No. 2

これが火砕流だ!

ダンテズ・ピーク
Dante's Peak



「ダンテズ・ピーク」DVD
発売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

 予備知識があれば映画の楽しみは増す。

  火砕流とは、火山噴火で溶岩片や軽石を交えた高温(数百度)の粉体が斜面を高速で……秒速40m(時速150q)もの速度で流下する現象だ。通り道をすべて焼き払ってしまうすさまじいもの。溶岩流は速度が遅いからまだ逃げるヒマはあるが、火砕流ではそうはいかない。

 日本では1991年雲仙普賢岳の噴火で43人が犠牲となり火砕流のこわさが知れわたった。規模の大きさでは、奇しくも同じ91年に、フィリピンでピナツボ火山噴火があり、山頂を中心に360度方向、半径10qにわたって火砕流が流下、死者700人(後の降雨による泥流災害などを含む)、避難民247万人という大災害をもたらした。

 この噴火は山頂を吹き飛ばすほどの大規模なものだったが、死者が少なかったのは、USGS(米国地質研究所)などによる噴火予知の成功があったからだった……

 というところで、「ダンテズ・ピーク」である。この映画の主役は噴火を予知するピアーズ・ブロスナン(007)でもリンダ・ハミルトン(ターミネーター)でもない、セントヘレナ火山を思わせるダンテズ・ピーク。
  その山頂を吹き飛ばす大噴火と火砕流の描写が圧巻なのだ。火砕流の予備知識とともに、改めてその迫力を実感しよう!