トムズハートジャンク

         VIRTUALJUNCTION

    forHEART VESSELS PROBLEMS

糖尿病患者のバイパス手術

体験記

狭心症、糖尿病、アルコール依存症の大きな疾患を

かかえておられる無寒暑さんの自治医科大学での

狭心症・バイパス手術と術後生活を紹介します。

心臓の他にも大きな病気をかかえていらっしゃる方の

励みになる報告です。(TTトムズ)

 

無寒暑さん:男性 手術日年齢52歳 (e-mail: fwgc9942@mb.infoweb.or.jp

オ ペ :自治医大付属病院

 

「とうとう心筋梗塞になり心臓が止まりました」

<発症から入院まで>

平成8年7月18日、午後0時30分頃、狭心症の発作と思いましたがニトロ(グリセリン)を飲んでもいつものように痛みが収まりません。休養室で横になっていた時なので、廊下に出て救急車を呼んでもらって救急病院(川越の三井病院)に運ばれました。

 

応急手当を受けて、一週間入院した後、(自治医科大学の)心臓専門病院へ精密検査のため移りました。検査の結果、冠動脈が詰まっていてカテーテルでは処置できないからバイパス手術した方が再発しにくいと言われて手術を決心しました。

 

<手術から術後生活>

平成8年8月28日、8時00分、鎮静剤を打たれ手術室へ運ばれました。手術室へ着くまでに意識を失っていました。気が着いたときは(術後の治療をおこなう)集中治療室でした。人工呼吸器を使わず自分で息をするよう、すぐに言われて、一生懸命に練習した呼吸法をおこなって人工呼吸器は抜いてもらえました。口が利けるようになって女房と面会させてもらえました。

 

集中治療室に3日間いて、その後、病棟に上がりました。それからはリハビリスケジュールに沿って、2週間後にトレッドミルをやって、入浴許可がでるようになりました。

この2週間ほど後に最後にカテーテル検査をして異常ないと言うことで退院することになりました。ベッドを水平にして寝ることがやっと出来るようになったのは退院する頃でした。

 

<退院後>

退院して半年過ぎました。今は手術痕が雨の日なんか気になるほどの痛さというか気になりますが、体調は良好です。

 

<職場復帰>

(H9.6.13) 職場に復帰して最初は通勤できるだろうか心配しましたが意外と楽なので安心しました。朝のラジオ体操もしばらくは腕が満足に上がらない状況でしたが、今は周りと変わりなく出来ていて、やらないと気持ち悪いくらいです。ニフテイ(サーブ)の患者交流会を見ていて、心臓手術をするに当たって更生医療適用のことなどを心配している人がおられるとメールを送ったりしていました。更生医療を受けるには障害者手帳が必要なのでワサワサと手続きをしました。退院してから改めて障害者と言われて狼狽えていましたが、障害フオーラムにおいてさんざん泣き言を言って今何とか落ち着いています。心臓病本人の集まり「心友会」に参加させてもらっています。みなさん強い人ばかりで更生医療の適用などを勝ち取ってこられただけの事はあるなって思っています。

<退院一年目検査>

(H9.9.06) もうすぐ退院して一年になります。ニトロとブドウ糖はいつも鞄に入れています。低血糖には夕方、運動し過ぎた時などに起こります。煙草も止めてから1年経ちました。間食は止めて半年超です。いずれにしても心臓に悪いことは当面止められていますから良い方向に向いています。

7月26−28日に沖縄で「心友会」の全国大会が開催されましたが今回は見送りました。15年も一緒に生きてくれた犬が老衰のため弱って来たので見守ってやりたかったのです。7月9日に息を引き取りました。13日にペット霊園に預けました。いなくなってなんか気が抜けたような寂しい気持ちです。リハビリの散歩にもつき合ってもらうこともなくなりました。

1年目の検査を9月10日に予約しています。現在は机上勤務ですので心臓に負担のかかる力仕事はありません。就業制限が、退院して診断書を提出することで労働安全衛生法に基づき適用されました。超音波検査とか一通りの検査をして異常なければ活動範囲を広げようと思っています。

 

(H9.10.10) 9月10日、自治医科大学大宮医療センターへ一年目の精密検査を受けに行きました。日常の検査は救急車で運び込まれた川越の三井病院で診てもらっています。久振りの自治医科大学病院へ女房の付き添いで行きましたが、懐かしいというか変な気持ちでいました。

心電図をとりました。緊張して変な波形が出るのでリラックスするようにと言われるのに変に肩に力が入り困りました。トレッドミルで詳細は分かるからと言うことで心電図検査は終わりました。

トレッドミルは脇から汗がしたたり落ちたりして苦しかったです。日常、会社で階段の上がり下りをするのとは又違ったものがあり、検査員の人に励まされながら頑張りました。

 

超音波の検査を午後から受けて最後にとりあえず異常ないよと言われてひとまず安心して帰途につきました。これからも年一回、検査をすることにしています。

医者からは、何でもしても良いよとは言われませんでした。これからは運動も少しは考えても良いかなとは言われましたが・・・。やっぱり先生と相談しながらじっくり養生したいと思っています。

 

(出典:無寒暑さんのホームページ http://village.infoweb.or.jp/~mukan/PAGE02.HTM

文字着色はTTトムズ)

トムズハートジャンクのトップページに戻る

 


     心臓病バーチャルジャンクション

(URL) http://www016.upp.so-net.ne.jp/T_and_T_Int_Tom/

Copyright(C) '98 無寒暑( fwgc9942@mb.infoweb.or.jp)

TTトムズ (mailto:tandtint@jt8.so-net.ne.jp)