研究員「液状化被害を知る・防ぐ」、田中泰雄・神戸大学名誉教授「液状化研究の成果と課題」(無料、定員90名。神戸市役所4号館(危機管理センター)1階 会議室)

・兵庫県伊丹市:伊丹市教育委員会「石牟礼道子の世界にふれる」(申込先着50名、中央公民館)

24

・茨城県常総市:常総市防災訓練/シェイクアウト訓練、災害情報伝達システム(防災アプリ)を使用した被害状況の送受信、避難訓練など(全避難所、石下西中学校及び水海道西中学校)

・千葉県柏市:三井不動産グループ、柏市「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ららぽーと柏の葉)

・埼玉県川口市:川口市防災課「川口市消防防災フェア2019」(メインホール)

・東京都江東区:東京大空襲・戦災資料センター「特別展・名前と顔と足あと・3月10日失われた人びと」(~4月8日

・神奈川県川崎市:川崎市危機管理室「7区総合防災訓練・川崎区第2回」(京町小学校)

・神奈川県海老名市:三井不動産グループ、海老名市「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ららぽーと海老名)

・岐阜市:国土交通省木曽川上流河川事務所「展示会・見よう・知ろう・乗ろう災害現場で働くクルマたち」(JR岐阜駅前信長ゆめ広場)

・岐阜市:国土交通省木曽川上流河川事務所「シンポジウム・長良川の水害から身を守るには」(申込先着500名、JR岐阜駅前じゅうろくプラザホール)

・京都市:カライモブックス「水俣と石牟礼道子さんのことを話す」(カライモブックス)

・大阪府茨木市:立命館大学 東日本・家族応援プロジェクトシンポジウム「被災と復興の証人とこれから」(無料、申込み不要。立命館大学 大阪いばらきキャンパス)

・大阪府守口市:大阪国際大学・短期大学部「OIU・OIC 防災フェスタ2019」/近隣住民や学生生徒を対象に、守口市と門真市から災害時の避難所に指定されている守口市藤田町の守口キャンパスで災害避難訓練などのフェスタを開催(無料、要申込み。大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部)

・兵庫県明石市:放送大学兵庫学習センター 公開講演会「生活環境心理学への招待」/講師:城 仁士・放送大学兵庫学習センター客員教授(心理学)。阪神大震災を契機として生まれた「生活環境心理学」の解説(無料、定員70名。明石市生涯学習センター 704学習室)

・香川県高松市:海上保安庁髙松海上保安部「男木島灯台一般公開」

25

・福岡市:内閣官房国土強靱化推進室「企業における事業継続 ~巨大災害時代における企業の備えと防災人材の育成~」/全国6カ所(北海道、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県)で開催する企業における事業継続に係るシンポジウム(無料、要申込み。エルガーラホール)

26

・新潟県阿賀野市:国土交通省阿賀野川河川事務所「水災害から、みんなの命を守る!パネル展」(~3月5日、市立図書館)

・京都市:気候ネットワーク京都事務所「脱炭素セミナー・パリ協定の実現に向けた京都市2050年脱炭素シナリオ」(メルパルク京都)

・兵庫県宝塚市:甲子園大学「2018年度公開講座 ~災害に役立つ魔法の調理実習」/甲子園大学教員による食・栄養・健康・心理・教養など多彩な25講座のうちのひとつ(参加費1000円 *食材料費含む。要申込み、定員20名。甲子園大学)

・広島市:株式会社NTTドコモ「中小企業のためのBCP(事業継続計画)セミナー」/講演:河田惠昭・人と防災未来センター長(京都大学名誉教授)ほか(無料、要申込み、定員50名。TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前)

27

・東京都江東区:インバスケット研究所「災害インバスケット体験会」/災害に遭遇したメーカーを舞台にWEBを使った「インバスケット」で対応能力の発揮度を体験(無料、要申込み。インバスケット研修センター)

・東京都千代田区:日経BP 次世代住宅シンポジウム「暮らしの質を高める次世代住宅~先導プロジェクトの効果検証が始まる」/国土交通省「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」に採択された先導プロジェクトの効果検証と新たな技術やサービスの動向(無料、事前登録制、定員300名。御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)

・東京都港区:日本地震工学会「各種構造物の津波荷重の体系化に関する研究委員会成果報告会」(申込先着40名、ビジョンセンター田町)

