Loudspeaker New Technology : ハイレゾ時代への新スピーカー技術
「全制振」にて「鮮やかな音」!
PETボトルの「スピーカーユニット核心制振」の誰にでもできる画期的サウンド

1SP

PETボトルは構造上から円筒形状で強度大ゆえ軽量で制振剛性大の素質あり

最初に純PETボトル構造の製作法を述べ、さらに口径の大きい場合のプラザル法を述べる

T.工 具 準 備

プラスドライバー・マイナスドライバー・カッター・半田ごて・ニッパー/ワイヤーストリッパー
コーキングガン・安全メガネ・長いさいはし/割り箸/焼き鳥串・綿棒/爪楊枝・手袋/薄ビニール手袋
タオル/ペーパータオル/新聞紙/カレンダー裏などの白紙・作業机・作業用衣類・消毒用アルコール・料理用電子はかり

U.材 料 準 備

フルレンジ スピーカー:SP 2個(PETボトルにあうサイズの中古ジャンクを分解でよい)
500or1000or1500ml PETボトル 2個(炭酸発泡系ボトル:多少ひょうたん形状で底がロケット形状 :CCレモンやサイダー )
スピーカーケーブル 2本(必要長)・吸音材:数10g(布団綿で良い)
シリコーンシーラント 下地用:クリア&本塗布用:ホワイト:一般品 計6本ほど ・「細目砂」洗浄乾燥:1sほど・ハンダ

V.製 作 → シーラント使用時や乾燥時には換気に十分気をつける

1.ボトルの注ぎ口側をカットしてスピーカーを取り付ける構想で、スピーカーとそれに適合するPETボトル、
またはPETボトルとそれに適合するスピーカーを選定し、中身を空けてボトルを洗って水を切る。
2.(ジャンク)スピーカー装置の裏側のネジをはずして裏蓋をあけ、SPケーブルの端子を
ラジオペンチやマイナスドライバーではずし、取付ねじをはずして、スピーカーを取り出す。
3.ボトルのSP取付け部をカッターで小さめに切落とし、SPの表取付けの口径まで丁寧にカットし適合させる。
4.シーラントのボトル裏面塗付のために中央または段差部にカッターで切込みを入れてボトルを上下に2分割する。

5.シーラント接着性のためにSP金属部とPETボトル表裏をアルコールタオルで拭き、脱脂する。
6.あとでシーラントで覆われるので、スピーカーにケーブルを極性に従いハンダ付けする。
7.シーラントをキャップで穴を開け、キャップを付け先端をカットし、コーキングガンに装着する。
→ はかりで[シーラント:細目砂=100:110]の重量でサラダボウルにて割り箸で混合して素早く塗付してゆく。
8.SPフレームに慎重に塗布し、さらに全体に5o厚以上に塗布する。:最重要作業
→ 垂れたりこすったりして振動体やダンパーに着いたなら数日乾燥させて爪楊枝で突っつき取る

9.PETボトルのSP取付予定の部分の内側30oほどに帯状にシーラントを塗付する。
10.そのSP取付のPETボトルを上向きに立てて表からケーブルとスピーカーを入れ、SPマウント部分にシーラント塗付し養生する。
11.SPとPETボトルのアッセイを下向きに立ててPETボトルの内側、特にSPフレーム部に手厚くシーラントをPETに届くまで塗付し養生する。
12. そのPETボトルの全内面に塗付して養生し、その間に底の方のPETボトルの接合部内側は薄く、ほかは内外とも十分に塗付し、養生する。
→ これを養生させて、さらに全域にシーラントのみを仕上げ塗布して養生する。
13. 接合部からケーブルを引き出して吸音材を入れて、上下PETボトル接合部の全周にシーラントを塗布し、上下ペットボトルを差込む。
14.PETボトルを立てて表側のすべてにとりわけスピーカーマウント部に十分にシーラントを追加塗付し、これを養生させて、
さらに全域にシーラントのみを仕上げ塗布して養生する。

W. 確 認

15. 数日乾燥させた後に音出だしを行う。 音楽での高・中・低音域の確認と楽器音の試聴を行う。
16. 音を出してシーラント表面に触り、振動大の個所にはシーラントを追加して1日置いて確認する。
17. 本改良によりスピーカー後部の放熱は低下し、最大入力は多少低下していることに注意する。
18. 市販スピーカー装置改良の際はスピーカーユニットをはずして、フレーム部などを十二分に塗布して元に戻す工程となる。
19.段ボール・魔法瓶・蛇腹ダクト/サラダボールも十二分にスピーカーユニットのフレーム部を制振すれば良い音が出る。

