トムズハートジャンク

VIRTUAL JUNCTION

for HEART VESSEL PROBLEMS

このページでは心臓と心臓の病気について、清水医師のホームページの解説から引用・編集して

掲載します。

 

解説
(1)心臓と心臓の病気

目次

1.心臓の病気

2.心臓、ハートはいずこに

3.心臓の仕組みについて

 

1.心臓の病気:

癌に次いで心臓の病気が死亡原因の第2位の位置を占めるようになってきました。癌とは

異なり、心臓の病気は人に死ぬ準備をする時間を与えることなく死へ追いやってしまいます。

産声を上げて以来、いや正確にはすでに母親のお腹にいるときから心臓は休むことなく動き

続け、全身に血液を送り出す重要な役割を果たしています。

この心臓がその仕事をわずか10秒も休むと人は失神2分ないし10分帰らぬ人となって

しまいます。心臓の病気は古くは、ポンプとしての心臓の弁の異常からくる弁膜症や、生まれ

ながらに心臓に構造的な異常を持つ先天性心疾患がその主役でした。

現在、問題となる心臓の病気とは、一家の大黒柱を突然死に追いやる虚血性心疾患(狭心症、

心筋梗塞)です。この虚血性心疾患とは、心臓をかたちづくる心臓の筋肉に血液が充分に供給

されなくなり、その筋肉が虚血状態となって血液を送り出す重要な仕事ができなくなる病気の

ことです。

今や一度は誰しも耳にした狭心症や心筋梗塞は、ともに胸の痛みを持って発症します。そして、

ある時には、わずか数分で人を死へと追いやってしまいます。
(出典:住友別子病院 清水明徳氏 http://user.shikoku.ne.jp/a2shimiz/)

 

2.心臓、ハートはいずこに:

人間にとっても脳とともに最も大切な、血液を全身に送り出す心臓はどこにあるのか?胸に

あるらしいことはわかっていても正確に心臓の位置を示せるだろうか?

寒い朝に狭心症の発作に襲われた経験のある人は知らされただろうが、解剖学的には心臓は

横隔膜の上部、前縦隔にあり、その約3分の2は正中より左側に位置すると言われてもわかる

人は少ないだろう。ほとんどの人は心臓が左の胸にあると思っているようですが、心臓は思った

よりも胸の真ん中にあります。したがって心臓マッサージをする場合にも、左の胸(肋骨)を

押すのではなく胸の真ん中のくぼみを作っている胸骨の上胸骨下部3分の1に手を置いてマーッ

サージをしないと意味がありません。人の心臓は、その人の握りこぶし程度の大きさ胸部中央の

胸骨と呼ばれる骨と左乳頭の間に握りこぶしを置けばちょうどその位置にあります。

心臓の下の部分が血液不足になる狭心症や心筋梗塞では、心窩部に痛みが走ることがあり(心臓

の下の場所が心窩部にあるため)胃潰瘍や胆石と間違えて診断されることもあります。また、

心臓の痛みはこのように実際、心臓のある場所に起こることがほとんどですが、心臓から左の

肩や手に広がる痛みを感じた場合も、これは典型的な狭心症の痛みですからすぐにお医者さんに

相談してください。

  (出典:住友別子病院 清水明徳氏 http://user.shikoku.ne.jp/a2shimiz/)

 

3.心臓の仕組みについて:

健康だと思っているヒトにとっても、また心臓の治療を受けている人にとっても、心臓の仕組みに

ついて知っておくことは決して無駄なことではないと思います。心臓は簡単に止まることもあり

ますが、心臓のことを少しだけ知っているだけで、またすぐに動かすこともできるのです。さらに

心臓に優しくするにはどうしたらよいかも自然にわかります。

では心臓はどのようになっているのでしょうか。

単純で複雑な臓器、心臓

ちょっと乳房の下に手のひらを当ててみてください。たくましい心臓の拍動が伝わってくるはず

です。これは心臓が収縮して、左心室が胸壁にぶつかって生じるものです。

心臓は船や飛行機、自動車でいえばエンジンにあたり、エンジンの音が人間では拍動にあたります。

 機械のエンジンはスイッチを切れば止まります。が、人間の心臓は一生動き続ける驚異的な臓器です。

 

血液は肺で炭酸ガスを捨て去り、多くの酸素を赤血球のヘモグロビンの中に取り込みます。酸素を

多く含んだ血液を動脈血と言います。その血液は肺から肺静脈を通って左心房に入ります。ところ

で、みなさんはおかしいなと思われるのではないでしょうか。

肺静脈の中をなぜ動脈血が流れているのだろうかと。同感です。心臓医にとっても不便でならないのです。

「肺動脈の中を流れている動脈血が・・・・」などとはとても不自然です。が、最初に心臓から出ていく

血管を動脈。入っていく血管を静脈とする、という取り決めがあるために、このような矛盾ができてしま

ったのです。ところで肺静脈には血液の逆流を防ぐ弁がありません。血液が一方向に流れるように生体が

作られているはずだという観点からは納得のいかないことです。

肺静脈から左心房に入った血液は左心室が拡張するときに、二枚の弁、僧帽弁を通って左心室に流れ

込みます。心臓は左心室といわれているところから肺で酸素を充分に含んだ血液、動脈血を全身に

送り出しているのです。左心室はいわば心臓の中心部とも言えます。

血液を押し出すために高い圧力が必要です。その圧力は水銀柱で120〜140mmHg、ガラスの細い管に水を

入れてはかると2メートルくらいにもなります。心臓はこのように高い圧力で収縮しなければならないために、

左心室の壁は1センチメートルぐらいに厚くなっているのです。

左心室から血液が出ていくときには血液が左心房へ逆流しないように僧帽弁はぴたりと閉まり、

大動脈の三枚の弁(大動脈弁)が大きく開きます。河の急流のように血液は全身に流れていくのです。

それが済むと大動脈の三枚の弁は直ちに閉じてしまい、血液が大動脈から左室へ逆流しないようにして

います。

大動脈を出た血液は主として心臓に5%、脳に15%、腎臓に25%、肝臓に20%の割合で分配され

ます。その他の血液は全身へと送られます。そして全身の60兆の細胞から炭酸ガスや老廃物を集めて、

体中の静脈が上下の大静脈に合流して心臓の右心房に血液を持ち帰ります。

右心房から、三枚の尖った弁、三尖弁を通り血液は右心室に入っていきます。右心室は静脈血を肺に

送り込むだけなので、その壁の厚さは左心室に比較して3分の1くらいで、圧も5分の1と低くて済む

のです。

続いて血液は肺動脈(前にもお話ししたように矛盾した命名ですが)を通り肺へと向かいます。

  (出典:住友別子病院 清水明徳氏 http://user.shikoku.ne.jp/a2shimiz/)


トムズハートのトップに戻る

 

 


     心臓病バーチャルジャンクション

(URL) http://www016.upp.so-net.ne.jp/T_and_T_Int_Tom/

Copyright(C) '98 清水明徳(a2shimiz@shikoku.ne.jp)

TTトムズ (mailto:tandtint@jt8.so-net.ne.jp)