・名古屋市:国土交通省中部地方整備局「災害に強いまちづくりシンポジウム・津波防災地域づくり-効果的な防災の取組と魅力溢れる地域づくりを目指して-」(申込先着280名、愛知芸術文化センター)

・広島市:気象庁広島地方気象台「地球温暖化講演会」(申込先着280名、広島YMCA 国際文化ホール)

・熊本市:日本学術会議九州・沖縄地区会議「講演会・熊本地震の復興に貢献する熊本大学の学術研究」(熊本大学工学部百周年記念館)

28

・東京都千代田区:気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)「第3回 気象ビジネスフォーラム」/気象データを活用した新たなビジネスの創出、生産性の向上を目指す(無料、要申込み、定員500名。一橋大学一橋講堂)

・東京都品川区:市民防災まちづくり塾「第168回 映像で見る都市計画勉強会」/講師:土屋信行氏「今、東京都が目指す築地跡地計画とは?」(要申込み、会費1000円。東京都南部労政会館 2階 第5会議室)

・徳島市:徳島大学環境防災研究センター「第11回・とくしま大学防災Café」(徳島大学工業会館)

・徳島県北島町:徳島県立防災センター「第2回・夜間防災セミナー」(申込先着80名)

 

 

 

 

*この月を含む災害発生日が特定できない気象災害や感染症流行など

・元禄9年津軽藩領伝染病流行:1696年

鹿児島正徳3年の連続火災(正徳3年1月):1713年

全国的に流行しインフルエンザの名称一般に紹介される:1890年

・東京で発疹チフス発生、全国的大流行:1914年

鈴木製薬、味の素製造で多摩川汚染問題起こす:1923年

昭和2年豪雪、観測史上最深積雪を記録:1927年



このページのトップに戻る


TEAM防災ジャパン TEAM防災ジャパン
(内閣府運営のサイト。イベント情報連携の要請を受け、「アクション!」ページに「Bosai Plus 防災カレンダー」へのリンクバナーを設置しています)
防災士研修センター 防災士研修センター
■「防災士研修センター」は「防災士制度」発足以来、防災士普及・推進の一翼を担ってきました。
いま全国で約15万人(2018年7月末日現在)の「防災士」が日々活躍していますが、そのうちの約半数の防災士が、
「防災士研修センター」での研修を修了し巣立ったみなさまです。
>>防災士研修センター「研修・最新日程」はこちら


3月 MARCH, 2019  Copyright (c)2019 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.

曜日
防災プランづくりに役立つ今月のイベント 
*下線付きイベントは情報源にリンク
今月この日はこんな災害が起こった 
*下線付き災害は関連解説記事にリンク
*災害名のアンダーラインをクリックすると災害の状況が読めます/毎月1・15日追加、更新
1

*毎月1日のイベント欄には、長期開催イベント等をまとめて掲載します。1日当日あるいはその前後に同イベント等が開催されているかどうかは、リンク先でご確認ください。

〈長期開催イベント等/終了日の日付け順〉

・宮城県気仙沼市:リアス・アーク美術館「東日本大震災の記録と津波の災害史」/リアス・アーク美術館は総合博物館的に地域文化を調査研究対象としており、津波もまた三陸沿岸部にとっては地域文化形成上の重要な要素であると捉えてきた。その視点から、東日本大震災が発災した2011年3月11日から約2年間にわたる独自調査記録資料(被災現場写真203点・被災物155点)、その他歴史資料等137点、資料総数約500点を常設展示している(常設展示。リアス・アーク美術館 1F)

・埼玉県鴻巣市:埼玉県防災学習センター“そなーえ”「土砂災害写真展ほか各種防災学習テーマ」(常設)

・広島市:広島県立図書館「東日本大震災関連出版物展」(~当分の間)

・神奈川県鎌倉市:鎌倉歴史文化交流館(鎌倉市教育委員会)企画展「鎌倉Disaster 災害と復興」/市内の発掘調査で得られた中世鎌倉の災害痕跡を紹介し、あわせて近代に発生した大地震の写真や被災資料などを展覧して鎌倉における災害痕跡や被災状況等を辿る(〜5月18日。観覧料:一般300円、小・中学生100円 *団体料金あり。鎌倉歴史文化交流館 別館・考古展示室)

・東京都江東区:東京大空襲・戦災資料センター「特別展・名前と顔と足あと・3月10日失われた人びと」(〜4月8日)

