21:01:07

         VIRTUAL JUNCTION

    for HEART VESSELS PROBLEMS

心臓ペースメーカと電磁波について

 

3ヶ月弱の間、医者から普通の風邪と云われてきた倦怠感・寝汗・微熱が、入院検査で亜急性心内膜炎と判明する。

この心内膜炎が原因で大動脈閉鎖不全症、洞機能不全症候群、アダムス

ストークス症候群を続発。

ここでは、1985年2月に受けた人工弁置換手術、ペースメーカ

埋め込み手術後の状況を報告します。

(Tom’s)

 

 <自己紹介>

om's:男性 (昭和21年生まれ e-mail: tandtint@jt8.so-net.ne.jp

    病 名 :亜急性心内膜炎→大動脈閉鎖不全症、洞機能不全症候群、

         アダムスストークス症候群

     発 症 :1984年5月25日(37歳11ヶ月)

オ ペ :東京女子医大心臓血圧研究所付属病院 

手術日年齢:1985年2月22日(38歳7ヶ月)

 

《これまでの経緯》

1984年5月26日から約3ヶ月半の間、亜急性心内膜炎が原因で微熱から中等熱の発熱が続いた。検査入院中に心臓の大動脈弁の閉鎖不全を生じ、大動脈に送出された血液の一部が心臓に逆流して戻ってしまうようになった。発熱の原因は溶連菌による細菌感染と判明し、9月14日の夕方からペニシリンによる内科治療を開始したが、閉鎖不全は進行して行った。弁の状態によっては人工弁への置換手術をしなければならない。しかし、手術による後遺症を防ぎ救命するには、心臓から細菌を完全に排除する内科治療を徹底して行うことが前提であった。そして内科治療を終えて、同年11月15日に退院。ところが、自宅療養中に突如、脈拍が毎分15拍ほど飛ぶ不整脈を発症した。同年12月21日に東京女子医大心臓血圧研究所(心研)に再入院。再度の内科治療を開始、リズムスタディーカテーテル検査から人工弁置換手術のみならず心臓ペースメーカ埋め込み手術も必要と診断。内科治療を終え、1985年2月22日これらの手術を併せて行うことになった。あれから17年半が経った。ペースメーカの電池が消耗つくす状態になり、2002年7月〜8月に初めてのペースメーカ交換手術を受けることが決まった。

 

《ペースメーカ》

1997年〜1998年以降に製造されたペースメーカは、電磁波対策、即ち携帯電話やPHSの電波に影響されないそうだ(東京女子医大田村医師談)。ペースメーカの電池寿命は7〜8年だそうだが、私のように17年以上も持つ製品があるとすると、電磁波対策がなされていないペースメーカが地上から完全に無くなるのは2015年と云うことになる。それまで、古いタイプのペースメーカを装着している人は、街に出たり、電車やバスに乗るときはまだまだ気が抜けない。

ある女性からの手紙によると、ペースメーカのチェックの為にバスで病院に向かっているときに、側で使われた携帯電話で気持ちが悪くなってからは、タクシーでないと通院できないという。

(平成13年8月)

 

以後のペースメーカの話しは次をクリック下さい

安全なペースメーカライフのために

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

Tom’sのホームページに戻る


心臓病バーチャルジャンクション

(URL) http://www016.upp.so-net.ne.jp/T_and_T_Int_Tom/1_0HV_TopMenu.htm

Copyright(C) '98 Tom’s (tandtint@jt8.so-net.ne.jp)