Loudspeaker New Technology : ハイレゾ時代への新スピーカー技術
「全制振」にて「鮮やかな音」!
じょうろ・ガラス瓶・甕状磁器を活用する「SPユニット核心制振」のおもしろい実践


1SP

格好の「じょうろ・ガラス瓶・甕状磁器」などとSPを選ぶと「形ができている」ので比較的楽に製作


T.工 具 準 備

細長プラスドライバー・マイナスドライバー・ラジオペンチ・カッター・半田ごて・ニッパー/ワイヤーストリッパー
安全メガネ・コーキングガン・小へら状体/割り箸/焼き鳥串・綿棒/爪楊枝・手袋/ロングゴム手袋
タオル/新聞紙・作業机・作業用衣類・消毒用アルコール・料理用電子はかり

U.材 料 準 備

フルレンジ スピーカー:SP 2個(中古ジャンクを分解でよい:推奨はケンウッドCM−5:10cm 40W)
プラスチックじょうろ(丸に近い口で約6リットル容量)2個 木片 12個 スピーカーケーブル 2本(必要長)・ハンダ
シリコーンシーラント 下地用:クリア&本塗布用:ホワイト:一般品 計6本ほど・「細目砂」洗浄乾燥:1sほど
・吸音材:数10g(布団綿で良い)

V.製 作 → シーラント使用時や乾燥時には換気に十分気をつける

1.ケンウッドCM−5の裏側のネジをはずして裏蓋をあけ、SPケーブルの端子を
ラジオペンチやマイナスドライバーではずし、取付ねじをはずして、スピーカーを取り出す:合計2個。
2.じょうろの穴をスピーカーを上から取り付けるために必要な円形にカッターで切り欠き、適合を確認する。
3.シーラント接着性のためにSPの金属部とじょうろの表裏をアルコールタオルで拭き、脱脂する。
4.あとでシーラントで覆われるので、スピーカーにケーブルを極性に従いハンダ付けする。
5.シーラントをキャップで穴を開け、キャップを付け先端をカットし、コーキングガンに装着する。
→ はかりで[シーラント:細目砂=100:110]の重量でサラダボウルにて割り箸で混合して素早く塗付してゆく。

6.SPフレーム裏側に慎重に塗布し、さらにフレーム表側など全体に5o厚以上に塗布する。:最重要作業
→ 垂れたりこすったりして振動体やダンパーに着いたなら数日乾燥させて爪楊枝で突っつき取る

7. ロングゴム手袋装着で直接または小へら状体でじょうろ内面に5o厚を目指してシーラントを塗布し養生して、
さらにシーラントのみを仕上げ塗布して養生する。
8. スピーカー取付はケーブルを先にじょうろ内に入れて注ぎ口からケーブルを出して、スピーカーユニットを置く。
9. スピーカーの位置が定まったところで吸音材を入れて取付部分の内外に十分にシーラントを塗布し、SPを押し付ける。
10. じょうろ外面すべてに5o厚を目指してシーラントを塗布し乾燥させ、底面はじょうろを逆さに置いて塗布し養生し、
さらにシーラントのみを仕上げ塗布して養生する。
11.底面と側面とに木片をシーラントで付着させ、取っ手2個所を木片で塞ぐように塗布し、最後に注ぎ口を塞ぐ。

W. 確 認

12. 数日乾燥させた後に音出だしを行う。 音楽での高・中・低音域の確認と楽器音の試聴を行う。
13. 音を出してシーラント表面に触り、振動大の個所にはシーラントを追加して1日置いて確認する。
→ 振動の抑制には針金(例 2.6φ)を補助部材としてフランジ付近表裏に埋め込むのが良い方法である
14. 本改良によりスピーカー後部の放熱は低下し、最大入力は多少低下していることに注意する。
15. 市販スピーカー装置改良の際はスピーカーユニットをはずして、塗布して元に戻す工程となる。
16.じょうろはキャビネットの形ができていて強度もあるが強い共振があるので塗増し制振が必要。

General Architecture Drawing : #82・#70 プラザル 1SP (プラザルの部分をじょうろ・ガラス瓶に置換える)

#90「じょうろ」が好調でボディ追加塗布&養生 ! →


・・・・・ ・・・・・


もどるReturn