・東京都台東区:海洋研究開発機構「南海トラフ地震発生帯掘削に"ちきゅう"が挑む」(~2019年3月30日、国立科学博物館)

(今月のイベント)

・春季全国火災予防運動(〜7日)

全国山火事予防運動(〜7日)

・車両火災予防運動(〜7日)

・建築物防災週間(〜7日)

(1日のイベント)

《Bosai Plus 2019年3月1日号(No.205)発行

2

・千葉県船橋市:三井不動産グループ、船橋市「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY)

・埼玉県富士見市:三井不動産グループ、富士見市「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ららぽーと富士見)

・京都市:国土交通省淀川河川事務所「淀川管内水害に強い地域づくり勉強会(講演会)~もし大水害が起こったら、大切な地域を守れますか?~」/茨城県常総市の自主防リーダーを招き、住民目線での水害現場最前線のリアルな話を聞く。また、元TV気象キャスター・岩谷忠幸氏の「天気はこう読む」の話、VRゴーグルで浸水想定を上空から体験するコーナーも(無料、事前申込みがお薦め、定員100名。TKP京都駅前カンファレンスセンター ホール 3A)

・京都市:JVCC「全国ボランティアコーディネーター研究集会 2019」/分科会に「A-6 災害・若者」、「B-3 防災」などがある(~3日。要申込み。参加費:一般1万2000 円、JVCA正会員・準会員1万円 *WEB早割は各々1000円割引。大谷大学)

・大阪市:地区防災計画学会、大阪市立大学都市防災教育研究センター「2018年度 第5回大会」(無料。大阪市立大学杉本町キャンパス)

・大阪市:地区防災計画学会 シンポジウム/「地区防災計画と女性の視点(仮題)」ほか1テーマ。登壇者:室崎益輝・兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長ほか(無料。大阪市立大学杉本町キャンパス)

・神戸市:日本環境会議「第35回 日本環境会議40周年記念神戸大会 ~エネルギー政策の転換をもとめて~」(~3日。神戸大学六甲台第1キャンパス第2学舎 *法学研究科)

3

・埼玉県三郷市:三井不動産グループ、三郷市「第8回 &EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!~防災スタンプラリー~」/クイズやワークショップなどで楽しく実践的に防災を学ぶ。協力:NPO法人プラス・アーツ(無料。三井ショッピングパーク ららぽーと新三郷)

・神奈川県川崎市:川崎市危機管理室「7区総合防災訓練・高津区第2回」(橘小学校)

・岐阜県瑞浪市:東濃地科学センター「セミナー・激甚気象はなぜ起こるのか?-台風や集中豪雨などのメカニズムと地球温暖化に伴う将来変化-」(瑞浪市地域交流センター)

4

・東京都江東区:東京大空襲・戦災資料センター「東京大空襲を語り継ぐつどい」(当日先着300名、ティアラこうとう)

・東京都新宿区:日本地震工学会「シンポジウム・現代都市の複合システムにおける性能設計と耐震性能評価」(申込先着120名、工学院大学アーバンテックホール)

・名古屋市:気象庁地震火山部「南海トラフ地震・地域防災・減災シンポジウム2019・ "情報"と"行動"が命を救う」(事前申込制、今池ガスホール)

・大阪市:大阪大学共創機構「サイエンスアゴラ in 大阪 シンポジウム『都市防災備災の現状と展望』〜産官学ネットワークの共創に向けて〜」/基調講演:巽 好幸・神戸大学海洋底探査センター教授/センター長「世界一の地震・火山大国に暮らすということ」のほか、高潮防御タイムライン、中之島でのエリア防災備災、多文化共生×地域資源(寺社・自治会)アプリなどの話題提供とディスカッション。共催:中之島まちみらい協議会、国立研究開発法人科学技術振興機構、アートエリアB1(無料、要申込み、定員130名。大阪市中央公会堂 3F 小集会室)

5
6

・新潟県五泉市:国土交通省阿賀野川河川事務所「水災害から、みんなの命を守る!パネル展」(〜12日、市役所)

・東京都新宿区:東京都健康安全研究センター「おくすり講座・知らないうちに騙される!悪質ネット広告が狙う私たちの健康」

・東京都文京区:公益財団法人母子衛生研究会 シンポジウム「母子保健シンポジウム~災害時における子どもの心と体のケア~」/災害急性期及びその後の母子支援の在り方、災害時とその後の母子支援、障がいをもつ子どもと家族への支援、震災後の子どもの心と体のケアについて発表(文京シビック・小ホール)

