Miyagase lake, Big Christmas tree (2010 12/09 20:30)

Miyagase

Loudspeaker New Technology : ハイレゾ時代への新スピーカー技術
「全制振」にて「鮮やかな音」!
「魔法瓶活用」の「スピーカーユニット核心制振」の誰にでもできる実践


「ステンレス魔法瓶」の断熱真空層の高遮音性活用でキャビネット放音を防ぐ高S/Nスピーカー装置の
作り方で、良く振動伝播するステンレスのシリコーン砂による制振が肝要で、「至音」が得られます。
#186#187#188#189


T.工 具 準 備

プラスドライバー・ラジオペンチ・カッター・コーキングガン・小皿/ミニボウル・さいはし/割り箸/焼き鳥串/綿棒
/爪楊枝・手袋・タオル・新聞紙・作業テーブル・作業用上下衣類・消毒用アルコール・料理用電子はかり・安全メガネ

U.材 料 準 備

SPユニットエンジン部: 2個(製作編Aにて製作 )
ポット形ステンレス魔法瓶:適切な容量から2個 → 1.2/1.7/2/3/4リットル ・吸音材:数10g(布団綿で良い)
塩ビ管ソケット:2個 →75φ100φなどやサイズ変換用などから適切選択しカットなどして用いる
シリコーンシーラント 下地用:クリア&本塗布用:ホワイト:一般品 計6本ほど ・「細目砂」洗浄乾燥:1sほど

V.製 作 → シーラント使用時や乾燥時には換気に十分気をつける

1.SPユニットエンジン部をA編で製作して、塩ビソケットなどを使って魔法瓶とのサイズ適合を図る。
2.魔法瓶キャビネット部の製作で、まず取っ手部分を外すには注ぎ口部分上部を切断して下部にのこぎりで
切込みを入れて、そこにマイナスドライバーを差し入れてこじって割って外す。
3.底板を外して魔法瓶全体をむき出しにするには底板のヘリの部分に直角に2本の切込みを入れて、
ラジオペンチを差し込んで切り、巻きつけながら上方に向かいカットして底板を外す。
4.魔法瓶チューブの内外をアルコールで拭き脱脂してシーラント塗布の準備をする。
5.シーラントをキャップで穴を開け、キャップを付け先端をカットし、コーキングガンに装着する。
→ はかりで[シーラント:細目砂=100:110]の重量でサラダボウルにて割り箸で混合して素早く塗付してゆく。
6.まず魔法瓶の内側にシリコーン砂をあまねく塗付するが、届きにくいエリアがある場合には
針金を工夫してまげて、塗付用ヘラとして使う
7.半日ほど養生させた後にさらに全域にシーラントのみを仕上げ塗布して養生する。
8.魔法瓶の外側にシリコーン砂をあまねく塗付し養生して、全域にシーラントのみを仕上げ塗布養生する。
9.魔法瓶の底部にシリコーン砂をあまねく塗付し養生して、全域にシーラントのみを仕上げ塗布養生する。
10.魔法瓶の上部に適合塩ビソケットを配してシリコーン砂を塗付し養生して、シーラントを仕上げ塗布する。
11. 魔法瓶内に吸音材を入れ、キャビネットとSPエンジンの勘合部にシーラントを塗付し結合して養生する。

W. 確 認

12. 数日乾燥させた後に音出だしを行う。 音楽での高・中・低音域の確認と楽器音の試聴を行う。
13. 音を出してシーラント表面に触り、振動大の個所にはシーラントを追加して1日置いて確認する。
14. 本改良によりスピーカー後部の放熱は低下し、最大入力は多少低下していることに注意する。

参考 : 前二重 ひとこぶ構造図 : プラザル/ステンレスボウルなどに応用

プラザル図

・・・・・ ・・・・・


もどるReturn