参考 : 前二重 ひとこぶ構造図 : プラザル/ステンレスボウルなどに応用

プラザル図

製作法 製作法

製作法 製作法

製作法 製作法


PETボトルよりもさらに口径の大きい場合の対応法としてプラザル法を述べる

T.工 具 準 備

細長プラスドライバー・マイナスドライバー・カッター・半田ごて・ニッパー・ワイヤーストリッパー
コーキングガン・安全メガネ・長いさいはし・割り箸・焼き鳥串・綿棒・爪楊枝・手袋/薄ビニール手袋
タオル/ペーパータオル・新聞紙/カレンダー裏などの白紙・作業テーブル・作業用上下衣類・消毒用アルコール

U.材 料 準 備 → Type AS の場合での材料と工程はメールなどで問い合わせください。

フルレンジ スピーカー:SP 2個(プラザルとあうサイズの中古ジャンクを分解でよい)・プラスチックザル 4個
500or1000or1500ml PETボトル 2個(炭酸発泡系ボトル:多少ひょうたん形状で底がロケット形状 :CCレモンやサイダー )
スピーカーケーブル 2本(必要長さ) シリコーンシーラント クリア:一般品 4本ほど ・「細目砂」を乾燥して分級:1sほど ・ハンダ

V.製 作 → シーラント使用時や乾燥時には換気に十分気をつける

1.プラスチックザルをカットしてスピーカーを取り付ける構想で、スピーカーとそれに適合するプラザル、
またはプラザルとそれに適合するスピーカーを選定し、さらにそれに合うPETボトルは中身を空けてボトルを洗って水を切る。
2.(ジャンク)スピーカー装置の裏側のネジをはずして裏蓋をあけ、SPケーブルの端子を
ラジオペンチやマイナスドライバーではずし、取付ねじをはずして、スピーカーを取り出す。
3.ボトルのSP取付け部をカッターで小さめに切落とし、SPの表取付けの口径まで丁寧にカットし適合させる。
(シーラントのボトル裏面塗付のためにボトルを上下に2分割する必要はない)

5.シーラント接着性のためにSP金属部とPETボトル表裏をアルコールタオルで拭き、脱脂する。
6.あとでシーラントに覆われるので、スピーカーにケーブルを極性に従いハンダ付けする。
7.シーラントをキャップで穴を開け、キャップを付け先端をカットし、コーキングガンに装着する。
→ シーラント:細目砂=60:40gの重量でサラダボウルにて割り箸で混合して素早く塗付してゆく。
8.SPフレームに慎重に塗布し、さらに全体に5o厚以上に塗布する。:最重要作業
→ 垂れたりこすったりして振動体やダンパーに着いたなら数日乾燥させて爪楊枝で突っつき取る

9.プラスチックザルのSP取付予定の部分の内側30oほどに帯状にシーラントを塗付する。
10.そのSP取付のプラザルを上向きに立てて表からケーブルとスピーカーを入れ、SPマウント部分にシーラント塗付し養生する。
11.SPとプラザルのアッセイを下向きに立ててPETボトルの内側、特にSPフレーム部に手厚くシーラントを塗付し養生する。
→ これを養生させて、さらにシーラントのみを仕上げ塗布して養生する。
12. さらにSPエンジンの下半分用のプラザルの中央部をPETボトルに接合するように穴を開けて上半分部とシーラントで接合して塗付する。
13. プラスチックザルに適合するように頂部をカットしたPETボトルの全内面に十分に塗付して養生する。
14.プラスチックザル部の上に逆さにPETボトルを立てて、表側のすべてにとりわけスピーカーマウント部に
十分にシーラントを追加塗付し、これを養生させて、さらに全域にシーラントのみを仕上げ塗布して養生する。

W. 確 認

15. 1日乾燥させた後に音出だしを行う。 音楽での高・中・低音域の確認と楽器音の試聴を行う。
16. 音を出してシーラント表面に触り、振動大の個所にはシーラントを追加して1日置いて確認する。
17. 本改良によりスピーカー後部の放熱は低下し、最大入力は多少低下していることに注意する。
18. 市販スピーカー装置改良の際はスピーカーユニットをはずして、フレーム部などを十二分に塗布して元に戻す工程となる。
19.段ボール・魔法瓶・蛇腹ダクト/サラダボールも十二分にスピーカーユニットのフレーム部を制振すれば良い音が出る。

参考 : 前二重 ひとこぶ構造図 : プラザル/ステンレスボウルなどに応用

プラザル図


・・・・・ ・・・・・


もどるReturn