・岡山市:内閣官房国土強靱化推進室「企業における事業継続 ~巨大災害時代における企業の備えと防災人材の育成~」/全国6カ所(北海道、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県)で開催する企業における事業継続に係るシンポジウム(無料、要申込み。岡山国際交流センター)

7

消防記念日

・東京都新宿区:東京都結核予防会「世界結核デー記念行事・映画「奇蹟がくれた数式」&講演会「結核をもっと身近に考えよう!」(申込先着200名、東京都庁都議会議事堂1階都民ホール)

・東京都港区:新社会システム総合研究所 セミナー「平成31年度 消防庁の重点施策とICT活用」/2019年度消防庁重点施策・消防庁予算案等、近年の災害と防災施策、消防団を中核とした地域防災力の充実強化についてほか(要申込み、受講料:2万71002円、地方自治体職員は5000円 *税込。ザイマックス西新橋ビル 4F SSK セミナールーム)

・東京都港区:結核研究所「国際結核セミナー」(ヤクルトホール)

・横浜市:横浜市民防災センター「防センアカデミー・F 女性の視点をいかした自助・共助・第3回目」(申込先着40名)

・大阪市:淀川消防署 防災講演会「東日本大震災を伝える防災教育~科学実験を交えて」/春季全国火災予防運動の最終日「消防記念日」にちなんで、功労者表彰と講演会(サイエンスショー)。講師は楽しく科学・伝える防災がモットーのサイエンスインストラクター・防災士の阿部清人さん(無料、要申し込み、定員200名。淀川消防署 5階講堂)

・大阪市:インバスケット研究所「災害インバスケット体験会」/災害に遭遇したメーカーを舞台にWEBを使った「インバスケット」で対応能力の発揮度を体験(無料、要申込み。本町・センタービル館B1F)

・神戸市:兵庫県「防災と福祉の連携促進シンポジウム」/防災・福祉関係者による協働のもと、避難のための個別支援計画づくりや防災訓練を着実に進めて行くためには(無料、要申込み、定員150名。兵庫県中央労働センター2階大ホール)

・兵庫県宝塚市:甲子園大学「2018年度公開講座 ~いざに備えた防災食育!」/甲子園大学教員による食・栄養・健康・心理・教養など多彩な25講座のうちのひとつ(参加費500円。要申込み、定員20名。甲子園大学)

・岡山市:内閣官房国土強靱化推進室「企業における事業継続 ~巨大災害時代における企業の備えと防災人材の育成~」/全国6カ所(北海道、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県)で開催する企業における事業継続に係るシンポジウム(TKPガーデンシティ札幌駅)

8

・東京都港区:結核研究所「全国結核対策推進会議-低まん延化を見据えた地域連携の推進と外国出生者への対応-」(ヤクルトホール)

・大阪市:まちライブラリー@大阪府立大学「第51回アカデミックカフェ『地震対策への自信とは?』」/「まちと人」「人と人」 とをつなぐ新しいコミュニティの創造をめざすアカデミックカフェ。1月25日、2月8日、3月8日開催(無料、要申込み、先着30名。I-siteなんば3階 まちライブラリー@大阪府立大学)

・広島市:気象庁広島地方気象台「防災気象講演会・西区防災講演会-災害から命をまもる、早めの避難行動をとるためには-」(西区民文化センター)

9
10

東京都平和の日

・仙台市:仙台市防災環境都市・震災復興室「仙台防災未来フォーラム2019-主役はマルチステークホルダーわたしたちが知る・行動する 防災の未来へ-」(仙台国際センター展示棟)

・仙台市:東北大学災害科学国際研究所「シンポジウム・東日本大震災の教訓の共有と継承を考える」(申込先着2180名、仙台国際センター 展示棟・展示室3)

・東京都江東区:東京大空襲・戦災資料センター「体験者と空襲を語り合う」

・東京都新宿区:医療の質・安全学会「医療安全管理者ネットワーク会議in 東京」(申込先着150名、東京都看護協会サークル室)

・東京都調布市:調布市協働推進課「飛田給小学校地区・防災訓練」

・神奈川県横須賀市:長井海の手公園パートナーズ、西武造園株式会社「そなえパークの日」/車両展示や放水体験など、親子で身の回りの「防災」について考えるイベント(横須賀市長井海の手公園 ソレイユの丘)

