遠藤警察犬家庭犬訓練所グループ
オバマ愛犬ファーム
 
ワンコと遊ぼう
キャッチ!
出せ

第一種動物取扱業者登録 福井県指令/保管・第W07K003号 訓練・第W07T001号 販売・第W15S001号
福井県小浜市飯盛94-7 TEL 0770-53-0042

LESSON 1
LESSON
2
LESSON
3
LESSON
4
LESSON
5

 
心からENJOY
LESSON 1
 





タオルで遊ぶ
持ってこい
モデル犬 パール(ラブラドール)
LESSON 2


 プロフィール  学 校  ホテル  しつけ相談 ワンコと遊ぼう   フリスビードッグ  仔犬情報  ブログ
遊びは心の栄養ドリンク さあ思いっきり犬と遊びましょう
ボール、ダンベル、フリスビーはもとよりゴムホースの切れ端、ペットボトルなど
その気になればオモチャは何でもありますが、ここではタオルを使ってみましょう。
 
 
最初は、持ったリードの範囲だけで遊びます。
タオルを犬の前でチラつかせ興味を煽ってください。 
だんだん夢中になり噛みついてきますから
この瞬間、キャッチと声をかけてほめましょう。
 
 
 
盛りあがってきたら次は引っ張りっこ。 
すぐに取り返してはいけません。 
たっぷり引っ張り合って遊びます。 
時々わざと力を抜いて犬の気持ちを高めます。 
 
 
 
慣れてきたらタオルを結んで球状に丸め 
地面に転がして同様に遊びます。 
これが『持ってこい』の原型になります。
リードの範囲内で確実に手元まで呼んでください。 
 
 
 
最後に『出せ』と命じて取り出しますが 
たっぷりほめてあげることを忘れずに。 
ジャーキーと取引しても構いません。 
なかなか口を開けない場合は 
耳に息を吹きかけると開きます。 
遊びながら犬のテンションに注意を払ってください。 
集中力の持続時間は個々によって様々ですが 
上手く遊びを終わらせるコツは、犬が飽きる前に切り上げること。 
 
犬がもう少し遊びたそうな雰囲気で、余力を残しておくと(腹八分目)
楽しかったイメージだけが残り、次回に繋がりやすくなるとともに 
遊びの主導権が人間にあることを明白に示すことができます。
 



終わるタイミング