・大阪市:震災復興応援「3.11 from KANSAI 2019」/阪神・淡路大震災を経験した関西から「おたがいさま」の気持ちで「関西でできること」を行う震災復興応援イベント(無料。要申込み。梅田スカイビル タワーイースト36F スカイルーム1ほか)

・大阪市:「第8回・LOVEフェス3.11〜大阪から東北へ笑顔の架け橋を〜」/「東北復興支援イベントLOVEフェス」が神戸から大阪に上陸(~10日。無料。湊町リバープレイス *プラザ3)

・和歌山市:気象庁地震火山部「南海トラフ地震・地域防災・減災シンポジウム2019・ "情報"と"行動"が命を救う」(事前申込制、県民文化会館ホール)

・愛媛県今治市:今治市消防本部「平成31年消防出初式」(市営補助グラウンド・大新田公園)

・高知県安芸市:高知県「今のまんまで助かるかえ!? ~防災講演会 in 安芸 ~(第8回 高知県防災関連産業交流会)」/講師に東京都墨田区の自主防災組織HAMMERS、ホームセンターを運営し、防災意識の普及啓発にも取り組む株式会社フタガミを招く。防災製品の展示も(無料、申込みがお薦め。安芸市防災センター 3階避難室)

・福岡市:「第2回 九州大学SDGs市民のための津波防災シンポジウム」/東日本大震災から8周年、災害から九州市民の命を守るための知識と情報を伝える。熊本地震等の地震発生確率や災害時の心の持ち方についても学ぶ。講師:ロバート・ゲラー・東大名誉教授、中尾智博・九大病院講師診療准教授、九大杉本めぐみ助教(無料、要申込み、定員220名。九大西新プラザ 大会議室)

11
12
・有珠山文政5年の大噴火(文政5年閏1月19日):1822年

宇和島丸沈没事故:1925年

水雷艇友鶴転覆事故:1934年

名古屋大空襲(及び19日):1945年
13

・新潟市:国土交通省阿賀野川河川事務所「水災害から、みんなの命を守る!パネル展」(〜26日、東区役所)

・千葉市:一般社団法人日本UAS 産業振興協議会(JUIDA)「ジャパン・ドローン2019 第4回」/展示会、コンファレンス、フライトショーケースに200社出展予定(~15日。入場料2000円 *事前登録者、招待状持参者は無料。幕張メッセ)

・東京都港区:日本建築学会「講習会・建築火災安全設計の考え方と基礎知識」(申込先着220名、建築会館ホール)

江戸寛文8年2月の連続火災(〜18日)(寛文8年2月1日〜6日):1668年

大阪大空襲(〜14日):1945年
14
15

《Bosai Plus 2019年3月15日号(No.206)発行》

・さいたま市:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「第8回 科学の甲子園」/高等学校等(中等教育学校後期課程、高等専門学校を含む)の生徒チームを対象として、理科・数学・情報における複数分野の競技を行う取組み(~18日。ソニックシティ、サイデン化学アリーナ *さいたま市記念総合体育館)

・東京都千代田区:内閣官房国土強靱化推進室「企業における事業継続 ~巨大災害時代における企業の備えと防災人材の育成~」/全国6カ所(北海道、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県)で開催する企業における事業継続に係るシンポジウム(無料、要申込み。TKP大手町カンファレンスセンター)

16

・東京都文京区:地震予知連絡会 地震予知連絡会50周年記念企画公開シンポジウム「地震予知研究の現状と今後の展望」/現在の地震予知研究の実力は?地震予知研究はどこに向かうべきなのか? 第一線で活躍する研究者と有識者が「社会と地震予知」の過去と未来について議論(無料、要申込み、定員:先着250名。東京大学 武田先端知ビル武田ホール)

・神戸市:神戸大学都市安全研究センター RCUSS オープンゼミナール(第243回)/鈴木清美・南三陸町障がい者自立支援協議会会長、南三陸町おもちゃの図書館いそひよ代表「街ができた!住民も復興の担い手だ」、田間泰子・大阪府立大学人間社会システム科学研究科教授「復興と防災をつなぐ母子支援」、山地久美子・神戸大学地域連携推進室学術研究員「Re:START(リ・スタート)社会ニュージーランド/カンタベリー地震後の生活再建と住宅」(無料、定員60名。神戸市役所4号館(危機管理センター)1階 会議室)

・福岡市:福岡県消防防災指導課「福岡県地域防災シンポジウム」(申込締切:13日、パピヨン24ガスホール)

17
18

・東京都江東区:UBMジャパン株式会社「Medtec Japan 2019」 /医療機器の製造・設計に関する"アジア最大級"の展示会・セミナー。災害医療なども(~20日。事前登録制。東京ビッグサイト 東4・5ホール)

・東京都文京区:東京大学地震研究所「地震・津波による複合災害の統合的予測システムの構築・成果発表会」(登録先着90名、地震研究所2号館)

・鳥取県米子市:日本災害医学会「学術集会」(〜20日、米子コンベンションセンター ビッグシップ、米子市文化ホール)

19

20

・神奈川県川崎市:日本地理学会「春季学術大会」(〜22日、専修大学生田キャンパス)

21

春分の日

・福島県会津若松市:fukushimaさくらプロジェクト「鶴ヶ城プロジェクションマッピング はるか2019」/震災からの復興の願いと前進の思い、「戊辰150周年」の精神を受け継ぎ開催(~23日。無料、要事前申込み *個人協賛の募集も。鶴ヶ城)

・東京都新宿区:AAR Japan 難民を助ける会「震災から8年―逆境を乗り越えた復興の軌跡―」/岩手、宮城、福島の3県から福祉施設職員を招き、今後に活かせることをともに考える(参加費1000円 *当日支払い。定員70名。JICA地球ひろば セミナールーム600)

22

23
24
25

・京都市:京都大学防災研究所 特別講座「宇治川オープンラボ体験による"防災を考える" 特別講座」/形だけの防災訓練や見た目だけのBCPではなく、自然災害にどう対処するのか、実態を想定したシミュレーションとそれに伴う具体策の実行を考える(参加費:1名あたり50,000円(税込)、定員20名、要申込み。京都大学 防災研究所宇治川オープンラボラトリー)

26


27

・新潟県新潟市:国土交通省阿賀野川河川事務所「水災害から、みんなの命を守る!パネル展」(〜4月2日、秋葉区地域交流センター)

・東京都文京区:日本地震学会強震動委員会「研究会」(東京大学地震研究所1号館)

28

29

・東京都品川区:市民防災まちづくり塾「第169回 映像で見る都市計画勉強会」/講師:土屋信行氏 *テーマ未定(要申込み、会費1000円。東京都南部労政会館 2階 第5会議室)

30
31
京都仁安3年の大火(仁安3年2月13日):1168年

・貞享伊豆大島三原山大噴火(天和4年2月16日〜元禄3年):1684年〜1690年

富山文久3年の大火「生地屋焼」(文久3年2月13日):1863年

昭和47年"春三番"船舶大量遭難(〜4月1日):1972年

・開洋丸転覆事件:1985年
 

*この月を含む災害発生日が特定できない気象災害や感染症流行など

全国的に天然痘大流行(仁寿3年2月〜9月):853年3月〜10月

寛正の大飢饉(寛正2年2〜3月):1461年

延宝の大飢饉(延宝9年春〜天和2年):1681年〜82年

天明の大飢饉(天明2年2月〜7年):1782年〜1787年

江戸、長州病(インフルエンザ)大流行(3月中旬〜4月)(文政4年2月中旬〜3月):1821年

日立鉱山煙害問題:1907年

インフルエンザ大流行:1965年




このページのトップに戻る


 TEAM防災ジャパン TEAM防災ジャパン
(内閣府運営のサイト。イベント情報連携の要請を受け、「アクション!」ページに「Bosai Plus 防災カレンダー」へのリンクバナーを設置しています)
 


ホリカフーズ 災害に立ち向かう人のためにホリカフーズの「レスキューフーズ」   米国大使館商務部 米国大使館商務部  ぎょうせい図書 ぎょうせい図書  


三陸復興国立公園 三陸復興国立公園
★こころを結び、出会いをつくる旅~観光で被災地支援!



●もうひとつの防災教育、 ディザスター映画ガイド



Bosai Plus トップページへ
Bosai Plus トップページへ (ロゴをクリックで Bosai Plus トップページへ)



Copyright (c)2019 by Bosai Plus and Yukio Yamada. All Rights Reserved.

防犯防災総合展 in KANSAI 震災対策技術展 大阪 第3回国連防災世界会議inSENDAI 防犯・防災総合展 in Kansai 震災で消えた小さな命展 3 震災で消えた小さな命展 3 震災で消えた小さな命展 東京国際消防防災展2018